« コボちゃん「11111回」。 | トップページ | ボタンダウンシャツと胸ポケット »

2013年8月 1日 (木)

浦安市に「下妻ファーム」ができたのを知って驚く。

 8月となりました。ところで昨日、所用があってJR新浦安駅前のショッピングモール「ショッパーズプラザ」に行きましたところ、はて、不思議な名前が・・・。「下妻ファーム」という看板を掲げたお店ができていたのです。「しもつま・ふぁーむ?」見ると、下妻産の野菜などを販売しており、横のラックには確かに茨城県下妻市の観光案内があります。「しもつま、というのは茨城県の下妻ですか?」と質問しているお客さんもいました。
 なんでも7月29日に、このアンテナショップは開業しているようです。何を隠そう、私は茨城県立下妻第一高校、という学校を卒業しております。しかし、ここ浦安で下妻のお店に出会うことなど予想もしておりませんでした。
 聞けば、昨年の春に浦安市と下妻市は災害時相互支援協定を結んでいたそうです。じつは私、知りませんでした。多くの市民も知らないのではないでしょうか。一般的には、今から10年ほど前に嶽本野ばらさんの小説「下妻物語」と、同名映画(土屋アンナさん、深田恭子さんら出演)がヒットしたこと、それから茨城県代表で下妻第二高校が甲子園に出場したこと、で少しは知られるようになった市名かと思いますが、とはいえ茨城県外の人にとっては、あまり用事のある町とも思えず、私自身も、教育実習で行ってから後、一度だけ通りがかっただけで、それからでもかれこれ20年は訪れていないと思います。
 これも御縁というものですかね。いつか、もう一度、行ってみるかな、などと思いました。20130731203708

|

« コボちゃん「11111回」。 | トップページ | ボタンダウンシャツと胸ポケット »

コメント

下妻ファームを運営しているものです。心温まるコメントをありがとうございます。下妻市の発展のため、浦安市の発展のために頑張りますので、引き続き、よろしくお願いします。

投稿: 下妻ファーム | 2014年6月 6日 (金) 11時16分

下妻ファーム様
 こちらこそ、コメントを賜りまして本当にありがとうございます。なんといっても野菜の質が高くて、新浦安に行くと下妻ファームのお店に立ち寄っております。本文に書きましたように私は、生まれは岐阜県で各地を転々としたのですが、高校時代は茨城県岩井市(現・板東市)に住んでおり、20キロの距離を下妻一高まで通っておりました。しかも高校3年になってまた父親の仕事の関係で千葉県野田市に転居。それで卒業までの半年間は、野田市から柏を経て関東鉄道の気動車で下妻まで・・・片道3時間半もかかる、ということになりました。本当に下妻というと、遠かったな、という記憶が第一に浮かびます。次に浮かぶのが水海道一高との定期戦の思いでですね(私、1983年度の下妻一高の応援団長でありました)。本当に懐かしいです。ぜひ今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 辻元よしふみ | 2014年6月 6日 (金) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/57903715

この記事へのトラックバック一覧です: 浦安市に「下妻ファーム」ができたのを知って驚く。:

« コボちゃん「11111回」。 | トップページ | ボタンダウンシャツと胸ポケット »