« 金正日氏死去。 | トップページ | 年末年始。 »

2011年12月20日 (火)

タキザワシゲルのフルハンドメイド・スーツ完成。

 今日は滝沢滋さん率いる銀座のサルト、サローネ・オンダータに伺いました。といいますのはですね、フルオーダー、フルハンドメイドのスーツが完成したのであります。型紙は滝沢さんが手がけ、滝沢さんの今や一番弟子、柳下望都さんが手縫いで仕上げたという、渾身の作品であります。
 いやもう、今時ほんとうに100%の手縫いですから。すごいのでありますよ。
 なんとなく、こちらの林店長に「型紙からフルオーダーというのは、こちらではやらないんですか?」と聞いてみたのが1年半ほど前。製作に掛かってからでも1年とちょっと、という時間が掛かりました。いや、そのぐらいかかるのは当然です。こういうレベルになると工芸品とか芸術品とかに近いですね。
 グレーのチョークストライプという、重厚そのものの生地を用いまして、なんというかすごい存在感。とはいえ、滝沢さんの持ち味ともいえる知的な服ですから、無意味に力んだような威圧的な感じもなく、肩はあくまで自然に、非常に洒脱というか、詩的な印象すら受けます。裾は乗馬ジャケットのような独特の意匠。あちこち何気ないところに、さりげない配慮を感じます。
 着てみますと、それはもう私の身体を前提に作り上げられているので、寸分の無駄もありませんが、それでいて柔らかく、ぴったりと抱擁される感覚は、やはりこういうあつらえをしてみないと分からないものなんでしょうね。
 柳下さんは、手塩に掛けた子どもを嫁入りに出す親の心境だそうで、昨夜から緊張してよく眠れなかったとか。
 これは大事にしないと罰が当たりますね。といって、お蔵に入れていてもいけない。きれいに、大切に着させていただきたいと思います。滝沢さん、柳下さん、それに林さん、本当にありがとうございました。
 ◆  ◆  ◆
 話のついでに、来月には刊行が予定される私たち夫婦の新著『図説 軍服の歴史5000年』についても話題になりました。といいますか、この本の巻頭には滝沢滋さんからいただいた推薦文を掲載させていただいております。私が「今、最終のゲラチェックで読み直してみて、内容も絵も、すごいへヴィというか、濃い感じになったな、と思っております」と申しましたら、滝沢さんは「事前に読ませていただいた原稿は、私は面白くて一息で読んでしまいましたよ」とおっしゃるので、嬉しくなりました。私たち以外では、滝沢さんがこの本の最初の読者だったことになります。
 もうお一人、本書の巻末には、玲子が指導を賜った、歴史考証復元画家の故・中西立太先生から生前にいただいた感想文も掲載いたします。
 年内いっぱい、最終のチェックにかけたいと思っております。滝沢さんの力強い推薦文も併せて、もうしばらくお待ち下さいませ。
 

|

« 金正日氏死去。 | トップページ | 年末年始。 »

コメント

辻元さま
2012年あけましておめでとうございます。
年末からバタバタとしており、確認が遅れてしまいました!
何と私たちの渾身の仕立てのクロージングをブログにお取り上げいただき心より感謝申し上げます。
末長いお付き合いのほど何卒よろしくお願いいたします。

投稿: Takizawa Shigeru | 2012年1月 1日 (日) 18時49分

Takizawa様

 旧年は本当にお世話になりました。そして何よりあの素晴らしいスーツ・・・大切にさせていただきたいと思います。
 またピッティの季節となりました。ますます御多忙で御活躍と存じます。2012年、一層の社業御発展を祈念いたします。今年は何をオンダータでオーダーしようかな、と思っております・・・。

投稿: 辻元よしふみ | 2012年1月 1日 (日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/53529980

この記事へのトラックバック一覧です: タキザワシゲルのフルハンドメイド・スーツ完成。:

« 金正日氏死去。 | トップページ | 年末年始。 »