« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月29日 (月)

「コンバット・マガジン」で『軍装・服飾史カラー図鑑』ご紹介いただきました!

 台風10号がやってきますが、皆様、ご用心ください。
 20160829211022


  ところで、「コンバット・マガジン」10月号のNew Bookコーナーにて、私どもの『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版)が紹介されました。厚く御礼申し上げます、ありがとうございます。20160829210922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

『軍装・服飾史カラー図鑑』コシノジュンコ先生のサイン。

20160825203758


 私どもの新刊『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版)が発刊して2週間。すでにご高覧いただけましたでしょうか。
 ところで本書は帯に世界的デザイナー、コシノジュンコ先生の推薦文をいただいております。
「軍服を男の美学とすれば、それは今の紳士服の基本でもある。こんな服装史料がほしかった!」
 このように、力強く本書のコンセプトをお示しいただいております。20160825203839



 今回は、コシノ先生にお目にかかった際に、直筆サインをいただきました。「私の本じゃなくて、あなたたちの本なのに変じゃない?」と仰るところ、無理をお願いして書いていただきました。ご多忙の中、ありがとうございました。20160825203920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

ハニー・ベア。

20160818023101


 このほどお土産品として何かないか、と百貨店で物色していて見つけたのが、東京・世田谷の「ラ・テール洋菓子店」が作っているという「ハニー・ベア」という焼き菓子。かわいいですね見るからに。食べても、名の通りに蜂蜜の甘みが濃厚でおいしいです。20160818023322



 さてところで、今月9日に刊行した私どもの『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版)ですが、けっこう一部のネット書店などで「欠品」の表示を見かけるようになりました。海外向けの楽天グローバルでも在庫切れの表示が出ているようです。ひょっとして、本書は海外のお客さんもいるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

『軍装・服飾史カラー図鑑』発売から1週間がたちました!

20160815033406


 皆様、お盆明けでお疲れ様でございます。コミケにご出展された皆様もお疲れ様でした。私たち夫婦も30歳代まではコミケにずっと出ておりました。
 20160815033631


 ところで、8月9日に私どもの新刊『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ/著、辻元玲子/イラスト)が刊行されてちょうど1週間。アマゾンでは昨日も「モード」分野で1位認定をいただいております。まことにありがたく、厚く厚く御礼申し上げる次第です。
 ドイツの国防軍陸軍や武装親衛隊、昭五式軍衣の日本軍将校、現代の自衛隊儀仗隊などから、古い時代では古代ローマ軍団の百人隊長や十字軍の騎士、オスマン帝国のイェニチェリ、ポーランドの有翼騎兵、ナポレオン軍の華麗な軍装、フリードリヒ大王から第二次大戦期までの歴代のプロイセン~ドイツ帝国~第三帝国の軍服など・・・また、ボー・ブランメルをはじめスーツやフォーマル・ファッションなど一般紳士服の歴史も紹介し、紳士服の歴史の中で、騎士や軍人の服装がどんな位置づけになるかを詳細に解説しております。お堅い説明ばかりでなく、漫画調のキャラクターで解説しているページや、豆知識コラムも随所に盛り込んで、気の向くままにページをめくっていただき、読み物としても面白く読めるように工夫してございます。20160816122851



 ご要望の多い「後ろ姿」や「剣や刀の帯び方」、「勲章や徽章、階級章」のシステムや由来なども可能な限り図解化。オールカラー手描きイラストで精細に表現しております。
 軍装に興味のある方、歴史的なコスチュームに興味のある方、一般の紳士服とファッションが好きな方、またファッション・デザイナー、漫画家、アニメーター、ゲームクリエイター、歴史的な設定の作品を書かれる作家の方・・・などにもぜひお読みただければ、と思っております。
 引き続き、宜しくお願い申し上げます。台風7号が首都圏に接近しているとのこと、皆様、ご自愛、ご注意くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

『軍装・服飾史カラー図鑑』にはダンディーな紳士服の歴史も満載です。

 

20160810002317


 宣伝です!『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ、辻元玲子著。イカロス出版、税込3500円)が発売となりまして、今回はアパレル、ファッション関係の皆様からもご支持を戴いているようです。現代のフォーマル衣装や、スーツの原型には19世紀ぐらいの軍服がルーツになっている物が多いので、今回はそのへんも手厚く紹介しています。実際、19世紀になるまでは、礼服と言えば宮廷用の貴族の服か軍服が着用されたのですが、市民革命と産業革命をへた19世紀半ばの時代ともなると、一般の市民のためのフォーマル服やビジネス服が必要となり、現在の燕尾服やタキシード、スーツなどに変化していくわけです・・・詳しいことはこの本をご覧くださいませ!20160810002551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

ゼニスの「動物パン」をスナモで発見。

 昨日、江東区のショッピングモール「スナモ」にて、久しぶりにゼニス・インターナショナルさんのお店を発見。大人気の動物パンの新作「ふぐ」や「ライオン」「たぬき」などを買いました。カスタードクリームかチョコクリーム入りで、見た目が面白いだけでなく、味も非常によいです。20160812113639

20160812113404

20160812113435


20160812113504


20160812113533

20160812113604




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

『軍装・服飾史カラー図鑑』には「軍人の描き方コーナー」などもあります。

20160810002317


 「山の日」ですね。このへんからお盆休み、という人も多いでしょうね。コミケもいよいよでしょうか。リオ五輪も佳境! そんな中で恐縮ですが、『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版、税込3500円)の宣伝をさせていただきます。
 20160811124144


本書には、メインの図解のほかに、「カッコいい軍服の描き方 将校と下士官兵の違い」とか「敬礼の仕方と歴史」といったコーナーも設けてあります。漫画やイラストを描く皆様の参考になれば幸甚でございます。20160811123743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

『軍装・服飾史カラー図鑑』は「年表のちびキャラ」も手抜きしません。

 宣伝です!『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ、辻元玲子著。イカロス出版、税込3500円)が発売となりました。アマゾンでは昨日、モード分野で1位となって「ベストセラー」認定をいただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。20160809141937



 20160810102923


  本書は最初に「年表」も設けております。本文で取り上げているものはリアル画で、それ以外のものはちびキャラで描き分けていますが、参考として掲げたちびキャラも、たとえばこの日本の大鎧の武士などのように、20160810103032


考証面では決して手抜きしないで描いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ、辻元玲子)本日、発売しております!

 

20160809115115


『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ、辻元玲子著。イカロス出版、税込3500円)は本日、2016年8月9日、発売となりました。アマゾンでは午前11時51分現在、モード分野で1位となって「ベストセラー1位」認定をいただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 20160809131418


今回はプロイセン~ドイツ軍とフランス軍(ルイ王朝とナポレオン時代)を多く扱っていますが、ナポレオンの宿敵、英国軍も紹介しています。伝統の真っ赤なジャケットが目を引きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ、玲子著)本日発売!

51axkfhtml


 『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版、税込3500円、フルカラー230頁)がいよいよ発売されました! 日付が変わったとたんに、アマゾンでも売り出したようで、登場と同時にモード分野で5位、書籍全体でも2万位ほどと健闘している模様です。20160809000838



 20160809001058


本日は「ナポレオン軍(大陸軍)竜騎兵少佐」「ロシア陸軍元帥」「ルイ14世時代の三銃士」のページをちょっと紹介。いずれも、後ろ姿を苦労して描いております。とにかく昔の服装はバックスタイルの資料がなく、非常に苦労します。20160809001203


20160809000936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

『軍装・服飾史カラー図鑑』紳士服の歴史から軍装史を理解できる!

51axkfhtml


 今日も懲りずに宣伝です。イカロス出版様よりまもなく『軍装・服飾史カラー図鑑』(辻元よしふみ/著、辻元玲子/イラスト)が刊行されます。来週には配本を開始します。B5判オールカラー、230ページで3500円(税込)です。
20160803145431


 ドイツの武装親衛隊やアルゲマイネSS、戦車兵などおなじみの軍装は、十字軍の時代のドイツ騎士団の騎士に始まり、フリードリヒ大王時代の軍服からナポレオン戦争時代のプロイセン王国、ドイツ帝国を経て、どういう経過をへてこういう服に進化したのかを詳細にたどれます。昭5式軍衣の日本軍将校、明治6年の西郷隆盛の軍装、現代の自衛隊儀仗隊、英国近衛兵の連隊ごとに違う服装などから、20160803145346


古い時代では古代ローマ軍団の百人隊長やロビン・フッド時代の服装、オスマン帝国のイェニチェリ、ポーランドの有翼騎兵、ナポレオン軍の華麗な軍装、三銃士時代の服装、ベルサイユのばらで登場するフランス王室衛兵隊の軍装・・また、ボー・ブランメルをはじめ、今のスーツに至る紳士服の進化史やフォーマル・ファッションなど一般紳士服の歴史も手厚く紹介し、燕尾服やタキシード、フロックコートなどの歴史も紹介。そういう大きな紳士服の歴史の中で、騎士や軍人の服装がどんな位置づけになるかを詳細に解説しております。
 ご要望の多い「後ろ姿」や「剣や刀の帯び方」、「勲章や徽章、階級章」のシステムや由来なども可能な限り図解化。オールカラー手描きイラストで精細に表現しております。
 軍装に興味のある方、歴史的なコスチュームに興味のある方、一般の紳士服とファッションが好きな方、またファッション・デザイナー、漫画家、アニメーター、ゲームクリエイター、歴史的な設定の作品を書かれる作家の方・・・などにもぜひお読みただければ、と思っております。
 宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターザン REBORN

20160804013932


 映画「ターザン
REBORN」(原題:THE LEGEND OF TARZAN)を見ました。「ハリー・ポッター」シリーズで知られるデイビッド・イェーツ監督の新作です。

 ターザンと言えば、ジョン・カーターを主人公とするSFシリーズでも有名なエドガー・ライズ・バロウズが生み出した森の王者。誰でも知る物語で、何度も映像化されているわけですが、意外にも今世紀に入ってから本格的な実写映画化はこれが初めて。モーション・キャプチャー技術の進化によって、ターザンと動物たちとのふれあいなども、ごく自然に描けるようになるなど、今の時代にこの題材が取り上げられた必然性が分かる仕上がりになっております。

 

 1885年。ドイツ帝国の成立とフランスの没落など、勢力関係の変化が著しかった時代が本作の背景です。ベルリン協定により欧州列強国のアフリカ支配の図式が定まり、ダイヤモンドやオパールの眠るコンゴ盆地の広大な領地は、ベルギー国王レオポルド2世の私領として認められます。

 しかしベルギー王室は莫大な資産をつぎ込んだものの開発に失敗。負債をなんとしても取り返すべく、有能な外交官レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)を現地に送り込みます。しかしこのロムは、単に国王のために働く忠臣ではなく、総督となることを夢見る野心家です。ロムは現地の有力な部族長であるムボンガ(ジャイモン・フンスー)と協定を結び、ムボンガが恨みを抱く一人の男を連れてこれば、ベルギー人に協力する、と約束させます。その男とは・・・?

 同じころ、英国政府でもセシル首相(ジム・ブロードベント)がコンゴ問題に介入する糸口を見つけようと思案していました。その思惑に乗じて、現地で奴隷使役や人身売買などの不正が行われていないか査察に入りたいアメリカの外交官ジョージ・W・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソン)。首相とウィリアムズが、ベルギー国王の招待に基づくコンゴ査察官になるよう説得している一人の男・・・それは英国貴族院議員にしてグレイストーク伯爵ジョン・クレイトン卿。しかしまたの名を、かつてコンゴの森林でジャングルの王者として君臨した「ターザン」(アレクサンダー・スカルスガルド)その人でした。

 初めは渋るジョンでしたが、ジョージの話を聞いて、現地の人の奴隷化を危惧し、アフリカへ戻ることを決意。やはりコンゴで育った妻のジェーン(マーゴット・ロビー)も、ジョンの反対を押し切って同行することになります。

 しかしこの「ベルギー国王からの招待」というのはロムの陰謀で、狙いはターザンその人でした。奇襲を受けて連れ去られる寸前、ジョージのおかげでジョンは命拾いしますが、ロムの軍隊はジェーンをさらって行ってしまいます。

 ジョンはジョージと共に、ジャングルに分け入り、ロムの後を追います。それはジョンの野生の目覚め、ターザンの復活を意味していました・・・。

 

 というようなことで、今作の特徴は、すでに文明社会に戻って英国の大貴族としての生活になじんでいたターザンが、再びジャングルに戻っていく、という点。だからこの作品のターザンは知性も教養も一流の人物で、単純明快な野生児などではありません。二つの世界に引き裂かれた矛盾ある存在、という原作で提示された通りのイメージで描かれます。いろいろな映画で大活躍する名優ステラン・ステルスガルドの息子アレクサンダーが、高貴さと野性を併せ持つこの人物の魅力を余すところなく好演しています。

 そして、なんといってもクリストフ・ヴァルツです。アカデミー賞を2度もとっているこの人、やればなんでも出来るでしょうが、やはり本作のような「一見、インテリ層で上品な紳士なのだけど、実はとんでもない怪物的な悪党」という役柄が一番、光ります。本作のロムという人物はまさにそのような造形で、ヴァルツが演じなければ成り立たなかったかもしれません。

 サミュエル・L・ジャクソン演じるジョージ・ウィリアムズも興味深い人物像です。博士号を持つアメリカの外交官で黒人、という設定です。しかしそれだけではなくて、映画の時代から20年ほど前には、南北戦争やメキシコ出兵、インディアンとの戦争で、悲惨な戦いを見てきた歴戦の勇士で、射撃の名手でもあります。「散々、インディアンを殺してきた俺は、今のベルギー人と全く同じだ」という彼は、黒人として迫害された立場と、メキシコ人やインディアンを殺害した立場を両方とも経験しており、そしてアフリカでの彼は、先祖がアフリカをルーツにしていながら文明社会の代表者であり、現地の人たちと交わる白人のターザンに比べれば、全くのよそ者です。こういう複雑な人物を配置したことで、作品に厚みが出ました。

 妻ジェーンを演じたのは、近年、注目されるオーストラリア出身のマーゴット・ロビー。生き生きとした演技が本作の魅力を大きく高めています。彼女は間もなく公開の「スーサイド・スクワット」でもヒロイン格で出演しているようです。

 首相役のジム・ブロードベンドは「ムーラン・ルージュ」「クラウド・アトラス」などで知られるアカデミー俳優。脇をしっかり固めて映画の格上げに貢献しています。

 今作は19世紀後半、ヴィクトリア時代を背景としており、ロンドンで主人公たちがまとう衣装は、素晴らしいの一言。ボタン配置がV字に配置される燕尾服など、私は欲しくなってしまいますね。また、冒頭ではベルギー正規軍の兵士たちが登場しますが、よく描けています。あのワンシーンにあれだけの軍服や小銃を用意するのは大変でしょう。

 また、当時の最新兵器としてマキシムが発明したばかりの機関銃が随所に登場します。まさに大量殺戮兵器の元祖である現代型の機関銃が出現したのが1880年代。世相も、戦争の形態も徐々に殺伐として、人間性を失っていく時代を象徴しているようです。

 あの時代の後、英国はアフリカでの勢力範囲を拡大していき、ズールー戦争やボーア戦争へと突入していきます。英国貴族であるターザンも、だんだん難しい立場になっていったのかもしれません。だから、ベルギー人を悪役とした今回の設定はなかなか巧妙だったといえます。実際にいわゆる「コンゴ自由国」ではあらゆる非人道的な政策がとられた、という話がありまして、史実をうまくとらえた脚本には賛辞を贈りたいと思いました。なお、ジョージ・ワシントン・ウィリアムズは実在の人物で、史実でもコンゴでの非道な政策を告発した人物。またレオン・ロムも実在のベルギー軍人で、コンゴで絶大な権力をふるったそうですが、亡くなったのはずっと後年の1924年のことだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

『軍装・服飾史カラー図鑑』の内容一部紹介!

 イカロス出版様よりまもなく『軍装・服飾史カラー図鑑』辻元よしふみ/著、辻元玲子/イラスト)が刊行されます。すでに早刷りが手元に届きました。来週には配本を開始すると思います。B5判オールカラー、230ページで3500円(税込)です。
51axkfhtml


 ドイツの武装親衛隊や昭5式軍衣の日本軍将校、現代の自衛隊儀仗隊などから、古い時代では古代ローマ軍団の百人隊長や十字軍の騎士、オスマン帝国のイェニチェリ、ポーランドの有翼騎兵、ナポレオン軍の華麗な軍装、フリードリヒ大王から第二次大戦期までの20160803145304


歴代のプロイセン~ドイツ帝国~第三帝国の軍服など・・・また、ボー・ブランメルをはじめスーツやフォーマル・ファッションなど一般紳士服の歴史も紹介し、紳士服の歴史の中で、騎士や軍人の服装がどんな位置づけになるかを詳細に解説しております。
 ご要望の多い「後ろ姿」や「剣や刀の帯び方」、「勲章や徽章、階級章」のシステムや由来なども可能な限り図解化。オールカラー手描きイラストで精細に表現しております。
 20160803144824


軍装に興味のある方、歴史的なコスチュームに興味のある方、一般の紳士服とファッションが好きな方、またファッション・デザイナー、漫画家、アニメーター、ゲームクリエイター、歴史的な設定の作品を書かれる作家の方・・・などにもぜひお読みただければ、と思っております。
 宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

『軍装・服飾史カラー図鑑』早刷りをiちょっとだけ公開!

20160802145155


 速報! 私どもの手元に『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版)の早刷りが届きました! この作品のために、ほぼ4年の歳月を費やしました。実はここまで来るのに色々と紆余曲折があり、いま、完成品を見る思いは感無量でございます。20160802145244



 230頁フルカラー、と頭で理解していましたが、できあがるとずっしりと重く、迫力がありますね。印刷も、手描きの原画を再現するのは非常に難しいです。軍服の生地の色は、非常に微妙なものが多く、また毛皮や羽毛などの装飾は、毛を一本一本、辻元玲子が筆で手描きしており、その繊細な部分の再現も難しいのですが、クオリティーの高い技術で印刷していただきました。20160802145341



 判型は、イカロス出版の雑誌などとほぼ同サイズです。各国の軍装に加えて、今回は一般の紳士服の歴史も押さえておりまして、フロックコート姿のダンディーな紳士や、ナポレオン戦争時代の男性ファッションの世界で絶大な影響を及ぼしたボー・ブランメルの服装なども図解しております。同時代の一般人のファッションと軍服が密接なかかわりがあることをご理解いただけると思います。ブランメル自身、もともと騎兵将校であり、彼の好みが紳士服全般は言うに及ばず、後の時代の軍服の色調もシックな方向に導いたといえると思います。20160802145510



 軍装の世界で絶大な影響をもたらしてきた、フランスとドイツ、英国の軍服の歴史も今回は手厚く紹介しております。フランス軍は、三銃士の頃のきらびやかな服装、現代的な軍服の走りとなったルイ14世の時代から、ベルサイユのばらの時代の軍装、そしてナポレオン戦争の華麗な軍服。ドイツについては、そもそもの「鉄十字マーク」の発端である十字軍時代の「ドイツ騎士団」の騎士に始まり、フリードリヒ大王の時代から、ナポレオン戦争で鉄十字勲章や現代的な軍帽が登場する時代、さらに日本ではあまりなじみのない普仏戦争からドイツ帝国時代の軍装を経て、第1次大戦、第2次大戦のおなじみナチス時代のものを紹介。英国ではナポレオン戦争時代の真っ赤な軍服と、ネルソン提督が着用した青い海軍軍服、さらに現代の近衛兵連隊の服制を、部隊ごとのボタン配置や徽章の違いまで、詳細に取り上げています。
 まもなく一般配本されると思われます。しばしお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『軍装・服飾史カラー図鑑』印刷が順調に進行中。

51axkfhtml


辻元よしふみ、辻元玲子の共著『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版、フルカラー230ページ、予価税込3500円)の印刷中です。版元には見本刷りがすでに届いたとのことです。本書は8月第2週を目途に配本の予定です。71qnwkrjkrl



 本日は、第二次大戦時のドイツ軍戦車兵のページをご紹介します。
 そして、今日は本書の「著者紹介」テキストを掲載します。
 以下のような感じになっております。ご参考になさってくださいませ。

 辻元よしふみ
服飾史・軍装史研究家、ファッション・アドバイザー。1967 年岐阜市生まれ。早大卒。日本での軍装史研究の第一人者として、防衛省など中央省庁や企業のアドバイザーを務め、テレビ番組への情報提供などもしている。著書に『図説 軍服の歴史5000 年』『スーツ=軍服!? スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった!!』(いずれも彩流社)など。監修・翻訳書に『華麗なるナポレオン軍の軍服』(リュシアン・ルスロ原著、マール社)など多数。また、日刊ゲンダイ(土日版)に「鉄板!おしゃれ道」を連載し、テレビ番組「美の壺」(NHKBSプレミアム)や「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(テレビ東京系)などに出演した。日本文藝家協会、日本ペンクラブ、国際服飾学会、服飾文化学会、軍事史学会に所属。

 辻元玲子
歴史考証復元画家(ヒストリカル・イラストレーター)。1972 年横浜市生まれ。桐朋学園大学音楽学部演奏学科声楽専攻卒。日本で数少ないユニフォーモロジー(制服学)と歴史復元画の専門画家で、画家・中西立太の指導を受けた。防衛省はじめ省庁や民間企業のアドバイザーを務め、イラストを提供している。著書に『まんがで楽典』(全音楽譜出版社)。夫よしふみとの共著で『図説 軍服の歴史5000 年』『スーツ=軍服!? スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった!!』(いずれも彩流社)、監修・翻訳書に『華麗なるナポレオン軍の軍服』(リュシアン・ルスロ原著、マール社)がある。日本理科美術協会会員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

『軍装・服飾史カラー図鑑』プロイセン軽騎兵図説と目次紹介!

51axkfhtml


辻元よしふみ、辻元玲子の共著『軍装・服飾史カラー図鑑』(イカロス出版、フルカラー230ページ、予価税込3500円)の印刷中です。アマゾンなどではすでに予約を開始しております。すでにご注文いただきました皆様に、厚く御礼申し上げます。本書は8月第2週を目途に配本の予定です。そろそろ見本誌が出来てきそうな感じまで来ております。
 本日は、プロイセン~ドイツ帝国で精強をうたわれた「第1親衛軽騎兵連隊」の軍装解説からサーベルや付属品、帽子などのディテール部の一部をご紹介します。この黒い制服が、後にナチス時代の親衛隊や戦車兵の「黒服」に多大な影響を与えます(本書では、独特の様式美で知名度の高いナチス親衛隊や戦車兵も、後のページで登場します)。7134ympfl



 そして、今日は本書の「目次」テキストをご紹介します。
 以下のような感じになっております。ご参考になさってくださいませ。

読者の皆様へ 5
年表 紳士服と軍服の変遷 8
001 ローマ軍団百人隊長
Centurio 56
002 ドイツ騎士団総長
Deutscher Orden, Hochmeister 58
003 14世紀後半の市民
Medieval man, 14th century 62
004 ランツクネヒト
Landsknecht 66
005 16世紀 エリザベス1世時代の英国貴族
16th century, English nobleman, Reign of Elizabeth I 70
006 ポーランド有翼騎兵「フサリア」
Polish Winged husser “Husaria” 74
007 ポーランド・リトアニア共和国軍 ヘトマン(司令官) 
Polish-Lithuanian Commonwealth Army “Hetman” 78
008 オスマン帝国軍 皇帝親衛隊イェニチェリ
軍犬兵「サムスンジュ」
Ottoman Army Janissary Dog handler“Samsuncu” 82
009 ルイ13世時代の紳士(フランス)
French Gentleman, Reign of Louis XIII 84
010 ルイ14世時代初期の貴族(フランス)
French Nobleman, Early reign of Louis XIV 86
011 ルイ14世時代初期の王室銃士(フランス)
Mousquetaire du Roi 90
012 ルイ14世時代のフランス軍人
French Soldiers, Rein of Louis XIV 94
013 フランス衛兵連隊 将校 略装
Régiment des Gardes Françaises Officier petit tenue 100
014 プロイセン陸軍 第15親衛近衛連隊第1大隊
将校礼装 連隊長 将官
Preußische Armee 1.bataillons Leibgarde Nr.15
Galauniform der Offiziere Regimentschef General 104
015 プロイセン陸軍 第1近衛歩兵連隊
常装 連隊長 将官
Preußische Armee 1.Garde-Regiment zu Fuß
Dienstuniform Regimentschef General 108
016 プロイセン陸軍 総司令官 野戦装 元帥
Preußische Armee Oberbefehlshaber
Felduniform Generalfeldmarschall 112
017 ロシア陸軍(ルースカヤ・アーミア) 元帥
Русская армия Маршал 116
018 ラ・グランド・アルメ(大陸軍)
第1皇帝親衛擲弾歩兵連隊 大佐
La Grande Armée 1er régiment de grenadiers à pied de
la Garde impériale Colonel 120
019 大陸軍 帝国元帥 正装
La Grande Armée Maréchal de l’Empire, grand tenue 126
020 大陸軍 第19竜騎兵連隊少佐
La Grande Armée 19e Régiment de Dragons Chef d’escadron 132
021 大陸軍 第7ユサール連隊 少佐
La Grande Armée 7e Régiment de Hussards Chef d’escadron 136
022 英国海軍中将
Royal-Navy Vice-Admiral 142
023 英国陸軍少将
British Army Major General 146
024 ドイツ帝国陸軍 プロイセン陸軍 参謀本部 常装 大将
Deutsches Heer Preußische Armee
Generalstab Dienstuniform General 150
025 ドイツ帝国陸軍 プロイセン陸軍 礼装 元帥位の上級大将
Deutsches Heer Preußische Armee Galauniform
Generaloberst mit dem Rang als Generalfeldmarschall 154
026 ボー・ブランメル リージェンシー時代のダンディー
Beau Brummell Regency era, Dandy 158
027 ヴィクトリア時代の紳士
The Victorian Gentleman 164
028 ヴィクトリア朝後期〜エドワード朝 ディトー・スーツの紳士
Late Victorian era- Edwardian era Gentleman in Ditto suit 166
029 ドイツ帝国陸軍 プロイセン陸軍
第1親衛軽騎兵連隊 元帥
Deutsches Heer Preußische Armee
1.Leib-Husaren Regiment nr.1 Generalfeldmarschall 174
030 ドイツ帝国陸軍航空隊 騎兵大尉
Deutsche Luftstreitkräfte Rittmeister 178
031 ドイツ国防軍陸軍 参謀少佐、中将
Wehrmacht Heer Major in Generalstab, Generalleutnant 182
032 ナチス親衛隊員 保安部SS中佐 1939〜45年/
アドルフ・ヒトラー親衛連隊SS大尉 1936〜45年
Schutzstaffel Sicherheitsdienst SS-Obersturmbannführer
Leibstandarte Adolf Hitler SS-Hauptsturmführer 186
033 ドイツ武装親衛隊SS中尉
Waffen-SS SS-Obersturmführer 190
034 ドイツ国防軍 グロースドイッチュラント師団 戦車兵大尉
Wehrmacht Division Großdeutschland
Hauptmann der Panzertruppe 192
035 アメリカ陸軍航空軍 第8空軍 中尉
USAAF 8th Air Force Lieutenant 194
036 大日本帝国陸軍 陸軍大将
Imperial Japanese Army General 198
037 大日本帝国陸軍 歩兵第三聯隊 少尉
Imperial Japanese Army 3rd Infantry Regiment
Second Lieutenant 200
038 陸上自衛隊 第302保安警務中隊 3等陸尉、1等陸曹
JGSDF 302 Military Police Company
Second Lieutenant, Master Sergeant 202
039 英国近衛兵 近衛擲弾兵連隊 兵士  
Royal Footguards Grenadier Guards Guardsman 208
040 スーツ姿の紳士
Gentleman in Suit Present day 220
軍の階級入門 228
主要参考文献 229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウフちゃん蒲焼

20160801024554


 8月に入りました。夏本番ですが、案外、このへんからあっという間に年末まで行ってしまう感じもあります。ところで、土用の丑にはウナギを食した方も多いでしょうが、近年では何しろ高い! わざわざウナギ味のナマズを開発しているという話もありました。20160801024647



 我が家では、「トウフちゃん蒲焼」なるものを食しました。要するに豆腐で作った代用品の蒲焼です。ところがこれ、見た目は完全に本物そっくり。タレと山椒をかければ風味も十分。皮の部分は海苔で出来ていて、これもぬめり感があってリアルです。食感ははっきりいって、まだ歯ごたえのある豆腐というもの。ウナギと間違える、20160801025031


というレベルではないのですが、もうちょっとコラーゲン感が出ればさらに実感がでそうです。これで400円台ですので、雰囲気ものとしては大合格なのではないでしょうか。この商品は、ダイエー浦安駅前店で見つけました。20160801025242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »