« リサとガスパール・カフェ(松屋銀座) | トップページ | アラサーちゃん4(峰なゆか著)、やせる石鹸(歌川たいじ著) »

2015年8月27日 (木)

本当に「太いズボン」が流行るのでしょうか?

 

20150827175901


東日本では急速に北風が吹いて、秋の気配が強まりました。8月の上旬、連日のように35度超えして、今年はどうなることかと思っていましたが、意外にも今季の夏そのものは短いのかもしれません。
 ということで、アパレル業界はとっくに秋冬商戦に移行しておりますが・・・ここに掲げますのは主婦と生活社の「LEON」10月号(上)と、集英社の「UOMO]10月号(下の2枚)のページなのですが、ご覧のように・・・パンツが太い! ここ10年ほどにわたって、ほとんど中世の人のタイツみたいなピタピタのスキニー・パンツ一辺倒でしたが、ここにきて各ブランドとも本気でワイド・パンツを流行らせたいということのようです。が、そんなに急に変わるでしょうか。なにしろほとんど、ふた昔ぐらい前の不良学生のドカン・ズボンそのものですけれど。それでも今のところ、控えめなタックを入れつつも、テーパード気味のものが主流ですが、中には本当にドカンそのもの、ものによっては往年のマンボ・ズボンを思わせるシルエットのものも現れてきているようです。
 まあ、これがファスト・ファッションに受け入れられ、さらに普通の量販店でも主流になるには5年も6年も、場合によっては10年もかかるわけでしょうが、しかし私は、世界のトップ・デザイナーたちが「ミニマル」ファッションだの「ノーム・コア」だの、ピタピタのスキニー・ファッションだのに飽き飽きしており、もっと腕を振るえるゴージャスでグラマラスな服装に戻したい、と一致して考え始めているのではないか、と想像します。20150827175941

20150827180118




 私自身、なんというかここ10年ほどのカジュアル化の行き過ぎ、ピタピタ化のやりすぎには疑問を持っていましたので、というのも、本当に中世の道化師のような姿の人もいて、本気でそれをカッコイイと思っているのか、という場合もあり、これが太い方に変化する流れは個人的には歓迎しておりますが、さて世間の反応は?
 とまあ、珍しく、ガラにもないファッション・ブログ的なことを書いてしまいました。私自身は、もう19世紀ぐらいまでの服しか本当は興味がない人間ですので、あまり世間一般のご参考にはならないでしょうが・・・。実際、19世紀前半には紳士のトラウザーズ(長ズボン)はすべからくピチピチのピタピタであるべきでしたが、後半にはゆったり目になります。20世紀初めには直線的なドカン・ズボンが流行り、一転して戦後は細いものが流行り、70年代には裾が広くなり、80年代には思い切りタック入りのワイドに、そして21世紀に入ってからは思い切りスキニー・・・とズボンのシルエットも広くなったり、細くなったりを繰り返しておりますので、この先どうなるかは興味深いところです。

|

« リサとガスパール・カフェ(松屋銀座) | トップページ | アラサーちゃん4(峰なゆか著)、やせる石鹸(歌川たいじ著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/62166807

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に「太いズボン」が流行るのでしょうか?:

« リサとガスパール・カフェ(松屋銀座) | トップページ | アラサーちゃん4(峰なゆか著)、やせる石鹸(歌川たいじ著) »