« ゲラが出ました! | トップページ | 日刊ゲンダイ「ウンチク堂」靴/カスタンジア社提携お披露目 »

2011年11月18日 (金)

インモータルズ 神々の戦い

 「インモータルズ 神々の戦い」という映画を見てきました。「インモータル」とは不死の者、つまり神々を指します。ギリシャ神話の世界観に基づくファンタジー、ということですが、あの「300」のスタッフが関与しているということで、雰囲気も非常に「300」風、といいますかあれ以上にバイオレンス、率直に言いまして相当に陰惨、人がたくさん死ぬ映画でありました・・・。なお、本作ではテセウスという主人公が活躍します。神話ではミノタウロス退治で有名で、映画の中でもそのようなシーンが出てきますが、しかし神話のテセウスと本作の主人公はあまりつながりはないようです。
 神々とタイタンとの激戦から数百年、タルタロスの地下牢にタイタンたちは幽閉され、復讐の時を待っています。その戦いのときに失われたエピロスの弓は現在、地上にあり、この弓だけがタイタンを解き放つことができる。さて、地上ではイラクリオンの暴君ハイペリオンが、ギリシャ全土を侵略し、さらにエピロスの弓を奪取してタイタンを解き放つことで、天界の神々をも滅ぼそうと企みます。神々の王であるゼウスの切り札は、農夫の青年テセウス。ゼウスは幼少のころから老人に変身して、テセウスを薫陶してきたのです。弓のありかを知っているとして、ハイペリオンから追われる身となった巫女パイドラと共に逃亡することになったテセウスは、母親を殺した仇でもあるハイペリオンを倒そうと誓うのでありました。さて、その顛末は・・・。
 というような流れで、とにかくアクションに次ぐアクション、凄まじい戦闘シーンが続きますが、血しぶきが飛ぶこと飛ぶこと。それに、ハイペリオンというのが残忍すぎ。拷問シーンがまた多いこと。ということで、結構、見終わるとげんなりします。15歳以下は指定付きなのですが、それも納得。
 で、なんといっても存在感を放つのが、暴君ハイペリオンを演じたミッキー・ローク。とにかくまがまがしくてはまり役でしょう。それから巫女のパイドラ役にフリーダ・ピント。まだ上映している「猿の惑星」でも目立っていた彼女ですが、ここにきてぐっとブレイクの予感。主演テセウス役はヘンリー・カヴィル。「スターダスト」のチョイ役などを経験して主演を張れるまで成長してきましたが、まだまだこれから、という新鋭。実は2013年公開の新スーパーマン・シリーズでスーパーマンを演じることになっているそうで、これから有名になること確実の人です。それと、ゼウス役に、こちらも公開中の「三銃士」でアラミス役だったルーク・エヴァンス。ゼウスが化けている老人の役にはベテランのジョン・ハート。と、ミッキー・ローク以外、あまり超有名なスターは出ていず、むしろこれから期待される人たち、という布陣ですが、これはターセム・シン監督の意図したところだそうです。
 今作で目を引くのが衣装、特に神々の衣装が素晴らしい存在感ですが、日本が誇る石岡瑛子さんが担当しています。なんかちょっと、欧米人のデザインと違う感じがしますね、やはり。神様のマントの柄がなんか和風に見えたり。
 ということで、とにかく見終わった印象は「たくさん死んだなあ」というもの。疲労します。ですから鬱気味の人は避けた方がいいかも(?)。

|

« ゲラが出ました! | トップページ | 日刊ゲンダイ「ウンチク堂」靴/カスタンジア社提携お披露目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/53271070

この記事へのトラックバック一覧です: インモータルズ 神々の戦い:

« ゲラが出ました! | トップページ | 日刊ゲンダイ「ウンチク堂」靴/カスタンジア社提携お披露目 »