« 個性的なロリポップ・チョコの数々。 | トップページ | イ・プリミ銀座で「ハッピー・バースデイ」に感謝! »

2017年2月16日 (木)

特別展 春日大社 千年の至宝(東京国立博物館)

Photo


 日中は春めいた陽気になってきましたね、しかし朝晩はまだまだ寒いので、皆さまご自愛ください。さてそれで、私はこのほど東京・上野の東京国立博物館・平成館で開催されている「特別展
 春日大社 千年の至宝」というものを見てきました。

 春日大社(奈良市)と言えば、「平安の正倉院」という異名があるほど、平安~鎌倉、室町期の国宝・重文クラスの秘宝がひしめいていることで有名。特に歴代の公家や武将からの崇敬を集め、彼らが奉納した昇殿用の飾刀や、太刀、甲冑などは国内でも有数のコレクションを所持しています。今回はそれらを一堂に、おしげもなく展示してあるのですね。Photo_2


 特に、展示物の入れ替えの関係で、初めのころの展示品と、後半の展示品は変わってしまうのですが、2月14日~19日の間の6日間だけは、今回の目玉である国宝の4領の大鎧・胴丸が並ぶという、夢のような構成になっております。

 とにかく、その4領の甲冑はド迫力です。鎌倉期大鎧の作例として非常に有名で、かつての説では源義経が奉納したともいわれていた赤糸縅の大鎧・梅鶯飾および竹虎雀飾の2領は、このへんの時代が好きな方は何度も写真は見ていると思いますが、実物が目の前にあるとなんとも感無量です。また大袖付きの黒韋縅の2領の胴丸も、奇跡のコンディションです。まるで最近、製作されたような生々しさに目を見張ります。春日大社でも、この国宝の4領の鎧を並べて見せることはまずないそうで、きっと今回限りじゃないかと思われます。

 ほかにも、平安期の華麗な飾刀や、鎌倉期の毛抜型太刀、兵庫鎖太刀など、まだ後の時代の日本刀の形式になる前の古式な刀が多数、陳列されており、いやもう、平安~鎌倉時代の源平合戦ごろが好きな人にはたまらない展示ですね。Photo_3


 本展は当日券1600円で、3月12日(日)まで(月曜休)。午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)となっております。

|

« 個性的なロリポップ・チョコの数々。 | トップページ | イ・プリミ銀座で「ハッピー・バースデイ」に感謝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/64902420

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展 春日大社 千年の至宝(東京国立博物館):

« 個性的なロリポップ・チョコの数々。 | トップページ | イ・プリミ銀座で「ハッピー・バースデイ」に感謝! »