« 【映画評 感想】ランペイジ 巨獣大乱闘 | トップページ | 【映画評 感想】デッドプール2 »

2018年5月30日 (水)

「日刊ゲンダイ」5月10日付に辻元のコメント掲載(TOKIOの会見)

20180530174209


少し前になりますが、
510日付の「日刊ゲンダイ」11ページに「TOKIOの謝罪 喪服姿でいいの?」という記事が載り、わたくし辻元よしふみが取材を受けました。

 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228704

 

一部を紹介しますと「TOKIOの謝罪会見は…なぜか黒いスーツに白いワイシャツ、それに黒いネクタイといういでたち。…どう見ても葬式にしか見えない。まるでだれかが亡くなったかのようだった。20180530174507


  はたして謝罪の場であの姿は、どうなのか。服飾評論家の辻元よしふみ氏は、「恭順の意を表したかったのかもしれませんが、あれでは喪服にしか見えません。さすがにやり過ぎで、ギョッとしました」と言う。(中略)

 「謝罪するのが目的であれば、チャコールグレーのスーツにネイビーのネクタイでも十分にメッセージは伝わったはず。企業の不祥事でも、あそこまで黒でそろえた人たちを見た記憶はありませんね。そもそも黒いスーツは威圧感も与えるので、謝罪には不向き。かなり違和感を覚えました」(辻元氏)

 喪服に使われていた黒を最初に日常のファッションに取り入れたのはココ・シャネルだ。その後は日本人デザイナーにも広がり、今では駅前の量販店のリクルートスーツ・コーナーでも黒色のスーツが吊るされるようになっている。

  ビジネスのシーンでもブラックスーツは珍しくなくなってきているが、「スーツを黒にしているときも、ネクタイは別の色にするものです。黒のネクタイは、やはり葬式用。そうじゃなければ、ホテルのボーイかブルース・ブラザースか……。いずれにしろ、謝罪にふさわしくないのは確かです」(辻元氏)。(後略)」

|

« 【映画評 感想】ランペイジ 巨獣大乱闘 | トップページ | 【映画評 感想】デッドプール2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/66776356

この記事へのトラックバック一覧です: 「日刊ゲンダイ」5月10日付に辻元のコメント掲載(TOKIOの会見):

« 【映画評 感想】ランペイジ 巨獣大乱闘 | トップページ | 【映画評 感想】デッドプール2 »