« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月27日 (金)

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密

  20150326020950


  『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(Night at the Museum: Secret of the Tomb)という映画を見てきました。古代エジプト王の魔法の石板の力で、博物館の展示品が夜になると生命を吹き込まれて動き出す、というベン・スティーラー主演の大ヒットシリーズ「ナイトミュージアム」の3作目、そしておそらくは最終作となるだろう、といわれております。
 それにしても、私はこのシリーズ、すべて劇場公開時に見ましたが、1作目が2007年日本公開、2作目も2009年日本公開と、もう随分たっているんですね。今作では、1作目の登場人物がほぼ、再結集しました。
そして、1作目以来の出演者で、昨年春に死没した大ベテラン(女優エヴァ・ガードナーの元夫で、戦前の1939年にアカデミー賞を受賞している)ミッキー・ルーニーの遺作となりました。さらに、皆様もご存じのとおり、昨年8月に急逝した名優ロビン・ウィリアムズの最後の作品ともなってしまいました。それで、本作のエンド・クレジットにはルーニーとウィリアムズへの献辞が捧げられています。

 物語は1939年のエジプトで始まります。長年にわたり古代エジプトのファラオの墓を探していた米英合同の発掘隊は、ふとしたきっかけでアクメンラー王と、その両親であるマレンカレ王、シェプスハレト王妃の合同墓を発見します。隊長の幼い息子CJは、現地の人が「王墓を荒らすと皆、命を失うことになる」と警告するのを脅えながら聞きます。しかし父の隊長は構わず、「黄金の石板」をはじめ埋葬品を運び出します。
 それから70年以上が経過した現代、ニューヨーク自然史博物館では新しいプラネタリウムのお披露目セレモニーが開催されていました。「特殊効果」を担当する警備員ラリー(スティーラー)の指示の下、夜になって生命を宿した展示品の蝋人形である第26代大統領セオドア(テディ)・ルーズベルト(ウィリアムズ)が演説し、サルのデクスター(クリスタル)が熱演してショーは盛り上がっていましたが、突然、異変が起きます。展示品の人形たちが暴走を始め、会場はドタバタの大混乱。マクフィー館長(リッキー・ジャーヴェイス)は責任を取って辞職することになってしまいます。
 混乱の原因は、夜になると人形たちに生命を吹き込んでいた「黄金の石板」が変色し、明らかにパワーを失いつつあるためと思われました。石板の持ち主アクメンラー(ラミ・マレック)は、父のマレンカレ王がこの石板の修復法を知っているはず、と言います。
ラリーは石板の来歴を調べたところ、これが1939年に発掘され、そのメンバーにはCJという少年がいたことを突き止めます。そのCJとは、1作目でラリーに警備員の仕事を引き継いで引退した、あのセシル(ディック・ヴァン・ダイク)のことだと気付いたラリーは、セシルが入居している老人ホームを訪問。ホームではセシルのほかに、かつての警備員仲間ガス(ルーニー)とレジナルド(ビル・コップス)とも再会できました。セシルの話では、マレンカレ王の棺は英国の大英博物館にあるはず、といいます。ラリーはマクフィー館長に頼み、大英博物館にアクメンラーの棺と石板を移送する手続きをとってもらいます。
 大英博物館では、女性警備員のティリー(レベル・ウィルソン)の目を盗み、まんまと侵入に成功。大学進学を控えてすっかり反抗期に入ったラリーの息子のニック(スカイラー・ギソンド)、アクメンラーのほかに、テディ、アッティラ(パトリック・ギャラガー)など、1作目以来おなじみの面々が全員集合。マレンカレ王の元に急ごうとしますが、当然ながら石板のパワーでこの博物館の展示品たちも生命を宿して動き出します。こうしてロンドンでも大騒動が持ち上がることになりますが・・・。

 ということで、本作でマレンカレ王を演じるのは、大物ベン・キングスレーです。さすがの風格で古代エジプトの大王を演じています。先に書いた通り、93歳で亡くなったミッキー・ルーニーの姿は注目ですし、今年の末には90歳になるバン・ダイクが、今も元気に踊っている姿を見られるのも嬉しいですね。それから、ロンドンのドタバタ騒動のさなかには、カメオ出演で意外な大物も出演しています。オーストラリア出身で、ヒーロー・アクションからミュージカルまで引っ張りだこの人気俳優、といえば? これは見てのお楽しみです。ちゃんとこの人の名前も顔もわかり、しっかりセリフ・・・いや歌まで披露しています。
 いつもの通り、テンポよく楽しく見られるお話ですが、最後はシリーズ完結作品ということもあり、どこか物悲しい感じに。ことにエンディング近くにロビン・ウィリアムズ演じるテディが別れを告げるシーンは、本当に寂しい気分になってしまいます。
 そういうこともあり、最後はとても美しく、どこか賑やかだったお祭りが終わるときのような、面白い中にも寂しさが漂う、非常に印象的な幕切れになりました。ぜひロビン・ウィリアムズの最後の名演を堪能してください。
 そういえば。ロビン・ウィリアムズは、テディ・ルーズベルトが19世紀末の米西戦争時に軍人として戦っていた当時の軍服姿で登場します。彼の襟についているUSVという徽章は、この戦争で編成された義勇連隊の一つで、ルーズベルト大佐が率いたアメリカ合衆国第1義勇騎兵隊のものです。実在のルーズベルト本人は、大統領になった後も、「テディベア」で有名なテディというあだ名よりも、軍歴にちなんだ「大佐」と呼ばれるのを好んだそうですね。
「ルーズベルト」というと今の日本では、第2次大戦時のフランクリン・ルーズベルト大統領を思い浮かべますが、セオドア・ルーズベルトはフランクリンとは親戚にあたります。そして、日露戦争(1904~05年)で日本が有利な形で停戦できたのも、セオドア・ルーズベルトの仲介のおかげでした。だから日本にとっても恩人といえる人物です。この日露戦争の停戦に尽力した件で、ノーベル平和賞を受けています。このように、軍人としても政治家としても傑出した人物で、今でも非常に人気が高く、ロビン・ウィリアムズがこの映画シリーズの準主役として彼を演じたのも、当然の扱いだった、というわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

20150326020844


 『イミテーション・ゲーム
/エニグマと天才数学者の秘密』(The Imitation Game)という映画を見ました。ベネディクト・カンバーバッチにキーラ・ナイトレイ、マーク・ストロングなど大物が多数、顔をそろえ、アカデミー賞8部門ノミネート、そして見事に脚本賞を受賞しています。

アラン・チューリングといえば天才数学者として、従来もそれなりに名前は知られており、人工知能が人間のような意識を持っているかどうか、を知るための「チューリング・テスト」も、実際に人工知能が誕生するかもしれない、と言われ始めた21世紀になって、あちこちで取り上げられるようになりました。実際、チューリングが第2次大戦中に開発した暗号解読機が、現在のコンピューターの基礎となっており、コンピューターの祖としてその名声はむしろ、近年になって高まっています。チューリング・テストの別名が、彼が論文で使用した「イミテーション・ゲーム」なのです。

しかし、今日のコンピューター技術の開祖で、第2次大戦の連合軍勝利にも大きく貢献したという、それほどの傑出した人物であるにもかかわらず、これまで彼の業績は長きにわたって大衆に知られることはありませんでした。なぜかというと、戦時中に国家機密の暗号解読に従事していたこと、そしてもう一つが、彼が同性愛者であるがゆえに、当時の法律によって不名誉な性犯罪者扱いのまま生涯を終えたこと、この二つの要素のために、必要以上にアラン・チューリングの名は伏せられてきたのでした。1967年まで英国では、同性愛はそれだけで犯罪とみなされ、失職や追放、場合によっては投獄までされたのです。

2009年になってブラウン英首相がチューリングの復権と、彼への「謝罪」を声明にして話題になり、13年にはエリザベス女王の名で公式にかつての「罪」に対する「恩赦」が公布されました。本当に彼のことが一般に知られるようになったのは、それからだと言えます。そして、この映画の企画も、ブラウン首相の声明を契機に立てられたそうです。

 

物語は大戦終結後6年がたった1951年に始まります。マンチェスター警察のノック刑事(ロリー・キニア)は、奇妙な盗難事件の通報を受けます。数学者アラン・チューリング教授(カンバーバッチ)の家に強盗が入ったというのですが、荒らされた家の中でチューリングは「何も盗まれていない」と主張し、いかにも警察がかかわることを拒むような態度を見せます。不審に思ったノック刑事は、チューリングの経歴を調査し、彼が軍に秘密の任務で協力していたこと、戦時中にスパイ行為の嫌疑をかけられていたこと、などを知ります。しかしすぐに、チューリングは「同性愛行為」により逮捕されます。チューリングは刑事に、これまでの自分の人生を振り返って語り始めます・・・。

1939年、チューリングは英国政府の秘密組織「ブレッチリー無線機器製造所」で働くための採用面接を受けます。管理責任者のデニストン海軍中佐(チャールズ・ダンス)は傲慢で対人関係がまともに築けない(おそらく今の言葉でいうアスペルガー症)チューリングを嫌い不採用にしようとしますが、軍情報部の非公然組織MI6の幹部であるメンジス(ストロング)がチューリングを気に入り、採用に至ります。チューリングのほかに、英国のチェス王者であるヒュー・アレグザンダー(マシュー・グード)、数学者のジョン・ケアンクロス(アレン・リーチ)などが集められ、与えられた任務とは、ナチス・ドイツ軍が誇る絶対に解読不能の暗号「エニグマ」を破ること、でした。ナチス・ドイツは瞬く間に全欧州を占領し、ドイツ潜水艦Uボートが連合軍の艦船を次々に沈め、また連日、ドイツ空軍の爆撃機が英本土に飛来するようになり、ドイツ軍の暗号を解読できるかどうかが、英国の未来を左右する事態になっていたのです。

気難しくまともに人付き合いできないチューリングは、チームの中で孤立していきますが、彼には一つの確信がありました。エニグマ暗号を解読するには人間の手計算では追い付かず(試算によれば、ひとつの組み合わせを解くだけでなんと2000年がかかり、しかもその組み合わせは毎日、夜の12時にドイツ軍が変更してしまうため、事実上、絶対に解読不能とされていました)膨大な計算を機械にさせる、つまり「電子計算機」を作らなければ対抗できない、ということでした。周囲の無理解の中、孤独に戦うチューリングでしたが、メンジスを通じてなんと英国首相チャーチルに直談判し、チームのリーダーとなることに加え、計算機を作るための巨額の予算を承認させてしまいます。

だが、それだけでは決定的に人手が足りません。チューリングは新聞にクロスワードパズルの広告をだし、これが解けた人の中から有能なスタッフを採用しようと思いつきます。だが、応募者の中で最も好成績を挙げたのは、(当時の常識では意外なことに)、一人の若い女性、ジョーン・クラーク(ナイトレイ)でした。

計算機の基本が完成し、他のメンバーとの関係も以前より改善し、さらにジョーンという心強い理解者も得て、チューリングの作業は順調に進むように見えましたが、突然、チューリングはソ連に情報を流しているスパイではないか、という嫌疑を受け、逮捕されかけます。また、一向に成果が上がらないことに業を煮やしたデニストン中佐も解雇をちらつかせ始めます。そんな迫害の中で、彼は計算機に「クリストファー」と名付けますます作業に没頭、さらに親の圧力で家に帰ってくるように言われたジョーンには求婚します。

チューリングが機械にクリストファーと名付けたのには理由がありました。寄宿学校時代、いじめの対象となっていたチューリングをかばい、理解し、暗号の世界に導いてくれた親友クリストファーの名にあやかったのです。しかも、チューリングはクリストファーに単なる友情ではなく、愛情を感じ始めていました。しかし・・・。

 

というようなことで、ほぼ史実の通りにアラン・チューリングの孤独な生涯と、偉大な業績が解き明かされていくわけですが、全く史実通りでないとはいえ、見事に緻密な脚本でその人生が浮き彫りにされていきます。

時代の先を行き過ぎていた天才の孤独と、ほんの数十年前まで同性愛が犯罪であったこと、さらに、女性が、どれほど才能があろうが活躍できなかった時代でもあったこと、を思うと暗澹とします。素晴らしい脚本に素晴らしいキャストで、見ごたえある作品でした。主演の二人のほか、ストロングとチャールズ・ダンスが実にカッコいいです。その他、当時の衣装や風俗の時代考証も行き届いており、大変によくできています。

戦争のシーンも少ないながら、案外に出てきまして、ドイツ軍もけっこう登場します。ユンカースやハインケルの爆撃機、Uボート、それにⅣ号戦車などがしっかり出てきて、こういうところも手を抜いていないのが好感が持てました。当時の英国の陸海空軍の制服もたっぷり出てきますが、特に赤い帽子の憲兵は見どころですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

アマリリスが開花しました。

 

20150317063322


桜が開花した、といいますが、けっこう寒気がぶり返していますね。油断すると風邪ひきそうですので皆様、ご自愛ください。
 我が家では、アマリリスが先日から咲いています。アマリリスというのは、ギリシャ神話に出てくる少女の名前だそうですね。花ばかり愛して女の子には全然、興味がないまさに草食男子の彼の気を引こうと思う一心で、とうとう花に変身してしまった、というようなお話らしい。20150318073554


20150318073620



 そういえば「アマリリス」という曲があります。小学校か中学校の音楽の授業で習う曲にありましたよね。あれは17世紀前半のフランス王ルイ13世が作曲した、といわれてきました。私もそう習いましたが、近年では「ヘンリー・ギース」という19世紀の人が作って、ルイ13世の曲だ、といって広めたのが真相だという説になってきているそうですね。
 ルイ13世が実際に音楽好きで曲つくりもした、というのは本当の話です。ギースという人はそれに便乗したわけでしょうか。あの「三銃士」に出てくる王様ですね。息子のルイ14世はバレエ好き、その孫のルイ15世は無類の女好き、そしてそのまた孫のルイ16世は「錠前作り」が趣味のメカおたく、でした。20150318073638

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

余裕で見分けられますけど・・・?

 あるネット上の記事でこんなものを見かけまして、驚きました。
 下のようなカラーチャートがあって、「あなたは何色あると思いますか」というのです。いかがでしょう? 要するに、いくつの色を見分けることができるか、というわけです。

Tabizine_2750_6

 で、「答えは全部で39の色があるのだそうです」。
 そして、解説がついていまして「20色以下しか色が見えなかった人は、人口の1/4を占めます。本来持つべき3種類の視細胞の中で1つが欠けており、赤系統、または緑系統の判別が難しい2色型色覚の持ち主です」。
 それから「20色から32色見えた人は、ごく一般的。人間や霊長類などは青・赤・緑の錐体細胞を持っている、この3色型色覚の持ち主だと言われています。約100万の色が見えるのだそう」。
 そして、「32色から39色見えた人は、4色型色覚の持ち主。青・黄・緑・赤の錐体細胞を持っていて、3色型の100倍の1億色以上が見えると言われています。基本的に女性にのみ存在し、世界の女性の2~3%はこの4色型色覚なのだとか」。
 これ、本当ですかね? プロの画家である我が家の玲子さんは、もちろん一見して「39色!」と即答しました。当然です。そうでなきゃ。
 ところが、私も最初から39色、見分けられたんですけれど。「基本的に女性にのみに存在」って本当ですか? じゃあ私は一体?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

ナポレオンの帽子は「三角帽」じゃなくて「二角帽」です。

 

Rnapoleonbonapartelarge570


  今年はナポレオン退位から200年。で、共同通信の記事で「三角帽をかぶってナポレオンの仮装をした人や当時の軍服を着た約50人」とあるけれど、ナポレオンのあれは三角帽(トリコルンtricorn)じゃなくて二角帽(ビコルンbicorn)ですよ共同通信さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

松屋銀座で手塚治虫の「ユニコ UNICO」完全版を販売中。

 

20150321030348


 いま松屋銀座の2階、プラダのお店の前で、手塚治虫先生の名作「UNICO ユニコ」の完全カラー版上下巻が先行販売されています(31日まで)。一角獣(ユニコーン)の子供の冒険を描くユニコは、あのサンリオが1976年に創刊した伝説の漫画月刊誌『LYRICA 〜リリカ〜』で連載されたものでした。この雑誌はフルカラー・コミック誌という当時として斬新なコンセプトで、ユニコも原稿はフルカラーだったのですが、その後の単行本化ではモノクロになって久しく、それが今回、最新のスキャニング技術により原画を完全に復元し、再現することに成功した、というわけで、伝説の名作が最初に発表されたときの色彩を取り戻した、という快挙なのです。20150321030312



 手塚先生は、まず線画を描いてからBBケント紙にコピーし、ごく普通の水彩絵の具で彩色していたそうですが、非常に精緻で、全く塗りムラの見られない彩色はまことにすごいものがあります。いまどきのCGでお手軽に塗ることに慣れてしまった若い人ほど、この手塗りのすごみを感じてみていただきたいものです。ものすごく細かい衣服の装飾や、影などが繊細に描きこまれています。
 76年当時というと、手塚先生はあの「ブラック・ジャック」をはじめ「三つ目が通る」「火の鳥」「MW(ムウ)」など、代表作と呼ばれる作品を何作も同時進行で連載しておられ、なんと月間で300ページも漫画を量産していたとか。その中で、もちろんアシスタントの手伝いはあったとはいえ、基本的に仕上げは自分でやらないと気が済まない、という方だったといい、この高いクオリティーでフルカラーの漫画を連載したというのは驚くべきことです。
 読み返してみると、やはり同時期に描いていた火の鳥やブラック・ジャックをどこか思わせるようなもの寂しい気分や哲学的なテーマがあって、サンリオの雑誌に載せる作品であっても、さすがに単なるメルヘンチックなファンタジーとは一線を画しています。やはり漫画というのは手塚治虫先生が創始した、手塚治虫先生のためのジャンルなんだな、と思いますね。20150321030551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

コシノジュンコ2015春夏コレクションにて。

 先日ですが、南青山の株式会社コシノジュンコにて、コシノジュンコ2015春夏レディース・コレクションのショーがありました。で、玲子が着ているのがそのコレクションの一着。コシノ先生自ら「とにかく着てみて。着るのはタダだから(笑)」と強くお薦めを受けて、試着してみたわけですが、どうでしょうか? 赤と黒の色使いが印象的ですね。スカートは革と透ける生地を交互に重ねあわせて、フレアーのラインを形成するという非常に凝ったものです。このへんになりますと完全に注文服になりますね。20150312191449



 ちなみに、私もたまたま赤と黒の服を着ていますが、これは本当にたまたま。タキザワシゲルのオーダーのジャケットとベストですが、このジャケットの生地はなんでも、某英国プレミアリーグのチームがジャケット用に織らせたものの、何かの理由で使われなかった、というものだそうです。20150312191539


20150312191400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

キティちゃん塩瀬饅頭。

 

20150314043619


 世間的にはホワイトデー、というものですが、チョコをもらった人がチョコを返す、というのは(チョコの製造会社には申し訳ないですが)ちょっと芸がない感じも。それで、先日に松屋銀座の地下で見つけたのが、塩瀬饅頭の「キティちゃん」饅頭というもの。ご覧のようにそのまんまのキティちゃん形、です。味は塩瀬饅頭ですが、リボンの部分がちょっと硬い。室町時代初期の14世紀から35代も続く老舗饅頭屋さんとキティちゃんのコラボ、面白いですね。20150314043746

20150314043706


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

なぜか「ホテル・ニューオータニ」に。

 

20150310140711


先日、わけがあって東京・赤坂見附は紀尾井町の「ホテル・ニューオータニ」に宿泊いたしました。これは、ホテル2階にあるクリニックで「心臓ドック」を受けたからなのですが、まあこういうことでもないと、案外に都内のホテルに泊まる機会もあまりないわけで、いい経験をしました。なにせ前の東京五輪の時期から、都内のホテル御三家といえばこのニューオータニと、帝国ホテル、ホテル・オークラというわけで、特にニューオータニは、戦艦「大和」級の砲塔旋回機構を参考にした巨大な展望台付きの威容が有名で、映画「007は二度死ぬ」でも、ジェームズ・ボンドが商社員を装って乗り込んだスペクターの幹部ミスター・オオサトの会社「オオサト・ケミカル」本社として登場することで有名です。20150311102713



 最初からある本館「ザ・メイン」と、新館、タワー館が並び立つホテル内はちょっと迷宮のようで、最初はかなり道に迷いますね。そして入っているテナントの数と質の高さに驚きます。都内でもここにしかなさそうなお店が多いです。レストランも超高級店から、チェーンのコーヒー店までなんと26店もあるとか、これはすごいですね。前述のクリニックをはじめ、コンビニや本屋もあって、館内だけで小さな町として完結しています。20150310140918



 20150310143314


20150310222531


20150310222501


20150310222603


とにかく基本的に出不精の私たちなので、食事はホテルでしか出来ない「ルームサービス」をお願いしました。大きなホテルでないと、実はなかなかルームサービスというのはやってくれないので、久しぶりにとってみました。一生、こうやって引きこもっていたいですけどね・・・。部屋からは迎賓館や、富士山まで見えました。20150311103235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

ハリソン・フォードが乗っていた練習機はライアンPT22か?

Raiannpt22


米俳優のハリソン・フォードが第二次大戦中の練習機を操縦中に墜落、負傷したそうですね。写真を見ると、どうも「ライアンPT22リクルート」という陸軍航空隊の練習機のようですが、生産数は1000機ほどらしく、よくこんなマニアックな飛行機を持っていたもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

ダイエー浦安駅前店が「普通のダイエー」になって便利に。

 

20141023194347


 先日、もう2か月、いや3か月、あるいは4か月ぶりだろうか、「ダイエー浦安駅前店」に行ってみました。開業した昨年の秋、弁当と総菜と、ワインばかり置かれていて、日常生活に使うティッシュもトイレットペーパーも、生鮮食品もろくにない・・・まことに意味不明な、巨大なコンビニのようなスーパーという業態に首をかしげ、そのような趣旨のブログ記事を書きましたが、今回、久しぶりに行って、非常に「普通のダイエー」になっていました。生鮮食品や雑貨が大幅に増量していましたね。薬がないのは相変わらず残念ですが。あれなら、近い人には十分に便利なお店になったと思いますね。まあ、遠くからわざわざ人が来る、という感じはしませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »