« 【映画評 感想】グレイテスト・ショーマン | トップページ | 【映画評 感想】ブラックパンサー »

2018年3月 3日 (土)

【映画評 感想】シェイプ・オブ・ウォーター

ギレルモ・デル・トロ監督の話題の映画「シェイプ・オブ・ウォーター」The Shape of Waterを見ました。アカデミー賞の多くの部門にノミネートされ、「パンズ・ラビリンス」以来の傑作という呼び声も高い一作です。

「パシフィック・リム」のような娯楽大作から「クリムゾン・ピーク」のようなホラーまで手がける同監督ですが、なんといっても得意技と言えばクリーチャーもの、でしょう。モンスター、怪物が出てくるファンタジーはこの監督ならではの持ち味です。Photo


そして当然、デル・トロ監督ですから、容赦のない残酷な暴力シーンや性的なシーンも出てきます。それから1962年という冷戦期の時代背景から、繁栄しつつも狂気にとりつかれつつあるアメリカの暗部も暴き出されます。人種差別に女性差別、障害者差別、同性愛者差別、疑心暗鬼、表面的な虚飾の裏にある惨めな現実。かなりえげつない描写がある、という意味で大人の映画です。しかし、お話としてはおとぎ話のようであり、SFファンタジーでもあり、モンスター映画であるとともに、なんといっても恋愛映画でもあります。

 

1962年、アメリカ・ボルチモアの宇宙研究センターで働く清掃員のイライザ(サリー・ホーキンス)。声を出せない彼女の数少ない理解者は、アパートの隣人ジャイルズ(リチャード・ジェンキンズ)と、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)だけでした。ジャイルズは定職を失った売れないイラストレーターで、さらに当時、差別の対象だった同性愛者。ゼルダは貧しい黒人女性で、いつも夫に対する不満を愚痴っています。

そんなイライザの地味で変化のない日常は、突然、破られます。ホフステトラー博士(マイケル・スタールバーグ)が研究所に秘密裏に持ち込んだのは、アマゾンで捕獲された水生生物、半魚人(ダグ・ジョーンズ)でした。この生物を管理しているのは軍部出身の高圧的な男、ストリックランド(マイケル・シャノン)で、さらにその上にあって全権限を持つのは、軍部の最高位にある大物、ホイト空軍元帥(ニック・サーシー)でした。

やがてイライザは、その生物が高い知性を持ち、意思の疎通が出来ることに気付きます。水中にいる彼は、声を発しないイライザを障害者であるとは認識していない。そのことがイライザに安らぎを与えるのです。

しかし、初めから面倒な案件を早く片づけて、ワシントンに栄転したい、と願うだけのストリックランドは、生物を激しく虐待した上に、指を食いちぎられてしまいます。彼はホイト元帥に、生物を手っ取り早く殺して解剖し、宇宙での活動に必要な臓器の秘密を手に入れて、ソ連に先んじて宇宙計画を成功させよう、と進言します。

それを知ったイライザは、それまでの人生で発揮したことのない勇気を振り絞り、生物を助け出すことを決意します。手伝うように求められたジャイルズは、初めは怖気づくのですが、「彼を助けないなら、私たちも人間ではない!」というイライザの悲痛な訴えを聞き入れ、救助に加担。たまたま巻き込まれたゼルダも、見るに見かねて参加します。

そればかりか、意外なことにホフステトラー博士も、別の事情もあってイライザを助け、生物の救出作戦は成功します。生物はしばらくイライザのアパートに匿うことになりますが、まんまと生物を奪われたストリックランドは面目を失い、ホイトから「36時間以内に解決しなければ、お前は用済みだ」と冷たく言い放たれ、何が何でも犯人を突き止め、生物を始末しなければならなくなります…。

 

というような展開ですが、大筋のストーリーだけ見ると案外、あっさりしていますけれど、実際の描写は(ゴージャスな映像と相まって)非常に濃厚です。

特に「60年代の強いアメリカ」を体現するような白人男性ストリックランドは、虚栄心と性欲と暴力と差別の塊のような男として描かれています。そこに心優しく傷つきやすい同性愛者ジャイルズ、さらに繊細なイライザといった人物が対置され、おおらかだが芯の強いゼルダがお話を陰惨なものにしないように中心にいる、といった構図が見事ですね。

この映画は一種のおとぎ話であり、1962年の昔話であると同時に、明らかに「今の時代」を比喩的に風刺しているのですが、そういう背景を抜きにしても、イライザと生物との特殊な、しかも普遍的な「愛の形」は美しい。

どの出演者にとっても、非常に難しい役作りが求められた作品だと思います。これをまとめ上げて、ああいう演技を引き出したデル・トロ監督はやはり奇才です。計算され尽くした映像美と、残酷な描写と、美しいおとぎ話。読んではいけない怖い昔話、のような味を映画というフォーマットで作り込んでくる。やはり唯一無二の才能でしょうね。

|

« 【映画評 感想】グレイテスト・ショーマン | トップページ | 【映画評 感想】ブラックパンサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/66454726

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画評 感想】シェイプ・オブ・ウォーター:

« 【映画評 感想】グレイテスト・ショーマン | トップページ | 【映画評 感想】ブラックパンサー »