« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみ ウンチク堂」ジャンパー掲載。 | トップページ | 我が家のミニ桜。 »

2012年4月15日 (日)

東京新聞・中日新聞に『軍服の歴史5000年』書評が載りました。

20120415182436  本日は、私どもとしては嬉しいことですが、東京新聞(それと同系列の中日新聞にも)4月15日付の10面「読書」コーナーにて、私どもの『図説 軍服の歴史5000年』(彩流社)の書評が掲載されました。ちょっと専門的な内容の本ですので、一般の新聞などでの紹介は難しいのかな、と思っておりましたので、本当に光栄なことです。http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2012041503.html
 書評を賜りましたのは、法政大学教授の川成洋先生です。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。また、東京新聞の書評面ご担当のみなさまにも、感謝申し上げる次第です。
 ちょっとだけさわりを引用しますと・・・。
 「美しく機能的 スーツの起源
 軍服は通常われわれが着ることのできない服装の一つだが、虚心に見れば、スマートというか、掛け値なしで美しい。軍服のもつビジュアルイメージは、他のなにものにも代えがたいのだ。ギリシア最古の叙事詩であるホメロスの『イーリアス』が「戦争は勇壮な男の仕事である」と謳ったように、戦士たる者は戦闘の只中にあっても、そのダンディズムを捨てなかった。これがミリタリー・ファッションの嚆矢であり、それ以降、意外な展開を繰り広げたことがさまざまな逸話から紹介される・・・。(中略)
 精密な時代考証に基づく二百点余りの軍服の色鮮やかなイラストは、実に説得力があり、本書の何よりの魅力である。 評者 川成洋(法政大学教授)」

|

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみ ウンチク堂」ジャンパー掲載。 | トップページ | 我が家のミニ桜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/54478981

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞・中日新聞に『軍服の歴史5000年』書評が載りました。:

« 日刊ゲンダイ「辻元よしふみ ウンチク堂」ジャンパー掲載。 | トップページ | 我が家のミニ桜。 »