« その後、なんとか痛みもなく。 | トップページ | アメリカン・アイドル・シーズン10。 »

2011年4月30日 (土)

初夏モード。

 浦安市の住宅地の人気が下落、なんて記事をネット上で見かけます。まあ、私の住んでいるところは元町(鎌倉時代から集落のある古い土地で、埋め立て地でないところ)ですので元々、バブリーな話には関係ないのですが、新町地区のほうは大変でしょうね。
 その浦安で、先日から、震災以来ずっと営業停止していた舞浜ユーラシアというスパ施設が営業再開しまして、週に一度はここに通っていた私としては喜んでおります。やはり下水の復旧がなかなか進まなくて再開できなかったようですが、・・・先日はここの駐車場で妙にオーラのある車を発見、なんだろうかとよく見れば車体にランボルギーニと書いてある。こんな車でここに乗り付けるの? と思いましたが、まあいろいろな人がいらっしゃいますから。にしてもコレ一台で何千万? すごいですねえ。
 ◆  ◆  ◆
 尿路結石関係で、お世話になった薬品が三つありました。まずひとつは鎮痛剤のボルタレンサポ。激痛が来たらこれをただちに肛門に挿入します(つまり座薬)。一日に二回以上は使えない劇薬だが、効果甚大。この尿管結石でも、また胆石の発作でも、痛みを抑えるほど強力です。次にウロカルン。飲み薬で一日に三回、2錠ずつ服用。これは結石を溶かす作用があります。それからコスパノン。これも一日三回、それぞれ2錠服用で、結石を押し出す作用と尿管を広げる作用、鎮静作用などがあるようです。
 この3種類がいわば「結石の三種の神器」らしいです。痛くなったらボルタレンサポで抑えて、ほかは飲み薬に頼る。そして自然に石が出るのを待つ。基本はこれしかない。しかし石が出る、ということがなかった、というか分からなかった、という人も多く、なんとなく終わってしまうケースも多いようですね。1週間で終わる人もいれば、半年以上かかる人もあり、痛みがずっと続く人もいれば、すぐになくなる人もいる。私の場合、1週間で激痛がなくなったのはラッキーな方だったようです。以上は、今後の同病の方のためにご参考までに書いておきます(他人のブログってのは本当に病気のときに参考になりますから)。
 ◆  ◆  ◆
 今日あたりから私は夏服に切り替えました。まだ風が肌寒いんですけどね。しかし電車が節電といって蒸し暑いでしょう? だからもうオリーブ色のリネンの夏のジャケットなんかにしました。今日は緑のハット、緑のメガネ、緑ストライプのシャツに緑のスカーフ、緑のカーゴパンツに緑の靴下、緑色のブレスレット・・・と緑ずくめ。一人で初夏の雰囲気になっておりますけれど。
 あとは緑の靴があれば完成だがなあ・・・と思っていたりします。

|

« その後、なんとか痛みもなく。 | トップページ | アメリカン・アイドル・シーズン10。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/51535545

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏モード。:

« その後、なんとか痛みもなく。 | トップページ | アメリカン・アイドル・シーズン10。 »