« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

キャプテン・アメリカ/カウボーイ&エイリアン

映画を2本立てで見てきました。ひとつは「キャプテン・アメリカ」。もうひとつは「カウボーイ&エイリアン」。どちらも娯楽作品ですね。そしていずれもSFファンタジーなんですが、また時代劇でもある、という異色作品です。前者は第二次大戦下、1940年代のアメリカが舞台。後者は、南北戦争終了直後の1870年代の米西部が舞台、というわけです。
 「キャプテン・アメリカ」はマーベル・コミックのシリーズ作品の中では最も古いヒーローであるキャプテン・アメリカの誕生話から戦時中の活躍を描いた作品。そもそもこのヒーローは大戦中に戦意高揚として生まれたわけです。で、本作でも軍のキャンペーンでショーをやらされて、大いに士気高揚を手伝わされるシーンが出てきますが・・・しかし、実際に見てみると、そんなアメリカ礼賛色みたいな変な色合いはない映画です。実は、見る前にはそのへんに危惧があったのですが、まったくそんな映画ではなかったです。
 愛国心に燃えながら、生来の虚弱体質で5回も志願兵検査に落ちたスティーブ・ロジャーズ。しかし彼の正義感あふれるまっすぐな性格と勇敢さに興味を持ったアースキン博士は、彼を陸軍の戦略科学予備軍に採用します。博士は、特殊な血清を用いて人体を改造した兵士で結成するスーパーソルジャー計画の責任者。かつてはドイツ人で、ナチスの特殊兵器開発部門ヒドラの長官シュミットに血清を打ったことがある。その結果、シュミットは邪悪な化け物になってしまったわけですが、アメリカに亡命したアースキン博士は、心に邪悪なもののない青年を探し求めていたのでした。そして結局、スティーブは超人になるための血清を打たれて人体改造に成功。その直後に、博士はヒドラの送りこんだスパイに暗殺されてしまい、スーパーソルジャー計画は中止となり、スティーブはただ一人の超人として、軍のキャンペーンを担当するキャプテン・アメリカ(アメリカ大尉)になるのですが・・・しかし、前線を慰問した際、自分の無力さを痛感。そこで、戦略科学予備軍の女性将校ペギーから示唆を受けて、ヒドラに捕えられた親友を救助するべく、ヒドラの秘密基地に乗り込むことになるわけです。かくて、ヒドラとキャプテン・アメリカの戦いの日々が幕を開けるのです・・・。
 ということで、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスが好演。虚弱な体格の時代の方がおそらくCG処理で、筋肉隆々の変身後が本当の彼なんでしょうが、好青年ぶりがよかったですね。かれの上官のフィリップス大佐にトミー・リー・ジョーンズ。渋い演技でした。ヒドラ長官シュミットにヒューゴ・ウィーヴィング。これも見事な怪演ぶり。それからペギー役のヘイリー・アトウェルが軍服姿もりりしくて魅力的。この人、良かったですね。かっこいいヒロインでした。
 後味もよく、いい映画ですが・・・最後はちょっと、あれではかわいそうでしたね。あと敵役はナチスの一部門なんですけど、服装はオリジナル。で、本物のナチスとしてSSの将校が3人ほど出てくるんですが、ちょっと服装はいい加減。グレーの制服で赤腕章とかはいただけません。一方、米軍の方はかなり時代考証的にちゃんとした軍服のようです。
 ◆  ◆  ◆
 もう一本の「カウボーイ&エイリアン」はさらに異色。要するに、殺伐とした西部劇が基盤にあって、これがかなり本格テイストなわけです。ところがそこへ持ってきて、1870年代に地球に飛来したエイリアン軍団・・・ここらは「プレデター」みたいな感じですね。それがなかなか、面白いブレンドになっている映画ですね。
 1873年、サンタフェに近い西部の荒野で、一人の男が目を覚まします。なにも記憶がない。そして腕には謎めいたごついブレスレットがはまっています。彼は、通りすがりの荒くれ者3人を瞬時に片付けて馬と服、銃を奪い、近くの裏さびれた街へ。この街は南北戦争で名を上げたダラーハイド大佐とその息子が牛耳っていて、街の人に無理無体を押し付けている状況でした。当然、そこにこういう名前も分からないよそ者が乗り込めばひと悶着あるのが西部劇の王道。男は保安官に逮捕され、自分がお尋ね者の悪党ジェイク・ロネガンであることを知らされます。たまたま一緒に逮捕された大佐のバカ息子と共に、サンタフェに護送されそうになったそのとき、ダラーハイド一味が現れて、息子と、それから恨みのあるロネガンを引き渡せと保安官に強要します。さて、ここで普通の西部劇なら一色即発、撃ち合いになるんですが・・・なんとここに、突如なんの前触れもなく謎のエイリアンのUFOが飛来して、街を破壊し尽くし、人々を誘拐し始める。大混乱の中、ロネガンの腕にはめたブレスレットが光り、武器として作動します。そしてUFO一機を撃墜。人々が驚く中、ダラーハイド達はエイリアンに浚われた息子たちを取り戻すため、撃墜したUFOから逃走したエイリアンを追跡することになります。どうも何か事情を知っていそうな謎の美女エラも現れ、さてお話はどうなっていくのでしょうか・・・。
 さて、ロネガンを演じるのはボンド役者のダニエル・クレイグ。ダラーハイド大佐にはハリソン・フォード。二大スターの競演で、もうその存在感だけでこの映画は決まり、なんですが、実際、いい味を出していますね。西部劇のパートの、いかにも西部劇的な展開と、SFになってくる後半とが不思議な持ち味になっていて、まあなんとも奇妙な映画なんですがそれで思ったほど違和感もない。エイリアンは爬虫類系なんでしょうか、なんとも気味の悪い、あまり知性を感じない連中。だけど高度な技術は持っており、まあプレデターっぽいですかね。
 この不思議感は、見てみないと分からないかもしれません。まあ、結構、陰惨な映画でもあり、これもエンディングはちょっと物悲しいですが、見て損はないと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

『図説 軍服の歴史5000年』作業難航。

 一応、入稿がすんでいる私達の新刊書『図説 軍服の歴史5000年』ですが、イラストが多いためレイアウトに難航しており、ちょっと当初の見通しより時間がかかるかもしれません。ご関係の皆様、お待たせしておりますが、もう少しお待ちください。
 本当に今回の本には苦労させられています。まあ、一種の試練なんでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

日刊ゲンダイ連載「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」三つ揃え。

 日刊ゲンダイに連載中の「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第15回が、10月22日(土)発売の紙面(土日版で定価150円)に掲載されます。今回のテーマは「三つ揃えのベストは甲冑の下着から」としまして、ウオームビズ・シーズンに活躍するスリーピース・スーツの歴史について取り上げます。
 今後も、隔週土曜日に、男の服飾史がらみの記事を載せていくことになっております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

有楽町の阪急・メンズ館を偵察。

 私はいつも強調していますが、基本的に「服飾史研究家」という看板を掲げています。つまり歴史家の一種です。私が興味があるのは古代ローマ軍の甲冑とか、中世のダブレットとか、17世紀以後のジュストコールとか、ナポレオン軍の軍服とか、でありまして、今のファッション業界にはなんの知識もありませんし、さして興味もありません。ましてスーツの着こなしに一家言なんてあるはずもありません。
 正直のところ、いわゆる「服オタク」という方々の掲示板なんかの書き込みを見ますと、辟易してしまいます。なんで皆さん、そんなにご自分に自信があるのだろう、どうしてそんなに自分をファッショニスタだなどと思えるのだろう、と不思議に思います。そもそも匿名で他人を中傷するような人種に品格やダンディズムなどあると思われません、私には。どんなに高いスーツを着ていても、所詮は下郎、じゃないでしょうか。
 まあそういうことで、私は現代の衣服については、まったく普通のレベルの、ちょっと服好きな程度の人間ですが、せっかく会社の近所に「阪急メンズ館」というのが出来ましたので、偵察して参りました。
 なんか初日は行列まで出来たそうですが、それから数日、すでに平日の日中はすっかり落ち着いておりました。ヴェルサーチにトム・フォード、ブリオーニと高級ブランドが目白押しで、確かに圧巻の品ぞろえですね。一方で、このメンズ館トータルのコンセプト、というのは今ひとつ見えませんでしたが、それはこれから色が出てくるのでしょうね。なんでもジェットセッターのためのお店、というんですが、自家用ジェット機で世界を行き来している人なんて日本に何人いるのでしょうか、という話ですから、まあ本当の設定客層はそういうライフスタイルに憬れがあるような人たち、ということなんでしょうか。
 私個人としましては、阪急オリジナルで揃えている靴下とかネクタイ、これらは地下1階なんですが、これが値段は手頃で色バリエーションも豊富で、これからぜひ利用したいな、と思いましたです。上の方の階で売っている何十万もする服を実際に買うことは、まあ私の身分ではなさそうですね・・・でも見るだけでいい目の保養にはなりますか。高い服はとにかく素材とか発色がいいですから、それを見ているだけで楽しいですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」という映画を見てきました。アメリカでも上々の評判だったと聞きますが、確かになかなかの出来ではないでしょうか。数年前にティム・バートンが「猿の惑星」をリメークしていますが、あれよりずっと面白いような気がします。
 アルツハイマー病に悩む父親を助けようと、チンパンジーを実験台にした新薬研究に励む若き科学者。中でも目覚ましい知能向上が見られたメスの一匹は、突然、暴れだして射殺されてしまいますが、一匹の子ザルを産み落としていました。科学者はこの子供をシーザーと名付けて育てますが、これは母親から優秀な遺伝子を受け継ぎ、人間の子供以上の急激な知性の発達を示します。ある日、隣人とのトラブルに巻き込まれる科学者の父を助けようと、家を飛び出し隣人に襲いかかったシーザー。彼は科学者から引き離され、施設に連れ去られてしまいます。ここで人間の愚かしさを悟ったシーザーは、ある企てを決意します。それはきたるべき「猿の惑星」への第一歩となるものでした・・・。
 ということで、1970年代の大ヒットシリーズ、「猿の惑星」を下敷きにして、この話の発端、猿がいかにして地球を支配するようになり、人類が駆逐されていくか、その端緒の部分を描く物語なわけです。70年代のシリーズでは、未来の猿の惑星から現代の地球にタイムスリップしてやってきたチンパンジーの子がシーザーとなって、人類を支配下に置き猿の王国を築いていったわけですけれど、本作は上記のように、人類が自ら作り上げた結果としてシーザーが生まれた、という話に置き換わっているわけです。が、それだけに話としてはリアリティーが増して、説得力のあるものになったのではないでしょうか。
 ロード・オブ・ザ・リング・シリーズでのゴラム役以来、モーション・キャプチャーの第一人者と目されるアンディ・サーキスが全編にわたってシーザー役を熱演しています。ただのCG画像ではなく、知性と哀愁をたたえたシーザーの目は、明らかに役者の演技そのものです。シーザーをいじめる飼育員に、ハリー・ポッター・シリーズのドラコ役で知られるトム・フェルトンが出ているのも注目。しかしこの人、悪役づいていますね。シーザーを手当てし、科学者と恋仲になる女性獣医の役にインド出身のフリーダ・ピント。この人は美人ですね。本作でも本当に魅力的です。そして、科学者に扮するのは、近年、活躍中のジェームズ・フランコ。アルツハイマー病と闘う父親役で、非常に重要な役どころを押さえたのはジョン・リスゴー。いい味を出しています。
 さて、「猿の惑星」といえば、第二次大戦中に日本軍の捕虜となった作家ピエール・ブールの原作で、有色人種を見下していた白人が、逆に有色の日本人の支配下に置かれる、という経験を基にしているのは有名な話。つまり猿というのは日本人がモデルなわけです。そして同じピエール・ブール原作で、リアルなバージョンの話として作られたのが、日本軍による連合軍捕虜使役を描くあの「戦場にかける橋」なんですね。いってみれば、「猿の惑星」と「戦場にかける橋」はまるで雰囲気は違いますが、兄弟のようなものです。
 「戦場・・・」は名画として名を残しましたが、一方で、「猿の惑星」もこれだけ長い生命を持ち続けているのは驚異的で、これから本作を手始めに新シリーズを展開する予定だともいいます。第二次大戦下の日本軍から生まれた映画が、これほど強い生命力を持っているのは不思議な感じもしますね。おそらく、猿が支配する世界、というものには、原作者の意図を超えた普遍的な寓話性があるからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

梶田達二先生のお通夜。

 8日に亡くなられた海洋画家・イラストレーター梶田達二先生のお通夜に夫婦して伺いました。先生のお人柄が表れた、とても心を打ついい御式でした。「いい人生だったよ、ありがとう」と仰って逝かれたそうです。かくありたいもの、と思いました。
 ◆  ◆  ◆
 年金の受給開始年齢が70歳にまで引き上げられる、というような報道を見ましたが、どんどんやる気がなくなりますね。どうしろというのでしょうか。やがて80歳にまで引き上げそうですね・・・。まあ、もう貰えない、ということなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

梶田達二先生、逝く。

 MSN産経ニュースによると「梶田達二氏(かじた・たつじ=画家)8日、胃がんのため死去、75歳。自宅は東京都練馬区富士見台2の41の2。通夜は12日午後6時、葬儀・告別式は13日午前10時半、練馬区高野台3の10の3、東高野会館で。喪主は妻、久世(ひさよ)さん。少年雑誌の挿絵やプラモデルの箱絵などを多数描いた」とのことで、ミリタリー画や艦船画の大家である梶田先生が亡くなられました。
 2年前の理科美展では私たち夫婦と親しく会話して下さり、その後、妻には激励の電話も頂きました。少し前にガンで闘病中、とうかがっており、心配していました。今回の『図説 軍服の歴史5000年』は当然、お見せするつもりでしたが、もう入稿まですんでいたのに、間に合いませんでした。残念です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

日刊ゲンダイの辻元よしふみ連載「野球のユニホーム」

 本日発売の日刊ゲンダイに、連載「辻元よしふみ おしゃれウンチク堂」第14回が掲載されています。今回のテーマは「野球のユニホーム 由来は半ズボン」としまして、ほかのスポーツウエアとは違い独特の進化を遂げてきた野球ウエアを取り上げています。
 今後も、隔週土曜日に、男の服飾史がらみの記事を載せていくことになっております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

ミケランジェロの暗号

 オーストリア映画「ミケランジェロの暗号」を見てきました。このあたりでは、TOHO日比谷シャンテでしかやっていないので(相変わらず、欧州の映画となると見るのに苦労します)わざわざ出かけましたが・・・これが快作ですね。文句なく面白い。
 第二次大戦を背景にしたユダヤ人とナチスもの映画、というと重苦しいのじゃないか、と身構えてしまう人も多いと思います。で、実際にこの映画はユダヤ人の収容所送りとかナチス親衛隊の横暴とか、出てきそうな要素は出てくるのですが、持ち味はサスペンス映画なんですね。どんでん返しに次ぐどんでん返し、はらはらするスピーディーな娯楽作品の要素が強くて、実によく出来た映画でした。
 1943年、第二次大戦中盤のポーランドで、レジスタンス組織がドイツ軍の輸送機を撃墜します。搭乗していた親衛隊将校の一人は即死、生き残ったのはルディ・スメカルSS大尉と、ユダヤ人のヴィクトル・カウフマン。しかし、今はナチ親衛隊将校とユダヤ人という関係の二人ですが、元は幼馴染で親友でありました・・・。
 時はさかのぼって1938年、ドイツ第三帝国に併合される直前のオーストリア、ウィーン。ヴィクトルは裕福なユダヤ系画廊の経営者ヤーコプ・カウフマンの息子で、何不自由ない生活をしていました。そしてルディは、長年カウフマン家に仕えた使用人の息子で、アーリア系。一家とは家族同然の付き合いでしたが、ここしばらくはドイツに滞在し、久しぶりにウィーンに戻ったところでした。また二人には共通の幼馴染のレナという女性がいて、二人とも憧れていました。ちょうどこの頃、カウフマン画廊はミケランジェロの未発表絵画を手に入れた、というセンセーショナルな情報が流れます。この絵をイタリアの独裁者ムッソリーニが執着し、またイタリアとの外交関係を重視するナチス・ドイツも手に入れようと目論んでいました。そしてドイツによるオーストリア併合。黒い親衛隊の制服を着て現れたルディにヴィクトルたちは衝撃を受けます。ルディはミケランジェロの絵を親衛隊に引き渡せば、スイスに亡命させてやる、とカウフマン一家に強要します。父のヤーコプはなんとかしてミケランジェロの絵を守ろうと一計を案じます。カウフマン家の人々は、ミケランジェロの絵を守り抜き、戦争を生き延びることができるのでしょうか・・・。
 後はもう、見ていただくしかない、めくるめくどんでん返しの連続で、本当に面白いストーリー展開です。
 経緯は記しませんが、途中でユダヤ人であるヴィクトルが、訳あって親衛隊の黒い制服をまとって身分を偽る場面があるのですが、そこで彼が「この制服を着てみて、これを着たくなる気分がよく分かったよ」と言います。ここは面白い。制服なんてただの布切れです。なんでもありません。しかし、その制服をまとうことは、絶大な権力と特権を行使できる身分を表すのです。ナポレオンに「人はその制服通りの人間になる」という格言がありますがまさにそれを地で行っているシーンですね。
 レナも、最初に登場した場面では普通の女性ですが、ドイツ軍婦人部隊の制服を着て登場する中盤では確かに見違えるほど不思議な魅力を漂わせます。この映画は、こんな制服の魔力というものが隠れたテーマになっている点も興味深いです。
 その割に、時代考証的にはちょっと疑問点もあるというか、特に大戦中盤になって親衛隊の高官たちが黒い制服を着ている点(実際には灰色のものが普通になります)、通常ならSD(情報部)の隊員であるのが自然な展開で、なぜか襟にSSルーンをつけた武装親衛隊みたいな制服の人物が多い、内勤の親衛隊員なのに騎士十字勲章らしきものを首に下げているシーンがあった・・・など、「戦史・服飾史研究家」を一応、名乗っている自分としては、やや「?」という部分もありました。
 が、本作はシビアな時代物というより、やはりナチス時代を背景にした娯楽作品として楽しむのが王道かな、と感じました。そして、そういう点でなかなかの傑作でした。
 制作陣はアカデミー賞を受けた「ヒトラーの贋札」と同じスタッフ。たしかにちょっと似たような味わいがあります。それからこれは妻の感想ですが、ドイツ語が古風な戦前のドイツ語を意識的に使っていて、好感を持てた、とのこと。特に力んでしゃべる軍人役の人たちが良かったそうです。確かに最近のドイツ語はかなり英語風な発音になっていて、ドイツ語圏の俳優さんでも、ハリウッドなんかに出てくると、たまにドイツ語映画に里帰りしても、今風なドイツ語になってしまって、いまいち、ということがあります。日本語だって、昔の映画を見ると、かなり発音や語彙が違いますもんね。そのへんは、かなりこだわって作った映画のようでした。
 ◆  ◆  ◆
 この映画を見た後、東京国際フォーラムに最近、出店したレストラン「ラ・メール・プラール」に立ち寄りました。ここは、フランスでも指折りの観光名所モン・サン・ミシェルにあるオムレツの名店の日本支店です。その名高いオムレツを食べてみましたが、これはもうオムレツというかなんというか、本当に別次元の感じ。一度食べてみないとなんともいいようがないかも。まるで綿菓子のようなふわふわ感はすごいですね。オムレツ以外の鍋料理も非常にいい味でしたよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

新聞は2040年までになくなる。

 こんな記事を見かけました。「【10月4日 AFP】国連世界知的所有権機関のフランシス・ガリー事務局長は、3日のスイス紙トリビューン・ド・ジュネーブに掲載されたインタビューで、新聞は2040年までになくなり、デジタル機器に取って代わられるとの見通しを示した。「それは1つの進化だ。いいことでも悪いことでもない。新聞は2040年までに消滅するということを示した複数の研究がある。米国では2017年に新聞がなくなるだろう」(ガリー氏)」
 こういわれてどう思うかといえば・・・私は驚きませんね。紙の新聞は20年ぐらいしたらなくなっていき、ガリー氏が言うように、30年後には、今のLPレコードのように、ごく一部向けの嗜好品としては残るかもしれませんが、基本的にはほとんど消えてなくなるでしょうね。20年後あたりから姿を消していく、というのは、私の個人的考えですが、今の団塊の世代が60歳前後で、少なくとも80歳ぐらいまでは紙の新聞を購読するだろう、という予想です。やはりこの世代以上の高齢層は紙の新聞を求め続けるだろうと思います。
 紙の新聞が消滅したら、新聞業界のビジネスモデルも大きく変化します。編成や校閲、制作、印刷に発送、そして販売・・・いろいろな分野が激動に見舞われるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

初秋のつぶやき。

 会社でクソ面白くないことがありました。まあ、なんというか・・・にんげん、漫然と惰性で生きていてはいけませんね。これから自分はどうありたいのか、本気で考え直さないとなどと、少し秋を迎えて重めに考えている私でございます。
 ああしたい、こうしたいということがあるなら・・・難しそうであろうが、夢想的であろうが、何もしないでは何も起こらない。
 何かをした人間にしか、結果はついてこない。
 なんて・・・あれですね、まあつぶやきみたいなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »