« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

キックアス/ジャスティス・フォーエバー

「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」を見ました。あのクロエ・グレース・モレッツの出世作となった「キック・アス」から4年、待望の新作ですが、原題はKick-Ass 2と至ってシンプルです。前作ほどの強烈なハチャメチャ感は薄れていますが、凄惨なバイオレンスとずっこけコメディーの奇妙な混交ぶりは相変わらず。前作の監督マシュー・ヴォーンは製作に回り、新人のジェフ・ワドロウが脚本と監督を担います。
 20140227003412 作品の中の世界もあれから数年。前作で父のビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)を失ったミンディ(モレッツ)も高校生となりますが、相変わらず父親代わりの警察幹部マーカス(モリス・チェスナット)の目を盗んでは、最強のヒロイン「ヒット・ガール」となって街の無法者を退治する自警団活動に精を出しています。一方、かつて世間の「正義の味方」ブームの火付け役となった「キック・アス」ことデイヴ(アーロン・テイラー・ジョンソン)は活動を引退し、退屈な日常にうんざりしています。そこで、デイヴはミンディに持ちかけてコンビでの活動を提案。しかしそんな中、ミンディは彼女の自警団活動を気付いたマーカスから、ヒット・ガールとしての活動をやめるように固く言い渡されてしまいます。ミンディは「普通の女子高生」になることにしますが、「クイン・ビー=女王蜂」(アメリカの高校特有の学園の女王様)であるブルック(クローディア・リー)から目をつけられ、いびりぬかれることに・・・。
 一方、ミンディとのコンビを組めないことに落胆したデイヴはネットで知り合ったヒーロー仲間のドクター・グラヴィティ(ドナルド・フェイソン)を通じて新しい正義の世直しヒーロー集団に加入。ヒーロー軍団の合言葉は「正義よ永遠なれ!」。リーダーはスターズ&ストライプス大佐(ジム・キャリー)というカリスマ的な人物です。
 キック・アスが新しいヒーロー軍団と活動を再開したことを知って、かつてキック・アスに父親のギャング組織ボス、フランコ(マーク・ストロング)を殺害されたことを根に持っているかつての「レッド・ミスト」ことクリス(クリストファー・ミンツ・プラッセ)は、思いがけなく母親が死んだのをいいことに、莫大な遺産を手にして、悪の軍団を組織し、自らを悪のヒーロー「マザー・ファッカー」と自称するようになります。その配下には旧KGBの女殺し屋マザー・ロシア(オルガ・キュルクリナ)など凄腕の悪人が集結。キック・アスとその仲間に対して宣戦布告します。
 悪の軍団はキック・アスの仲間たちを襲撃。覆面をした正義と悪の集団が夜の街で殺し合いを繰り返す事態に、マーカスたち警察幹部は業を煮やし、マスクをした者は正義でも悪でもすべて逮捕する、という強硬手段に。デイヴの家にも警察が来ますが、父親のリゼウスキ(ギャレット・M・ブラウン)は息子をかばって逮捕されてしまいます。留置所にマザー・ファッカーの部下が現れ、リゼウスキを襲います。キック・アスの怒りは爆発、ミンディも加わり、ついに正義のヒーローたちと悪の軍団の決戦に・・・。
 というような展開でして、面白いことに、ニコラス・ケイジとマーク・ストロングがやたらににっこり笑った遺影として「出演」しています。そもそもクロエ・モレッツのための作品、という感じの本シリーズ、彼女の魅力は今作でも全開です。近作の「キャリー」そっくりの展開があって、クラスの女王様にいじめられるわけですが、そこがキャリーとミンディの違い、超能力に頼ることなくいじめっ子たちに逆襲していくところが興味深いです。一方、アーロン・ジョンソンは私生活では結婚して子供までいるので、そろそろ冴えないアメリカの高校生、という役柄はきついかもしれません。うまくやっていますが。でも、今やカッコよすぎますね。
 ニコラスに代わる大物としてジム・キャリーが登場。しかし案外、出番は少ないのですね。
 悪の軍団の面々も個性的ですが、とりわけ目を引くのが、今作でヒット・ガールの最大の敵となるロシアの女殺人マシーン、マザー・ロシア。演じるオルガ・キュルクリナは1971年生まれのロシア系イスラエル人で、高跳びとボディビルの選手だとか。ものすごい存在感です。今後も映画界で活躍してくれるかもしれません。それから、サブキャラながらミンディをいじめるブルック役のクローディア・リー。女優としては長編映画初出演だそうですが、劇中で見せたダンスや体当たり演技はなかなかの見もの。憎まれ役というのもなかなか難しいものですが、シンガー・ソングライターとしても有望な17歳だそうで、これからの成長に期待できそうです。
 映画は最後、エンド・クレジットの後の追加シーンで、なんとなく「キック・アス3」を作っても良さそうな雰囲気を匂わせて終わりますが、さてどうなりますか。できれば大人になったミンディとデイヴによる3作目を見てみたいシリーズですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月16日 (日)

羽生結弦選手とG・ムーア「パリの散歩道」

 

20140216060903


 ここに来てようやくソチ五輪もメダルがそろってきました。今回は今のところ、男性選手が頑張っているような。なんといっても男子フィギュアスケート・羽生結弦選手の快挙が光っていますが、それで改めて注目されているのが、彼が演技のBGMに使用している「パリの散歩道PARISIENNE WALKWAYS」という曲。これ、知る人ぞ知る英国のロック・ギタリスト、ゲイリー・ムーアの代表作です。彼の旧友でやはり70~80年代に絶大な人気を誇ったロック・バンド「シン・リジィ」のリーダー、フィル・ライノットと共作した1978年のヒット曲でして、原曲はゲイリー初のソロ・アルバム「バック・オン・ザ・ストリーツ」に収録されています。しかし羽生選手の使用しているのは、有名なマーキークラブでのライヴ・バージョンのようですね。ゲイリー自身、この曲をいたく気に入っていて、ライブでのアンコールナンバーは決まって「パリの散歩道」でした。ゲイリーのファンである私は、自分の結婚式に妻のピアノ伴奏で、この曲を演奏したぐらいですから、よく知っていますが、初めて聞いた若い世代などには新鮮だったのではないでしょうか。人によっては、郷ひろみさんのカバーで知っているかもしれないし、また最近で言うと、NHKの番組「サラリーマンNEO」に登場した「セクスィー部長」のテーマ曲、ということで知っていた人もいるかもしれません。なぜ羽生選手が、彼からすれば随分、昔の曲を使うことになったのか、私は存じませんが、人間国宝級のエモーショナルで官能的なギター、と評されたゲイリー・ムーアの演奏が、羽生選手の演技を大いにもり立てていたのも間違いないと思います。
 そのゲイリー・ムーアは大震災のちょっと前、2011年の2月に亡くなりました。ちょうど亡くなってから3年、というタイミングで、彼の曲がこういう形で注目されるのは、昔からのファンの一人として嬉しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみ鉄板!おしゃれ道」第20回「ロシア・ファッション」

20140215180201 きょう2月15日発売「日刊ゲンダイ」のp29(カラー)に私、辻元よしふみの連載「鉄板! おしゃれ道」第20回が掲載されました。今回は「注目のロシア流を取り入れたいが・・・」です。本連載は隔週土曜日掲載で、次回は3月1日(土)発売号の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

銀世界。

20140208091512


 午前9時過ぎ、千葉県浦安市も銀世界です。朝起きてびっくりした方も多いのではないでしょうか。今日はまだまだ降りそうですが、私はこの後、出社です・・・大変だ。20140208091304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

マイティ・ソー ダーク・ワールド

 「マイティ・ソー ダーク・ワールド THOR THE DARK WORLD」という映画を見てきました。2011年の「マイティ・ソー」および12年の「アベンジャーズ」の続編となる作品。そして、お話は来年に公開予定のアベンジャーズ続編にもつながっていく予定です。20140207073355



 北欧神話の英雄神ソー(トール)を演じて3度目となるクリス・ヘムズワースもすっかり板についてきましたが、相変わらずどこかお人よしのキャラはそのまま。そして、このシリーズで人気者となったロキ役のトム・ヒドルストンは大活躍。こちらも、敵なんだか味方なんだか分からない食えないキャラクターぶりが最後まで目を離せません。また、アベンジャーズの戦いの間、ノルウェーにいてソーに会えなかった、という設定のジェーン役はナタリー・ポートマン。1作目ではひたすら得体のしれない異星人にふりまわされる、という役柄でしたが、今作ではストーリーのカギを握る大活躍をします。また、これまでの出演陣もみな総結集。父親オーディン役のアンソニー・ホプキンス、母親フリッガ役のレネ・ルッソ、1作目の出演で知名度を上げたヘイムダル役のイドリス・エルバ、アベンジャーズでロキに乗り移られてからちょっとおかしなキャラになってしまったエリック博士役のステラン・ステルスガルド、1作目ではチョイ役だった助手ダーシー役のカット・デニングス(この人、すごく綺麗になりましたね、ひょっとすると、これを機にぐっと出てくるかも)・・・いずれも今までよりもフィーチャーされています。一方で、そのあたりの人物の人間ドラマを重視したので、ソーの戦友たちで、1作目では大活躍したヴォルスタッグ(レイ・スティーブンソン)、ファンドラル(サッカリー・レヴィ)、ホーガン(浅野忠信)の出番は少ないです。浅野さんなんか、序盤にちょっと、最後にちょっと、と2回ほど顔出しするだけ、になっていて残念。ただし、ソーに片思いしている美女シフ(ジェイミー・アレクサンダー)はちゃんと活躍していますが・・・ソーもなんですね、美女2人に囲まれていて、モテモテなわけですね。シフちゃんがちょっとかわいそうな感じになっていますが・・・。
 どんなお話かといえば、アスガルド人が九つの世界を支配するようになる以前に、世界を支配してた闇の軍団ダーク・エルフの長マレキス(クリストファー・エクルストン)が長い眠りから復活し、惑星直列の機会を狙って、闇のエネルギー「エーテル」を開放し、世界を再び闇に閉ざそうと画策します。問題のエーテルはかつて、オーディンの父ボーが地球に隠したのですが、偶然、それを科学者であるジェーンが発見してしまい、彼女は体内にエーテルのパワーを取り込んでしまいます。地球のジェーンに異変が起こったことを知ったソーは彼女を救出し、アスガルドの宮殿に連れ帰りますが、そこをマレキスの軍団が奇襲、多くの犠牲者が出ます。オーディンは徹底抗戦を決意しますが、ソーはマレキスにジェーンの体内からエーテルを取り出させ、その機を狙って攻撃するプランを立てます。そして、地下牢に幽閉されている反逆者の弟、ロキに協力するよう申し出ます。さて、ソーの計画はうまくいくのでしょうか。ロキは本当に味方なのか、やはり裏切るのか・・・そんな展開でございます。
 前作までで安定した世界観ができているので、安心して見ていられる作品。そして、結構コミカルな部分も多いのが目につきます。監督はテレビシリーズ「ローマ」で知られるアラン・テイラー。ダークエルフという新たな敵の設定は、ちょっと取ってつけな御都合的なものも感じるのも事実ですが、脚本は十分に練れていて、今回は単純なアクション映画ではなく、なかなか見応えある人間ドラマになっていますよ。シリーズものですが、本作一本だけ見ても十分に面白くみられるようになっているのは、さすがの配慮ぶりを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみ鉄板!おしゃれ道」第19回「防寒着」

20140201185958 きょう2月1日発売「日刊ゲンダイ」のp29(カラー)に私、辻元よしふみの連載「鉄板! おしゃれ道」第19回が掲載されました。今回は「本当に暖かい防寒着は?」です。本連載は隔週土曜日掲載で、次回は2月15日(土)発売号の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »