« 自衛隊QMフェアと「酵母工業」のパン。 | トップページ | 師走の丸の内界隈 »

2014年11月28日 (金)

インターステラー

 

20141128005821


 クリストファー・ノーラン監督の話題作「インターステラー」Interstellarを見ました。原題は「星間」という意味。星の海を越えて遠い宇宙の果てに至る冒険を大きなスケールで描いています。
 それにしてもこの作品、大変に重量級のキャストの布陣ぶりです。主演にアカデミー賞俳優のマシュー・マコノヒー、ヒロインにやはりアカデミー賞のアン・ハサウェイ、共演のベテランにはこれまたオスカー受賞のマイケル・ケイン、エレン・バースティン。ほかの出演者もジェシカ・チャステイン、ケイシー・アフレック、ジョン・リスゴー・・・とオスカー・ノミネート歴のある実力派ばかり。また大事な役どころにマット・デイモンまで出ています。
 実際、本作はかなり哲学的なSF映画です。何に似ていると言えば、やはり「2001年宇宙の旅」に非常に似た持ち味があります。中盤からは宇宙船の中の密室劇で、難解な設定や、異常な極限状態を俳優の演技力でしっかり描かないと全く様にならない難しい作品だったと思います。SFといっても、派手なCGさえ使えば今やなんでも描けるわけですが、本作はそういう薄っぺらい映画ではなく、重厚です。3時間近い長尺ですが、それだけの濃さがあります。
 ◆  ◆  ◆
 かつてNASAの宇宙飛行士の訓練を受けたクーパー(マコノヒー)ですが、突然の重力異常による墜落事故で引退し、今はトウモロコシ農家となっています。妻に先立たれ、長男トムと10歳の長女マーフ(マッケンジー・フォイ)、それに父親のドナルド(リスゴー)と暮らすクーパーですが、実際は農夫としての現在の生活に疑問を抱いています。しかし、地球の環境は急速に悪化し、すべての技術開発は農業以外は放棄され、食料の生産をする農家と農業技術者のほかは無用、ということでNASAも10年前に組織として廃止されていました。
 異変はマーフの部屋で起こります。毎晩のように本棚の本が規則的に落ちるのです。幽霊の仕業か、というマーフをクーパーは一笑に付しますが、やがて、その本の落ち方は明らかに人為的なもので、重力を用いてある座標を示している暗号だと気付きます。
 その地点にたどり着いたクーパーは、解散したはずのNASAが秘密裏に活動を再開していることを知ります。熟練の飛行士を探していたブランド教授(ケイン)は、人類を救うべく外宇宙に宇宙船を派遣する計画があることをクーパーに告げ、パイロットとして協力するように要請します。40年以上前に、土星周辺で重力異常が起き、外宇宙につながっているらしいワームホールが発見されていたのです。すでに10年以上前から、勇敢な12人の志願者がワームホールを抜けて探査の旅に出かけていました。そして、マン博士(デイモン)ら3人の到着した惑星から、人類の移住に有望という信号が届いていたのです。
 人類の未来をかけて地球を離れる決意をするクーパーですが、マーフは自分を見捨てていく父親を理解できません。クーパーは「必ず帰ってくる」と約束します。しかし、いったい何年かかるのか、誰にも分からないことなのでした。
 クーパーは、ブランド教授の娘アメリア(ハサウェイ)らと宇宙船エンデュアランス号で飛び立ち、まずは土星までの数年の旅を経験します。さらにその先、どこか異なる銀河系に向かうクーパーたちには過酷な運命が待ち受けています。
 一方、地球に残されたマーフはブランド教授を補佐する科学者の道を選びます。宇宙空間の異なる時間を生きるクーパーにとっても残酷なことに、地球の時間はどんどん早く経過し、とうとうマーフ(チャステイン)は父親クーパーが地球を出て行った年齢を超えてしまいます。
 親娘は本当に再会することができるのでしょうか? そして人類の運命は・・・。
 ◆  ◆  ◆
 ということで、先にも書きましたがS・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」の現代版という感じもする本作。土星の重力異常を感知して探索の旅に出る、という基本の部分がよく似ています。あちらではコンピューターが乗組員を裏切るのですが、今作でも人工知能搭載のロボットが大活躍します。その描き方がどう違うのかは一つの見ものです。また、この計画にはクーパーも、責任者ブランド教授の娘アメリアさえも知らされていない秘密があるわけです。そういう何か後ろめたいものがある、という設定も「2001年」に似ているかもしれません(その後ろめたさゆえに、2001年のコンピューターHALは発狂してしまうわけでした)。
 マシュー・マコノヒーは「マジック・マイク」あたりから急激に演技派という呼び声が高まりアカデミー俳優にまでなりました。今回もこの人でなければ成り立たない作品だったのではないかと思います。アン・ハサウェイをはじめ共演者も、冒頭に書きましたが実は演技力が勝負の重厚な作品ですので、すごく難しかったのではないかと思います。実際、一人でも足を引っ張るようなキャストがいたらダメな作品かもしれません。
 最後にどうなるか、はもうここでは決して明かせません。とにかく最後まで見応えのある作品でした。クリストファー・ノーラン恐るべし、です。
 

|

« 自衛隊QMフェアと「酵母工業」のパン。 | トップページ | 師走の丸の内界隈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/60724451

この記事へのトラックバック一覧です: インターステラー:

» 映画「インターステラー」時の経過って何だろう?と考えてしまう [soramove]
映画「インターステラー」★★★★☆ マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、 ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウィン、 エレン・バースティン出演 クリストファー・ノーラン 監督、 169分 2014年11月22日公開 2014,日本,松竹 (原題/原作:INTERSTELLAR) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「近未来、地球規... [続きを読む]

受信: 2014年12月13日 (土) 15時31分

« 自衛隊QMフェアと「酵母工業」のパン。 | トップページ | 師走の丸の内界隈 »