« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」37回・浴衣の歴史 | トップページ | 『図説 軍服の歴史5000年』重版出来。2刷が出来ました。 »

2012年9月21日 (金)

「梶田達二 追悼展」稲城市で開催中

20120921201825  東京都稲城市の京王よみうりランド駅にほど近い「森の中のギャラリー コンティーナ」にて、「不世出の万能画家 梶田達二 追悼展」が開催されております。早いもので、梶田先生が亡くなられてまもなく1年になります(2011年10月8日没)。ということで、先生の個展を何度も開いてきたこちらの画廊も、追悼展として、この個展を企画したとのことです。
 本当にたくさんの油絵作品・・・特に海王丸や日本丸、歴史上の帆船などの海洋画に、2式戦闘機「鍾馗」や百式重爆「呑龍」、3式戦闘機「飛燕」などの雄姿、蒸気機関車、さらに動物画、プラモデルの箱絵など盛りだくさんの内容で、先生の50年を超える画業の概観が一覧できる素晴らしい内容です。
 特に絶筆となった描きかけの作品、本当に心を打たれました。
 その絶筆など一部の貴重品を除き、展示作品は販売もされています。これを機会に梶田先生の生の御作品に触れてみたい、という方はぜひご覧下さい。
 私ども夫婦が訪れた際は、奥様もいらっしゃって出迎えて下さいました。感激いたしました。
 本展は9月24日(月)まで、午前10時~午後6時半。東京都稲城市矢野口3206の「森の中のギャラリー コンティーナ」http://www.g-conte.com/(☎042・379・4456)で開催。京王線の京王よみうりランド駅からタクシーならワンメーターで、歩いても10分ほどで行けます。小田急線のよみうりランド前駅からはバスで「ランド坂下」停留所へ。

|

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」37回・浴衣の歴史 | トップページ | 『図説 軍服の歴史5000年』重版出来。2刷が出来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/55712084

この記事へのトラックバック一覧です: 「梶田達二 追悼展」稲城市で開催中:

» −不世出の万能画家− 梶田達二追悼展を見に行った 2012年9月22日 土曜日 [リターンプラモデリング]
先週、弥生美術館でもらったはがきにある、稲城市の「森の中のギャラリーコンティーナ」に「−不世出の万能画家− 梶田達二追悼展」を見に行った 会期 2012年9月15日(土)〜年9月24日(月) こういうとこには行ったことがないので、見に行くかどうか迷いましたが見に...... [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 02時31分

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」37回・浴衣の歴史 | トップページ | 『図説 軍服の歴史5000年』重版出来。2刷が出来ました。 »