« ディズニーランドも頑張ってください。 | トップページ | そろそろ自粛も・・・。日刊ゲンダイで新連載。 »

2011年3月31日 (木)

震災の被災馬を助ける話

 震災で、まずは人命を考える、これは当然のことです。しかしながら、地震と津波によって被災した動物、というものもいるわけです。徐々に人々には救助、援助の手が届くようになった段階で、被災動物のことも考慮する動きが出てきておりまして。
 埼玉県のときがわ村に「ときがわホースケアガーデン」という施設があります。ここはもともと、故障したり引退した元競走馬などの老後のケアをする、日本でも数少ない施設なのですが、今回は震災被災馬、つまり地震と津波により牧場が被災、持ち主が避難を余儀なくされる中、行き場もなく困っていた馬を受け入れることになったそうです。
 同ガーデンの「星ノ雷電王の★降る村の日記」というブログに、その詳細が記されております。
http://blog.livedoor.jp/horse_care2/?blog_id=1649157
 相馬からやってきた馬はコテツと命名されて元気にしているようです。計画停電中の漆黒の闇の中の輸送は大変だった模様ですが・・・ともかく、このように被災馬の疎開、ということも行われているのですね。

|

« ディズニーランドも頑張ってください。 | トップページ | そろそろ自粛も・・・。日刊ゲンダイで新連載。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/51258972

この記事へのトラックバック一覧です: 震災の被災馬を助ける話:

« ディズニーランドも頑張ってください。 | トップページ | そろそろ自粛も・・・。日刊ゲンダイで新連載。 »