« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月24日 (金)

タイム

20120224102822  「タイムIN TIME」という映画を見ました。近未来SFアクション、というような分類になるかと思いますが、いかにもSF的な科学上のコアな設定というのもなくて、あえていって「近未来のボニー&クライド」というか、「近未来版・俺たちに明日はない」という感じでしょうか。
 いつとははっきりしない近未来。人類の遺伝子操作技術は究極に達して、人は25歳に達すると成長が終わり、不老不死となります。肉体年齢25歳のままで永遠に生きられる。しかしそれでは人口が増えすぎて体制が成り立たない。そこで導入されたのが「時間」です。すべての人は左腕に自分の「持ち時間」が表示されます。これは働くと時間が増え、消費すると減る。つまり貨幣であり、労働=時間の切り売り、という資本主義の究極の形といえます。要するに、億万長者はあくせくせず、永遠に生きていられる。しかし貧乏人は働けなくなると死ぬしかない。払う「時間」がなくなると即死する。この設定は、今の息詰まりつつある資本主義を誇張したものでしょう。今の世の中にあっても、要するにお金というのは時間です。会社で何時間すごす、その代価が支払われる。そのお金で生きていける。お金がたくさんある人は労働しなくていい。だから自由な時間が「買える」。これを、お金を仲立ちにしないでダイレクトに、お金持ち=時間持ちということにしたのがこの映画です。
 さて、それで近未来では、1000年以上も時間を持つ大金持ちと、1日分の時間を日給で受け取って、一日でも仕事を休むと死ぬしかない貧民に分かれ、住む地域も世界も違う、という二極化が進んでいます。中流というのはない。富裕層と貧民と。その貧民街に、一人の富裕層が現れて、気前よく「時間」をばらまいて歩きます。彼はすでに100年以上も生きて、生にうんざりしている。彼はふとしたことで知り合った貧民街の青年ウィルに100年以上の時間を与えて、自分は時間切れで死にます。「私の時間を無駄にするな」と書き残して・・・。同じころ、50歳のウィルの母親は急に値上がりしたバス料金を支払う時間がなく、時間切れで即死。ウィルの腕の中でこときれます。怒りに燃えたウィルは、富裕層の住む世界に乗り込み、時間を搾取している連中の実態を見てやろうと決意します。
 その富裕層街で、ウィルは大富豪の娘シルビアと知り合います。やがて時間捜査官に追われる身となったウィルは、シルビアを人質にとって逃走を始めます。
 さて、二人はこれからどうなっていくんでしょうか・・・。
 ということですが、冒頭に書いたように、ちょっとボニー&クライドみたいになる、といえば察しのよい方はお分かりかと思います。そういうわけで、まあ本質からいえば資本主義への風刺も込めたギャング映画、みたいな感じになっております。展開もよくて面白い映画です。まあ、ちょっと食い足りないというか、もうちょっと・・・という部分もありますが理屈を言わなければ非常に面白いです。
 近未来ですが、いわゆるSF的な部分はあまりなく、服装もドリス・バン・ノッテンとかプラダ、ヴェルサーチだったり、走っている車も60年代のノスタルジック・カーだったりします。実際、富裕層は保守的であり、ぶっとんだものは好まない、というのはリアルな話かもしれません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

メンズクラブ4月号に『軍服の歴史5000年』。

 本日、手元に届きました「メンズクラブMENSCLUB」4月号(ハースト婦人画報社)の巻末にあるインフォメーションコーナーに、私どもの『図説 軍服の歴史5000年』(彩流社)の紹介が載りました。
 一応、書店での分類上は軍事・ミリタリー分野に入れられることが多い私たちの本ですけれど、ミリタリー・ファッション全般を取り上げており、そしてミリタリーの要素というのはファッション界でもしっかり定着したカテゴリーなので、実はこちらの世界の方でも読んでいただければ、と思っておりました。ですのでメンズ・ファッション誌の老舗中の老舗であるメンズクラブに取り上げていただいたことは非常に光栄で、嬉しく思います。20120221140425 20120221140504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

辻元よしふみ&玲子公式サイト、大幅リニューアル。

20120220202730  本日は、私どもの公式サイトhttp://www.tujimoto.jp/が大幅にリニューアルされましたので、ご報告する次第です。
 今回最大の改正点は、サイト名の変更です。2003年春のサイト開設時に「ロック詩人 辻元佳史のハードロック・ポエムランド」としてスタート、2008年春に「戦史・服飾史研究家 辻元よしふみのハードロック・ポエムランド」と改名して、今日まで参りましたが、このたびは『図説 軍服の歴史5000年』の刊行を受けて、私・よしふみと、イラストレーター・玲子の共同公式サイトといたしました。名前も「戦史・服飾史研究家 辻元よしふみ&イラストレーター辻元玲子 公式サイト」といたしました。
 当然ながら、玲子の手がけたサンプルイラストを紹介する「イラストギャラリー」を新設しました。今後、徐々に増やしていくつもりです。
 今後とも「辻元よしふみ&辻元玲子 公式サイト」をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

今日は日経新聞に広告『軍服の歴史5000年』

20120219194608  今日は日本経済新聞の書評面に彩流社の広告が掲載され、私たちの『図説 軍服の歴史5000年』が、このところおなじみというか、いつもお隣にある快楽亭ブラック師匠の御本などと一緒に掲載されています=写真上=。日経新聞というと、やはり読者層もバリバリの知的なビジネスマンの方が多いのでしょうか。
 ところで、長らく今月の3日夜から欠品状態が続いていたアマゾンも、ようやく『軍服の歴史5000年』を仕入れたようです。たちまちアマゾン順位も上位に返り咲き。それにしても2週間以上も放置しているとは、なぜ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」クリミア戦争掲載

 20120218194756_2 天皇陛下の手術が無事に終了されたとのこと、嬉しく存じました。◆  ◆  ◆日刊ゲンダイに連載中の「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第23回が、2月18日(土)発売の紙面(土日版で定価150円)に掲載されました=写真上=。今回のテーマはさまざまなファッションのヒントを生んだ19世紀のクリミア戦争について、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみウンチク堂」クリミア戦争

 日刊ゲンダイに連載中の「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第23回が、2月18日(土)発売の紙面(土日版で定価150円)に掲載されます。今回のテーマは「目出し帽を生んだのはナイチンゲール」として、さまざまなファッションのヒントを生んだ19世紀のクリミア戦争について紹介します。
 今後も、隔週土曜日に、男の服飾史がらみの記事を載せていくことになっております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

田子ノ浦親方の急逝に驚く。

 久島海こと田子ノ浦親方の訃報には驚きました。46歳の若さ。つい先日、ホイットニー・ヒューストンさんの48歳の急逝に驚いたばかりです。久島海関は、私は相撲に詳しい人間ではないですが、ほぼ同世代としてプロ入り前から、「すごい学生横綱がいる」というのは自分も中学、高校生時代から知っていて、たしか当時のテレビニュースでも取り上げられて、将来が楽しみ、というような話題を見たことがあります。その人が、この若さで逝くとは・・・もちろんそんなことは想像できるはずもなく、前途洋洋たる若者、というか私より少し上の先輩、という姿が強く印象に残っていて、信じられないものがあります。
 人生、なんともわからないものですね。
 ◆  ◆  ◆
 そろそろ自分たちの本の話題も、書きすぎるとしつこいとお叱りを受けるかと思いますので、なんなのですけれど、しかし読売、朝日と新聞広告も出そろったことだし、どんな感じかな・・・というところで、拙著『図説 軍服の歴史5000年』のアマゾンでのランクはもはや5万位とか8万位。それも当然、今月の3日夜に在庫切れして以来、もう10日以上も在庫補充をしてくれないので、新たな注文があるはずもありません。それにしてもちょっと補充が遅すぎるような・・・。
 それに代わりまして書店でのランキング・・・これもお店によってさまざまですが、14日朝現在、丸善&ジュンク堂のランキングで、ミリタリー書部門で3位にランクインしておりますようです。同書店グループのミリタリー書取り扱いは現在1731点。なかなか健闘しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

ホイットニー死去当日、虫の知らせ?

 11日のことですが、たまたま妻と二人で入ったお店のBGMでホイットニー・ヒューストンの歌が流れていました。「そういえば、ホイットニーといえば、自己破産寸前なほどお金に苦労しているみたいだね、最近の報道によると」「どうして? あんなに売れっ子だったのに」「一度、頂点を見た人の後半生はつらいもんだね」などと会話しました。そうしたら。虫の知らせ、の一種だったんでしょうか?
 報道によれば・・・【ロサンゼルス共同】自らが主演した映画「ボディガード」の主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」など数多くの曲がヒットし、米音楽界最高の栄誉、グラミー賞を6回受賞した米女性歌手のホイットニー・ヒューストンさんが死去した。48歳。・・・ということで、私より4歳上、ほぼ同年代だったんですね。
 ◆  ◆  ◆
 朝日新聞の12日付読書面に、彩流社の広告が掲載されました=下写真=。私たちの『図説 軍服の歴史5000年』も載っておりました。20120212233831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

「図説 軍服の歴史5000年」書評など。

20120213003902

20120211135321_2 発売から2週間ほどたった私どもの著作『図説 軍服の歴史5000年』(彩流社)でございますが、早くも書評を掲載して下さったメディアがございます。まず朝雲新聞社の2月2日付「朝雲」=写真上=。それから軍事専門誌である「軍事研究」3月号=写真中=にも書評をいただきました。厚く御礼申し上げます。  また、下記のような方々のブログにも掲載されています。
★滝沢滋様の散歩日記http://blog.goo.ne.jp/shige0516/e/02891fe02f58eaee038369938b936283
★中野香織様ブログhttp://wwwmode.kaori-nakano.com/blog/2012/02/post-46c2.html
★snoozer様のblog http://cognitivebiassnoozer.blogspot.com/2012/02/blog-post_09.html ★ふるゆき様のホビー館 http://furuyuki.jugem.jp/?eid=1132T02200293_0768102411762893846 
★サローネオンダータ様の公式ブログ
 http://ameblo.jp/salone-ondata/entry-11149741477.html?frm_src=thumb_module 

 ほかにも私がまだ拝読していない記事もあるかと存じます。本当に皆様、ありがとうございます。

 ところで、上のサローネ・オンダータ公式ブログの記事に紹介されている、滝沢滋氏の愛弟子、柳下望都さんの100%ハンドメイド・スーツ=写真下=・・・これは私が無理を言って、2年も掛けて作って頂いたのですが、こちらも大評判のようです。実は、この100%のものというとさすがに私のスーツ一着しか、まだこの世にないので、この春に大展開する柳下さんの商品紹介用に、お貸しすることにしました。
 モデルの体形が太短いのがどうも申し訳ないのですが・・・柳下さんもぐっと名を挙げてこられるに違い有りません。私は柳下さんが滝沢門下に入門された頃から応援して参りましたが、本当に立派な職人さんに成られて、私も嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

「軍服の歴史5000年」在庫切れしておりますが。

 全国発売から12、3日が経過しました私どもの『図説 軍服の歴史5000年』(彩流社)につきまして、いろいろブログなどで感想を書いていただきました方、当方までお寄せいただきました方に厚く御礼申し上げます。またすでにお買いあげいただきました方、本当にありがとうございます。
 ところで、アマゾンはじめ一部のネット通販書店では、先日に軍事入門書部門で瞬間的に4位になったあたりから、在庫切れが続いております。が、こういうネット書店は大きな在庫を持たないのが普通で、ちゃんと在庫供給しておりますので、ご安心下さい。ご迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

日刊ゲンダイ「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」22回掲載。

 日刊ゲンダイの連載「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第22回が、今日発売号(土日版で定価150円)に掲載中。テーマは「防寒帽」。土日版で今日、明日、発売しています。20120204182719

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

読売新聞に広告。アマゾン軍事書部門で4位。

20120203181258  節分ですね。我が家もささやかな豆撒き、それからご近所の回転寿司店で恵方巻きも食べました。しかし無言で丸ごと食べろ、というのですが、きついですよね。そこのお店のは18センチサイズで、一人で平らげるのに結構、難儀しました。
 今年は本当に本格的な冬で、私のいます千葉県・・・関東の中でも温暖な地ですが、それでも明け方は氷点下でした。各所で大雪、と聞いております。私も子どもの頃、新潟県や福井県に住んでおりましたので、豪雪地の大変さは理解しているつもりですが、本当にご苦労が多いと思います。
 さてところで、本日は読売新聞の一面右下に、彩流社の出版広告が載りました。一面下のこういう書籍広告は3段、八つ組なので三八(さんやつ)広告というのですが、お気づきになった方もいらっしゃるでしょうか。で、私どもの『図説 軍服の歴史5000年』もささやかですが、広告を打たせていただきました。
 ということで、やっと本格的に発売、という気分です。

  追記:2月3日21時20分現在のアマゾン書籍順位では、ベストセラーランク9623位、軍事入門書部門で14位にランクされています→さらに22時25分には、総合で6057位、軍事入門書では8位にまで上昇。軍事部門ランクでは、すぐ上にあの「ゴーマニズム宣言」があります。→同じく23時15分現在、総合で4057位、軍事部門で6位。なんと「ゴー宣」を上回りました。→4日0時現在、総合3716位となりました。→さらに4日1時15分、総合で3089位、軍事入門書部門で4位です。もちろんアマゾンのランクが全てではないのですが、一つの目安にはなるかと。無名の人間が書いた、専門的な内容の本の滑り出しとしてはまずまず、でしょうか。すでにお買いあげいただいた皆様、厚く御礼申しあげます。
 ◆  ◆  ◆
 日刊ゲンダイに連載中の「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第22回が、2月4日(土)発売の紙面(土日版で定価150円)に掲載されます。今回のテーマは「防寒帽は厳寒の国、ロシアが発祥」として、冬場のおしゃれアイテムでもある帽子の中でも、特に毛皮製の防寒帽を中心に歴史などを紹介しています。
 今後も、隔週土曜日に、男の服飾史がらみの記事を載せていくことになっております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »