« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

プロメテウス

 20120830033931 映画「プロメテウス」を見ました。一言でいえば、「2001年宇宙の旅」+「エイリアン」という感じの一作ですね。だから重厚で、残虐です。当節の映画としてはそんなに長尺ではないですが、見終わると結構、疲労している・・・そんな作品かと。映像的には本当に素晴らしい。ここ何年かの映画でも最高じゃないでしょうか。
 監督は「ブレードランナー」や「エイリアン」などSFの名作と、「グラディエーター」「キングダム・オブ・ヘヴン」など史劇で知られるリドリー・スコット。ところで最近、弟のトニー・スコット監督(「トップガン」など)が自殺しましたが、何があったのでしょうか。それはともかく、久々のSF作品ということでして、パンフレットにあるご本人の弁によれば、なかなか作品にするにふさわしいテーマが見つからなかった、のだとか。
 それだけ本作は、久々に手ごたえを感じたテーマだった、というわけですね。その柱となるのは「人類発祥の起源はなにか」というもの。
 映画の冒頭はいきなり謎めいています。原始の地球らしい惑星。大河のほとりに一人の異星人らしき人物が立ちます。彼はおもむろに謎の壺のようなものを取り出し、黒くうごめく物質を飲み込みます。すると彼の肉体は崩壊し始める。彼は身もだえしながら河に身を投じます。彼の身体は分解し、遺伝子情報が残る・・・それはおそらく人類の遺伝子となるのでしょう。
 それから数万年の後。舞台は今日から80年ほど後の2089年。スコットランドのスカイ島の古代遺跡で、考古学者のエリザベス・ショウ博士は新たに壁画を発見します。3万5000年も前の壁画にははっきりと、巨人の姿と、それが指し示す星の図が見られました。同じ図柄は世界中の古代遺跡から見つかっており、彼女と、恋人で相棒のチャーリ・ホロウェイ博士は、これらの図は、人類を創造した異星人がやってきた星を示していると考えます。
 そして3年後の2093年。大富豪ピーター・ウェイランドの建造した宇宙船プロメテウス号は、地球から35光年の彼方、遺跡に描かれていた未知の惑星に到達します。ショウ、ホロウェイを中心にした探査隊は、「人類の創造主」に出会うためにやってきたのです。
 しかし一行の中には不穏な雰囲気もあります。一行の監督官でありウェイランド社の幹部であるメレディス・ヴィッカーズは威圧的で、なにか裏がありそうな感じ。また、一行の世話役として参加しているロボットのデビッドも、何者かからの密命を受けているようで、どこかおかしな挙動を見せます。
 そんな中、一行は異星人が築いたらしいピラミッドを発見。さらに異星人の遺体と、巨大な人間そっくりの頭部の石像、そして、謎の黒い壺のような物体がおびただしく並んでいる様を見ます。異星人の遺体から取り出したDNAは人類のものと一致し、彼らが人類の先祖に当たることが判明。そのころ、突然襲来した嵐のため、プロメテウス号に戻れず遺跡に取り残された二人は、謎の生命体と遭遇します。このモンスターに襲われ、連絡を絶つ二人。一方このとき、密かに黒い壺を船に持ち帰ったデビッドは、不可解な行動を取り始めます。さて、異星人と人類とのかかわりの謎は解けるのか、そして黒い壺の正体は、現れたモンスターは一体、なんなのか?
 ・・・というようなことで、前半は2001年宇宙の旅のような未知の世界への探索、後半は二転三転して凄惨なアクションシーンの連なるエイリアン風になります。
 ウェイランド社というのは、エイリアン・シリーズに出てくるウェイランド・ユタニ・コーポレーションの前身だそうです。よって、この作品世界は結局、エイリアンの世界につながっていく設定ということになります。
 謎めいた人造人間、デビッドがなんといっても興味深い。2001年宇宙の旅で人間に反乱をおこすコンピューターHALを想起させる部分、またブレードランナーに出てくるレプリカントや、エイリアンに出てくるアンドロイドも思い出させます。演じるのは近年、注目株のマイケル・ファスベンダーですが、役作りには苦労したようです。このデビッドが、往年の名作映画「アラビアのロレンス」が好きという設定で、ロレンス役のピーター・オトゥールの髪形を真似しているのですが、それがすごく似ています、オトゥールに。面白い設定です。
 それから、こちらも何を考えているのか分からない正体不明の謎めいた美女、メレディス・ヴィッカーズを演じたシャーリーズ・セロン。素晴らしい存在感で映画を引き締めています。
 ヒロインのショウ博士を演じるのは、これから伸びてきそうなノオミ・ラパスが熱演。後半の体当たり演技はエイリアンのリプリー役、シガニー・ウィーバーを思い出させるもので、見事です。演じるのは大変だったのではないでしょうか。
 最後まで行って、謎が残ったまま続きがありそうな展開で本作は終わります。実際、今後のシリーズ展開もあるのでしょうか?
 娯楽作品の多いこのごろ、久々に本格派の重厚な作品です。というわけで気楽に楽しめるとは言い難い一本。それに何もかもを明快に語る作風でなく、謎を謎のまま残す感じですから、そのへんは最近の、明快で親切な娯楽作品に慣れた人には向かないかもしれません。
 けっこう、夢に出てきそうな刺激の強いシーンも多い。これはリドリー・スコット作品ならではのものですが、ご覧になる方はある程度の御覚悟を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

サローネ・オンダータ清月堂ビルで始動。

 滝沢滋さん率いるオーダーサロンである「サローネ・オンダータ」(紳士服部門)と「サロンドバーグレー」(婦人服部門)が銀座松坂屋の裏手にある清月堂ビル5階に移転、オープンしました。24日の開店イベントにもちょっと顔を出させていただきましたが、今日は通常営業が始動した同店を訪問いたしました。20120828144404
 新店舗は前にも増して落ち着いたサロンという趣で、赤い絨毯がゴージャスです。しかし調度品は前のまま、そして林店長はじめ皆さんの笑顔もいうまでもなくこれまで通り、というわけです。20120828154638
 私も、前店舗でお願いしていたソラーロ色の上着を着ております。
 新・サローネ・オンダータは銀座5-9-15 清月堂ビル5階、月曜定休です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

第43回 日本出版美術家連盟展・第38回 東京展

 このほど、我が家のイラストレーター辻元玲子が、二つの展覧会に作品を出品します。20120827065920
 ★まず一つ目は「第43回 日本出版美術家連盟展」です。今回の統一テーマは「自由 Freedom or Liberty」ということで、同連盟に所属する画家のうち36人が出展します。上田信先生、大西將美先生、水野行雄先生、根本圭助先生ら、玲子がお世話になっている小松崎茂一門の先生方も参加されています。会期は8月27日(月)~9月1日(土)。時間は午前11時~午後7時(最終日は午後4時)。銀座ソニービル近くの中央区銀座6-4-6 646ビル9階、Salon de G(サロン・ド・ジー)。入場無料。問い合わせは03・5283・6720。20120827065754
 ★もうひとつは、「第38回 東京展」です。絵画、立体、版画、イラスト、写真、絵本などの作品が一堂に会する大規模な展覧会です。会期は9月9日(日)~16日(日)。時間は午前9時半~午後5時半(最終日は午後1時半)。上野の東京都美術館で。入場料は一般 800円、学生と70歳以上は無料。問い合わせは03・3823・6921。
 銀座や上野にお立ち寄りの際は、ぜひご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

アベンジャーズ

20120822223950  映画「アベンジャーズ」Marvel's The Avengersというのを見ました。マーベル・コミックスの人気キャラであるキャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、超人ハルク、アイアンマンなどが集結してチームを作り、世界を守るという趣向。要はむかしよくあった「怪獣総進撃」とか「忠臣蔵」みたいなオールスター映画ですね。本作はすでに「アバター」「タイタニック」に次ぐ記録的な興行収入を得ている大ヒット映画。ですので、普通の私の感覚だと「そんなに流行っているものなら見ない」というところですが、今までに「キャプテン・アメリカ」や「マイティ・ソー」を見ているので、その続きということで見ることにいたしました。
 本作は、直接的には「キャプテン・アメリカ」と「マイティ・ソー」の流れを直に受けている内容になっておりまして、まず、70年前の第2次大戦下。キャプテン・アメリカが戦ったナチスの秘密組織ヒドラは、北欧の遺跡から発掘した未知の宇宙エネルギーを放つ謎の物体「4次元キューブ」を兵器に応用して、世界を征服しようとしました。これはキャプテン・アメリカの活躍で阻止されましたが、その後、4次元キューブは連合軍に回収されました。
 さて一方、異次元宇宙の世界であるアスガルドでは、王位継承をめぐってマイティ・ソーと弟のロキの争いが勃発。紆余曲折の末、ソーが勝利し、ロキはアスガルドを追放されて地球にやってきた、という次第です。
 ここまでは、これまでの映画のお話。それで、本作では秘密組織シールドが4次元キューブの研究を開始。それに目を付けたロキが、これを奪って地球侵略を画策します。4次元キューブを使って異宇宙との通路を開き、強力な軍隊を招き寄せようというわけです。シールド長官ニック・フューリーは世界を守るべく、超人たちを結集してアベンジャーズを編成することを計画。キャプテン・アメリカ、ハルク、アイアンマン、ソーが集まってきますが、個性の強いヒーローたちのことゆえ、チームプレイは苦手でうまくいかない。しかしその間にも、ロキは世界侵略の手を打ってくる。これに対抗するには、なんとしてもみんなが力を合わせないといけない。さて、アベンジャーズはちゃんと始動できるのか・・・。
 というような話ですが、要するに全くの娯楽作品ですので、理屈は無用でしょう。ジョス・ウェイドン監督は本作を作るにあたり、リーダーが個性的な人間を一人一人、集めてチームを作り敵と戦う、という意味で、「七人の侍」とか「特攻大作戦」を参考にしたと言います。なるほど、共通点がありますね。
 オールスター映画なので、各ヒーローは、ある程度均等に見せ場を作らないといけないわけで、バランス感覚が難しいでしょうが、テンポのいい脚本はよく練られていて、うまく考えられた映画です。これまでの作品の脇キャラを全部出すと収拾がつかないため、基本的にあまり出さない方針だったそうですが、アイアンマンからはグウィネス・パルトロウが、マイティ・ソーからはステラン・スカルスガルドが出演しています。
 すでに確立しているキャラで、慣れた役を演じている俳優たちはとても楽しそうです。スカーレット・ヨハンソンは日頃の金髪より、この赤毛の方が似合うのじゃないでしょうか?
 娯楽路線映画の王道で、映像的にも申し分なく、まあとにかく何年も前から伏線を張ってヒーロー映画を計画的に作り続け、ここにまとめあげたという企画力がすごいですね。まず話題ものとして一見の価値がある、と思いました。
 なお、ラストのクレジットの後にオマケ・シーンがある映画ですので、クレジットになっても焦って席を立たれないことをお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」35回・サンダル

20120818184124  日刊ゲンダイ連載「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第35回が、きょう発売号に掲載されました。今回は「ビーチサンダルは日本が発祥」ということで、夏の海岸の定番、サンダルの歴史を古代から振り返っています。この連載は隔週土曜日掲載(次回は9月1日発売号予定)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

トータル・リコール

20120816032551  終戦から67年がたちました。当時、20歳だった若者も87歳。太平洋戦争も「歴史」となっていくのでしょうね。ところで、このほど映画「トータル・リコール」を見てきました。ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツネッガー主演の1990年の同名大ヒット映画のリメイクです。率直に言って、第一報を聞いたときには「なんで? 別に90年版は古びていないのになんでこのタイミングで?」と思いました。ところで、90年版では、シュワちゃんの奥さん、ローリー役を演じた当時無名の女優、シャロン・ストーンがブレイクしたのでした。それで、今回のリメイク版ではケイト・ベッキンセールがそのローリー役を演じると言います。まあ、今回メガホンをとっているのが「アンダーワールド」シリーズでケイトを起用し、おまけに結婚しちゃったレン・ワイズマン監督なんで、当然ではあります。我が家はベッキンさんのファンなので、見ておこうというわけでした。
 トータル・リコールは、伝説のSF作家フィリップ・K・ディックの小説を基にした作品です。じつは日本のコミック、アニメ「コブラ」もこれを基にしています。要するに、自分はしがない平凡な市民だと思っていた男が、ふとしたきっかけに、自分の記憶が書き換えられていることに気付き、本当の自分の正体は何者か、と探ることになる・・・そういう話ですね。
 90年版のケレン味たっぷりで奇想的な作風が、どうアレンジされているのか・・・まあ見どころとしてはその点になります。
 近未来の地球。化学戦争のために世界中のほとんどの地域が汚染で居住不能になり、英国を中心にした欧州のブリテン連邦(UFB)と、オーストラリアのコロニーにだけ人類は生き延びている、という設定。それで、両者の間は地球の真ん中を貫通する超高速エレベーター「フォール」でのみ行き来できます。富裕層はみなUFBの住民で、貧困層はコロニーに住み、毎日フォールに乗ってUFBに通勤し、働いている。本作の主人公ダグラス・クエイド(コリン・ファレル)も、そんな生活をしているコロニーの住民で、UFBでは戦闘ロボットの工場で働いています。ところが毎晩、奇妙な夢にうなされる。見知らぬ美女と一緒に敵に追われ、最後は捕まる夢です。そのことを不思議に思いながら、退屈な日常にうんざりし、自分は本当はこんな生活をしていたくない、と思っています。そのころ巷で流行しているのが、思い通りの「記憶」を脳に与えるというリコール社の商売。頭の中だけの夢の世界では、大富豪にでも世界的ロックスター、スポーツ選手、なんにでもなれる、というわけです。クエイドもリコール社に出かけ、術を受けようとしますが、そのときわらわらと警官隊が押し寄せてきて彼を逮捕しようとする。すると彼の体は無意識に反応し、何十人もいる警官隊を皆殺しにしてしまう。なぜ俺にこんなことができるのか? 命からがら家にたどり着くと、今度は妻のローリー(ベッキンセール)が急に彼を殺そうとする。そして、自分は妻でもないし、ダクラス・クエイドなんて人物も存在しない。今まで彼が信じていた記憶は偽物で、自分は妻のふりをしていた監視役だった、という。ここもすんでのところで逃げ出したクエイド?は、夢に出てきた美女メリーナ(ジェシカ・ビール)に助けられ、徐々に自分の正体がUFB代表コーヘーゲンの右腕で、その後、コロニー独立運動のレジスタンス一派に寝返ったという世間でも有名な危険人物、カール・ハウザーその人であることを知ります。さてクエイド=ハウザーは、この世界のなかで自分を取り戻し、UFBとレジスタンスの戦いの中でどう行動していくのでしょうか・・・。
 ということでして、90年版では火星を舞台に描かれた話が、地球の中の二つの地域の間の紛争という形になっていますが、大筋の流れは90年版と同じです。話のプロットだけ見ればそのまま、といっていい。が、描き方はかなり違いますね。90年版にあった独特のユーモアはなくて、なにかシリアスでスタイリッシュな映画になりました。
 もちろん22年間の間に進んだ特撮技術の進歩は大いに感じられます。めくるめく空中アクションなどはまぎれもなく今のものです。コロニーの描き方は、やはりフィリップ・k・ディック原作の「ブレードランナー」を思わせる東洋風なのも興味深いです。
 しかしですねえ・・・ここは正直な感想。やはり「90年のバーホーヴェン+シュワちゃんの映画は偉大だった」というのが本当のところかもしれません。まあ、前作をまったく見ていない若い人なんかだと、また感想も違うんでしょうが。
 前作ではシャロン・ストーンのローリーは割とあっけなく死んでしまって、リクターという敵役がシュワを追い詰めるんですが、今作ではリクターがいなくて、ローリー本人がクエイドを追い詰める、ということになっています。ですからベッキン様の登場シーンは非常に多いし、アクションも満載です。ベッキンセール・ファンならまず見るべきですね。
 また、前作を引き継ぐシーンやセリフも結構あります。たとえば乳房が三つある遊女が出てきたり、検問所では前作でシュワちゃんが頭にかぶっていた女性タイプの被り物が衝撃的でしたけれど、あの役を演じていたのと同じ女優さんが登場して、同じセリフ「2週間よ」と言います。まあそういうわけで、見比べる面白さはあちこちにあります。
 しかしまあ・・・やはりシュワちゃんの存在感とコリン・ファレルはちょっと比較にならないですかねえ。シュワの場合、「なんで俺はこんなところで、こんな仕事をしているんだろう」という違和感がすごく自然に見えた。どう見ても普通の人じゃないだろう、と思ったらやっぱり普通の人ではなかった。そのほうが説得力があると思うんですが。
 前作では巨匠ジェリー・ゴールドスミスの音楽も非常に印象的でした。今でもテレビ番組のBGMでよく流れます。今回は音楽も印象に残りませんね。
 また90年版ではシャロン・ストーンのローリーと、レイチェル・ティコティン演じるメリーナが全く違うタイプの女性だったのですが、今回はベッキンセールとビールがルックスもイメージも全くダブります。監督は「似ているから起用した」とパンフレットにあるんですが、ここで両者が似ていなければならない必然性がちょっと分かりません。
 この件に限らず、90年版の方が話のメリハリ、設定、全体にきっちり出来ていた感じがあります。今回はなんか納得いかない点が多い。次々に明らかになる、意外などんでん返しも前の方がずっと、効いていた。今作はなにか展開も平板です。
 何より目新しさを求めて、火星から地球の近未来に設定を変えているのが、弱い。はっきりいってどうもピンとこない設定にも思えます。単にスケールが小さくなってしまった。
 ということで・・・やはりベッキンセール様のファンのための映画、かも。まあだから、我が家的にはこれでもいいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

ロンドン五輪、ついに終幕・・・。

20120812193809 さて、いよいよロンドン五輪が閉幕します。仕事上でかかわりのあった私にとりましては結構、長くてきつい日々でした。
 最後になって、ボクシングの村田選手の48年ぶり金メダルという話もあり、すでにメダル総数37個(金6、銀14、銅17)+、これを書いている現在、米満選手の金か銀確定、ということで、本当に立派な活躍でした。日本選手団メダル総数新記録、は偉業です。→さて、たった今、米満選手が金メダルを獲得しました。38個(金7、銀14、銅17)。立派な成績です。
 ただ、アテネ大会の37個(金16、銀9、銅12)と比べると、やはり金メダル数についてはちょっと残念、といえるかもしれません。後半、レスリングに救われた感じですが・・・。アテネ五輪では柔道で8個も稼いだわけです。このときぐらい柔道の調子が良ければ、事前の日本選手団の目標、金メダル15個というのも大風呂敷ではなかったわけですが・・・。まあ、そう簡単に世界一になれるなら、誰も苦労しないわけですが。
 今度は4年後、さらに8年後(東京?)に期待しましょうか。そのへんの時期の主力選手というと現在、小中学生の人たちになってくるのでしょうが。
 さらにその次の12年後となると、私もそろそろ60歳手前、そろそろ会社員としては引退を迎えるころです。4年に1度の五輪というものは、自分の人生のサイクルも思わせるものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年8月 6日 (月)

『図説 軍服の歴史5000年』半年ぶりに読売新聞に広告掲載。

 本日の読売新聞一面の一番右下に、彩流社の書籍広告が出ていまして、1月末に刊行した私どもの『図説 軍服の歴史5000年』も半年ぶりに宣伝されています。「究極の精密考証イラスト200点以上! 軍服の変遷を通史として理解できる画期的軍装解説本」とあります。お陰さまでロングセラーとなってくれたようです。読者の皆様、本当にありがとうございます。20120806002355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」第34回・ジャージー

日刊ゲンダイ連載「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第34回が、きょう発売号に掲載されました。今回は「ジャージーは英領原産のニット生地が起源」ということで、ロンドン五輪たけなわにちなんで、スポーツ・ジャージーの歴史を取り上げています。この連載は隔週土曜日掲載(次回は8月18日予定)です。
20120804183426

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »