« ダーク・シャドウ | トップページ | 日刊ゲンダイ 辻元よしふみウンチク堂第30回「学生服」 »

2012年5月31日 (木)

メン・イン・ブラック3 MIB3

20120531160532  「メン・イン・ブラック3」MIB3という映画を見てきました。言わずと知れたウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのヒット・シリーズの3作目。しかし1997年の1作目、2002年の2作目ときて、実に10年ぶりの新作、ということだそうです。ウィル・スミスも最近、話題を聞かないと思ったら、俳優としての活動を休んでいたようで、4年ぶりの復帰作でもあるとか。
 さて、映画は前作からそのまま10年後の設定。月面にある刑務所から、凶悪犯のボクロダイト星人、ボリスが脱獄します。彼はMIBのエージェントK(ジョーンズ)に恨みを抱いている様子。1969年にKによって片腕を撃ち落とされ、逮捕されたのでした。そのころニューヨークでは、長年MIBのニューヨーク部長を務めたエージェントZが亡くなり、後任に女性のエージェントO(エマ・トンプソン)が着任。そこへ、人の内臓を食い荒らしているエイリアンがいる、という通報が入り、KとエージェントJ(スミス)は異星人の経営する中華料理店に出動します。そこで取引されていた違法な宇宙エビをみて、Kは悟ります。それは凶悪犯ボリスの大好物だったのです。と思うまもなく、ボリス本人が現れ二人を襲撃。「おまえは過去で死ぬ」という謎の言葉をKに残して逃げ去ります。
 そして翌日、Kは忽然と姿を消し、みんなの記憶からも消えてしまってることにJは気付きます。Oに聞くと「Kは40年前、1969年7月16日にボリスに殺された」というのです。歴史が変えられ、過去に戻ったボリスによって若き日のKが殺されたことを確信したJは、Oの指示を受けて自分も1969年7月にタイムトリップすることに。それはまさにアポロ11号の月面飛行が行われる歴史的な日でした・・・。
 というわけで、今回はタイムトリップものという趣向を取り入れているわけで、1969年のアメリカが主要な舞台になります。芸術家のアンディ・ウォーホルのような有名人も登場します・・・この作品の通例ですが、彼もまた異星人という設定です。
 当然ながら若き日のKが登場しますが、こちらはジョシュ・ブローリンが熱演。しゃべり方や雰囲気がそっくりで、見事に20代のKを演じています。
 もう全体としては、定評あるシリーズの続編で、テンポよくお話が展開して、娯楽作品の王道路線といえます。まさに安心して見ていられる一作です。といって続編ものにありがちのマンネリ感もなく、そのへんはタイムトリップという仕掛けを入れたことが奏功しているのでしょう。60年代のMIBの様子や、当時の異星人などの描写も興味深いものです。
 普通、10年も間があくとなんで今さら、という違和感もあるものですが、本作に関してはそういう感じもあまり受けません。そのへんは製作側の見えない努力が多々あるのでしょう。とにかく小さなアイデアを一つ一つ積み重ねて成立している作品で、よく出来ている、と感心させられました。

|

« ダーク・シャドウ | トップページ | 日刊ゲンダイ 辻元よしふみウンチク堂第30回「学生服」 »

コメント

はじめまして。
高校2年生のkikoです。
「イギリス軍服がファッションに及ぼした影響」
というテーマでレポートを書くことになりました。
そこで、パソコンで調べていた時、ウィキペディアで辻本よしふみさんの書かれた本が参考文献として載っていて
是非、他にもおすすめの本や資料があれば教えていただけたらと思いコメントさせていただきました。
よろしければお願い致します。

投稿: kiko | 2012年6月 1日 (金) 17時46分

kiko様

イギリス軍服がファッションに及ぼした影響というテーマでレポート、とのこと。そこで率直に申しまして、適当な参考文献というのはほとんどありません。軍服とファッションの関係を書いた書籍というものが全くないために、仕方なく自分で書いたのが2008年に出した『スーツ=軍服!?』と、今年の2月に出した『図説 軍服の歴史5000年』です。ですので、自分でいうのもなんですが、この分野で明確に参考となる本となると自分で書いたこの2冊だけ、といって過言ではありません。
 なぜそうなるかというと、服飾史の研究家と軍服・軍装の研究家がなかなか一致しないのです。前者は大学で言えば家政学の分野、後者は歴史学か軍事学の分野に入ります、なので両方にある程度、詳しくないと書けないわけですが、めったにそういう人がいないのです。
英国の紳士服そのものについてですと、ハーディ・エイミス卿の『イギリスの紳士服』がもっともよくまとまっていると思います。また中野香織先生の御本にもこの種の話題が出ていると思います。

投稿: 辻元よしふみ | 2012年6月 1日 (金) 19時42分

詳しく回答してくださりありがとうございます。難しいテーマを選んだのだと思いますが、興味があるテーマなのでしっかり調べてレポートとしてまとめたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: kiko | 2012年6月 3日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/54843198

この記事へのトラックバック一覧です: メン・イン・ブラック3 MIB3:

» 映画「メン・イン・ブラック3」なんだ、感動作だった! [soramove]
「メン・イン・ブラック3」★★★★ ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、 ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン出演 バリー・ソネンフェルド監督、 105分、2012年5月25公開 2011,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:MEN IN BLACK 3) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「10年ぶりの新作って何か理由が... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 07時32分

« ダーク・シャドウ | トップページ | 日刊ゲンダイ 辻元よしふみウンチク堂第30回「学生服」 »