« ピアノちょっと復活。 | トップページ | マンホールを保存? »

2011年5月26日 (木)

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」/アメリカン・アイドル決勝

 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」を見てまいりましたが・・・パンフレットを買おうとしたら、なにか支障があって回収になってしまい、改訂版を今後、出すとのことでした。なんだったのでしょうか? 
 そういうわけなので、パンフがないため、詳細なことはあまり分かりませんけれど、見てのストレートな感想としては、さすがに娯楽映画の王道、まあ安心して見ていられるエンターテインメントでしたね。
 オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイは卒業し、新たにジャック・スパローの元恋人アンジェリカとしてペネロペ・クルスが加入、それから今作にもローリング・ストーンズのキース・リチャーズが特別出演しております。
 でまあ、お話としましては、伝説の生命の泉・・・そこに至った者には、永遠の命が約束されるというのですが(ところが実際に行ってみると、少し話が違ったりします)、それを目指して、スペイン軍、英国海軍、そして伝説の大海賊・黒ひげの一行が三つ巴のドタバタを繰り広げる、と。ジャック・スパローは行きがかり上、黒ひげとアンジェリカの船に乗り込んで、生命の泉を目指しますが・・・というようなことです。
 徹頭徹尾、娯楽作品ですので難しいこともなく楽しめますが、前作の第3作、「ワールズ・エンド」があまりにスケールが大きく、テーマ的にも重たい作品でしたので、ああいう重厚な作品を期待すると肩透かし、かもしれません。一応、旧3部作はリセットした形ですので、第一作目の軽快なエンターテインメントに戻った、と思った方が正解のような気がします。
 ただそれにしても、ストーリー的には、旧三部作ではもっとどんでん返し、あっと驚くような展開が随所にあったように思いますが、今作はよくいえば分かりやすい、悪く言えばストレートで単純、といえなくもありません。あまりひねりがない。そのへん、ちょっとテイストが変わったかな、という感じはあります。監督が交代した上に、なんでも、御大ジェリー・ブラッカイマーが今回も製作にかかわっていますが、ちょっと関与の仕方が変わったとも聞きますので、そのあたりの影響かな、とも思われます。
 そういうことで、特に私は黒ひげとアンジェリカの父娘の描き方、特にペネロペ・クルスのような大物を使っているのですから、彼女のバックストーリーにもっとなにかあるのか、と期待してしまいましたが、案外にそのへんはあっさりしているな、と思いました。旧作ならもうひとひねり、ふたひねりあったのじゃないかな、と。
 見ていて印象に残ったのは、脇役であるヘクター・バルボッサです。今回は英海軍大佐に成り上がっての登場ですが、これを演じるジェフリー・ラッシュの存在感が見事。ひょっとしてジャック・スパローを食ってしまっているかもしれません。「英国王のスピーチ」でも遺憾なくあくの強さを発揮していた彼ですが、さすがにオスカー男優、今作でいちばん見せ場の多かったのは彼のような気がします。
 とにかく展開が早く、娯楽作品としてはお手本のような一作で、肩のこらない一本を求める向きには大お薦め、でしょう。
 ◆  ◆  ◆
 アメリカン・アイドル・シーズン10で、スコッティ・マクレアリーが優勝したようですね。とにかく17歳とは思えない安定した大物感があり、行くところまで行きそうな感じはしておりました。とはいえ、本当に優勝まで行くとは立派、なにせ高校生ですからね、まだ。きっとアメリカのカントリー界をしょってたつ歌手になることでしょう。2位のローレン・アライナも16歳。こちらもきっとデビューするでしょうが、何しろ若いし、自信もつくだろうし、1年もしたらものすごくうまくなっていそうですね。ちなみに、美貌と歌唱力で決勝候補と目されていたのに、9位で意外の落選をして全米を仰天させたピア・トスカーノはさっそくデビューが決定し、3位のヘイリー・ラインハルト(私はこの人を応援していました。ハスキーボイスがいまどきじゃなくて、60、70年代のブルースやソウルをやると抜群)も、ジミー・アイオヴィンが契約に乗り出しているそうです・・・番組中でジミーがヘイリーにやたら厳しかったのも、それだけほれ込んでいた、ということみたいですね。

|

« ピアノちょっと復活。 | トップページ | マンホールを保存? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/51777050

この記事へのトラックバック一覧です: 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」/アメリカン・アイドル決勝:

« ピアノちょっと復活。 | トップページ | マンホールを保存? »