« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

【映画評 感想】猿の惑星:聖戦記

20171027005210


映画「猿の惑星
: 聖戦記」War for the Planet of the Apesを見ました。アンディ・サーキスが猿のリーダー「シーザー」を演じるシリーズの完結編です。

本作に至る新シリーズ3作と、オリジナルの、あのチャールトン・ヘストンが主演して、あまりにも有名な自由の女神のラストシーンで世界を震撼させた「猿の惑星」以来、同名シリーズを通算すると、9作品が作られたことになります。

旧シリーズで描かれなかった最大の要素が、「猿が進化して知性が高まったのはいいとして、では、人類はどうして退化して口がきけなくなったのか」という部分でした。今回の作品で、その謎がついに明かされることになります。

 

 前作から2年。そして1作目の主人公ウィルが父親のために開発した認知症治療薬が変異して世界中に蔓延し、猿たちの知能を著しく高めると共に、ほとんどの人類を死滅させてから15年の歳月が流れています。

 生き残った人類との平和的共存を望んだシーザー(サーキス)でしたが、人類への憎悪から反乱を起こしたコバ(トビー・ケベル)の謀略により、抜き差しならない殺し合いへと発展。この結果、人類はますます数を減らしながら、生き残った者は以前にもまして猿たちへの容赦ない攻撃をしかけるようになり、シーザーは仲間たちと森の奥地に姿を隠します。

 しかし、冷酷な人類軍の指揮官、大佐(ウディ・ハレルソン)は執拗に彼らの行く手を追い、ついにシーザーの妻コーネリア(ジュディ・グリア)と息子ブルーアイズ(マックス・ロイド=ジョーンズ)も命を落とします。

 生前にブルーアイズが見つけた砂漠のかなたの豊かな土地に、一行は移住することにしますが、復讐心にかられたシーザーは独り後に残り、大佐を殺そうと決意します。側近のモーリス(カリン・コノヴァル)は、個人的復讐に燃えるシーザーを「まるでコバのようだ」と諫めますが、結局そのモーリスと、ロケット(テリー・ノタリー)、ルカ(マイケル・アダムスウェイト)も加わり、4頭は大佐の居場所を追い求めます。

 途中で、口がきけない人類の少女を見つけた一行は、置いておくことも出来ず、彼女にノヴァ(アミア・ミラー)と名付け、連れて行くことにします。さらに彼らは、知能が高まり独学で口をきけるようになった新種の猿人、バッド・エイプ(スティーヴ・ザーン)と出合い、衝撃を受けます。バッド・エイプは大佐の基地を知っている、と言い、一行を導きます。

 彼らは、人類の軍隊が自分たちの仲間を処刑したと思われる痕跡を発見します。瀕死の兵士はノヴァと同様、口がきけず、シーザーは人類に何か異変が起きていることを知ります。シーザーたちは、ついに大佐の拠点を発見しますが、驚いたことに、新天地に向かったはずの仲間の猿たちは皆、シーザーが離れている間に大佐の軍隊に捕らえられ、檻に入れられていることが分かります。さらにシーザーも捕らえられてしまいますが、彼はそこで大佐から、人類たちが直面している状況、そして地球が「猿の惑星」になろうとしている驚愕の事実を聞くことになります…。

 

 ということで、あの「猿の惑星」の世界がとうとう到来するわけです。猿はますます知能が高くなる、しかし人類はどんどん数を減らし、ついに口をきけなくなって文明や文化を喪失する。その不可逆的な運命を知ってしまうと、狂信的な人物に思われた大佐にも哀れさを覚えてしまうものです。

 とにかくアンディ・サーキスの熱演がものすごいです。「ロード・オブ・ザ・リング」でのゴラム役でモーション・キャプチャーの第一人者と呼ばれるようになって、ついにシーザーという当たり役を手にした彼も、本作でひとつの達成点を示したように思われます。演技力と技術の融合がこれほど高いレベルで成し遂げられたことは驚異です。批評家筋からは、サーキスに特撮賞ではなくて、男優賞のオスカーを与えるべきだ、という声が出ているそうです。実際、サーキスはこのシリーズにただの一度も生身の姿で「出演」していないのですが、明らかにここにあるのは「名優の演技」そのものです。正当な評価をされるように望みたいですね。

 大佐役のウディ・ハレルソンは出演映画のたびに随分と印象が変わる演技派ですが、「グランド・イリュージョン」でマジシャン役を演じていたときの軽妙な彼とは全く別人のようです。狂気の中に漂う悲しみ、高級軍人、指揮官としてのカリスマ性と孤独、そして人類という種族の業の深さ、というところまで演じきっているように見えます。

 最初から最後まで、かなり長時間なのですが、一瞬の緩みもなく引っ張る脚本も見事ですね。人類文明の滅亡を描く終末的なお話で、下手を打てば単なる陰気くさいお話になってしまいますが、シーザー一行の探索の旅は昔の西部劇映画か「ロード・オブ・ザ・リング」のようであり、息詰まるようなストーリーにある種の解放感を与えています。檻の中から猿たちが穴を掘って脱出する顛末は戦争映画「大脱走」のようでもあり、大佐の軍隊の描き方や終盤の戦闘シーンは「地獄の黙示録」のようでもあり、強制労働させられる猿たちの待遇改善を求めてシーザーが反抗するシーンは「戦場にかける橋」のようでもあります。ちなみに「戦場にかける橋」は、「猿の惑星」と同じく、戦時中に日本軍の捕虜となった経験があるフランスの作家ピエール・ブールの小説が原作であることは皆様もご存じのとおりです。このことから、原作の「猿」には白人から見た日本兵のイメージが投影されているのではないか、という説があります。いずれにしても、このような、かつての名作映画へのオマージュを感じさせる工夫の数々が、本作を非常に奥の深いものにしているように思われます。

 そして何より、人間の少女の名前がノヴァであること、生き延びるシーザーの次男の名がコーネリアスであることなどは、明らかにオリジナルの第一作「猿の惑星」を想起させるアイデアですね。もちろん、そのまま直接的につながっていく伏線、とは限りませんが、これらの人物、あるいはその子孫が、やがてチャールトン・ヘストン演じるテイラー大佐の乗った宇宙船と遭遇する、のかもしれません。

 シリーズの謎の環が閉じて、雄大な日没を見ているような感じを受けます。このまま終わってしまうのか、それとも、シーザー亡き後の世界をまだ描くことはあるのか。あるいは途中の時代を描くスピンオフ、ということはないのだろうか。

 ちょっと、そういう期待もしてしまいますね。非常に感動的な、シリーズ完結にふさわしい作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

【映画評 感想】アトミック・ブロンド

20171027005307


シャーリーズ・セロンが東西冷戦時代の秘密諜報員を演じた映画「アトミック・ブロンド」
Atomic Blondeを見ました。監督は「ジョン・ウィック」のデヴィッド・リーチ。原作として、 アンソニー・ジョンストンとサム・ハートによるコミック『The Coldest City』があるそうです。

 「マッドマックス」最新作で頭を剃り上げて不屈の女戦士フュリオサ大隊長を演じ、アクション・スターとしても名声を得たセロンですが、本作のような本格的な武闘シーンをこなすことは、今までなかったと思います。ハリウッドでも最高の美女、という名をほしいままにしてきたうえ、これで最強の美女という称号も得て、それはもう無敵状態といえますね。徹頭徹尾、彼女の魅力を観賞するのが正しい作品だといえますが、本当にすさまじいバイオレンス・シーンに戦慄すら覚えます。東ベルリンの廃屋で繰り広げられる7分半にわたるノーカット一発撮影のリアルな格闘は、まことに鬼気迫るものがあります。

 なんでも同時期に「ジョン・ウィック2」の役作りをしていたキアヌ・リーブスを相手にセロンがスパーリングした、という話もあります。いっそのこと、次回作は競演してもらいたいものです。それほど激しい格闘シーンが延々と続きます。が、それだけでなくて、もっと驚かされることに、本作には百合シーン(つまり女性の同性愛)がかなり濃密に描かれます。セロンのお相手を務めるのは、「キングスマン」に出てからハリウッドで瞬く間に人気者となったフランスの女優ソフィア・ブテラ。こちらも元々が有名なダンサーで身体能力抜群の美女ですが、この超ド級美女の百合対決が見ものです。こういうのが好きな人は見逃せません。なぜ唐突に同性愛描写が、と思う人もいるかもしれませんが、「スパイは情報を得るためなら手段を選ばず、ためらわないで何でもやる」という一面を描きたかったのだ、といいます。

 体当たり演技に挑む彼女たちの引き立て役として、男優陣が配置されているわけですが、そこはしっかり芸達者な人たちが、手堅く演技しています。敵なのか味方なのか、最後までヒロインを翻弄する何を考えているのか分からない諜報員に、X-menのプロフェッサーX役ですっかり有名人になったジェームズ・マカヴォイ、またヒロインの無責任な上司役に、癖のある役をやったら当代一の名優トビー・ジョーンズ、という具合で、彼らの好演も非常に素晴らしいです。

 このお話は、198911月の10日間ほどの間にベルリンで起きた出来事です。この年、ポーランドとハンガリーで相次いで共産政権が崩壊。119日に東西ベルリンを分かっていた壁が破壊され、12月には米ソ首脳会談で冷戦終結が合意されました。それから1年もたたない翌年10月には東西ドイツが統一し、9112月にはソ連も解体してしまいます。まさに激動の時代でした。今現在、40歳代以上の方ならリアルタイムの鮮明な記憶を持っている方が多いでしょう。

 この映画では、全編でうるさいぐらいに80年代の音楽がかかりますが、特に当時のドイツと言えばネーナの「ロックバルーンは99」ですね。その他、クラッシュとかデペッシュ・モードとか、あのあたりで子供時代から青春真っ盛り、といった世代には、ラジオやMTVで聞いた思い出のある曲が並び、印象的に使用されています。まさにその世代であるシャーリーズ・セロン本人もすごく懐かしい、と言っているそうです。

 本作の冒頭は、当時のレーガン米大統領がゴルバチョフ・ソ連書記長に「冷戦を止めましょう」と呼び掛ける映像で始まりますが、そこですかさず「本作は、その冷戦終結の物語ではない」というメッセージがかぶさります。

 ところがです、最後の最後まで見ていると、実はやっぱり「その物語」だったということになるのですが…。

 

198911月。東ドイツの政治体制は動揺し、市民のデモでベルリンの壁の崩壊も目前に迫っていました。そんな中、ベルリンで活動していた英国情報部MI6のエージェント、ガスコイン(サム・ハーグレイブ)は、ソ連秘密警察KGBの殺し屋バクチン(ヨハンネス・ヨハンネソン)に殺害され、東ドイツの秘密警察シュタージが収集した極秘資料、すなわち「世界中で潜入活動しているあらゆる国のスパイの名簿リスト」を仕込んだ時計を奪われてしまいます。しかしバクチンはKGBの上官ヴレモヴィチ(ローランド・モラー)にそのリストを提出せず、闇市場で売って大もうけしようと姿をくらましてしまいます。

このリストが世間に知れ渡れば、各国の疑心暗鬼や国民世論の混乱から、冷戦がさらに40年も続くほど世界情勢が一変するかもしれません。事態を憂慮したMI6の長官C(ジェームズ・フォークナー)は、主任のグレイ(トビー・ジョーンズ)に命じて、英国情報部で最強の女性スパイ、ロレーン・ブロートン(セロン)を呼び出します。ロレーンは西ベルリンに赴き、MI6のベルリン支局長パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と合流しますが、彼女の赴任は初めからKGBに知られており、いきなり危険な目に遭います。実はロレーンはCからリストの奪取以外にも密命を受けていました。MI6に所属しながらKGBに情報を流している二重スパイ「サッチェル」の存在を確認し、その人物を確定したうえで、秘密裏に抹殺することになっていたのです。そこでロレーンは信用できないパーシヴァルと距離を置きつつ、独自の情報収集に当たります。その中で、フランス情報部の新米エージェント、デルフィーヌ(ブテラ)と知り合ったロレーンは、彼女の情報から、ますますパーシヴァルの怪しげな行動に不信感を覚えます。さらにロレーンは、デルフィーヌと仕事を越えた親密な関係となり、同性ながら激しい恋に落ちます。

ここで、英国情報部と協力関係にある米中央情報部CIAの幹部カーツフェルド(ジョン・グッドマン)がロレーンに接触してきます。例のリストが表に出れば、世界中の情報部員が命を落とすことになる、もちろん君も私も、と彼は警告し、CIAもロレーンの行動を監視していることをほのめかします。

その頃、パーシヴァルはシュタージの幹部スパイグラス(エディ・マーサン)と接触し、彼を西側に亡命させようと提案します。というのも、スパイグラスは例のリストに載っている諜報員全員の名前を暗記している、というのです。独自のルートで現地の協力者メルケル(ビル・スカルスガルド)や、表向きは高級時計店カール・ブヘラに勤める工作員「時計屋」(ティル・シュヴァイガー)の手引きで東ベルリンに潜入したロレーンも、結局、パーシヴァルの計画に協力してスパイグラスの亡命を手助けすることにします。

しかし、今回も情報はKGBに筒抜けになっており、ヴレモヴィチの率いる暗殺者たちが襲ってきて、ロレーンは絶体絶命のピンチに陥ります。彼女はスパイグラスと共に、西ベルリンに無事、脱出出来るのでしょうか。命がけの死闘が始まります。

そんな中で、パーシヴァルはまた不審な行動を取っていました。彼はリストを持っているバクチンと密かに接触していたのです…。

 

というようなことで、お話はこの後、あっと驚きの結末までノンストップで突き進んでいきます。

非情な内容なのにどこかにユーモアやペーソスがあった「ジョン・ウィック」と比べても、かなりストイックなスパイ映画です。殺伐とした作品であることは間違いありません。もしこれが男性スパイのアクションなら、全く陰気くさい作品になっていたことでしょう。やはりシャーリーズ・セロンあっての企画、といっていい一作ですが、とにかく一瞬も目を離せないほど、すさまじい描写の連続です。

そこへまた、美女2人の大胆な絡み…。なんとも見せ場を心得た映画です。爆音BGMとともに、大スクリーンで見たい作品ですね。

カール・F・ブヘラは実際に高級時計を提供して協力しており、また当時の東独の名車トラバントも500台も集められて登場しています。スーツを着たMI6の幹部の上着は、あのバブル期を思い出させるゴージ(縫い目)の低い大きな襟で、CIAのカーツフェルドはアメリカのエリート階級らしくボタンダウン・シャツを着ているなど、芸の細かい大道具、小道具、衣装も相まって、全力で1989年を再現しているのが興味深いです。言うまでもなく、東ドイツ軍の制服はカッコいいです。ナチス時代とほとんど変化していないので有名ですが、マカヴォイが制服を着ているシーンだけ異常にカッコいいのが笑えます!

スマホもパソコンもインターネットもない最後のアナログ時代。しかしそれ以外のアイテムはなんでも出そろっていて、時代劇と言うほど古くなく、しかし現代とも異なる独特の空気感がそこにはありました。冷戦期のスパイたちも、あの時代だからこそ存在できたといえます。

あの頃、自分もバブル期の街をさまよっていたんだな、と、世代的にもそんなことを思った一作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

講演会(21日、東京家政大)の風景です。

22730334_1460371280725072_816615915


 22780485_1460371454058388_219098500


 先週21日に東京家政大で行った辻元よしふみ、玲子の講演「軍服 その歴史とイラストレーション」の会場での写真を服飾文化学会より提供していただきましたので、掲載します。台風接近の中、たくさんの御来場、改めましてありがとうございました。また、こういう機会があればぜひやりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

21日の「軍服とイラストレーション」(東京家政大学)講演で続報です。

Dmz23nruiaed3q


 21日の私どもの講演会「軍服 その歴史とイラストレーション」につきまして、来場された甲冑師の佐藤誠孝様がTwitterでご紹介くださいました=写真も佐藤様撮影=。引用させていただきますと「21日に十条にある東京家政大学にて軍服の歴史について研究者の辻元よしふみ氏と玲子氏夫妻の講演に行ってきた。軍服は個々の時代についての研究はあるが通史としてはほとんど無く、歴史の流れとともにダイナミックに変化する軍服を噺家並みのトークで面白く聴かせてもらった。雨であったが満員だった」。佐藤様、まことにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

講演会(東京家政大)無事に終了しました。

Cimg0307


 皆様、昨日は東京家政大学で講演会「軍服 その歴史とイラストレーション」を行いました。取り急ぎ、雨の中、多数のご来場をいただきありがとうございました。天候が心配でしたが、講義室が人でいっぱいで、本当に満席状態になって、おいでになった皆様には厚く御礼申し上げる次第です。取り急ぎご報告でございました。私どもは会場で写真を撮ることができなかったのでとりあえず、講演終了後に池袋で、玲子の父と3人で記念撮影したものを掲げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

辻元よしふみ・玲子講演会(10月21日・土、東京家政大学)ちらしで訂正。

Photo


清秋の候、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。先日、お知らせした私たちの講演会のチラシで、時間に誤記載があったのでお知らせします。
 
改めて申しますと、このほど、辻元よしふみと辻元玲子は、東京家政大学(東京・十条)で講演会を行うことになりました。同封チラシの通りでして、10月21日土曜日に開催される服飾文化学会の第18回研究例会として、僭越ながら私どもが発表する次第でございます。
同学会の会員以外の方も参加歓迎、ということになっており、参加費は無料です。
 
ただ、このチラシでは時間帯が若干、間違っております。正しくは、下のような日程・時程となっております。
 
日 時: 平成29年10月21日(土)13:30~16:05
会 場: 東京家政大学 120-3B講義室(120周年記念館 3階)1
講演題目:「軍服 その歴史とイラストレーション」
講 師 :辻元よしふみ氏(服飾史・軍装史研究家)
:辻元 玲子氏(歴史考証復元画家)
 
以上、ご足労ではございますが、もしご興味、お時間がおありの際には、ぜひ東京家政大学までおいでくださいませ。宜しく御願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

21日に服飾文化学会で講演します。(於:東京家政大)

Photo


 
1021日土曜日に、東京家政大学(東京・十条)で、服飾文化学会の研究例会が開かれます。講演するのは、なんと「辻元よしふみ氏」と「辻元玲子氏」のお二人! つまり私たちですが…。ご興味のある方はぜひ。

 ◆服飾文化学会 第18回研究例会

「軍服 その歴史とイラストレーション」

  :辻元よしふみ氏(服飾史・軍装史研究家)

:辻元 玲子氏(歴史考証復元画家)

 時: 平成291021日(土)13301605 (前後に議事、質疑の時間あり)

 場: 東京家政大学 120-3D講義室(120周年記念館 3階)

参加費無料:学会員以外の参加歓迎

 

【辻元よしふみ】ユニフォーモロジーUniformology(軍装史学/制服学)とは何か? をテーマに、この研究の社会的貢献や、これまでの歴史復元画家と軍装史学者を紹介。「軍服はいつからあるのか」「近代的な軍服の登場とその背景」「なぜ初期の軍服はあんなに派手だったのか」など、各時代の軍装の特徴と変遷を解説します。

 

【辻元玲子】ヒストリカルイラストの社会的重要性、製作過程、一般絵画との描き方の違いについて。また、シュメール兵、グスタフⅡ世アドルフ、スペンサージャケット等を例に、軍装史と紳士服飾史、婦人服飾史の密接な関わり合いについて、全て描きおろしのイラストエッセイで具体的に詳しく解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »