2019年7月 3日 (水)

【映画評 感想】スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

Photo_20190703163401 映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」Spider-Man: Far From Homeを見ました。マーベル・シネマティック・ユニバースMCU第三期(フェイズ3)の最終作品だそうです。このフェイズ3は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ/エンドゲーム」を含むMCUの世界観全体のヤマ場。本作は「エンドゲーム」のラストを受けてスタートする形で、いわば「アベンジャーズ」シリーズの結末に付随する一作です。

 

私は膨大なMCUの作品群の全てを劇場で見ているわけではありません。正直に申しまして、全部に付き合う余裕がないためで、自分の個人的な原則として「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」と「アベンジャーズ」の名を冠する作品は全部、見ることにして、その他については、本筋との絡み方に応じて、適宜(てきぎ)、取捨選択、ということでやってきました。フェイズ3に入ってからは、すべてが「エンドゲーム」に至る伏線に関わって来るので、ほとんど全部見ています。

 

そういうわけで、「スパイダーマン」については、私の原則から言うと見ないシリーズでしたから、前作「ホーム・カミング」を見ていません。それから一介の高校生であるスパイダーマンをアベンジャーズ・チームにスカウトしたトニー・スターク(一貫して演じてきたのはロバート・ダウニー・ジュニア)を中心に描く「アイアンマン」シリーズも劇場では見ていません。にもかかわらず本作を見たのは、「エンドゲーム」の結末を直に受けた作品が、おそらく本作だけになりそうだからです。これ以後に公開される作品は、フェイズ4として、アベンジャーズの歴史が終幕し、アイアンマンやキャプテン・アメリカが退場した後の新しい歴史が語られることになるのでしょう。

 

スパイダーマンと言えば、トビー・マクガイアやキルスティン・ダンストをスターにしたサム・ライミ監督のシリーズと、アンドリュー・ガーフィールドやエマ・ストーンの出世作である「アメージング・スパイダーマン」シリーズがありました。MCUにスパイダーマンを登場させるために「アメージング…」が打ち切りとなり、トム・ホランドを新たに主演に据えてリブート・スタートしたのが現在のシリーズ。本作に登場するMJという主人公の同級生は、キルスティン・ダンストが演じていたメリー・ジェーンに当たる人物なのですね。

 

前作の「ホーム・カミング」が「帰郷」の意味で、今作の「ファー・フロム・ホーム」が「家から遠く離れて」という意味になります。ところが、主演のトム・ホランドは実際にはロンドン在住の英国人。タイトルに反して前作では英国からわざわざアトランタの撮影現場に赴き、今作では逆に家から20分の距離にある現場で撮影したそうです。それというのも、今回は「ご近所のヒーロー」としてニューヨークを一歩も出ないのが原則のスパイダーマンが、ヨーロッパ大陸を転戦して、ロンドンまで足を延ばすという異色作だからです。

 

スパイダーマンことピーター・パーカーはあくまで16歳の高校生。活躍できる世界はごく狭いものです。そして、スパイダーマンの能力が生かせるのは、ニューヨークのように摩天楼がそびえ立つ高層ビル街で、平地ではお得意の糸を出しても、意外に使い道がありません。本作は、そんな彼が修学旅行でヨーロッパに向かうことになり、青春アニメや学園ものゲームのような展開になるわけです。スパイダーマンは、すでに完成され、絶大な能力を持った大人のヒーローではなく、未熟な高校生が成長していく側面が強いのですが、その特徴が生かされた一作だと感じます。

 

ところで、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で描かれたように、強敵サノス(演じたのはジョシュ・ブローリン)の野望が成就して、「全宇宙の生物の半分を消滅させる」悲劇が起こりました。それから5年後、「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、ヒーローたちの活躍により、消え去っていた人々は、5年前の姿のままで社会に戻ってきたわけですが、それでめでたし、めでたしとはいえません。当然、大変な混乱を招いたと思われます。

 

その5年の間、消えた人々はすでに死んだことになっています。生き残った人々の生活は構わず続いて行きます。空白の5年の間に、恐らく財産や地位はすべて失われてしまいます。夫や奥さんがもう別の配偶者と結婚していたとか、家や預金が親族に相続されてしまったとか、会社に行ったけれどポストが埋まっていて復帰できなかったとか、そもそも会社や学校がなくなっていたとか…。介護が必要な寝たきりの両親が5年ぶりに戻ってきた、というご家庭もあるかもしれません。戻って来たものの、家族も知り合いもみんなどこかに転居してしまい、生き別れになってしまう可能性もあります。

 

社会全体としても、急に人口が倍増するわけで、縮小していた経済規模や流通、社会システムをすぐに元に戻せるものかどうか。学校や職場に復帰できた人々も、かつての後輩が年上になったり、上司になっていたり、といったことを経験することになるでしょう。5年前の大統領や首相が戻ってくる、5年前の知事や市長、社長や部長がやって来る。当然、5年の間に後任の人が着任しており、喜びも束の間、恐ろしいもめ事が起きそうです。入試だとか、オリンピックやW杯の選手選考だとか、考えただけでもものすごい大問題になったはずですね。

 

この作品でも、パーカーたち「復活組」は、かつて5歳も年下だった連中と同じ学年になっています。恐らく消滅しなかったかつての同級生は、みんな卒業して成人し、大学なり企業なりに行ってしまっています。また、先生の一人は復職できたものの、奥さんに逃げられたようです。そんな悲喜こもごもの混乱期から、お話は始まります。

 

◆あらすじ 「アベンジャーズ/エンドゲーム」の激闘が終わった後の世界。トニー、ナターシャ、ヴィジョンが帰らぬ人となり、キャプテンは人知れず引退しましたが、アベンジャーズ・チームの活躍で、5年前にサノスに消されたはずの人々が、突然、戻ってきました。もちろん、5年間のブランクが招く社会的混乱は大きく、復活したピーター・パーカーの周辺も例外ではありません。ピーターの高校は夏休みにヨーロッパへ修学旅行に行くことになり、ピーターは旅の途中でMJ(ゼンデイヤ)に告白しようと思いますが、かつて年下だったブラッド(レミー・ハイ)がすっかりイケメンの人気者に成長し、ライバルとして登場。MJにモーションをかけてくるので、ピーターは気が気でありません。一方、世間の人々は、アイアンマン亡き後の今、スパイダーマンにアイアンマンの後継者になることを求めて期待が高まりますが、16歳の高校生であるピーターには耐えがたい重圧がのしかかります。

 

メイおばさん(マリッサ・トメイ)は旅行先にスパイダーマン用のスーツを持って行け、と忠告します。しかしピーターは高校生らしい旅行を満喫したいと願い、無視します。出発の直前、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)から電話がかかってきても、やはり無視しますが、トニーの腹心だったハッピー(ジョン・ファヴロー)は「フューリーからの電話をスルーするな」と注意します。

 

ピーターはMJに接近するために、彼がスパイダーマンであることを唯一知っている親友、ネッド(ジェイコブ・バタロン)に協力を依頼します。しかしネッドはいち早くベティ(アンガーリー・ライス)と付き合うことになり、自分たちのことに夢中で頼りになりません。

 

イタリアのベニスで、巨大な水の化け物が街を襲撃し、ピーターはとっさにみんなを守ろうと行動しますが、力が及びません。その場を救ってくれたのは、それまで誰も見聞きしたことのない未知のスーパーヒーローでした。戦いの後、フューリーとマリア(コビー・スマルダーズ)が接触してきます。彼らがピーターに紹介したのは、イタリアのメディアがミステリオ(謎の男)と名付けた異世界からの来訪者、ベック(ジェイク・ギレンホール)でした。ベックは異世界の地球でヒーローでしたが、危機を救うことができず、滅亡してしまったといいます。そして彼は、この地球でも同じ場所にモンスターが現れると忠告し、次に出現するモンスターは炎のエレメント(元素)が実体化した最強の化け物で、これのために彼の世界は滅亡した、と説きます。

 

そのモンスターの出現が予想される場所はチェコのプラハ。ピーターもベックに協力してその迎撃にあたるよう要請されますが、ピーターは責任が重すぎることから気乗りしません。しかも修学旅行の次の予定地はパリで、少しでもMJと一緒にいたいピーターはフューリーに断ってしまいます。「そうか」とあっさりピーターの言葉を受け入れたフューリーに、ピーターは拍子抜けしますが、ホテルに帰るとなぜか旅行の次の目的地はプラハに変更となり、ピーターはいや応なく次の戦いに参加させられることになります。

 

プラハでの戦いもなんとか無事に終わりますが、苦戦を強いられたピーターは、自分には世界を守るヒーローの重荷を担う資格がない、と思い知ります。そして、トニーから譲り受けた形見のメガネ…それはスターク財団が巨費を投じて築いた防衛システムの制御装置と連動しています…を、ベックに渡してしまいます。しかし、それは致命的な過ちだったことを後で思い知ることになります。

 

プラハで、とうとう二人きりになったMJからは、思いがけないことを告げられます。「僕は実は…」と告白しようとした瞬間、彼女は言うのです。「スパイダーマン!」「え?」「あなた、スパイダーマンなんでしょ?」うろたえるピーターは、どうするのでしょうか。そして、謎の男ベックの正体とは…。◆

 

というようなお話で、後半は思いがけない展開が待ち受けておりますが、典型的な学園ドラマとヒーロー・アクションが絶妙に交錯し、コミカルなシーンも適度にはさんで、ストレスなく楽しめる娯楽作品の王道と言えるでしょう。このところ、ずっと壮絶でシリアスな物語が続いたシリーズの中では、ちょっと微笑ましい一作と言えるかもしれません。

 

終盤になって、いかに生前のトニー・スタークに人望がなかったか、部下から憎まれていたか、ということが明確になりますが、確かに、トニーはウルトロンを生み出し、ソコヴィアの悲劇を招いて、その後のアベンジャーズの分裂の原因を作った張本人。最期は立派でしたが、人格者だったとはお世辞にも言えない人物です。そんなメイン・キャラクターの欠点も容赦なく盛り込むあたりは、このシリーズも奥が深いです。

 

最後の最後に、意味深長な追加映像があって、これを見せられると、フェイズ4も見ないといけないかな、という気にさせられます。また制作サイドの術中にはまってしまったか、確かに今後の展開が気になるエンディングでした。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

【映画評 感想】X-MEN:ダーク・フェニックス

Xmen 映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」Dark Phoenixを見ました。X-MENチームの中心人物であるジーン・グレイが暴走し、スター・ウォーズ風に言えば「ダーク・サイドに堕ちてしまう」という物語です。本作は、2000年からスタートしたX-MENシリーズの最終章である、と告知されています。

 

ところで、このジーンの暴走というテーマは、既に2006年のシリーズ第三作「X-MEN:ファイナル ディシジョン」でも描かれたものです。この作品の原題はTHE LAST STANDであり、邦題と合わせて、その当時のX-MEN三部作の最終作という位置づけでした。その名に恥じぬ壮絶なド迫力が印象的な出来栄えで、この作品のジーン(ファムケ・ヤンセン)は恋人のスコット(ジェームズ・マースデン)、恩師のチャールズ(パトリック・スチュワート)を殺害した後、エリック(イアン・マッケラン)と組んで世界を滅亡の危機に陥れますが、最期はウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の手にかかって倒れます。密かにジーンを愛していたウルヴァリンは苦悩し、その後、X-MENチームを離れて隠棲し、日本で活動した後に、世界の新たな危機に立ち向かったわけです…。

 

その危機というのが、70年代から開発が進んだ軍部のセンチネル計画により、ミュータントはもちろん、全人類が滅びかける、というものだったので、ウルヴァリンは2023年から1973年にタイムトリップして、歴史を変えてしまいます。その顛末が「X-MEN:フューチャー・アンド・パスト」(2014年)で描かれました。

 

その結果、2023年に帰還したウルヴァリンは、平和なエグゼビア学園を目にし、健在で何事もないように過ごしているスコット、ジーンらと再会します。

 

もしこれが、この時間軸での結末だとするなら、2017年に発表されたジャックマンとスチュワートの「卒業作品」である「ローガン:LOGAN」で描かれた2029年の殺伐とした未来は、ちょっと違う時間をたどった平行世界の出来事のように思われます。23年にあんなに平和で、ミュータントの社会にも異常がなかったものが、わずか6年後に、新しいミュータントが生まれなくなってから既に何年もたっているという、ああいう世界になっているはずはない、と思われるからです。

 

そして、問題なのは本作です。ウルヴァリンの活躍で歴史が変わったために、旧シリーズ三部作で描かれたような、人類社会とミュータントとの鋭い対立や、軍部の暴走、チャールズ派とエリック派の全面的な戦争状態、という流れはなくなったことになります。そんな新しい歴史の中で迎えた1992年に、ジーンはこちらの時間軸でも暴走してしまう、というわけです。この世界でのジーンは、旧三部作では2000年代まで暴走しなかったのに、10年以上も早く暴走してしまうことになります。そして、旧作の世界では、結果的にジーンを倒すことで暴走を止めたウルヴァリンが、92年にはまだX-MENのメンバーになっていません。どんな形であれ、ジーンを倒せるのは唯一、ウルヴァリンだけ、ということなので、今回の暴走は止められない、ということになるわけですが…。

 

◆あらすじ 1975年。強力すぎるテレパシーとサイコキネス能力を持つ8歳のジーン・グレイは、自分の能力を制御できず、交通事故を引き起こし、両親を死なせてしまいます。彼女をエグゼビア学園に引き取ったチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、ジーンの精神に介入し、両親を殺してしまった、というトラウマを隠蔽して、彼女の精神を守ることにします。

 

そして1992年。スペースシャトル「エンデヴァ―」号の事故を受けて出動したX-MENチームは、見事にシャトルのクルーたちを救出しますが、ジーン(ソフィー・ターナー)は宇宙空間で未知の強烈なエネルギー体を体内に吸収してしまいます。

 

シャトルの救出成功により、X-MENは国民に信頼され、チャールズも得意の絶頂にいます。大統領から表彰され、社会的な成功も手に入れます。しかし、そんなチャールズの強引な方針に、レイブン(ジェニファー・ローレンス)は疑問を抱きます。ハンク(ニコラス・ホルト)はX-MENを去ろうと考えるレイブンをなだめますが、自身もチャールズに対して不信感を抱き始めています。

 

そんな中、恋人のスコット(タイ・シェリダン)と一緒にいる時に、ジーンは記憶の裂け目の中で、あの忌まわしい交通事故を思い出してしまいます。ジーンの暴走が始まった瞬間でした。事故で両親が死んだ、と思い込んでいたジーンですが、父親は今でも生きているのではないか、と思い始めます。スコットの制止も聞かず、かつて両親と住んでいた家に向かうジーン。

 

その頃、ジーンを求めて別の勢力が動き始めていました。彼女の中に宿った強力なエネルギーに強い興味を抱く謎の女ヴーク(ジェシカ・チャステイン)が率いる一団です。

 

混乱してさすらうジーンを捜し求めて、チャールズたち、ヴークたち、さらに秘密のコミュニティでひっそりと暮らしていたエリック(マイケル・ファスベンダー)も巻き込み、事態は徐々に大きな広がりを見せて行きますが…。◆

 

という展開で、結果的にジーンの破滅的な暴走は、やはり誰にも止められなくなっていくのです。それでは2006年の作品とどう違うのか。まずエリックがジーンを利用しようとする立場ではありません。そして、ジーンを止められるウルヴァリンがいません。それから、これはちょっとネタバレしてしまいますが、ヴークの率いる第三の勢力というのは、実はコミック版にも登場するエイリアン(異星人)です。彼女たちの介入が事件をより複雑にしていきます。

 

話の結末については、ここでは書きませんが、ひょっとしたら、この本作の時間軸の行き着く先は、「ローガン」で描かれた、X-MENが解散し、ウルヴァリンやチャールズが寂しく世の中から忘れ去られて死んでいく、荒廃した2029年なのでしょうか? ちょっとそんな気もしました。

 

あるいはまた、コミック版の原作では、ジーンが暴走事件から6年もたってから、奇跡的にカムバックする、という形でX-MENに復帰します。ひょっとしたら、結果的にはこの時間軸の行き着く先が、2023年にウルヴァリンが見た、ジーンも何事もなく穏やかに暮らしている平和な未来なのかもしれません。

 

いずれにせよ、本作をもって、20年近くにわたり語られてきたX-MENの世界は幕を下ろすことになりますので、後に残った謎は解明されることはないのでしょう。

 

しかしです。元々、マーベルの映画界進出は、まずこのX-MEN20世紀フォックスが製作することで始まりました。その後、「アイアンマン」の成功から「アベンジャーズ」が始まり、つい最近、4月にシリーズは一応の完結を見ました。

 

ところが、最近になりまして、20世紀フォックスは「アベンジャーズ」のディズニーに買収されましたので、X-MENとその他のマーベルの世界観を統合することに、レーベルの壁はなくなったわけです。実際、今回の作品も20世紀フォックスの製作ですが、配給はディズニーとなりました。今年、X-MENとアベンジャーズの両シリーズがほぼ同時に終わったわけですので、今後は、ディズニーの下で、マーベル・ユニバースにX-MENも加わった新たな世界観が生み出されてくる可能性もありますね。そのへんはどうなっていくのか、ちょっと楽しみです。

 

今回の作品では、いつものレギュラー・メンバーの熱演は言うまでもありませんし、ジーンを演じたソフィー・ターナーがとてもよく、これで終わってしまうのが残念です。やはりコミックのように、事件から6年後ぐらいの設定で復活してほしいものです。それから、当代一の演技派女優ジェシカ・チャステインが演じるエイリアンの首領というのがすごい迫力です。なにかこう、怖いですね。ちょっとジーンも食われてしまいそうな存在感です。さすがですね。

 

かなり悲愴な内容の作品ですが、最後の最後、平和を取り戻したチャールズとエリックが穏やかにほほ笑むシーンがとても美しく、長い間の宿敵同士が和解することで、X-MEN20年にわたる歴史を締めくくりました。これだけ長く続いたものが終わる、ということに感慨深いものがあります。

 

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

【映画評 感想】アラジン

20190627192117 「アラジン」Aladdinをようやく見ました。この1か月ほどかなり忙しく、なかなか劇場に足を運べませんでした。ディズニーの実写化はどれも好評ですが、本作も期待を裏切らない出来栄えです。よくアニメ版を、ここまで持ち味を損なわずにリメイクできたな、と思います。あのオリジナルを見たときの楽しい高揚感が、そのまま蘇ってきます!

 

ディズニーが名作の実写化を始めて以来、「シンデレラ」や「マレフィセント(眠れる森の美女)」、最近だと「ダンボ」のように古い作品は、やはりそのままでは現代の感覚からずれるということで、それなりの(ものによっては、かなり)アレンジを加えました。しかしケネス・ブラナー監督の「シンデレラ」などは、そのアレンジが効果的で、本来の魅力を損なわない素晴らしい実写化となりました。一方で、1990年代以後のディズニー黄金時代のミュージカル・アニメについては、誰もが「あの名作を出来るだけそのまま、名曲もそのまま使って、現代の最新技術で実写にしてほしい」と願う傾向にあり、それで成功したのがビル・コンドン監督の「美女と野獣」でした。また、オリジナル版が素晴らしい実写だったためにリメイクはせず、あえて続編を製作した「メリー・ポピンズ」のような例もあります。

 

さてそれで、「アラジン」です。正直に申しますと、私はガイ・リッチー監督がこの実写化に起用されたと聞いて、若干の危惧を覚えました。この監督には「リッチー節」というべき作風、癖があると思われるからです。ストップモーションやフラッシュバックを大胆に多用し、かなり誇張されたアクションを描く、というイメージがあり、「シャーロック・ホームズ」では、それがテーマと合っていて、効果的だったためにヒットしましたが、その後の作品ではむしろケレン味と捉えられたのか、ここ何作かは興行的に不遇となっていました。

 

さらに、アラジンという作品が成り立つか、成り立たないかのカギを握るランプの魔人ジーニー役がウィル・スミスと知った際にも、同じような危うさを感じてしまいました。どう考えても亡きロビン・ウィリアムズの超人的なトークが作り出したジーニーを、実写で演じるのは難役です。そして、ウィル・スミスもここ数年はヒットに恵まれず、俳優のキャリアとしては低調と見られたからです。

 

しかし、蓋を開けてみれば、そういう危惧は全くの杞憂であったことが分かりました! ガイ・リッチー監督は独特の描写法を最小限にとどめて、むしろ「シャーロック・ホームズ」の際に称賛された徹底的な世界観づくりに手腕を発揮しました。豪華絢爛たる映像は、アニメで描ききれなかった豊かな王国アグラバーを、これでもかというほど具体的に実写にしています。巨大なセットを組み上げ、極力、CGに頼らず、こだわりぬいたといいます。

 

そしてウィル・スミスです。口八丁手八丁、歌って踊れて、マシンガントークが炸裂のジーニーを演じるには、確かにこの人しかいなかった、というのが改めて理解できます。結果として、リッチー監督にとってもウィル・スミスにとっても、キャリアの中で久々に大ヒットの成功作となったわけですね。

 

アニメ版と大筋ではほとんど、違いはありません。しかし実写版のオリジナル・キャラとしてジャスミン王女の侍女ダリア(演じるのはナシム・ペドラド)という人物が登場します。これが、最後まで見終わると大きな意味を持ちます。また冒頭の名曲「アラビアン・ナイト」は、アニメでは砂漠の商人が歌うのですが、本作では船乗りが子供たちに聞かせる形でスタートします。この2点のアレンジが、話の結末部分にかかわる伏線となっています。

 

音楽はオリジナル版でアカデミー賞を受賞しているアラン・メンケンが担当し、ウィル・スミスに合うように一部の楽曲をラップ調にするなどアレンジし、新曲も入れています。もちろん「アラビアン・ナイト」や「フレンド・ライク・ミー」「プリンス・アリ」そして「ホール・ニュー・ワールド」などの名曲はすべて登場します。

 

◆あらすじ アラビアの豊かな国アグラバーの下町に住むアラジン(メナ・マスード)は、サルのアブーとコンビを組んで、つまらないコソ泥稼業の毎日。しかしいつかは人生を大きく変えたい、と願っている貧しい若者です。ある日、泥棒と間違われて困っている謎の美女(ナオミ・スコット)の窮地を助け、親しくなります。彼女は王女付きの侍女と名乗り、アラジンはアブーが盗んでしまった彼女の腕輪を返すために、王宮に忍び込みます。

 

ところが、王宮で出会った彼女は、侍女ではなく、実は国王の一人娘ジャスミン王女本人でした。身分違いながら惹かれあう2人。ジャスミンは保守的で過保護な父王(ナヴィド・ネガーバン)から、隣国の王子(ビリー・マグヌッセン)と結婚するように求められ、窮屈な王宮の生活にも飽き飽きしていました。実はアラジンとジャスミンは、もっと広い別の世界に憧れる似た者同士だったのです。

 

しかし王宮を去ろうとしたとき、アラジンは国務大臣ジャファー(マーワン・ケンザリ)に捕まってしまいます。ジャファーはアラジンに、砂漠の奥にある魔法の洞窟に赴き、ランプを取ってくるよう要求します。この洞窟は「ダイヤの原石」のような若者しか入ることが許されないというのです。

 

アラジンは洞窟に入り、古いランプを手にします。それをこすったところ、出現したのはランプの魔人、ジーニー(ウィル・スミス)でした。アブーがランプ以外の財宝に手を出したために、アラジンたちは洞窟内に閉じ込められますが、その中で出会った「魔法のじゅうたん」とジーニーの活躍で外に脱出。ジャスミンとの恋の成就を願うアラジンは、ジーニーに頼んで「アバブア国のアリ王子」に変身します。

 

豪華絢爛たるアリ王子の一行がアグラバーの王都に入ると、国王は喜びますが、ジャスミンは、また金持ちの求婚者が現れただけ、と興味を持ちません。さらに、内心ひそかに王国を奪って国王になりたい野心を抱くジャファーは、新たな邪魔者が現れたことにいら立ちを募らせます。

 

魔法のじゅうたんに乗って夜のデートに誘うアラジンは、ジャスミンに手を差し出し「僕を信じて」と呼びかけます。そのしぐさと言葉に、ジャスミンはハッと気付きます。アリ王子が、実はあのアラジンであることに…。◆

 

ということで、オリジナル版を知っている人には説明無用の展開です。ジャスミンが一国の王女として、原作以上に強い自覚を持った政治家的な人物像になっているのが現代的な描写ですが、それもバランスを崩すほどの変更ではありません。

 

ディズニーのアニメを実写化する際に、いつも難しいのが動物たちの扱いだろうと思います。アニメ版では、動物が単なる擬人化を越えて、主要な登場人物として活躍することが多いわけですが、実写でそれをやると、技術的には可能であっても、やはり実写であることのリアリティーと両立しない場合があります。本作ではサルのアブーと、トラのラジャ、オウムのイアーゴがそれらに当たりますが、原作ほどの人間そこのけの饒舌さはないものの、いずれもうまいバランスで描いていると思います。

 

アラジン役のマスードは、これまでそれなりのキャリアはあるものの、俳優としては初の大役抜擢。まさにアラジンのイメージそのもので、この違和感のなさはすごいです。ジャスミン役のスコットもいいですね。新しい時代のヒロイン像として、気の強さとかわいらしさを絶妙なバランスで演じています。「オリエント急行殺人事件」などでも好演したケンザリが、楽しそうにジャファーを演じています。このドラマは、言ってみればジャファーが野心実現に焦り、空回りし続けないと先に進まないような話です。冷酷な恐ろしさを持ちつつ、どこか間抜けなヴィラン(悪役)という像を的確に演じています。

 

そして、なんといってもウィル・スミスです。この人がいなければ、本企画は成り立たなかったに違いありません。彼の実写版ジーニーは長く映画史に残るでしょう。

 

今後も「ライオン・キング」実写版などが控えていますが、こちらも楽しみです! オリジナルを知っている人ほど、見どころが多いと言えると思います。本作は、期待を超える本当に見事な映像美でした!

 

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

【映画評 感想】メン・イン・ブラック:インターナショナル

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」Men in Black: Internationalを見ました。実はこのところ、公私ともにかなり忙しく、映画館に行く余裕もなかったのですが、これでようやく「令和初の」映画鑑賞とB4 なりました。

それにしてもMIBの最初の作品から、もう22年もたっている、という事実が驚きです。しばしば、UFOの目撃現場に現れて、目撃者に圧力をかけたり、情報を集めたりする謎の黒服の男たちメン・イン・ブラック。その本来のイメージは非常に恐ろしいもので、もし、偶然にUFOを目撃してしまったり、エイリアン(異星人)と遭遇してしまったりした後に、MIBに拉致されたら生きて帰れない、という噂話までありました。

それを、独特のユーモラスな描き方で表現し、ごく一部のUFO好きの人にしか知られていなかったMIBというものを、一挙に誰もが知るポピュラーな存在にしてしまった、というのがこのシリーズでした。大物俳優ではあっても、誰もが知るほどの知名度はなかったトミー・リー・ジョーンズ、俳優としてはまだ新人だったウィル・スミスをスターにしたのも、このシリーズでした。

かつては、真っ黒の服というのは、燕尾服やタキシードのような純然たるフォーマルか、お葬式で着るもの、というイメージでした。あるいは聖職者や修道女、またはホテルやレストランの従業員、いわゆる黒服の人たちの接客ユニフォーム、という感じでもありました。最も極端な例と言っては、18世紀のプロイセン軽騎兵からの伝統を汲むナチス親衛隊やドイツ軍戦車兵の威圧的な黒い制服がありました。要するに、普通の人が日常的に着るには、ふさわしくない色の服だったといえます。1920年代にココ・シャネルが黒いドレスを発表した時には大騒ぎとなり、80年代の初めに、山本耀司や川久保玲が、パリコレで真っ黒な服ばかりのコレクションを発表した際には「黒の衝撃」と呼ばれましたが、それだけ珍しい、あるいは大胆で突飛なものだったともいえます。

だから、やはり80年代初めにヒットした映画「ブルーズ・ブラザース」の2人が、MIBと同じような黒いスーツに黒いサングラスといういでたちであっても、あくまで奇矯な人たちのおかしな服装、という域を出なかったわけです。その劇中では、黒いスーツ姿の2人に対し、プロモーターが「黒いスーツではお客が怖がるよ」と注意するシーンがありました。ところが、1997年のMIBの大ヒット以後、黒い服が一般社会に浸透した、というのは間違いないように思います。その直後ぐらいから、急速に日本の「就活スーツ」が黒一色になっていった、というのも関係がある話なのかもしれません。

一作目の段階で引退を考え、実際に二作目の冒頭では郵便局長になって引退していたエージェントK(ジョーンズ)は、いよいよ一線を退いたのでしょうか。KとエージェントJ(スミス)の過去の関わりも明らかになり、一応、この2人を軸とした物語もひとつの区切りをつけた、というのが前作のMIB3でした。

そこで、今回は中心人物を代えて、「アベンジャーズ」シリーズで無敵のハンマーを操る雷神ソーを演じたクリス・ヘムズワースと、その片腕となって活躍した騎士ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンが、新たなエージェント・コンビを組んだのが本作。「アベンジャーズ」の世界では、強いのだけれど、傲慢で、どこか抜けているソーと、沈着でちょっと冷ややか、しっかり者のヴァルキリー、という描き方でしたが、今回のエージェントH(ヘムズワース)とエージェントMT・トンプソン)の関係も、それをなぞった形に見えます。

敵との格闘シーンで、ヘムズワースが落ちていたハンマーを手にして「これで形勢逆転だ!」と叫ぶシーンがありますが、言うまでもなくソーのパロディーで、なんともおかしいです(もちろん、この映画のハンマーには何の魔力もパワーもありません)。あちらでは、宇宙人であるソーが、黒服を着込んだ秘密組織シールドのエージェントたちに追い回される、という話だったので、完全に逆の役回りをやっていることになります。

 

幼いころに、黒ずくめの男たちに追われている子供のエイリアン、タランシアンを助けてやった経験があるモリー(T・トンプソン)。その際に、両親は男たちの持つ「ニューラライザー」(記憶除去装置)で記憶を消去されてしまったのですが、モリーは彼らの存在に興味を抱き、ずっとその正体を追い続けました。難関であるCIAの採用試験に合格し、きっとこの組織内に、あの黒服の人たちの部署があるのだろう、と思ったモリー。しかし、そんなものは実在しませんでした。落胆してすぐにCIAを辞め、コンピューター会社のカスタマー・センターでアルバイトをしているとき、ついにエイリアンが地球にやって来る情報をつかみます。

黒服の男たちが、地球に密航したエイリアンを捕まえた現場を確認したモリーは、そのまま彼らを尾行し、なんなくMIBニューヨーク本部に潜入します。たちまち正体がばれてしまいますが、モリーのセンスの良さと度胸が気に入った本部長、エージェントO(エマ・トンプソン)は彼女をスカウト。優秀な成績で試験をパスしたモリーは、正式にエージェント見習いMとして採用されます。

本部長Oの指令でモリーことエージェントMが向かったのは、ロンドン支部でした。支部長のハイT(リーアム・ニーソン)は伝説の腕利きエージェントで、数年前にはパリのエッフェル塔で、凶悪なエイリアン、ハイヴの地球侵略を阻止した実績があります。そしてもう一人、Mの目に留まったのが、型破りなエージェントH(ヘムズワース)です。彼もハイTと一緒に「知恵と銃一丁だけで」ハイヴの侵攻をとどめ、地球の危機を救った英雄ですが、合理的で沈着なMから見ると、チャラくて女癖が悪く、やることなすこと行き当たりばったりのHは頼りない人物に思えます。また、ロンドン支部内も一枚岩ではなく、ノリだけで何事も解決していき、周囲に迷惑をかけながら、支部長からの評価が高いHを疎ましく思っているライバルのエージェントC(レイフ・スポール)の存在も気になりました。

そんな中、ジャバビア星の王族ヴァンガスがお忍びで地球にやってくることになり、護衛にはHが指名されます。強引に自分を売り込んで、HのアシスタントとなったMは、ヴァンガスが豪遊するナイトクラブに同行します。しかし、ヴァンガスを狙う2人の殺し屋(ロラン・ブルジョワ、ラリー・ブルジョワ)により、ヴァンガスは暗殺されてしまいます。

HMは責任を問われますが、MMIBの内部にスパイが存在する可能性を指摘。いまわの際のヴァンガスがMに手渡した秘密兵器の存在がますます物議をかもし、ロンドン支部は疑心暗鬼に陥ります。HMは殺し屋が初めに出現したモロッコに飛びますが、そこでCが指揮するMIB部隊に包囲されてしまいます。2人はここを切り抜けて、内部のスパイを発見し、地球の存亡にかかわる危機を回避できるのでしょうか…。

 

といった展開で、SF色というよりも、どこかしら初期の007のような、ユーモアのあるスパイ・アクション作品を想わせます。後半になると、「ミッション・インポッシブル」シリーズで有名なレベッカ・ファーガソンも登場し、一層、そんな感じになってきます。

本作の「ブラック・スーツ」は今まで以上にスタイリッシュで、単なる黒いスーツなのですが、非常にいい感じに仕上がっています。要するにオシャレです。それもそのはず、衣装担当は「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られるペニー・ローズですが、特に黒服については英国ブランドのポール・スミスが提供しており、最高級のビスポーク(注文服)で対応しているそうです。確かにスーツの襟の形状にポール・スミスらしい個性があります。よく見ると、レイフ・ファインズはベスト付きのスリーピースで、ポケットから懐中時計の金色のチェーンを覗かせ、テッサ・トンプソンのジャケットはボタンが二つだけ(かけるのは一つだけ)というダブル仕立て、と非常に凝っています。おそらく英国人という設定なのだろうHは、ハチャメチャな人物設定にもかかわらず、黒いネクタイを几帳面なウィンザーノットで結んでいるようで、実は本来の育ちの良さが垣間見えます。

実は、ポール・スミス氏本人が「タイプライターの修理屋」という役回りでカメオ出演していますのでお見逃しなく。

それから、異星人の殺し屋役のブルジョワ兄弟は、ビヨンセのツアーでバックを務めたダンサー、モデルですが、日本でも活動歴があり、特にラリーの方はNHKや日本テレビの番組にも出演しています。こちらも注目ですね。

今後、このシリーズの中核を、今作の2人が担うのか、他の誰かが担っていくのかは不明ですが、このシリーズは、MIBという組織の1960年代からの発展史、という側面もありますので、また数年おいて続編が登場してほしいと希望します。主要キャストが代わっても、本当に楽しい一作でした。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

【映画評 感想】アベンジャーズ:エンドゲーム

Photo_33 「アベンジャーズ/エンドゲーム」Avengers: Endgameを見ました。まさに10年以上にわたり、22作の映画で語り継いできた大河シリーズ、マーベル・シネマティック・ユニバースの完結編です。平成最後のアベンジャーズ、といううたい文句はなかなか粋です。

今回の作品は、アクション映画というより、タイムトラベル映画という色が濃いもので、作風もどこか物悲しく、哲学的な要素が強い異色の作品となりました。壮絶な死闘は前作「インフィニティ・ウォー」までで充分に描き切った上で、今作は総決算、総集編的な意味合いが強い一作と言えるでしょう。

前作のラストシーンで描かれたように、サノス(ジョシュ・ブローリン)が六つのインフィニティストーンを使って「全宇宙の生命の半分を消滅」させたことから、トニー(ロバート・ダウニーjr)、スティーブ(クリス・エヴァンス)、ハルク(マーク・ラファロ)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)、ウォーマシン(ドン・チードル)、ネビュラ(カレン・ギラン)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)以外の主要キャラは、皆、姿を消してしまっています。また、アントマン(ポール・ラッド)とホークアイ(ジェレミー・レナー)は最終決戦に加わらず、行方が分かりません。

しかしながら、本作のキャストには、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)やワンダ(エリザベス・オルセン)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、スパイダーマン(トム・ホランド)、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)、マリア(コビー・スマルダース)、バッキー(セバスチャン・スタン)、ワスプ(エヴァンジェリン・リリー)、ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)、ジャネット(ミシェル・ファイファー)、グルート(ヴィン・ディーゼル)らの名があり、これらの「サノスに消された人々」も何らかの形で再登場することは公開前から分かっています。

それだけでなく、これまでのシリーズで活躍して、すでに死亡などの理由で退場したと思われる人物、つまりソーの弟ロキ(トム・ヒドルストン)、ソーの母親フリッカ(レネ・ルッソ)、ソーの元恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)、アイアンマンことトニー・スタークの父ハワード・スターク(ジョン・スラッテリー)、ドクター・ストレンジの師匠エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)、シールド評議会の理事ピアース(ロバート・レッドフォード)、サノスの養女ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、さらにキャプテン・アメリカことスティーブと悲劇的な生き別れとなった元シールド長官ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)などが、続々と登場します。

本作は、かつての時代にタイムトラベルする描写が多く、こういったかつての人物、かつてのシーンが次々に再現されることになります。ずっとこのシリーズを見てきた人には、それだけで感慨深く、それらの人々が、その後、どういう運命をたどるのか分かっているだけに、心を揺さぶられます。

日本人にとっては意外なキャストとして、暴力団の組長の役で真田広之が出演しています。ちょっと「日本」を描いているシーンとしては、疑問を感じるところも多々ありますが、そもそもこの作品に日本とか東京とかいう設定が出てくるだけで嬉しいともいえます。

また、シリーズにずっとカメオ出演を続けていたマーベル・コミックの総帥スタン・リー氏も元気な姿を見せています。昨年11月に95歳で亡くなったリー氏にとって、これが最後の出演になるそうです。

名優ロバート・レッドフォードも本作への出演後に引退しましたので、これが最後の映画となります。

全体的には、多くの人の死を前提とした物語で、暗いトーンの作品と言っていいですが、いろいろとコミカルなシーンが用意されており、たとえば不摂生のために太ってしまったソーとか、ものすごく知的になったハルクとか、子供に戻ってしまったアントマンとか、抱腹絶倒ものの描写が随所に盛り込まれています。

前作の衝撃的な結末を受けて、一体、どう話を決着させるのだろうか、というのが最大の関心事だったわけですが、ラストシーンまで見て「こう来るのか」と唸らせられること必至です。劇場では、感涙するお客さんが多数、いらっしゃいました。

 

Photo_34 国連のソコヴィア協定に基づき、アベンジャーズ・チームとは距離を置いて、家族との平穏な暮らしを送っていたホークアイ。しかし、彼の妻や子供は皆、サノスの「生命半減計画」の犠牲となって消滅してしまい、半狂乱となった彼は姿を消してしまいます。

前作での死闘の結果、宇宙空間に取り残されて漂流していたトニーとネビュラは、ニック・フューリーが最期に送ったSOSにより、新たに加わった新戦力のキャプテン・マーベルに救出され、無事に地球に帰還。ネビュラの情報を得て、サノスが隠棲している惑星を発見したアベンジャーズは、奇襲をかけて彼を捕獲することに成功します。しかし、サノスはストーンを処分してしまっており、もはや起きたことを元に戻せないことが分かります。絶望したソーはサノスの首を斬り、とどめを刺します。

それから5年。心に傷を負った人々は立ち直ることができず、暗い日々を送っています。そんな中、姿を消していたはずのアントマンことスコットが現れ、スティーブとナターシャを驚かせます。スコットは、自分が量子の世界から戻って来られたという事実から、タイムトラベルの可能性を示唆します。過去に戻ることが可能ならば、サノスが計画を発動する以前の時点に戻って、全てをやり直すことができるかもしれません。

アベンジャーズ・チームが再召集され、酒浸りになっていたソーや、ペッパー(グヴィネス・パルトロー)との間に子供が生まれて、新たな試みに消極的になっているトニーも、計画に加わることになります。あの日以来、殺し屋となってすさんだ生活をしていたホークアイも参加し、チームは三つに分かれて、過去のある時点に飛び、六つのストーンをサノスの手に落ちる前に手に入れようとします。

それぞれの時代で、懐かしい人々と再会するヒーローたち。多くの困難が待ち受けており、容易ではない道のりながら、徐々にストーンが集まってきます。しかし、過去に戻って行動しているネビュラから情報を読み取ったサノスは、未来の自分が計画を達成したこと、そしてアベンジャーズが過去にさかのぼって、それを打ち消そうとしている事実を察知してしまいます…。

 

複雑な作品世界と時間軸を、見事にさばいて脚本化している手際には本当に感心します。3時間の長尺ですが、一つの無駄もなくストーリーは、この作品の終着点、そして10余年間、22作品の壮大な起伏のゴールを目指していきます。

こういう大河シリーズの総決算を目撃できる今、劇場の大画面で見るに値する作品ですね。私は、公開初日にこれを体験出来て、本当によかったと思っています。

Photo_35 なお、26日公開記念として、先着来場者特典の人形が配布されていました。起き上がり小法師となっており、全6種類あるようですが、私たち夫婦は2人とも「ホークアイ」人形でした。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

【映画評 感想】ソローキンの見た桜

Photo_20 映画「ソローキンの見た桜」を見ました。日露戦争(190405年)当時、四国の松山にあったロシア兵捕虜収容所を舞台にした物語です。

これまで、第一次大戦当時のドイツ兵俘虜収容所をテーマにした「バルトの楽園」とか、トルコ海軍の遭難兵を救助した際の「海難1890」といった作品がありましたが、基本的には似たようなテイストのお話です。そもそも、日露戦争100周年の時期に作られて評判になったラジオドラマを基にして映像化したそうです。ラジオドラマ的な、ストーリーの起伏といいますか、ひねりが上手い、と感じます。特に後半になると、むしろミステリー・ドラマのような謎解きの要素も加わって来て、最後まで引っ張ってくれます。

日露戦争のロミオとジュリエット、という宣伝コピーにあるように、ロシア兵捕虜の将校と、日本人の看護婦との悲恋を描いているわけですが、これも後半になりますと、「ロミオとジュリエット」というよりは、むしろ生活や親の圧力で、好きな人と別れてお金持ちの男性と結婚する、そういう大人の事情を描いた「シェルブールの雨傘」のような雰囲気に似てくるあたりも興味深い作品です。

ロシア軍の捕虜の軍服が、素晴らしく存在感があり、質感、素材感の重厚さが素晴らしいのですが、これはロシアで調達した物を、わざと着古した感じにして使用しているそうです。だから、さすがの「ホンモノ」感がありますね。井上雅貴監督の奥様で、製作を担い、さらにロシア人看護婦ソフィア役で出演もしている井上イリーナさんの尽力によるものだそうです。

ただ、よくよく見ると、設定どおりのアイテムを付けているのかな、という部分もあります。たとえばロシア軍の少尉という設定のはずなのに、星の数からして、大尉の肩章のように見える、という人物が見受けられる感じがしました。

日本軍のものも、衣装であるにしても、新調品ではなくアンティークなのでしょうか。かなり重厚感があって、ちょっとくたびれている感じがリアルでいいです。イッセー尾形さんの演じた収容所長の河野春庵大佐の持ち味はまことに秀逸です。ただし、史実の河野大佐は騎兵科の将校で、収容所を任された当時は予備役からの再召集だったようです。騎兵科なら、ズボンも本当は赤いズボンに緑色の側章、という方が正しいのかもしれません。上着の袖にも大佐ともなれば、たくさんの装飾ラインが入っていそうですが、よく見えませんでした。

ロシアの名優アレクサンドル・ドモガロフさんが演じた、戦艦ペレスウェート艦長ワシーリー・ボイスマン大佐は、実際には重傷を負っており、19052月までを描いている物語の後、9月には松山収容所で亡くなっているので、史実としては、あんなに活躍していないようですね。

それから、ソローキン少尉が乗っていたという軍艦は、機雷敷設艦アムールのことだと思います。字幕で「戦艦アムール」とあったような気がしますが、戦艦ではないと思われます。

その他、私のような(!)時代考証にうるさい人から見ると、多少の問題はあるのですが、しかし全体としては非常に雰囲気が出ていて、よく出来ている映画です。関係スタッフの執念を感じます。冒頭に「史実に着想を得た物語である」と明記されている通り、フィクションですので、重箱の隅をつつくような見方は宜しくないかもしれませんね。

史実に実在する人物は3人だけ、だそうです。先ほども名前を出した、収容所長の河野大佐、ロシア側のボイスマン大佐、それからヒロインとは別に、ロシア兵と恋に落ちてしまう看護婦として登場する竹場ナカ(海老瀬はな)。実はこの竹場ナカと、ロシアの砲兵中尉ミハイル・コステンコの2人の名前を刻んだコインが、近年になって収容所の跡地で発見されたのです。従って、日本人女性とロシア兵との間で、禁断のロマンスがあったことは間違いないらしい、ということが前提にあって、こういう物語が生まれたわけです。

Photo_21

2018年、愛媛の地元テレビ局の新人ディレクター、桜子(阿部純子)は、先輩の倉田(斎藤工)から、松山にあるロシア兵捕虜の墓地を取材するように命じられます。この墓地は、桜子の祖母・菊江(山本陽子)が大切にしている場所でもあり、桜子にとってもなじみのあるものですが、これまで個人的にはあまり関心がありませんでした。

しかし、この墓地には日本で亡くなった100人あまりのロシア軍人の墓がありますが、記録に残っているソローキン少尉のものが見当たらない、と倉田は言います。さらに最近になって、ロシアでソローキンの日記が発見された、つまりソローキンは日本で死んでいなかったことが分かった、というのです。倉田はこのソローキンの謎を解く特集番組を作り、やがて書籍にしたり、映画にしたりしたいので協力してほしい、と桜子に言います。

その話を聞いた菊江は、菊江の祖母に当たり、日露戦争当時は収容所の看護婦を務めていた、ゆい(阿部の二役)の日記を桜子に示します。というのも、ゆいはソローキンと深い関係があった、というのです。

桜子は倉田と共に、かつてソローキンが住んでいたサンクトペテルブルクに向かいます。その中で、桜子は自分が、実はソローキンの子孫であるという事実を知り、衝撃を受けます。

 

1905年、松山の捕虜収容所にやって来たソローキン少尉(ロデオン・ガリュチェンコ)は、看護婦のゆいと運命的な出会いをします。ゆいの弟は、ソローキンの乗っていたロシア艦が敷設した機雷で沈没した戦艦の乗組員として戦死しており、ゆいはソローキンに対する憎しみを抑えきれません。しかし、2人は徐々に理解し合い、やがて禁断の恋が2人を包んでいきます…。

しかし、ゆいの実家であるロウソク店は、長男が戦地で負傷して障害者となり、弟は戦死して、経営にも困窮しています。ゆいの父親勇吉(六平直政)は、ゆいとエリート銀行員との縁談を勝手に進めてしまいます。

ソローキンも苦悩していました。彼は実は、ロシアで革命を起こそうと画策しているグループのメンバーで、故国が心配でなりません。革命派を応援する日本の軍部は、彼をロシアに送り返そうと画策します。収容所の通訳・室田(山本修夢)は、河野所長やボイスマン大佐とも協議のうえで、密かにある計画の実行をソローキンに持ちかけますが…。

 

というようなわけで、収容所の通訳である室田という人物が、後半部のカギを握ってくるのですが、これは史実でも行われた、明石元二郎大佐(後に大将)が率いた諜報機関によるロシア革命煽動計画を下敷きにしているようですね。室田は下士官の軍服を着ており、大した人物ではないように装っていますが、実際には明石大佐の機関のメンバーで、おそらく本当は将校なのでしょう。このあたりから、純愛ロマンス的なお話が、ちょっとサスペンス調になってくるのが巧妙なストーリーです。そして、最後の現代のパートに移って、全ての謎が解けるわけですが、ここが感動的です。

主演の2人、阿部さんとロデオン・ガリュチェンコの新鮮な演技がいいです。文句なく素晴らしいです。

今、日ロ関係そのものは一進一退、という感じですが、歴史的にはいろいろ縁が深い国です。見終わって、見てよかった、と思える感慨深い一作でした。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

【映画評 感想】ダンボ

 映画「ダンボ」DUMBOを見ました。言うまでもなく、あのディズニーの名作アニメの実写化です。メガホンを執るのは名匠ティム・バートン監督。バートン監督の「アリス・イン・ワンダーランド」がヒットしたことで、ディズニーによる「過去の名作アニメを、最新の映像技術で実写化する」という試みに弾みが付きました。「シンデレラ」「マレフィセント」に「美女と野獣」と、原作の持ち味や音楽を生かしつつ、現代的な解釈を織り交ぜて、「昔はアニメでしか表現できなかった」映像が次々とリアルになって登場しています。今後も「アラジン」「ライオンキング」「マレフィセント2」と、力の入った作品が待機している模様です。

 オリジナルのダンボと言えば、なんと公開は1941年の秋! つまり、日本軍が真珠湾攻撃をする寸前だった、というから驚きます。ディズニー・アニメの第一作「白雪姫」から「ピノキオ」「ファンタジア」と続き、ダンボは4作目でしたが、これ以前の3作は予算が巨額の割に興行的には伸びず、ダンボこそが最初のヒット作品、と言えるようです。ちなみに次作は「バンビ」で、さらに戦後の「シンデレラ」や「眠れる森の美女」へとつながって行きます。つまり、ディズニーにとってもダンボは、大事な分岐点を担った一作でした。この作品の成功がなかったら、その後のアニメ文化も、あるいは手塚治虫先生以後の日本のアニメも、存在しなかったかもしれません。Photo_19

スピルバーグ監督の映画「1941」では、ジョセフ・W・スティルウェル中将役のロバート・スタックが、劇場でダンボを見て涙するシーンがありました。確かに、あの時期にヒットしていた映画だったわけです。その後、日本軍がシンガポールを占領した後、こうしたディズニー・アニメや「風と共に去りぬ」などのフィルムが日本側の手に入り、これを見た日本軍将校の一部は「こんな総天然色(フルカラー)のすごい映画が作れる国と戦って勝てるわけがない」と密かに思った、というのはよく知られているお話です。そういう時代背景のため、日本でダンボが公開されたのは、戦後もかなり経った1954年だったといいますが、その時点でも、手塚先生を始め、日本人に大きな衝撃を与えたわけです。

 しかしオリジナルの1941年版のアニメは、長編というにはぎりぎりというか、かなり尺も短い64分で、動物中心のシンプルな内容でしたよね。コウノトリさんが、お母さんゾウのジャンボの元に赤ちゃんを運んで来てくれる。でもその赤ちゃんゾウは耳が大きくて、仲間のゾウたちからは仲間外れにされ、みんなの笑い者にされる。やがてダンボを守ろうとして怒ったジャンボは、危険なゾウとして監禁されてしまう。ピエロとなって失意の日々を送るダンボを、ネズミのティモシーが励まし、誤って酒を飲んでしまったダンボは、ピンク色のゾウの夢を見ながら空中に飛ぶことになる。カラスたちから魔法の羽根をもらい、ついにダンボは自由に飛行できるようになり、サーカスの大スターとなって、ハリウッドと契約して大成功、母のジャンボと再会する…基本的にはそういうストーリーで、周囲の人間はサーカス団長以外、ほとんど描かれていないものです。

 今回の作品も、ネズミやカラスを中心とした、擬人化された動物だけで構成することはできたでしょうが、それでは実写化の意味がない。そこで、サーカス団の人間たちとダンボ母子との関わりを描くことで、物語を大きく広げた、という感じです。

 1919年という、第一次大戦が終わった直後を時代背景とし、負傷して腕を失い、障害者となった軍人が戦地から帰還する、といった社会派的な要素も盛り込みました。さらにダンボ母子が「その後、どうなったのか」まで語ろうとする、など、より実写映画にふさわしいリアルな設定を加えながら、ダンボそのものは、アニメのままのかわいらしさを見事に再現している、といったさじ加減が巧妙です。このへんはさすがに、ティム・バートンの仕事です。

 その一方で、オリジナルの楽曲を使い、コウノトリや、ネズミのティモシーも扱いは小さいながらちゃんと登場、ピンクのゾウまで別の形で姿を見せるなど、リアリティーを維持できる範囲で、原作とファンへの配慮も忘れていない点が心憎いです。

 考えてみますと「シザーハンズ」とか「バットマン リターンズ」「マーズ・アタック!」「ダーク・シャドウ」「ミス・ペレグリン」など、バートン監督は、社会の主流から外れて孤立する者、阻害される「アウトサイダー」を好んで取り上げてきました。ダンボは、まさにそういう存在の先駆け的なキャラクターで、社会的にも大きな影響を与えてきましたので、この監督がダンボを手掛けるのは、ある種、必然だったと言えるかもしれません。

Photo_18

 第一次大戦が終わって間もない1919年。全米を興行して回るメディチ・ブラザーズ・サーカスに、戦地からかつての花形馬術師、ホルト・ファリア大尉(コリン・ファレル)が帰ってきます。娘のミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、父が左腕を失っている姿を見てショックを受けます。ホルトが出征している間に、世界中を襲った恐ろしいスペイン風邪にかかり、ホルトの妻アニーは病死していました。

 サーカス団自体も経営不振で、団長のメディチ(ダニー・デビート)は、ホルトの曲芸用の馬を全部、売り払っていました。自分の芸が出来なくなったホルトは、メディチが最近、買い込んだアジアゾウのジャンボの世話係をすることになります。

 やがて、ジャンボは赤ちゃんゾウを出産します。しかしそれは、まるで羽のように大きな耳を持っており、みんなから笑い者にされてしまいます。公演に初出演した際には、赤ちゃんを守ろうとしたジャンボが怒って暴れ、テントが倒壊して死傷者まで出ます。

 メディチは扱いに困ったジャンボを売り払ってしまいます。母親と引き離された赤ちゃんは大きな耳の「ダンボ」と呼ばれるようになり、サーカスの道化役に。しかし、ダンボに同情したミリーとジョーは、ある日、ダンボが大きな耳で空を飛べることに気付きます。

 その後の公演で、空を飛んだダンボは一躍、大人気を呼んで一座のスターになります。しかし、これを聞きつけた大規模遊園地ドリームランドの経営者、ヴァンデヴァー(マイケル・キートン)がメディチを口説き、メディチのサーカスはそっくり全て、ドリームランドに吸収合併されます。ダンボは、ドリームランドのアクロバット・スター、コレット(エヴァ・グリーン)と空中芸の共演をすることになりますが、コレットはヴァンデヴァーの急な命令に不服を覚え、ホルトに不信感を抱いています。母と別れて悲しみ続けるダンボとも息が合

わず、なかなかうまくいきません。

 メディチも「副社長」という肩書を与えられただけで仕事はなく、徐々にヴァンデヴァーの凶暴さと野心がむき出しになってきます。大金の出資を狙い、大物銀行家レミントン(アラン・アーキン)を招いた大事な公演で、ダンボはコレットを乗せて、絶対に飛行に成功しなければならない、という局面に追い込まれますが…。

 

 出演陣を見ると、コリン・ファレル以外はバートン組といってよいメンバーが総動員されています。妖艶なエヴァ・グリーンは見るからにサーカス団の花形ですが、実は、本来は高所恐怖症だそうで、にもかかわらず、半年近くプロの曲芸家の元でアクロバットの訓練を受けて、撮影に臨んだということです。女優魂というか、根性がすごいです。

 久々に見たダニー・デビートもはまり役です。どこか憎めない飄々とした団長ぶりがいいです。アラン・アーキン、マイケル・キートンといったベテランもしっかり締めております。

 そして、コリン・ファレルの戦地帰りの哀愁漂う(でもいざ、となると頼れる)お父さんぶり、非常にいいです。中年に差し掛かって、演技の幅が広がってきた感じです。これまで、本人は熱演しているのに、出演作が伸び悩んで不遇、というイメージの強かったファレルですが、同じくディズニー製作「ファンタスティック・ビースト」への出演が、今作の起用にもつながったのではないかと思われ、いい流れに乗ってきているように見受けます。冒頭の軍服姿のファレルもカッコいいです。陸軍殊勲勲章などを左胸に着け、軍隊では騎兵隊の英雄と見なされていた彼が、ゾウの用務係に回される、という描写が痛々しかったですね。

 ダンボは、共演者とのからみではちゃんと、モーション・キャプチャーでゾウになりきって演じた役者さんがいました。エド・オズモンドという人ですが、毎日、12時間も赤ちゃんゾウになって、四つん這いになっているのは本当に大変だったそうです。実際に赤ちゃんゾウの動きを研究して、真似してみせたそうですが、いや、本当に頭が下がります。

 ということで、独特のバートン節で、非常に上出来のリメイクになったと思います。アニメの実写化は、これまで失敗例も多いわけですが、近年のディズニーはずっと外すことなく、ヒットを続けています。実写化のお手本というか、ノウハウが築かれてきたように感じます。

 いちばん大事なのは、オリジナル作品と、ファンに敬意を払うこと。そのうえで、実写化に見合った現代性や適切な設定の変更、リアルさも、バランスを崩さないように盛り込むこと。そこを外すと痛い目に遭うのだと思います。本作は、このあたりの兼ね合いがうまくいっている、一つの典型例ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

【映画評 感想】キャプテン・マーベル

Photo_3


映画「キャプテン・マーベル」
CAPTAIN MARVELを見ました。マーベル・コミックを原作とする、マーベル・シネマティック・ユニバースもついに21作目にして、女性スーパーヒーロー(こういう場合はヒロインとは呼ばないようですね)の単独作品が登場しました。そして、この作品から直接、流れを受けて、来月公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」の内容に関わっていくことになっています。

前の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のエンディングで、強敵サノスの行った「宇宙の全生命の半分を抹殺する」という計画が発動しました。ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)は自らが消滅してしまう直前、誰かに向かって信号を発していました。その相手というのが、このキャプテン・マーベルだったわけです。

それで、キャプテン・マーベルが以前にフューリーと出会ったのが、1995年のことだといいます。今となっては四半世紀も前ですね。そこで、今回の映画では、1990年代の若いフューリーを、当時のジャクソンの出演映画を基にCGで再現し、若返らせています。さらにこのシリーズの長年のファンには嬉しい話ですが、初期のアイアン・マンやマイティ・ソー、アベンジャーズで活躍したものの、殉職してしまったフューリーの部下、コールソン捜査官(クラーク・グレッグ)も若き日の姿で登場します。

そして、ニック・フューリーはなぜ眼帯をしているのか、という理由や、フューリーがヒーロー軍団の創設を企画した時に、なぜ「アベンジャーズ」と名付けたのか、といった重大なお話も語られます。つまり、シリーズのファンとしては必見の一作、ということで、またまたうまい仕掛け方だな、と感心してしまいますね。

なお、亡くなったマーベルの総帥スタン・リー氏も、本作に元気に登場しており、おなじみのカメオ出演を果たしていますのでお見逃しなく。

 

地球時間で1995年のこと。宇宙空間ではクリー帝国とスクラル帝国という二大勢力が死闘を繰り広げていました。クリーのエリート特殊部隊スターフォースに属する新人隊員ヴァース(ブリー・ラーソン)は指揮官ヨン・ロッグ(ジュード・ロウ)の薫陶を受けながら、出撃の日に備えていました。しかしロッグも、またクリーの全システムを統治し、個人を支配する超コンピューター「スプリーム・インテリジェンス」も、ヴァースについて、能力は高いのだが、精神が不安定ですぐに感情的になるのが弱点で、不完全な戦士と見なしています。ヴァースはなぜか6年より前の記憶を失っており、しばしば、今の自分とは無関係の別人の記憶を想起してしまうことに悩んでいます。

ある日の戦いでスクラル軍の罠にはまったヴァースは捕虜となり、スクラルの将軍タロス(ベン・メンデルスゾーン)に脳内の記憶を覗かれます。ところが、そこで彼女は、自分がこの世界でC-53惑星と呼ばれる、文明の遅れた星での記憶を思い出します。

スクラルの宇宙船を脱出したヴァースは、ある惑星に墜落します。ビデオ・レンタル店の屋根を突き破って目覚めた彼女は、すぐにそこが問題のC-53、つまり地球であることに気付きます。

ヴァースを追って、タロスの率いるスクラル人の部隊が地球に潜入してきます。彼らはどんな姿にも自由に見た目を変えられる特技を持っており、発見は困難を極めます。ふとしたことからヴァースと出会った国際平和維持組織シールドSHIELDの中堅捜査官フューリー(ジャクソン)は、ヴァースがこの地球で「本来の自分」探しを望んでいることを理解し、協力することになります。

タロスの尋問を受けた際に、ヴァースは自分の記憶から手掛かりを得ていました。地球のアメリカ空軍で進んでいたペガサス計画の一環として、ローソン博士(アネット・ベニング)が開発していたある技術が、スクラル人にとって興味のあるものらしいこと。そして、かつては自分もこの計画に関わる空軍のパイロットで、当時の同僚のマリア(ラッシャーナ・リンチ)に会えば、かつての自分が分かるかもしれない、ということでした。

スクラル人との攻防を重ねた末、空軍のペガサス計画の資料庫で、ヴァースはローソン博士が、実はクリー人の諜報部員マー・ベルだったことを知ります。

さらに、ついに再会したマリアから、ヴァースは自分の本名を聞かされます。キャロル・ダンヴァース空軍大尉。自分はもともと生粋の地球人であるという事実を知ったそのとき、タロスの部隊が襲ってきます…。

 

ということで、予備知識がないと、冒頭の宇宙戦争の部分が分かりにくいかもしれませんが、ここで登場する人物のうち、クリー軍爆撃隊の指揮官ロナン(リー・ペイス)と、ヨン・ロッグの副官コラス(ジャイモン・フンスー)は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で敵キャラとして登場した2人です。彼らはその後、クリーに対する反逆者として身を落とし、ガーディアンたちに倒されるに至ったようですね。

本作で久々に登場する「四次元キューブ」とは、元々、マイティ・ソーの父オーディン王が地球に隠匿していたものを、ナチス・ドイツの一派ヒドラ党のシュミットが悪用しますが、キャプテン・アメリカが奪取して冬眠状態に。その後、クリー人であるローソン博士が回収して研究していた、ということのようですね。さらにこの後、SHIELDが武器に使用しようとした後、同組織の解体を経て、アスガルドに戻り、ソーの弟、ロキが所有していたものの、前作ではサノスに強奪されてしまった、ということになります。

それにしても、アカデミー賞女優のブリー・ラーソンを始めとして、ジャクソンに、ジュード・ロウに、と豪華絢爛たる配役。もはやCGがどうの、映像が素晴らしいのというのは当たり前のことで、むしろ、こういう役者としてはいろいろ制約の多そうな物語を、果敢にアクションにも挑戦して、大物たちが演じきっている、というドラマの部分こそが際立って見えるように感じます。この「アベンジャーズ」を核とした大河シリーズが、延々と20作以上、続いており、成功を重ねている理由も、この手のジャンルを、お子様向けのコミック作品、というものから、予算と豪華キャストを惜しげもなく投入した重厚な映画作品として昇華しているからだ、というのがよく感じられる一作です。

なんといっても、まだ苦労知らずで、異星人の存在すら認識していない(そして、左目が健在な)無邪気で動物好きな捜査官ニック・フューリーのコミカルな演技が見ものです。ここで描かれるキャロルとニックのどこか間抜けたコンビは、シリーズの中でも白眉のひとつで、今後、この時代の2人でスピンオフを作ってもらいたいような気もします。

キャプテン「大尉」という軍の将校の称号を正式に持ち、宇宙戦士として実力的にも圧倒的に他のヒーローより強いと思われるキャプテン・マーベル。それは、これまで「アベンジャーズ」を統率してきたキャプテン・アメリカのように、指揮官の器であることを意味するのかもしれません。キャプテン・アメリカやアイアン・マン、ソー、ハルクが中心となってきた、これまでのシリーズは、次作で一応のリセットを迎えるとされており、今後は彼女が第二期の中心人物として、舵取りを任される可能性もあちこちで示唆されます。

シリーズのファンなら、ここは絶対に、見逃せない作品と言えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画評 感想】ふたりの女王メアリーとエリザベス

Photo


 「ふたりの女王
 メアリーとエリザベス」Mary Queen of Scotsを見ました。本作は2月末のアカデミー賞で、アレクサンドラ・バーンが衣装デザイン賞にノミネートされていた作品です。バーンはケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」と「エリザベス:ゴールデンエイジ」でも衣装を担当してノミネートを受け、後者では受賞しています。この他にも「オペラ座の怪人」「オリエント急行殺人事件」といった時代物や、「アベンジャーズ」の1作目、2作目、「マイティ・ソー」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ドクター・ストレンジ」といったヒーローものでも手腕を発揮している人です。

 そういう経歴なので、エリザベス朝の時期の服飾は完全にマスターしているデザイナーであり、実際にケイト・ブランシェットの作品では、徹底的な時代考証を踏まえた再現性が高く評価されました。

 しかし、本作はかなり、「正確性」という点では史実から離れた表現を故意に選んでいるようです。どちらかといえば、今回のアカデミー賞でやはり衣装デザイン賞の候補だった「女王陛下のお気に入り」(衣装:サンディ・パウエル)の方針に近いものを感じます。特に男性のスタイルは相当に史実から自由です。16世紀当時の紳士服は、カボチャのように膨らんだ半ズボン、ヘンリー8世の治世からエリザベス1世の初期にかけては、股間にコッドピース(股袋)、脚は長靴下で覆い、上半身はやたらと膨らんだダブレットという上着、首周りには巨大な襟飾り(ラフ)。そんな感じで、今の目で見るとかなり滑稽といってよい服装でした。色彩は色とりどりで、サテンや金銀の刺繍を施し、現代人からするとフェミニンにすら、見えるものです。

しかし本作の男性たちは、皆が皆、そろって黒か濃紺の地味な色です。恐らく、この当時にはなかったと思われるダブルの前合わせの人物もおり(ダブルの上着というのは、基本的には18世紀半ばからの流行なので、おおよそ200年ぐらい未来の服装です)、皮革素材を多用し、足元に至っては、タイトなデニム生地のジーンズのようなパンツを穿いています。スタイリッシュというか、ちょっと今時のアルマーニみたい、というような感じの服装ばかりなのが異色です。皮革とデニムの取り合わせは、ちょっとロック・ミュージシャンのようでもあり武骨です。

 ところが面白いことに、映画の最後の方で登場する、次の時代の国王、ジェームズ1世の姿は、当時の有名な肖像画通りを完全に再現したような色彩と姿をしているのです。つまり、著名人はその通りの服装にしないと誰だかわからないので、時代考証的に正しいものとし、さらに「やろうと思えば正確な服も当然、出来るのだけれど、あえて外しているのです」というメッセージも込めているように見受けます。Photo_2


 女性たちについても、侍女や女官は19世紀のヴィクトリア時代のように黒ずくめです。その一方で、「ふたりの女王」であるエリザベス1世と、スコットランド女王メアリー・スチュアートは、場面に応じて鮮やかな色彩の衣装を着ています。それもしかし、フランス帰りで派手なファッション・センスで有名だったメアリーも、青色系のシックな服装で押し通しており、特に物語が悲劇的な方向に向かうほど暗い色になっていく傾向です。エリザベス女王については、おおむね史実を反映した服装を目指しているようですが、今回は彼女が中心の映画ではないので(原題も、「ふたりの女王」ではなくて、あくまでも「スコットランド女王メアリー」です)、あえてグロテスクな雰囲気が漂う晩年の服装やメイクを強調していると感じます。「エリザベス」シリーズでも登場した、カツラを愛用していたことを示すシーンも出てきます(実際にエリザベス女王は何百個もカツラを所有していました)。

 服を脱ぎ、着るたびに、大勢の侍女が群がって世話をし、ことに、この時代まで残っていた「上着の袖を着用のたびに結び付ける」面倒くささ、といった史実はしっかり描きます。生理の日の世話まで侍女たちにさせ、女王は仁王立ちで立っているだけ、といった描写は実に興味深いです。男性が寝室にやって来る場合も、お姫様と性的行為をしたい殿様が、侍女に「彼女の服を脱がせろ!」といちいち命令する、というシーンがあって面白いですね。

 16世紀の戦闘というものも、かなり忠実に視覚化しており、広く戦場で使われ始めた小銃(火縄銃)が散発的に火を噴く、その一方で弓矢は廃れつつあり、戦闘は歩兵中心、馬上の騎士も姿を消し、重い甲冑も使われなくなっている、という感じがよく出ています。日本でいえば織田信長が活躍した同時代なわけで、このへんの戦術の過渡期という部分もよく分かります。

 史実を重んじたシーンもある一方で、事実としてはあり得ないこととして、主要キャストに黒人や中国系の人がいる、という問題もあります。いかに人種的なダイバーシティを重視する今の風潮とはいえ、16世紀の英国に中国系の侍女は実在しなかったと思われますね。

 このように、几帳面なほど史実の再現をしている部分と、大胆に時代考証的な史実から離れている描写が共に見られます。それは、本作の姿勢そのものを反映しているようにも思われるのです。パンフレットで関東学院大の君塚直隆先生が「エリザベスは織田信長より1歳年上、メアリーは徳川家康より1歳年上」と書いておられます。なるほど、と思いますが、まさに日本の戦国時代と同時代のお話です。そして、エリザベス(15331603)とメアリー(154287)の年齢差は、信長と家康の差と同じく、ほぼ一回り違いであることも本作で認識させられます。寿命の短い当時において、10歳近く年長のエリザベスが、メアリーを妬ましくも、危険にも思ったのは当然、ということです。

 

 スコットランド女王でありながら、フランス王妃として大陸に渡っていたメアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は、夫の死後、1561年にスコットランドに帰国します。彼女が長年、国を離れている間、摂政として統治してきた異母兄マリ伯(ジェームズ・マッカードル)や大臣メイトランド(イアン・ハート)は表面的には温かく出迎えますが、内心では微妙なものがある様子。メアリーを支える勇猛な将軍ボスウェル伯(マーティン・コムストン)といきなり対立します。

 さらに、堅固なカトリック信者であるメアリーに対し、スコットランドのプロテスタント宗派・長老派の重鎮ノックス(デヴィッド・テナント)が公然と反旗を翻し、いきなり窮地に立たされます。

 隣国イングランドの女王エリザベス(マーゴット・ロビー)も、若きカトリック信者であるスコットランド女王の欧州大陸からの帰還を穏やかならぬ感情で見ていました。カトリックを廃止して結婚と離婚を繰り返した父王ヘンリー8世の所業のために、一度は王位継承権を失ったこともあるエリザベスは、特にローマ教皇やスペイン王、フランス王室などカトリック勢力からは正統な女王と見なされておらず、むしろヘンリー8世の姉の孫に当たるメアリーこそが正統なイングランド女王だと認識されていました。こうした国の援助を受け、メアリーを担ぐ勢力が台頭すれば、エリザベスとしては身の破滅ということです。

 エリザベスはメアリーを手なずけるために、自分の寵臣で愛人のロバート・ダドリー(ジョー・アルウィン)とメアリーを再婚させ、コントロールしようと画策しますが、天然痘に罹患してしまい政治力が低下、その事実を知ったメアリーから足元を見られてしまいます。

 その頃、スチュアート王家の親戚であり、イングランド王室の親戚でもあるダーンリー卿(ジャック・ロウデン)が、父のレノックス伯(ブレンダン・コイル)と共に、エリザベスの宮廷で不興を買い、イングランドからスコットランドに逃れてきます。ダーンリーはメアリーに急接近し、メアリーは周囲の反対を押し切って再婚します。

 しかしこれがエリザベスを激怒させ、その重臣セシル(ガイ・ピアース)は駐スコットランド大使ランドルフ(エイドリアン・レスター)に指示して、スコットランド国内の反メアリー派を刺激します。ノックスが宗教勢力を煽って反乱が始まると、メアリーの兄マリ伯も反乱側について内乱に発展してしまいます。

 自ら軍を率いてこれを鎮圧したメアリーは、やがてダーンリーとの間に妊娠し、結婚もせず子供も作らないエリザベスに対して優位に立っていきます。

 ところが、メアリーの世継ぎが生まれてしまえば、ダーンリーは単なる夫であって、正式な国王になる可能性がなくなり、無能なダーンリーの元で国政を支配したいレノックス、メイトランドたちには都合が悪い。そこでまず彼らは、女王が寵愛しているイタリア人秘書リッチオ(イスマエル・クルス・コルドバ)が女王と不倫している、という噂を流し、ダーンリーも一味に加盟させたうえで、メアリーの目の前でリッチオを惨殺してしまいます。

 その後、ダーンリーはリッチオ暗殺計画に加担したことが暴露されて、メアリーと別居。さらに何者かに暗殺されてしまいます。再び未亡人となったメアリーは、生まれたばかりの息子ジェームズと引き離され、今度はレノックスたちに唆されたボスウェルに強姦されるような形で再婚します。だが、一連のことは反対派の思惑通りで、メアリーは夫を殺害して不倫相手のボスウェルと結婚した悪女、ということにされ、国民の支持を失い、ついに強制的に退位させられてしまうのです。わずか1歳の息子はジェームズ6世として即位、そして国外追放されたメアリーが向かった先は、長年のライバルであるもう一人の女王、エリザベスが統治するイングランドの地でした…。

 

 このように、史実としては諸説あるところですが(特にリッチオ惨殺事件や、ダーンリー卿暗殺事件の真相は、今もって闇の中です)おおむね、史実通りにストーリーが展開していきます。後半、イングランドでエリザベスとメアリーが秘密会談するシーンが出てきますが、これは史実ではありません(もっとも、2人が同じイングランドにいる間に、一度も会見したことがない、という証拠もないようです)。

 主要キャストについては、2人のヒロインを始め、ベテランのガイ・ピアースなどが史劇にふさわしい重厚な演技を見せています。ロバート・ダドリー役のジョー・アルウィンは、「女王陛下のお気に入り」でヒロインの夫になる軍人役で注目された期待の新人で、時代劇に合いそうな人です。ダーンリー卿役のジャック・ロウデンもどこかで見た顔だな、と思えば「ダンケルク」で、洋上でボートに救助される戦闘機パイロットの役をやっていました。それからもう一人、興味深いのが、エリザベスの筆頭女官ベス・オブ・ハードウィックを演じたジェンマ・チャン。この人は、日本では同日公開の「キャプテン・マーベル」にも主要キャストとして出演しています。私は同じ日に2本とも見たのですが、SFアクションで活躍する姿と、こちらの16世紀の女官姿では、とても同じ女優さんには見えませんでした。

 基本的にはエリザベスの視点から語られることが多い英国史を、メアリーの側から描いた非常に興味深い作品です。メアリー自身は結局、男性たちに翻弄されて破滅しました。君主としては、男性を遠ざけることで政治権力を維持し続け、歴史に残る偉大な女王となったエリザベスに敵わなかったといえますが、本作にも描かれる通り、メアリーの息子ジェームズ6世が、スコットランド国王を兼任したまま、エリザベスの死後にイングランド国王ジェームズ1世として即位し、その曾孫の世代のアン女王の時代に二つの王国は正式に統合、アンの死後にドイツの傍系から迎えられたのが現在の英国王室です。つまり、その後の英国王家はすべて、メアリーの子孫ということになります。

 メアリーを苦しめた兄のマリ伯、夫ダーンリーの父(つまり義父)レノックス伯といった人物も、幼いジェームズ6世の元で権力者となりますが、その後の政争で皆、暗殺されています。また、3番目の夫、ボスウェル伯は北欧に逃れますが、デンマークで収監されそのまま獄中で死んだそうです。つまり、周辺にいて彼女を利用しようとした男性たちはことごとく、不幸な最期を迎えたようで、もって瞑すべきところではないでしょうか。そのあたりを考えると、また余韻の残る一作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

【映画評 感想】移動都市/モータル・エンジン

Photo


  映画「移動都市/モータル・エンジン」
Mortal Enginesを見ました。フィリップ・リーヴの小説『移動都市』を基に、あの「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」などの監督として有名なピーター・ジャクソンが脚本を書き、ジャクソン監督の右腕として長年、視覚効果を担ってきたクリスチャン・リヴァーズが監督を務めました。リヴァーズはジャクソン監督の「キング・コング」でアカデミー視覚効果賞を受賞しています。現在の特殊映像、モーション・キャプチャーなどの映像技術は、この2人のコンビが基礎を作ってきた、といえます。長い間、「映像化は無理」と言われ続けた「ロード…」を見事に映画にしてみせた時、世界の映画人が「そうか。もうなんでもコンピューターで思い通りに絵にできる時代になったのだ」と気付いたのです。

本作も、キャタピラ付きで2キロ四方もある巨大な移動都市が轟音を立てて疾走する、という斬新な発想で、これまた「とても映像化は難しいだろう」といわれた原作を、さすがの技術力で、まさに見たこともない映像に仕上げています。しばしば「この映画は名作だろうけれど、テレビで見ればいいや」というものと、「これはとにかく劇場で見ておかないと」という作品とがありますが、本作は典型的な「劇場で見ないと」という作品。

なんとなく、日本人の目からすると、初期の宮崎駿監督や大友克洋監督の、サイバーパンク色の強い作品に似ているようにも見えます。また、設定が「スター・ウォーズ」や「マッド・マックス」のようだ、というのもうなずけるところです。それにしても、なんとも摩訶不思議な移動都市「ロンドン」の威容は、一度は大画面で見ておきたいものです。

本作は、2118年に起きた「60分戦争」で荒廃し、文明が崩壊してから1600年後、3718年の物語、ということで、この時代の博物館では、21世紀などは「古代」に分類されております。いろいろ期間の長さで名前が付いている戦争がありますが、たとえば百年戦争、八十年戦争、三十年戦争、七年戦争、それに機動戦士ガンダムの「1年戦争」というのもありました。十日戦争とか、六日戦争、「ぼくらの七日間戦争」なんていう短期決戦もあります。しかし「60分」というのはすごいです。超短期決戦。これは、22世紀に使用された恐怖の量子エネルギー兵器「メデューサ」により、アメリカを中心に世界中の地核が崩壊し、人類が地上に住めないほどの破壊をもたらした、という戦争だと言います。

急速に悪化する環境の元、人々が考えたのが、巨大な都市ごと移動して、常に最適な環境に逃れるような「移動都市」の開発でした。かくて、名だたる大都市が移動都市となり、小さな都市を食い物にして、食料や燃料を強奪する弱肉強食の「大捕食都市時代」が1000年以上も続いた、というのです。中でも、西方で最強の捕食都市(プレデター・シティ)として生き残ったのが、かつての大英帝国の首都「ロンドン」なのです。

 

 移動都市ロンドンは、久しぶりにヨーロッパに帰ってきました。近年は捕食するべき小さな都市もめっきり減り、獲物に飢えていたのです。その日も、ドイツの小型移動都市ザルツハーケンを襲撃し、呑み込もうとしていました。

 小山のようにそびえるロンドンの威容を、厳しい眼光でひたと見据える覆面の女性の姿がありました。その女性、ヘスター・ショウ(ヘラ・ヒルマー)は、交易のために停止中のザルツハーケンに飛び乗り、これがロンドンに捕食されると、捕虜たちと一緒にロンドンの下層に侵入。ロンドン市長クローム(パトリック・マラハイド)の腹心で、事実上の指揮権を握る考古学者サディアス・ヴァレンタイン(ヒューゴ・ウィーヴィング)に襲いかかり、刺殺しようとします。このとき、ヴァレンタインの娘キャサリン・ヴァレンタイン(レイア・ジョージ)を案内していた博物館の見習い研究員トム・ナッツワーシー(ロバート・シーハン)は、ヘスターを止めに入ります。トムは、へスターの顔に残る痛々しい大きな傷痕を見てショックを受けます。

 トムに暗殺を妨害されたヘスターは、排出口からロンドンの外に逃れますが、去り際にトムに「私はヴァレンタインに母親を殺された」と言い残します。その直後、姿を見せたヴァレンタインは、トムがヘスターの言った言葉を口にすると態度を豹変し、トムを排出口に突き落としてしまいます。

 キャサリンは、トムの転落と父親の態度に不審を抱き、現場を目撃したトムの友人ベヴィス・ポッド(ローナン・ラフテリー)から真相を聞くと、ヴァレンタインがロンドンの最上層の大聖堂で行っている秘密実験の内容を探り始めます。

 一方、地上に落ちたヘスターとトムは、南方の奴隷商人に売られてしまう寸前で、伝説の空賊アナ・ファン(ジヘ)に救出され、天空の秘密基地エアヘイヴンに赴きます。

 ヴァレンタインは刑務所に捕えられていた古代のサイボーグ、「ストーカー」の生き残りであるシュライク(スティーヴン・ラング)を解き放ち、ヘスターの後を追わせます。というのも、シュライクはヘスターに強い恨みを抱いている様子だったからです。

 やがて、ロンドンは方向を東に変更します。その先には、移動都市の争いに加わることなく繁栄している静止都市シャングオがあり、高さ1800メートルもある「楯の壁」で護られています。ヴァレンタインの恐るべき野心に気付いたクローム市長は、停止を命じるのでしたが、時すでに遅く、ヴァレンタインの研究は後戻りできない段階に達していました…。

 

 というわけで、見終わった後の私の最初の感想は、「やっぱり巨神兵は復活させてはならぬ」というものでした(笑)。最後まで一気呵成に進むストーリーは、こういうSF冒険ものの王道です。とにかく設定といいデザインといい、斬新さに満ちた映像は、それだけで一見の価値があると思います。

 ピーター・ジャクソン監督自身もそういう傾向がありますが、本作においても、いわゆる有名俳優は「ロード…」「ホビット」6部作のほか、ウォシャウスキー姉妹監督の「マトリックス」や「クラウド・アトラス」でも知られるヒューゴ・ウィーヴィングぐらいで、後は比較的、無名の新人を起用しています。

ヒロインに抜擢されたヘラ・ヒルマーは、よくこういう人を見つけたな、と思います。これまでキーラ・ナイトレイ主演の「アンナ・カレーニナ」で主要キャストの弟の奥さん、という役をやっただけで、本国アイスランドでは活躍しているものの、国際的にはあまり知られていない女優さんですが、気が強くて本当は繊細なヘスターという人物像をよく表現しています。トム役のロバート・シーハンもニコラス・ケイジ主演の「デビルクエスト」やジェラルド・バトラー主演の「ジオストーム」で大事な役を演じていますが、大きな主演作はこれが初めて。

もう一人、注目したのがキャサリン役のレイア・ジョージ。長編映画は本作が初出演のようですが、この人、数年前にショーン・ペンがシャーリーズ・セロンと別れた後、「32歳差の若い新恋人」として騒がれた時の当事者です。2016年当時、ペンが56歳で、レイアは24歳だったのですが、その後はどうなったのでしょうか。レイアのお父さんは、俳優のヴィンセント・ドノフリオ。よく知られているところでは「メン・イン・ブラック」でゴキブリ型の宇宙人に身体を乗っ取られる男エドガー役で有名ですが、この人のお嬢さんです。ちなみに、現在のショーン・ペンは58歳、ドノフリオは59歳で、ほぼ同い年です。

 シュライク役のスティーヴン・ラングは、今回はモーション・キャプチャーで誰だかよく分かりませんが、あのジェームズ・キャメロン監督の「アバター」で頑迷な傭兵隊長クオリッチ大佐を演じた人。今後も「アバター」続編で登場する予定とのことです。

 現在の最新鋭の映像技術で何ができるか、というのを見せつけている作品です。ぜひ、劇場の大画面でご覧ください。やはり「捕食」シーンは圧巻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧