« ダイエー「ピーターラビット」キャンペーンでフロプシーをゲット! | トップページ | ダイエーのピーターラビット・キャンペーンで「ミセスラビット」もゲット! »

2016年11月11日 (金)

服飾評論家・遠山周平先生がご紹介くださいました。

8013b84594


服飾評論家の遠山周平先生からご連絡がありまして、

M-43フィールドジャケットの話しをウェッブマガジンのBYRONにアップしました。辻元さんの本のことも軽く触れておきました。モード逍遥#20というコラムです」とのことで、さっそく見てみました。

 

https://byronjapan.com/

 

 

ポーランドの名匠で10月に90歳で亡くなったアンジェイ・ワイダ監督の名作映画「灰とダイヤモンド」を取り上げ、第二次大戦下のポーランドでレジスタンス活動をする主人公が着ていたM43フィールドジャケットについて書いておられます。ぜひ皆様も、遠山先生の達意の名文をご一読ください。

 

該当の部分をちょっと紹介させていただきますと・・・。

 

「最近は若い男女の間でMA-1ブルゾンなどのミリタリーアイテムが流行しているけれど、『灰とダイヤモンド』のなかでマチェックが着たM-43のコーディネートは、現代でもまったく色褪せていない。

 

ジャストタイミングで『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版)の出版記念パーティが南青山のジュンコ・コシノ・ブティックで催されたので、著者の辻元よしふみさんにお聞きすると「アメリカの戦争映画を観ますとね。ベテランの俳優は古参兵としてM-41を着ているのですが、新兵役の若い俳優はM-43なのですよ」という、例の特殊な映画通の答えが返ってきた。

 

M-43が米軍に採用されたのは1943年。それまで使われていたM-41はブルゾンタイプだったが、これは着丈の長いジャケット式。たいへんに機能性に富んだジャケットだった。しかも衿が、その後に登場したM-65のスタンドカラータイプと異なり、カラーとラペルで形成される背広型だったから、シャツとの相性が抜群なのである」

 

 私も、米陸軍のフィールドジャケットを一つ挙げるとするなら、実はM-43が好きですね。戦争の終盤、ノルマンディー上陸後にドイツ軍と死闘を繰り広げた時期の米軍の主力被服で、私の中でGIといえば、くすんだオリーヴドラヴ色のM-43がイメージです。

|

« ダイエー「ピーターラビット」キャンペーンでフロプシーをゲット! | トップページ | ダイエーのピーターラビット・キャンペーンで「ミセスラビット」もゲット! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/64475976

この記事へのトラックバック一覧です: 服飾評論家・遠山周平先生がご紹介くださいました。:

« ダイエー「ピーターラビット」キャンペーンでフロプシーをゲット! | トップページ | ダイエーのピーターラビット・キャンペーンで「ミセスラビット」もゲット! »