« 井桁千製菓の「トンガリ」菓子を発見! | トップページ | 【映画評 感想】アントマン&ワスプ »

2018年9月14日 (金)

【映画評 感想】MEG ザ・モンスター

Photo


MEG ザ・モンスター」原題 : The Megという映画を見ました。「ナショナル・トレジャー」シリーズで知られるジョン・タートルトーブ監督の作品です。

スティーブ・アルトンの原作小説『Meg: A Novel of Deep Terror』は1997年に出版され、その直後からディズニーやニューライン・シネマなどが映画化を試みたものの、曲折があって断念。実に20年越しで今回の映画化となった次第です。

「メグ」などというと可愛らしい響きです。特に日本人には、女の子の名前のように感じられます。しかしその正体は、全長23メートル、重量20トンにもなるという潜水艦サイズの巨大なサメ、メガロドンです。史上最大のサメとして有名ですが、200万年ほど前に絶滅したとされています。

しかしこれが、シーラカンスのように深海で密かに生き延びていて、あることを契機に現代の海に現れたらどうなってしまうか……そんなお話で、「ジョーズ」と「ジュラシック・パーク」を足したような展開の、SF要素がある海洋アクション作品です。

「トランスポーター」「ワイルド・スピード」「エクスペンダブルズ」など名だたるヒット・シリーズ作品で活躍するアクション・スター、ジェイソン・ステイサムが主演ですが、この人は元々、飛び込み競技で英国代表チームにいたほどのアスリート。しかし、映画スターとしては、銃を持って走り回り、猛スピードの車に乗って撃ちあう「陸の人」のイメージでした。本人も「今回はそういう作風から変化するいい機会」と思って引き受けたそうです。さすがに元水泳選手だけあり、鍛え上げられた肉体を見せつけ、難しい水中シーンをこなす身体能力は見事なもので、まさにはまり役です。確かに、彼にとって新境地を開いた作品となったのではないでしょうか。

作品そのものも、率直に言って「今さらサメ映画? どうせジョーズの亜流でしょ」といった類の、冷ややかな前評判があったのも事実ですが、それを打ち破り、製作費150億円ほどに対し、興行収入500億円に届くヒット作となりました。最後は人でいっぱいの海水浴場にサメが突入し大パニックになるなど、あの「ジョーズ」を想わせるシーンが随所にあって、監督の一種の開き直りが心地よい一作と思えます。

しかし、やはり水中撮影は非常に苦しく、ルビー・ローズは溺れかけるシーンの撮影で本当に溺れて沈んでしまい、危険だったとか。ほかの皆さんも相当に水泳の特訓をして臨んだそうですが、迫力ある仕上がりを見ると、それだけの甲斐があったといえますね。

 

5年前、事故を起こし深海に沈んだ原子力潜水艦を救助に向かった潜水救命チーム。しかしそれは単なる事故ではなく、未知の巨大な生物から攻撃を受けて発生したものでした。正体不明の化け物はさらに執拗に攻撃を繰り返し、リーダーのジョナス・テイラー(ステイサム)は2人の仲間を艦内に残したまま脱出する、という苦渋の決断をします。

この結果、11人の乗組員が救助されますが、その中の一人、ヘラー医師(ロバート・テイラー)はジョナスの非情な決断を責め、「正体不明の化け物」などというジョナスの説明も受け入れられることはなく、傷心のジョナスは仕事を離れ、妻とも離婚し、隠遁して酒浸りの生活に入ってしまいます。

そして現在。中国沖に建設された深海研究所に、スポンサーである大富豪のモリス(レイン・ウィルソン)がやって来ます。彼を出迎えた総責任者のジャン博士(ウィンストン・チャオ)、博士の娘で海洋学者のスーイン(リー・ビンビン)、プロジェクトの指揮官マック(クリフ・カーティス)、それに技術者のジャックス(ルビー・ローズ)らは、モリスに最終段階の重要な潜水活動を披露します。というのも、その日はジャン博士の仮説に従い、深海底の底にさらに別の閉ざされた暖かい海が広がっている事実を証明することになっており、操縦士のローリー(ジェシカ・マクナミー)、日本人技術者のトシ(マシ・オカ)らが搭乗する潜航艇が、海溝の最深部に突入していました。

しかし、その途中で潜航艇は正体不明の何かに襲われ、通信が途絶してしまいます。ジャンとマックは、この難局を乗り切ることができるただ一人の男、ジョナスを探しに行きます。すっかり荒んだ生活をしているジョナスは、2人をすげなく追い返そうとしますが、今回の経過が5年前の事故と似ていること、さらにローリーが彼の元妻であることから、仕事を引き受けることにします。だが、研究所の医療責任者はあのヘラーで、再会した2人は、いきなり険悪な雰囲気に。

そのころ、潜航艇ではさらに危険が迫り、スーインが独断で救助艇に乗って深海に出発してしまい、ジョナスもその後を追って潜航しました。海底に到達したスーインは、そこで見たこともない巨大なサメの姿を目にします。「メガロドンだ…」とジョナスが呟きました。こうして、伝説の巨大ザメとジョナスたちの死闘が始まったのですが…。

 

というわけで、序盤は典型的な「潜水艦もの」の密室劇映画ですが、メガロドンが深海を離れて浮上して来る中盤からは、緊迫したサメとの死闘に、さらにパニック映画的な展開へと移っていきます。このあたりの配分が非常にうまく、適度にリラックスしたシーンや人間ドラマも挿入して、冒頭から最後まで非常によく出来た脚本だと思いました。さすがに手練れの監督が手がけた、という感じです。

メガロドンは当然、CGなわけですが、全くそれを感じさせない迫真の映像です。もちろん現在の技術ならではの達成ですが、とはいえ、金さえかければ簡単にできる、などというものではなく、視覚効果の編集だけで2000ショットものシーンを組み合わせて、気の遠くなるような作業が延々と続いたそうです。

この作品、人間ドラマ的には家族の物語、という要素が強く、また犠牲的な精神で仲間のために危険を冒す人々の姿も心を打ちます。モンスター映画では、序盤から一人、また一人と少しずつ、登場人物が減っていくものですが、そのあたりが丁寧に作られていて、単純なアクション映画で終わらせることなく、どこか「白鯨」を想わせる作品になりました。

「ジョーズ」に続く「サメもの」映画の王道として、記憶に残る一作になったと思います。日本での評判も上々だそうで、お薦めの作品です。

|

« 井桁千製菓の「トンガリ」菓子を発見! | トップページ | 【映画評 感想】アントマン&ワスプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/67167287

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画評 感想】MEG ザ・モンスター:

« 井桁千製菓の「トンガリ」菓子を発見! | トップページ | 【映画評 感想】アントマン&ワスプ »