« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

「あ々江田島 海軍兵学校物語」

 日本映画専門チャンネルという局がありまして、そこで1959年の大映作品「あ々江田島(えたじま) 海軍兵学校物語」というものを見てしまいました。冒頭、海軍兵学校の生徒たちの亡霊が次々と純白の二種軍装で現れる幻想的なシーンが印象的で、そのまま見ちゃいましたね。20140130183726



 なんといっても前半部、兵学校の日常を描く部分が秀逸でして、三号生徒の入校式とか一号生徒の卒業式、あとは後半にある主要人物が戦死してしまって葬式のシーンがあります。それはもう戦後14年しかたっていない時期の製作なので、よく描かれています。
 冒頭部に近い入校式で演説している校長の将官が出てきますが、昭和17年末というと井上成美中将ということになるんでしょうか。
 それで、新入生を前に上級生が気合を入れる「自己紹介」のシーン。海軍兵学校には自治的な組織がいろいろあって「係」と称していたんですが、一号生徒(3年生)が正式な●●係、二号(2年生)が●●係補佐、三号(新入生)が●●係付き、となる次第。普通の学校にもありそうな「図書係」とか、軍の学校らしい「小銃係」というのはすぐに分かります。で、映画の中ではある一号生徒が「軍歌係、弥山(みせん)係、ヤギ・アキラ」と名乗ると、新入生が「ミセン係とは、どういうお仕事をなさっているのですか?」と聞く場面があります。で、弥山係というのは、年に1回、兵学校生徒が安芸の宮島の弥山に駆け足で登山する訓練を担当する係だ、と説明を受けるんです。
 しかし、私はその弥山係もよく分からないけれど、むしろ最初に分隊伍長(学級委員長、首席の人)が名乗った「第203(ふた・まる・さん)分隊伍長、シュホ・ヨウコウカン・ガカリ、サタ・ケイイチロウ」という方がよほど一般的には分からないように感じました。漢字で書くと「酒保・養浩館係」となります。酒保は要するに売店のこと、養浩館というのは兵学校の社交クラブ・娯楽室のこと。よって、売店・娯楽室担当ということですね。このほか、映画では出てこないのですが「被服・月渡品係」なんてものもありました。ヒフクはいいとして、後の方をゲットヒンと読める人はすでに普通の人ではないのでは? これは月々に支給される生活用品、官給品の係をさします。
 卒業式で、軍楽隊が演奏する中、見事にクラスヘッド(学年首席)となったサタ伍長が「御下賜品拝受者(ごかしひん・はいじゅしゃ」として、天皇陛下から賜る短剣を受け取るシーンなど、本当に見応えがありました。
 後半ちょっととってつけ、な感もありますが、資料価値的にも興味深い映画ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

伊太利屋さんのヒョウとトラのぬいぐるみ。

 なんかあっという間に今年も1か月が終わろうとしています。いま、進行中のプロジェクトがあるので、内心ではけっこう焦っていたりします。おまけにこのところ、ちょっと内外にゴタゴタがありまして、いろいろと。ストレス多いです。
 まあそんな心境を和らげようと(?)、通りすがりの日比谷・帝国ホテル地下アーケードに入っている婦人服店・伊太利屋http://www.italiya.com/さんの店頭で、大変、よくできたホワイトタイガーとユキヒョウのぬいぐるみを発見。なんでも聞きますと、婦人服のかたわらで作ってみたぬいぐるみなのに大人気で、入荷する横から売れてしまう大ヒット商品なのだそうです。懐中時計がセットされていて、ぬいぐるみの首から提げられます。20140125061353_2
 当然、うちの玲子さんがほっておくはずもなく、2匹を購入致しまして、我が家になかよく鎮座しております。さすがに高級アパレルの手掛けたもの、生地の選び方、縫製・仕上げも素晴らしいように見受けますね。
 伊太利屋さんはガレーヂ伊太利屋として高級輸入車販売でも有名だそうで、いろいろなことをされている会社なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

深夜2時頃、浦安市でも雪が。

 

20140122015539


 雪の予報が出ていましたが、深夜の午前2時頃、千葉県浦安市でも一時的にかなり激しく雪が舞い散りました。すぐにやんでしまったようですが。今年はなかなか寒いですね。20140122015636

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

世界で最も素晴らしいブルボン王朝。

 51dlqj86hsl__aa300_ 先日の報道で、サントリーが米バーボン酒造大手のジムビーム社を合併する、とのニュースが流れました。それで、日本ではそんなに誰しもが知っていたわけではない同社の名前もかなり知れ渡ったのですが、この会社のコピー'world's finest bourbon' 「世界で一番素晴らしいバーボン」というのも目に付くようになりました。しかし、英語で見るとバーボンというのはつまり、「ブルボン」なんだな、と気がつくわけです。これは、ケンタッキー州バーボンで醸造が始まった酒のことですが、この地名というのは、そもそもアメリカ独立戦争でアメリカ植民地側を支援してくれたフランス、ルイ16世のブルボン王家にちなんだもの。よって、ブルボン酒という名前なんですね。アメリカにはほかにも、「ルイ王の土地」ルイジアナの「新オルレアン」ことニューオリンズに、メイン州にあったフランス領アルケディア植民地の名にちなむケイジャンの人々がいて、今でもフランス語を守っていたりします。アメリカという国もそれなりに17世紀ぐらいからの歴史はいろいろあって、面白い物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみ鉄板!おしゃれ道」第18回「手袋」

20140118190152 きょう1月18日発売「日刊ゲンダイ」のp12(カラー)に私、辻元よしふみの連載「鉄板! おしゃれ道」第18回が掲載されました。今回は「サラリーマンにふさわしい手袋は?」です。本連載は隔週土曜日掲載で、次回は2月1日(土)発売号の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

日刊ゲンダイ(1月15日付)本田選手の記事に私、辻元のコメントが載りました。

20140114181839 きょう1月14日発売「日刊ゲンダイ」のp5(白黒)にあります「ACミラン本田圭佑のファッションセンスがイタリアでえらいことになっている」に私、辻元よしふみがコメントを寄せております。ご覧頂けましたら幸甚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

日本橋三越の長崎展で「五島灘丼」を食しました。

 20140113155853 成人の日ですね。晴れ着姿の方をちらほら見かけました。私は今日は東京メトロ東西線の日本橋駅で降りて、日本橋三越で開催中の長崎展を見てきました。イートインで五島灘丼というのを食してみました。1781円です。3連休ということでかなり盛況でした。本展は明日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

あの「チェリャビンスク隕石」が我が家に!

 

20140109175651


 このほど、新浦安ダイエー2階の天然石専門店「クリスタルワールド新浦安店」さんでこんなものを発見! 昨年の2月にロシアのチェリャビンスク郊外に飛来して世界を騒然とさせた「チェリャビンスク隕石」です。一部では、この隕石は地球文明に対する攻撃で、それを友好的なエイリアンの宇宙船が破壊して地球を守ってくれたのではないか、などというお話まで飛び出している謎の隕石であります。そこらのトンデモ系の話題はともかく、あの恐竜が隕石の衝突で絶滅した、というのは本当だったんだ、また20世紀初めのツングースカ隕石というのもこういう感じだったのか、と人々がしみじみ再認識した驚異の現象でした。
 それで、前からこの隕石の小片が少しずつ出回っていて、我が家でも妻の玲子さんが前から欲しがっていたのですが、灯台もと暗し、御近所で売っていたのですね。
 ということで、宇宙からやってきた最強のパワーストーン、我が家に鎮座することになりました。宇宙のかなたから飛来して、さらにロシアの地から我が家まで来てくれたこの石、その御縁に不思議な感じがいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみ鉄板!おしゃれ道」第17回・高級靴

20140104174748 きょう1月4日発売「日刊ゲンダイ」のp5(白黒)に私、辻元よしふみの連載「鉄板! おしゃれ道」第17回が掲載されました。今回は「スーツと靴、どちらにお金をかけるべき?」です。本連載は隔週土曜日掲載で、次回は1月18日(土)発売号の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年、あけましておめでとうございます。

 

20140101003105


 あけましておめでとうございます。今、元日の午前2時すぎですが、近くの神社にお参りしてきました。どうぞ皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。7時10分過ぎには、千葉県浦安市でも初日の出も見られました。

20140101071204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »