2017年12月24日 (日)

クリスマス&忘年会(帝国ホテル・ブラッスリー)

Dryjsimvqae9kcx

 今年のクリスマス・イブは日曜日ということで、いろいろ楽しい催しをされている方も多いのではないでしょうか。私どもは本日は多忙ですので、数日前に昨年と同様、帝国ホテル地下のレストラン「ブラッスリー」にて、家族クリスマス会兼忘年会を行いました。ホロホロ鳥のメインディッシュがことのほか美味でございました。Dryjvd6vaaalbab_2

Dryj71wvqaebq_q_2


Dryj4cdvaaakl4r_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

日本甲冑武具保存会の研究会に伺いました。

Drrfvp9vaae5uhe


 このほど日本甲冑武具研究保存会の研究会が、東京・早稲田の水稲荷神社・参集室で開催されました。会員で甲冑師の佐藤誠孝様のご紹介で、私どもも伺いました。鎌倉の下馬遺跡から出土した非常に珍しい大鎧についての説明があり、熱い議論が展開。非常に濃密な2時間余りでした。甲冑の研究は日本の誇る文化財の保存という意味で大切ですが、公的な研究機関や大学などの活動や研究は限られたもので、この会員の皆様のような方々が私財を投じ、時間を削って活動されていることが多いのです。頭が下がります。Drrfsfdueaagahl

Drrfmmtuqaahtoy


Drrfjnvwaaoxki

Drrexhquqaa_scg

Drret2svaaa8tb



Drreriiumaacb5a



Drreog0vaaaxdlz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

「ザ・クロークルーム」レセプション(銀座)

Droubv9v4aa1kau


 9月にオープンした銀座の新しいテーラー「ザ・クロークルーム東京サロン」のレセプションが、このほど開催されました。Droufa2umaeqt0e



 このお店は「ギンザ・シックス」のすぐそばにあります。クロークルームは元々オーストラリアのブランドですが、日本には初上陸。非常に感度の高い紳士服、レディース、レザー商品などを扱っており、日本では基本的にビスポーク(注文服)のお店となっています。
 かつて「サローネ・オンダータ」を支えた島田氏と林氏、松岡氏がこの東京サロンを立ち上げました。Droujlsvqaa0rg



 「ザ・クロークルーム」104-0061 東京都中央区銀座7-10-5 ランディック第3銀座ビル5階 TEL 03-6263-9976 MAP https://goo.gl/HtEp9N
 月曜日定休。12:00~19:00(予約制)ということで、まずはお電話を。Droum2uuiaaf0va

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

クリスマスパフェ(新宿高島屋・高野パーラー)

Dq2sxt0u8aezrsf


 気温も下がって、ぐっと師走らしい雰囲気になってきましたね。先日、新宿に行ったらライトアップが綺麗でした。立ち寄った高野パーラーでは、期間限定のクリスマスパフェというのを頼んでみました。Dq2s07xuiaa3boj

Dq2s5doueaifatl


Dq2s7ldueaew1wv



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

コシノジュンコ先生の御主人、鈴木弘之氏の誕生パーティー。

 このほど、東京・六本木のハイアットホテルにて、デザイナー、コシノジュンコ先生の御夫君で株式会社Junko Koshino代表でもある写真家・鈴木弘之氏の誕生パーティーが開催されました。70歳を迎えられたとのことですが、とにかくダンディーでカッコいい。そしてスリム。憧れますね。さらにまた、先日、文化功労者となられたコシノ先生もいつでもパワフル。とにかく素晴らしいひとときでした。Dqty0vgvqaa34f9_3


Dqtzojpvaaamtl2_3

Dqtzy4vuqaaivcy_3


Dqtaty6voaaodrv_4


Dqtagpdvoaajqgh_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

講演会(21日、東京家政大)の風景です。

22730334_1460371280725072_816615915


 22780485_1460371454058388_219098500


 先週21日に東京家政大で行った辻元よしふみ、玲子の講演「軍服 その歴史とイラストレーション」の会場での写真を服飾文化学会より提供していただきましたので、掲載します。台風接近の中、たくさんの御来場、改めましてありがとうございました。また、こういう機会があればぜひやりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

21日の「軍服とイラストレーション」(東京家政大学)講演で続報です。

Dmz23nruiaed3q


 21日の私どもの講演会「軍服 その歴史とイラストレーション」につきまして、来場された甲冑師の佐藤誠孝様がTwitterでご紹介くださいました=写真も佐藤様撮影=。引用させていただきますと「21日に十条にある東京家政大学にて軍服の歴史について研究者の辻元よしふみ氏と玲子氏夫妻の講演に行ってきた。軍服は個々の時代についての研究はあるが通史としてはほとんど無く、歴史の流れとともにダイナミックに変化する軍服を噺家並みのトークで面白く聴かせてもらった。雨であったが満員だった」。佐藤様、まことにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

講演会(東京家政大)無事に終了しました。

Cimg0307


 皆様、昨日は東京家政大学で講演会「軍服 その歴史とイラストレーション」を行いました。取り急ぎ、雨の中、多数のご来場をいただきありがとうございました。天候が心配でしたが、講義室が人でいっぱいで、本当に満席状態になって、おいでになった皆様には厚く御礼申し上げる次第です。取り急ぎご報告でございました。私どもは会場で写真を撮ることができなかったのでとりあえず、講演終了後に池袋で、玲子の父と3人で記念撮影したものを掲げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

辻元よしふみ・玲子講演会(10月21日・土、東京家政大学)ちらしで訂正。

Photo


清秋の候、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。先日、お知らせした私たちの講演会のチラシで、時間に誤記載があったのでお知らせします。
 
改めて申しますと、このほど、辻元よしふみと辻元玲子は、東京家政大学(東京・十条)で講演会を行うことになりました。同封チラシの通りでして、10月21日土曜日に開催される服飾文化学会の第18回研究例会として、僭越ながら私どもが発表する次第でございます。
同学会の会員以外の方も参加歓迎、ということになっており、参加費は無料です。
 
ただ、このチラシでは時間帯が若干、間違っております。正しくは、下のような日程・時程となっております。
 
日 時: 平成29年10月21日(土)13:30~16:05
会 場: 東京家政大学 120-3B講義室(120周年記念館 3階)1
講演題目:「軍服 その歴史とイラストレーション」
講 師 :辻元よしふみ氏(服飾史・軍装史研究家)
:辻元 玲子氏(歴史考証復元画家)
 
以上、ご足労ではございますが、もしご興味、お時間がおありの際には、ぜひ東京家政大学までおいでくださいませ。宜しく御願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

21日に服飾文化学会で講演します。(於:東京家政大)

Photo


 
1021日土曜日に、東京家政大学(東京・十条)で、服飾文化学会の研究例会が開かれます。講演するのは、なんと「辻元よしふみ氏」と「辻元玲子氏」のお二人! つまり私たちですが…。ご興味のある方はぜひ。

 ◆服飾文化学会 第18回研究例会

「軍服 その歴史とイラストレーション」

  :辻元よしふみ氏(服飾史・軍装史研究家)

:辻元 玲子氏(歴史考証復元画家)

 時: 平成291021日(土)13301605 (前後に議事、質疑の時間あり)

 場: 東京家政大学 120-3D講義室(120周年記念館 3階)

参加費無料:学会員以外の参加歓迎

 

【辻元よしふみ】ユニフォーモロジーUniformology(軍装史学/制服学)とは何か? をテーマに、この研究の社会的貢献や、これまでの歴史復元画家と軍装史学者を紹介。「軍服はいつからあるのか」「近代的な軍服の登場とその背景」「なぜ初期の軍服はあんなに派手だったのか」など、各時代の軍装の特徴と変遷を解説します。

 

【辻元玲子】ヒストリカルイラストの社会的重要性、製作過程、一般絵画との描き方の違いについて。また、シュメール兵、グスタフⅡ世アドルフ、スペンサージャケット等を例に、軍装史と紳士服飾史、婦人服飾史の密接な関わり合いについて、全て描きおろしのイラストエッセイで具体的に詳しく解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧