« 【映画評 感想】ブラックパンサー | トップページ | 辻元夫婦は「陸上幕僚長感謝状」を授与されました! »

2018年3月 5日 (月)

【映画評 感想】空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎

Photo


  映画「空海
-KU-KAI- 美しき王妃の謎」Legend of the Demon Cat(中国語原題:妖猫)を見ました。日中合作の歴史ファンタジーですが、まことに見事な映像美。ハリウッド映画にも負けないゴージャスな映画が出来ました。何しろ製作費は10億人民元、つまり160億~170億円に相当します! 予算としては並みのハリウッド作品を凌駕するレベルです。

 原作は夢枕獏先生の小説『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』。10年以上も前にこの小説を読んで惚れ込んだチェン・カイコー監督が映画化したものです。

 美術準備で2年、セット造りに4年間もかけた、という大作で、撮影現場を訪れた夢枕先生も長安の都を再現した町並みの素晴らしい出来栄えに、つい感涙を催したそうです。

 原作小説は、あの弘法大師・空海が、一緒に遣唐使として中国に渡った橘逸勢(たちばなのはやなり)と共に、唐王朝の皇室にかけられた呪いの謎を解いていくファンタジー・ミステリーです。いわばこの2人がホームズとワトスンなのですが、映画化に当たり、この作品の相棒コンビは、空海と、同時代に活躍した大詩人・白楽天(白居易)に変更されました。日中合作ですので、そこは素晴らしいアイデアだと思います。空海が長安にいた時期(804806年)に、白楽天は官途に就いていたそうですから、全くありえない顔合わせではないのですね。彼が地方官となって赴任先で806年に発表したのが、代表作の「長恨歌(ちょうごんか)」で、映画の中でもこれが重要なカギを握ります。

 まだ全く無名の留学僧と、こちらも全く世に出ていない詩人。やがて歴史に名を残す日中の若い2人が、当時世界最大の国際都市、長安でこんな日々を送っていたのかも、と思うと楽しくなります。

 史実からかけ離れている点も多々あります。特に目立って史実と相違しているのは、9代皇帝・玄宗以後の皇帝の年代が、史実の皇帝と合わない点で、実在の10代皇帝・粛宗は、玄宗とほとんど同時期に亡くなっています。史実において、空海が唐にいた時期、805年に亡くなった徳宗皇帝は第12代、その跡を継いだものの、在位わずか半年でその年のうちに亡くなった順宗皇帝は第13代にあたり、この皇帝の相次ぐ急死事件が、本作のモデルとなったと思われます。原作小説では史実通りの皇帝が登場するのですが、映画では、急死したのが玄宗のすぐ後の10代皇帝、そして後を受けた11代皇帝も病気になる、ということにしており、具体的な名前を出さないようにしています。

こういった部分は、あくまで娯楽作品ですので、おおらかに楽しむべきものでしょう。

 

唐の時代の長安。日本から遣唐使としてやってきた学僧・空海(染谷将太)は、皇帝の謎の死に立ち会います。それは明らかに呪殺とみられましたが、役人たちは皇帝の死因は風邪として片付けてしまいます。しかし、皇太子も病に伏し、役人たちは困り果ててしまいます。

同じ頃、皇帝を守る禁軍(近衛兵)の将校、陳雲樵(チン・ハオ)の妻、春琴(キティ・チャン)のもとに人語を操る黒い妖猫が出現します。

役人から皇帝の死の原因を突き止めるように求められた空海は、官を辞したばかりの詩人・白居易(ホアン・シュアン)と知り合い、2人で陳が豪遊している遊郭街に乗り込みます。そこで陳雲樵は恐ろしい化け猫に襲われ震え上がります。さらに彼の屋敷では、妻の春琴が完全に化け猫に取り憑かれてしまいました。妓楼で、新入りの妓生・玉蓮(チャン・ティエンアイ)にかけられた呪いを見事に解いた空海を見込み、陳雲樵は化け猫退治を空海に依頼します。

陳の屋敷で化け猫と対決した空海と白居易は、この化け猫が、陳の父で、やはり禁軍の幹部だった陳玄礼の手により、生きたまま埋められたことを恨み、この家にたたっている、と説明。しかし話はそれだけではなく、陳玄礼が関与した30年前の事件、先々帝の玄宗(チャン・ルーイー)の后、楊貴妃(チャン・ロンロン)の死に原因があることが分かってきます。黒猫はかつて玄宗皇帝の飼い猫であり、その後、化け物となったのだといいます。

白居易はこの時、後に彼の代表作となる「長恨歌」を書いていました。玄宗と貴妃の悲恋を描いた詩ですが、化け猫はどうも、その内容が事実と反する、と言いたいようです。

2人は、楊貴妃の侍女だった老婦人から、玄宗時代の宮廷に仕えた日本人、安倍仲麻呂(阿部寛)が楊貴妃の死の現場に立ち会っていた事実を知り、その側室であった白玲(松坂慶子)の元を訪ねます。彼女の元に残されていた仲麻呂の日記には、30年前の驚くべき真相が書かれていました。すべては玄宗が貴妃を大衆に披露した大宴会「極楽之宴」の夜に始まったというのです。

そこには皇帝と貴妃、仲麻呂のほかに、玄宗に仕えた妖術師の黄鶴(リウ・ペイチー)と、その弟子の白龍(リウ・ハオラン)、丹龍(オウ・ハオ)、後に貴妃の死にかかわる玄宗の最側近の宦官・高力士(ティアン・ユー)、大詩人の李白(シン・バイチン)、さらに、この宴会から10日後に反乱の挙兵をする将軍・安禄山(ワン・デイ)の姿もありました。全ての役者はそろっていたのです。そして、一体、誰が楊貴妃を殺害したか。

謎が謎を呼んで結末へと話は進みます…。

 

ということで、展開としてはまさに典型的なミステリーなのです。謎解きです。夢枕先生の代表作「陰陽師」を思わせるような、けれん味たっぷりの呪術合戦というのは意外に少なくて、むしろ若い2人が楊貴妃の死の真相にいかに迫っていくか、というところがスリリングに描かれています。これが非常に面白いです。

豪華極まりない映像と共に、音楽は「パイレーツ・オブ・カリビアン」など多くのハリウッド大作に名を連ねる名匠クラウス・バデルトが担当。さらに主題歌として、アニメ映画「君の名は。」の音楽でも知られる日本のバンドRADWIMPSが作った「Mountain Top」が使用されていますが、これがまた作品の世界によく合っています。

空海という人は、今では織田信長と並んで「どんなファンタジーやSFにしても許される怪人物」でしょう。そんなビッグネームを映像化するには、娯楽作品であればこそ、これだけの巨額の予算と大仕掛けが必要だった、という気がします。これぞ大スクリーンでみたい一作、というものでした。

|

« 【映画評 感想】ブラックパンサー | トップページ | 辻元夫婦は「陸上幕僚長感謝状」を授与されました! »

コメント

CGによる豪華のセットかと思って白けて見ていました。そうではなかったのですね。

投稿: 大福もち | 2018年3月10日 (土) 19時06分

大福もち様 コメントありがとうございます。建築物関係は本当に6年かけて、実際に建てたそうですね。ただ、「極楽の宴」のシーンはこちらも随分と予算と手間をかけてコンピューター処理したようであります。内容面では人によりいろいろあるかと思われますが、視覚面ではらった努力については、本当によくやるな、と思いました。

投稿: 辻元よしふみ | 2018年3月10日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/66461983

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画評 感想】空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎:

« 【映画評 感想】ブラックパンサー | トップページ | 辻元夫婦は「陸上幕僚長感謝状」を授与されました! »