« 日刊ゲンダイ「街中の疑問」に辻元よしふみがコメントしました。 | トップページ | 第25回 日本テディベアwith Friends コンベンション »

2017年7月14日 (金)

甲冑武具展ー戦国時代から江戸時代(靖国神社・遊就館)

Photo


 数日前ですが、東京・九段下の靖国神社にあります「遊就館(ゆうしゅうかん)」に行きました。というのも、現在、特別展として「甲冑武具展‐戦国時代~江戸時代‐」というものをやっているからです(上から写真1)。もちろん常設展示はいつも通りで、「彗星艦爆一一型(写真2)」や「零戦五二型(写真3、4)」、「九七式中戦車(写真5)」といった目玉展示もいつもの場所にありますが、今ですと、常設展のほかにこの特別展示を見られるのです。

Photo_2


 Photo_8


Photo_3
Photo_4




  靖国神社遊就館といえば、どうしても太平洋戦争関連の展示を思い浮かべますが、実は戦前には、武家時代の甲冑や武具の展示の方が多かったそうです。そもそも明治以後、文明開化の掛け声の下に、散逸してしまいそうな日本古来の刀剣や甲冑を保存することが、同館の設立目的だったからです。その反面、日本軍の軍服や装備などは、当然のことですが、その時点においては珍しくもなんともなかったわけで、あくまでも戦没者の遺品として大事にする、という意味合いであり、コレクションとしての積極的な収集や保存の対象ではありませんでした。

しかし戦後は、明治以後の戦争を中心とした構成になり、また、日本軍が消滅したことで、その装備品も歴史的資料性が高まったこともあり、そちらが展示の中心となる中、膨大な江戸期以前の甲冑や武具のコレクション展示は大幅に縮小されました。

Photo_5

6


7

Photo_6




  しかしここには、あの小早川秀秋の陣羽織や甲冑(写真6)、織田信長の南蛮帽形兜(写真7)、加藤嘉明の富士山形兜、豊臣秀吉が京極高次に贈った兎耳形兜(写真8)、日根野備中守の唐冠形兜、落合左平次が長篠の合戦で鳥居強右衛門の最期の姿を描いた背旗図、ナポレオン三世から徳川幕府に贈られた騎兵用胸甲、福島正則の直筆書簡、非常に珍しい安土桃山時代の馬鎧一式(写真9)…といった、歴史ファンからすれば垂涎の超弩級コレクションがあり、今回は上にあげたようなものを中心に
60点を特別展示しています。

この展覧会は、【会期】20171210日(日)まで【開館時間】午前9時~午後430分(入室は30分前まで)【拝観料】大人500円、大学・高校生300円、中学生以下無料。ただし、常設展拝観者および同神社の奉賛会員は無料、となっております。

Photo_7

10



  歴史好き、特に戦国好きの人は必見だと思います。なお、常設展は撮影禁止ですが、今回の特別展はフラッシュをたかなければ撮影できます。また、大展示室の飛行機や戦車、野砲なども撮影できます。

そういえば、遊就館の売店では、私ども辻元よしふみ&辻元玲子の著作『図説 軍服の歴史5000年』を売っていました(写真10、11)。感激です。

 

|

« 日刊ゲンダイ「街中の疑問」に辻元よしふみがコメントしました。 | トップページ | 第25回 日本テディベアwith Friends コンベンション »

コメント

西洋の服だけでなく
日本の甲冑にもご興味があられるのですね。
涼しくなった秋に行っても同じ内容なら、面白そうだから行ってみようと思います。

投稿: 大福 | 2017年7月14日 (金) 22時13分

大福様 コメント有り難うございます。

年末まで、この特別展はやっているのですが、途中で展示物の入れ替えがあるかは分かりませんので、遊就館にお問い合わせになった方がいいかもしれません。

私は家にも着用出来る日本の甲冑がありまして、前の本『図説 軍服の歴史5000年』のイラストを描く際に、実際に身に着けてモデルを務めました。

実際に着てみると、鎧よりも兜が重いですね。

また、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の記事にもコメントいただき有り難うございました。英国海軍の描写が非常に正確な映画でした。

投稿: 辻元よしふみ | 2017年7月14日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/65533160

この記事へのトラックバック一覧です: 甲冑武具展ー戦国時代から江戸時代(靖国神社・遊就館):

« 日刊ゲンダイ「街中の疑問」に辻元よしふみがコメントしました。 | トップページ | 第25回 日本テディベアwith Friends コンベンション »