« 【映画評 感想】ライオン・キング | トップページ | 小早川秋聲 個展(京橋・加島美術) »

2019年9月 3日 (火)

【映画評 感想】トールキン 旅のはじまり

Photo_20190903113401 「トールキン 旅のはじまり」Tolkienを見ました。あの「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」や「ホビット」の原作者JRR・トールキンの青春時代を描く映画です。トールキン自身は「作家作品研究」的なアプローチは好きではなかったようで、作者の人生をいくら調べても、文学作品とは無関係である、という立場の人だったようですが、しかし、トールキンの作品を読み、あるいはピーター・ジャクソン監督によって映画化された6部作を見れば、明らかに二つの世界大戦の影がちらついています。特に、トールキンが実際に従軍した第一次大戦の塹壕戦の悲惨な光景が、悪の帝国モルドールの描写に重なることは間違いないところでしょう。フロドに献身的に仕えるサム・ギャムジーのモデルが、陸軍の忠実な兵士たちであったことは、トールキン本人も明言しています。また、悪の帝王サウロンが徐々に支配を伸ばしていく点では、ヒトラーがモデルになっていると言われています。

 

本作の展開を厳密にみるならば、トールキンの伝記を正確にトレースしているわけではないようです。たとえば、年譜的には、トールキンが最愛の人エディス・ブラットと出会い、夢中になった後で、フランシス・モーガン神父の勧告により離別したのは1910年のこと。キング・エドワード校の学友4人で、劇中にも登場する秘密クラブ「T.C.B.S」を結成するのは1911年であり、前後関係としては劇中の展開と一致しません。

 

また、戦争中の描き方にしても、史実通りとはかなり相違するように思われます(この点は後で詳述します)。要するに、正確なドキュメンタリーのような伝記映画を作ったのではなくて、トールキンのその後の創作にいかに彼の前半生が関わっているか、という点をクローズアップしたところが、非常に興味深い作品となっています。

 

セアホール・ミルの美しい田舎の田園風景が、後のホビット庄につながり、バーミンガムの工場地帯の黒々としつつ赤い溶鉱炉が燃える景色は、モルドールや、イセンガルドの軍事施設を思わせます。そしてソンムの戦場は、フロドとサムがさまようモルドールから滅びの山への果てしなく続く荒涼地のモデルであることは言うまでもありません。このあたりを視覚的に一目瞭然に描き出してくれるのは、映画という表現ならではです。

 

また、言語学の天才であったトールキンは、エルフ語やモルドール語、ローハン語などの新しい言語を創作し、その裏付けとなる物語大系を築いて行ったわけですが、その言語へのこだわりが、いかに彼の若き日々の生活の中心であったか、という描写も重要です。こうしたトールキンの人生こそが「旅のはじまり」であり、やがてビルボ・バギンズの旅立ちにつながるのだ、という視点が明確です。

 

そのため、第一次大戦の激戦地、ソンムの戦場でさまようトールキンが、子供時代、学生時代の思い出を走馬灯のように想起する、という構成になっていますが、これが効果的です。後のスマウグ、ガンダルフやサウロンらしき幻影が登場するシーンがあるのですが、やっぱりドキドキしますね。

 

あらすじ◆南アフリカで父親が死んだことにより、ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(少年:ハリー・ギルビー/青年:ニコラス・ホルト)の一家は、住み慣れたセアホール・ミルの田舎から、バーミンガムに引っ越すことになります。貧しい生活の中、母親はロナルドに、現実を離れたファンタジーの魅力を伝えます。しかしまもなく母も病死し、遺されたロナルドは、弟と共に母の友人のモーガン神父(コルム・ミーニイ)の後見を受けることになり、フォークナー夫人の屋敷に下宿して、地元の名門校キング・エドワード校に通うことになります。同じ下宿にはピアニストの少女エディス(リリー・コリンズ)がおり、二人はすぐに恋に落ちます。

 

ロナルドは、学校で知り合った仲間たち、校長の息子で画家になりたいロバート(アルビー・マーバー/パトリック・ギブソン)、詩人志望のジェフリー(アダム・ブレグマン/アンソニー・ボイル)、作曲家を目指すクリストファー(タイ・テナント/トム・グリン=カーニー)と意気投合し、芸術で世界を変える秘密結社、ティー・クラブ・バロヴィアン・ソサエティ(T.C.B.S)を結成し、青春を謳歌します。

 

その後、ロナルドは学業不振に陥り、オックスフォード大の受験に失敗。神父はエディスとの交際を禁止します。再試験で進学は出来たのですが、古典文学を専攻したものの伸び悩み、退学寸前にまで追い込まれます。さらに追い打ちをかけるように、エディスが他の男性と婚約した、という知らせが入り、彼を打ちのめします。そんな中、ふとした出会いから言語学の重鎮ライト教授(デレク・ジャコビ)と知り合い、自分のやるべきは言語学であることを悟り、教授の門下に入ることを許されます。充実した学生生活を手に入れたロナルドですが、1914年、イギリスはドイツとの戦争に踏み切り、第一次世界大戦に参戦します。ロナルドを始め、「T.C.B.S」のメンバーは皆、軍に入隊して初級士官として戦場に赴くことになりますが、ロナルドを待ち受けていたのは、最悪の激戦地、ソンムの戦場でした…。◆

 

ということで、なんといっても目を引くのがリリー・コリンズ。あの「ジェネシス」のドラマー、フィル・コリンズのお嬢さんですが、もともと、かなり太い眉毛の持ち主。ところが本物のエディス・トールキン夫人という人が、すごく濃い眉毛の人なので、ドメ・カルコスキ監督が「とにかく見た目がそっくり」と思ったそうです。エディス夫人は父親が公表されない私生児として生まれ、劇中でも言及されますが、もともとは聖公会の信者で、トールキンとの結婚に当たり、カトリックに改宗しています。彼女はまた、エルフの王女であり、定命の人間ベレンに嫁いだことで、不死の身から死ぬ運命になったルシエンのモデルとなったといいます。だから、エディスの墓石にはルシエン、トールキンの墓石にはベレンの名が刻んであるそうです。また、ルシエンの子孫であるアルウェンは、ルシエンの再来と言われるほど似ており、人間の王アラゴルンと結ばれることで、同じ運命をたどった、とされています。

Edith_tolkien

ニコラス・ホルトはじめ4人の青年たち、それから、それぞれの子役4人も非常にいい感じで、途中の「世代交代」も違和感がなく、見事です。トム・グリン=カーニーは「ダンケルク」の少年兵役で主演した人ですね。旧「スター・トレック」シリーズで有名なベテラン、コルム・ミーニイや、「オリエント急行殺人事件」の執事、「シンデレラ」の国王などの名演が記憶に新しい重鎮デレク・ジャコビの渋い演技も光ります。その他、隅々に至るまでキャスティングがよく考えられています。

Ronald_and_edith_tolkien_1966

こういう史劇の場合、コスチュームも大事ですが、エドワード朝の重々しいフロックコートやスーツに、まだスカーフ状の柔らかいネクタイ、あるいはロングドレスに大きな帽子、といったスタイルが、徐々にモダンになって行って、戦後の1920年代のシーンでは、男女ともにすっかり現代的な服装になっているのが見ものです。このあたりの服飾史的な考証も、しっかりされています。本作では非常に重要な、第一次大戦当時の軍装という点でも、ぬかりなく、兵士たちは1902年型の詰め襟のカーキ色軍服、将校たちは1914年モデルの開襟軍服を着用しています(当時、ネクタイを締める軍服は世界でも最新式のものでした)。ただし、ソンムの会戦(1916年)頃ということですと、実際には将校の階級章や徽章は、まだ肩章に付けていない時期だと思われ(初期の階級は袖口で示すもので、公式に肩に徽章を付けてよくなるのは1917年のこと。今に残るトールキン少尉の写真でも、肩章には何も徽章は付けていません)、この点では、本作の将校たちは初めから肩章に徽章を付けているようでしたが、このあたりはどうなのでしょうか。もっとも、実際には公式な通達の以前から、実用上の便利さを考えて、肩に徽章を付けることはあったようです。

Tolkien

ところで、映画上の展開は劇場でご覧いただくとして、史実でのトールキン少尉の戦歴は以下のようになります。彼はランカシャー・フュージリア連隊の第11大隊の通信士官として従軍しました。モールス信号や野戦電話の担当で、比較的、後方勤務と言えます。同連隊は平時には2個大隊があるだけでしたが、戦時の急速拡大で基幹3個大隊となり、補充兵で8個大隊に、さらに終戦までに20個大隊まで規模を拡大して、戦場に将兵を送りました。トールキンは1915年に入隊しています。この時代に、彼は後の「シルマリルの物語」(指輪物語の世界の創世記に当たる部分)を書きはじめています。

 

19166月にソンムに展開した同大隊は、714日にオーヴィレル近郊の激戦で早くも壊滅状態となり、トールキン少尉も10月には「塹壕熱」(シラミから感染する病気)が発症して後送となり、119日にはバーミンガムの病院に入りました。その病院で、トールキンは「T.C.B.S」の仲間、ジェフリー・スミス中尉から、同じく仲間であるロバート・ギルソン中尉の戦死を知らせる手紙を受け取っています。しかしその手紙が届いた時には、すでにジェフリーもこの世になかった模様で、トールキンと同じ連隊の第19大隊に属していた同中尉は、123日に戦死しています。その後、第11大隊は完全に壊滅しますが、トールキンは体調が回復せずに、前線に戻ることはなく、中尉昇進を待たずに除隊となりました。

 

以上のような戦歴から見ると、映画上の展開はかなり異なっているように思われます。しかし、このあたりは映画表現として理解するべきところです。

 

第一次大戦後、オックスフォード大の教授となったトールキンは、若き日の「T.C.B.S」のよき思い出がそうさせるのか、文芸サークル「インクリングス」に参加し、友人たちから刺激を受ける中で創作をしていきます。その際の仲間には、やはりオックスフォード大の研究者だったCS・ルイスがおり、この二人が競うように創作に励んで、トールキンが「ホビット」を、ルイスが「ナルニア国物語」を生み出したのは、よく知られているところです。ルイスの方は、アンソニー・ホプキンス主演の「永遠の愛に生きて」で、「ナルニア国」より前に本人をテーマにした映画化がされているわけですが、これまでトールキン本人を描く映画がなかったのは、むしろ意外な感じもあります。これは、トールキンがあまり自分自身のことを公表したがらない作家だったことが原因だと思われます。名門大学の教授だったことは知られていても、早くして両親を失い、非常に苦学して大成した、という事実を知らなかった方も多いのではないでしょうか。

 

今回の映画は、あまり一般には知られていなかった「T.C.B.S」の活動を知らしめたという点で、非常に意味のある一作だったと思います。彼らなくして、後のトールキンは絶対にないのであり、若くして才能ある人たちが命を散らしていった中で、彼らの遺志がトールキンの中にあって開花したのだ、と信じたいですね。非常に美しい、感動的な一作でした。

|

« 【映画評 感想】ライオン・キング | トップページ | 小早川秋聲 個展(京橋・加島美術) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【映画評 感想】ライオン・キング | トップページ | 小早川秋聲 個展(京橋・加島美術) »