« 【映画評 感想】アサシン・クリード | トップページ | 【映画評 感想】モアナと伝説の海 »

2017年3月21日 (火)

『洋外紀略』(安積艮斎)現代語訳が刊行されました!

17032017qcruwa


このたび、明徳出版社から『洋外紀略』(安積艮斉)が刊行されました。原書は幕末期に活躍した大学者、安積艮斉(あさか・ごんさい)が書いた本です。安積艮斉はこの時期で最も影響力のあった学者で、弟子には三菱グループの創始者・岩崎弥太郎、悲劇の幕臣として有名な小栗上野介、新選組の原型を組織した清河八郎、そしてあの吉田松陰など錚々たる人たちがいます。さらに、その松陰の門下生に高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎らがいたわけで、いわば幕末の志士たちのゴッドファーザーのような人物です。

その艮斉さんが、当時としては異色の、海外諸国の事情を詳細にまとめ、国防の重要性を説いた一冊です。江戸にいてナポレオン戦争のこともアヘン戦争の経過も把握していた艮斉先生はすごい! 本書の名は森鴎外の代表作『渋江抽斉』にも出てくるぐらいで、当時において著名な本だったのですが、このほど、その艮斉さんの一族の末裔である安藤智重さんが原書の漢文を読み下し、現代語訳を完成させた次第です。大変な偉業です。

 なお、わたくしは僭越ながら帯文を書いております。こんな感じです。

20170320232139


「試みに鶏卵を机に卓(た)てんことを請う」

艮斎さんは、ナポレオンもピョートル大帝も、「コロンブスの卵」の話までも、知っていた。黒船が来航する前、もう世界を見通していた日本人が、幕末の江戸にいたのである! 

戦史・軍装史研究家 辻元よしふみ

 

 本書には、あのコロンブスの有名な「卵を立てる」逸話も紹介されております。幕末においてこんなことまで知っていた人がいた。驚きですね。

 

【基本データ】

『洋外紀略』(ようがい・きりゃく)安積艮斎 安藤智重 訳注 村山吉廣 監修 定価 2,916 (本体2,700 +) ISBN 978-4-89619-946-8 発売日 2017/03

 

 

|

« 【映画評 感想】アサシン・クリード | トップページ | 【映画評 感想】モアナと伝説の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/65045403

この記事へのトラックバック一覧です: 『洋外紀略』(安積艮斎)現代語訳が刊行されました!:

« 【映画評 感想】アサシン・クリード | トップページ | 【映画評 感想】モアナと伝説の海 »