« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」38回・洋傘の歴史 | トップページ | 柳下望都さんのフルハンドメイド・スーツ »

2012年10月11日 (木)

神田神保町の東京堂書店で「粋美挿画展2012」今月22日より。

 さて、まずはひとつお知らせです。10月22日(月)から11月18日(日)まで、4週間にわたりまして日本出版美術家連盟のイベントが開催されます。本の世界を彩ってきた挿絵画家たちの原画展 粋美挿画展2012」http://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=3422という展覧会です。これは昨年、大好評だった粋美挿画展の第二弾で、書籍の表紙や挿絵などを飾ってきた絵の原画の展示会です。20121011082350
 本展は四つのカテゴリーに分けて開催されます。10月22日(月)~28日(日)は「カー&トレインの世界」として、自動車や蒸気機関車などの絵を特集。29日(月)~11月4日(日)は「ミリタリー・アートの世界」と題し、戦車や戦闘機、軍艦、そして軍人のイラストが集結します。11月5日(月)~11日(日)は「ミステリー&サスペンスの世界」で、推理小説や探偵小説を彩ったイラストが一堂に会します。そして最後、11月12日(月)~18日(日)は「時代小説の世界」。新撰組や戦国武将を描いたイラストが多数、展示されます。
 出展するのは、あの世界の名匠・長岡秀星先生、空山基先生、またプラモデルの箱絵で著名な高荷義之先生、大西將美先生や上田信先生、水野行雄先生の作品、それに小松崎茂先生、梶田達二先生、堂昌一先生ら亡くなった巨匠たちの作品も多数、展示。その他、現在活躍中の35人の画家の作品が集まります。
 我が家の辻元玲子さんも、「ミリタリー・アートの世界」と「時代小説の世界」で合計6点を出品し、時間により会場の受付に在席する予定です。
 会場は、〒101-0051千代田区神田神保町1-17、東京堂書店神田神保町店6階の「東京堂ホール」にて、入場無料です。関連グッズや書籍、さらに一部、原画の即売もされる予定です。時間は10:00~20:00(各ステージ初日となる月曜のみ11:30~)。℡03-3291-5181。
10月27日~11月3日には、東京堂書店を含む神田周辺で、毎年恒例となっております第53回神田古本市http://www.enjoytokyo.jp/shopping/event/668310/も開催されます。どうぞ東京堂書店においでになって、この展覧会もご覧下さい。
 ◆   ◆   ◆
 というわけで、上のような展覧会に絵を出すので、今日はあわてて近所の画材屋さんに額装をお願いしてきました。展覧会に出すというと、絵をきれいに額縁に入れないといけないわけで、それはそれで大変です。20121011184113
 ついでに新浦安駅前に行きましたら、街はハロウィーン一色。最近はすっかり日本でも定着してきました。で、私が着ているグリーンのニットは、玲子さんの先輩のイラストレーター、麻利邑みみ先生に編んでいただいた手作りです。すばらしい発色で、仕上がりも、そのへんのブランド品に負けていません。玲子さんも前に作っていただきましたが、いや本当、ここまでくるとプロです。麻利邑先生ありがとうございました。

|

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」38回・洋傘の歴史 | トップページ | 柳下望都さんのフルハンドメイド・スーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/55868221

この記事へのトラックバック一覧です: 神田神保町の東京堂書店で「粋美挿画展2012」今月22日より。:

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」38回・洋傘の歴史 | トップページ | 柳下望都さんのフルハンドメイド・スーツ »