« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾンなどで販売開始。 | トップページ | 読売新聞に広告。アマゾン軍事書部門で4位。 »

2012年1月31日 (火)

早くも1月が終わり、ですね。

  今年はさすがに「暖冬傾向」だの「温暖化」だのという言葉はついぞ聞かれませんね。本当にしっかり寒い冬です。結局、その年、その年の傾向でみんなその場限りの反応をしているだけで、要は暖かい冬もあれば寒い冬もある。物事が一つの方向に一直線に進むなんてことは、自然界に関してはないように思います。
 しかし、人口動態なんかは先の予測がちゃんとつくもので、先日ですか、50年後の2060年頃の日本の人口は8千万人台に、高齢者は人口の4割に、などという報道がなされていました。まあ、だいたいそんな感じでしょうが・・・しかし50年後となると、私などはもう「高齢者」にも入っていなくて、おそらくこの世にはいないでしょうから。
 そんな頃、日本は、世界はどうなっているか、予測は付かないですね。たとえば1910年頃の日本人に、1960年頃の未来を予測できたか。その間に世界大戦が二つもあって、同盟国だった英国が敵に、敵国だったドイツが味方になり、結局、日本は敗北して焼け野原になり、アメリカに占領され、そこから立ち直って・・・まあそんなことを予想できた人はいないでしょう。しかし、今の新入社員ぐらいの人たちはその頃、72、3歳。今の子どもたちもみな中高年世代となっています。彼ら彼女らはどんな日本を造るのでしょうか。
 ◆  ◆  ◆
 『図説 軍服の歴史5000年』(彩流社)が売り出されて5、6日経過しました。すでに温かい激励や感想を賜った方もいらっしゃいます。厚く御礼申し上げます。近日、新聞広告も出る予定です。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 ちなみに、今日、私の母親が、近所の駅近くのスーパーの上にある書店に「軍服の歴史5000年」を注文しに行ったそうです。そうしたらなんとその本屋に・・・大きな所ならいざ知らず、そんな非拠点駅前のスーパーの上の書店に、この本がそもそも一冊、あったというんですね。これで我が家の親たちが大喜びしまして。店員さんに「うちの子どもの書いたものです」といって自慢してきたそうです(笑)。
 私も、そんなところでちょっと親孝行できて喜んでおります。
 

|

« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾンなどで販売開始。 | トップページ | 読売新聞に広告。アマゾン軍事書部門で4位。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/53869786

この記事へのトラックバック一覧です: 早くも1月が終わり、ですね。:

« 『図説 軍服の歴史5000年』アマゾンなどで販売開始。 | トップページ | 読売新聞に広告。アマゾン軍事書部門で4位。 »