« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾン軍事部門で1位獲得。 | トップページ | 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」第34回・ジャージー »

2012年7月29日 (日)

ロンドン五輪、涼しい地での熱戦。

 20120729191826 さて、ロンドン五輪が始まりましたが・・・前回の北京と違い、時差のある大会は、明け方に締め切り時間がある新聞にとってはとてもやりにくいものです。ちょうど一番、決勝などがある時間帯に締めきらなければならないので、大変な修羅場になりがちなわけです。
 それにしても、先日の開会式を観ていて、ロンドンっていうのは涼しいんだな、と思いましたね。実際、今年は例年以上に冷夏ぎみ、22,23度ぐらいしかない、ともいいます。だからスーツにネクタイ姿で平気でいられる。ときにロンドンあたりで「30度の猛暑」とか熱中症で搬送、とかいう話を聞くと、40度近くなることも珍しくない日本人は驚いてしまいますが、まあ本当に基本的に涼しいのですね。ロンドンは北緯51度。日本の札幌市は北緯43度、というわけで、とんでもない北の街なわけです。
 この街で、しかも比較的に寒冷だった19世紀に生まれたのが現代の紳士服。おおむね中世の10~14世紀は比較的に温暖、15~19世紀は寒かった、といわれます。そして20世紀でも温暖期と寒冷期があったようですが、ここ数十年はあきらかに温暖期。
 その温暖期に、夏場は亜熱帯となる日本で、ロンドン発祥の紳士服スタイルが無理だというのも致し方ない話ではあるわけです。彼ら、英国人もいちはやく、20世紀に入ってからは熱帯地用の衣服は別物として考えたわけで、夏の日本も7、8月は熱帯被服でいいのではないか、ということですね。
 それだから、私は単にネクタイを外すたぐいのクールビズ、ってのは今もって中途半端なので好きではありません。やるのなら、やはりアロハとかかりゆしとか、本格的な熱帯地の服装でいいのではないか、と思って、そんな格好をしています。
 まあ、高齢層にアロハシャツにあまりいいイメージがないのは、戦後の一時期、そのような派手シャツはいかがわしい輩の服装、という印象が刷り込まれたからでしょうが、それも今となっては古いような気がしますし。
 

|

« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾン軍事部門で1位獲得。 | トップページ | 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」第34回・ジャージー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/55307769

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪、涼しい地での熱戦。:

« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾン軍事部門で1位獲得。 | トップページ | 日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」第34回・ジャージー »