« 「飛行機展」(大西將美先生ほか)開催中(銀座)。 | トップページ | 猿の惑星 新世紀(ライジング) »

2014年9月25日 (木)

CHERVOのヘッドカバーほか。

 

20140925065356


 MENS CLUBの11月号を見ていて、あッ、と思いました。ゴルフファッションを紹介するページにて「ヘッドカバー14選」ということで、シカの頭の形をしたゴルフクラブのヘッドカバーを取り上げていたのです。なんと、これはつい最近、私も手に入れていたのですよね。もちろんこの雑誌を見る前に、です。私の近所では日本橋高島屋のゴルフ売場にあるCHERVOの店頭で、私と妻とで見ていて「う、かわいい・・・」ということで、その日は買わなかったのですが、翌日に考え直して購入しました。20140925065504



 20140925065238


 本当に、最近のゴルフ用品は面白いですね。ゴルフをあまり最近ではやらない私も、ゴルフ用品売り場には結構、行くのです。
 20140925065603


 そういえば。LEOMの11月号にあった「楽力向上委員会」というコラムの一節が気に入りましたです。
 「群れる、とは自身の自由行動を差し出すことだ。誰かが作ったルールに倣って、横並びの一体感と受動的快楽に満足することだ。だから、ルールを突き付けられた群衆は、黙ってそれに従うか、居場所を求めて彷徨うしか選択肢はない(中略)自分の意思で自由に生きるオヤジは、だから群れない。群衆の中に埋もれようと欲しない。自己実現のために群れから外れ、新しい場を作ることに努力する」
 おそらく、群れの中に生きたがるのが凡人、群れから外れ彷徨うのが変人、自分は群れの外にいて、群れたがる人々を統率するのが独裁者、なのでしょう。
 私は昔から、4人以上で歩くのが嫌いです。自分でもしないし、他人の群れも4人以上集まっているものは嫌悪します。なんとはなしの同調圧力が我慢できないのです。だからパーティーや会合も好きではありません。しかし一方、隊伍を組んだ軍隊のパレードは「群れ」ではありません。あれは100人いても1000人いても、事実上、一人なのです。指揮官を頭脳とした一人格なのですね。
 私は本当に「群れ」というのが嫌いです。病的に嫌いです。おそらく私は、危険人物なのでしょう。

|

« 「飛行機展」(大西將美先生ほか)開催中(銀座)。 | トップページ | 猿の惑星 新世紀(ライジング) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/60371327

この記事へのトラックバック一覧です: CHERVOのヘッドカバーほか。:

« 「飛行機展」(大西將美先生ほか)開催中(銀座)。 | トップページ | 猿の惑星 新世紀(ライジング) »