« 【映画評 感想】デッドプール2 | トップページ | 朝日新聞デジタルで、辻元よしふみがコメントしました。 »

2018年6月22日 (金)

【映画評 感想】メイズ・ランナー:最期の迷宮

20180621220547


「メイズ・ランナー
: 最期の迷宮」Maze Runner: The Death Cureを見ました。アメリカのヤングアダルト(わが国でいうライトノベル)小説を映画化してヒットしたシリーズ三部作の最終章です。

この作品は当初、昨年初めに公開される予定でしたが、主演のディラン・オブライエンが撮影中に大怪我を負って中断し、一時は製作が危ぶまれた経緯があります。1年遅れで完成して最後まで「完走」した関係者に拍手を送りたいですね。

少年少女が成長する過程を描く、というヤングアダルト作品であるために、スタート時点では、ほぼ無名の若手が多数、出演したこのシリーズ。本作で名を上げたオブライエンが、「アメリカン・アサシン」でマイケル・キートンと共演したのを始め、ヒロインのカヤ・スコデラリオはジョニー・デップの「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのヒロインに、ウィル・ポールターはレオナルド・ディカプリオ主演の「レヴェナント:蘇えりし者」に、トーマス・ブロディ=サングスターは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に、さらにローサ・サラザールはジェームズ・キャメロン製作の「アリータ:バトル・エンジェル」の主演に抜擢される、など、その後の数年間で各人がキャリアアップを果たして(年齢的にも、皆さんアラサー世代となり)、立派なスターになっています。後になって、有望な若手の登竜門だった、と言われるようなシリーズとなりました。初めからキャスティングが見事だった、ということだと思います。

メイズ・ランナーとは「迷路の走者」という意味ですが、この3作目だけを見た人には意味が分からないと思います。実際、このシリーズは一作ごとにかなり作風が異なり、迷路に閉じ込められた少年たちが逃走を図る、という意味で文字通りのメイズ・ランナーと呼べるのは、最初の作品だけと言えます。

広大な迷宮の中に閉じ込められた少年たちが、自分たちが何らかの実験の対象であることに気付き、命がけの脱出を図ったのが一作目。そして、その実験が、人類を破滅させようとしている細菌に対し、免疫を持っている子供を集めて、特に強靭な素質の者を選別するための手段だったことが二作目で明らかになります。

彼らは、実験を行っている世界災害対策本部(WCKD)の施設を抜け出し、危険な砂漠を越えて、レジスタンス組織と合流します。しかし、思いがけないことに、行動を共にしていたテレサ(スコデラリオ)の裏切りにより、ミンホ(キー・ホン・リー)たち多くの仲間がWCKDの手に落ちてしまいます。

主人公のトーマス(オブライエン)は、テレサの裏切りに傷つきながら、ニュート(ブロディ=サングスター)、フライパン(デクスター・ダーデン)と共にミンホの救出を誓うわけでした…。

 

さて、ここからが本作。トーマスたちは、レジスタンスのリーダー、ヴィンス(バリー・ペッパー)、前作からトーマスたちと行動を共にしているブレンダ(サラザール)、ホルヘ(ジャンカルロ・エスポジート)と協力し、少年少女を運ぶWCKDの列車を襲撃。ハリエット(ナタリー・エマニュエル)、エリス(ジェイコブ・ロフランド)、ソーニャ(キャサリン・マクナマラ)たちの奪還に成功しますが、ミンホの姿はありませんでした。

WCKDの拠点とされる「ラスト・シティー」で、ミンホは人体実験を受けているらしい。ヴィンスは強く反対しましたが、トーマスは危険を顧みず、敵の本拠地に乗り込むことにし、ニュートたちもそれに従います。

ついにたどり着いたラスト・シティーの前で、WCKDの保安責任者ジャンソン(エイダン・ギレン)の攻撃を受けて一行はピンチを迎えますが、そこで彼らを助けたのは思いがけない人物でした…。

WCKDに対する抗議活動を率いている過激派のリーダー、ローレンス(ウォルトン・ゴギンズ)の支援を得て、シティーの中枢部に潜入するトーマスたち。そこには、ペイジ博士(パトリシア・クラークソン)の元で冷酷な人体実験に明け暮れているテレサの姿がありました。トーマスは動揺しつつも、彼女に接近し、力づくでも協力させ、ミンホが捕えられている施設の中心部に乗り込もうとします…。

 

 といった具合で、お話は終幕に向かってひた走っていくわけです。5年がかりのシリーズで出演者の息もぴったり、独特の雰囲気が出来上がっているのが分かります。先にも書きましたが、若い出演者たちが、その後、それぞれが違う映画に出て活躍し、久々の同窓会と言うか、卒業式と言うか、そんな感じも受けます。

 お話の細かいところを見れば、突っ込みどころは多々あると思います。ことにシリーズを通しての敵役ジャンソンというのが、保安責任者のくせにとにかく無能なヤツで、素人考えで見ていても、あり得ない凡ミスを繰り返すのに唖然としてしまいます。普通ならとっくに首になっていそうなものですが、WCKDも人材不足なんでしょうかね。もちろん、この役柄が無能らしい、ということで、演じているエイダン・ギレンが好演しているからこそ、このキャラクターの表面だけ抜け目ない風を取り繕いながら、実は抜け穴だらけのダメさが見えてくるのですが。

 一方、今作で初登場のローレンス役、ウォルトン・ゴギンズは迫力がありました。実に壮絶です。この人のおかげで終盤が大いに引き締まりました。

 最後の幕切れは、なんというか物悲しい感じで終わります。多くの登場人物が姿を消し、ずっとシリーズを見守ってきた人たちには、何か喪失感を覚えさせるような、静かなエンディングを迎えます。

 「トワイライト・サーガ」「ハンガー・ゲーム」などと続いてきたヤングアダルト小説原作のシリーズ映画作品、というのもそろそろアメリカでは一段落してきているようです。映画化できそうな原作は、みんな映像化してしまった、という感じなのでしょう。事情があって、ムーブメントのしんがりに近い位置を占める形になった本作は、有終の美を飾ったといっていい一作だと思います。不思議な名残惜しさと余韻が残りました。

|

« 【映画評 感想】デッドプール2 | トップページ | 朝日新聞デジタルで、辻元よしふみがコメントしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/66857483

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画評 感想】メイズ・ランナー:最期の迷宮:

« 【映画評 感想】デッドプール2 | トップページ | 朝日新聞デジタルで、辻元よしふみがコメントしました。 »