« 日刊ゲンダイさんから取材。 | トップページ | ダービー卿のネクタイ? »

2011年2月 7日 (月)

ゲイリー・ムーア逝く。

 私の青春の一つが・・・。読売新聞の記事で「ゲイリー・ムーアさん 58歳(英国のロックギタリスト)ロイター通信などによると、6日、休暇で滞在していたスペイン南部のホテルの部屋で死去。英領北アイルランド出身。8歳からギターを弾き始め、ロックバンド「シン・リジー」などで演奏した。ソロでは、ビートルズのジョージ・ハリスン、オジー・オズボーン、ビーチ・ボーイズなどと共演した。(ロンドン支局)」というのを見かけました。私が高校から大学生ぐらいにかけて、いちばん好きで、いちばんコピーしたアーティストでした。ギターにしても歌にしても、たぶん私が最も回数多くマネした人の一人であります。そういえば、自分たちの結婚式でもこの人の代表曲「パリの散歩道」を新郎・新婦共演で演りました(日本では郷ひろみさんがカバーしていたでしょうか)。本田美奈子さんとの共演も印象深かったですね。まだ世代的には若く、亡くなるとは全く思っていませんでした。まあ、シン・リジィ時代の盟友フィル・リノットはとっくの昔に亡くなっているわけですが。
 とはいうものの、正直の所、私も「スティル・ゴット・ザ・ブルース」あたりまでしか聴いておらず、その後のブルース路線とかテクノ路線とかを経巡っている間も、そんなに熱心に聴いておりませんでした。ジャック・ブルーズやジンジャー・ベイカーと共演したBBMぐらいだろうか。ほかは、テクノ路線のころにアルバムを1枚、Dark Days In Paradiseとかいったかな・・・そんなのをちょっと聴いて「つまらないな」と思ったことがあるだけです。そんなわけですので、近年はすっかり個人的にはご無沙汰だったわけでしたが、どうも調べたら、昨年には21年ぶりに来日もしていたそうですね・・・。
 とにかく泣きのギターと豪快な速弾きで一時代を築いたギターヒーローでした。日本でも80年代には非常に人気が高かった人です。とにかく、この人より速く弾けるギタリストはその後、ごまんと登場しましたが、この人のようなエモーショナルな味がエレキギターで出せるギタリストはついに現れていないように思います。
 急死だったようでありますが、残念です。

|

« 日刊ゲンダイさんから取材。 | トップページ | ダービー卿のネクタイ? »

コメント

おひさしぶり。高校時代一緒にゲイリー・ムーアをコピーした元副団長です。訃報を聞いて真っ先に貴兄と演ったHOLD ON TO LOVEを思い出しました。あの頃よく、早いだけのスウェーデン人ギタリストよりも魂のこもったゲイリーのほうが上、なんて話を授業前にしていたことを鮮明に思い出します。確かに青春でした。昨年の21年ぶり(!)公演も観に行きましたが、過度な演出のまったくない職人的なステージ、基本はブルース主体でしたが最後にやはり「パリの散歩道」でむせび泣くギターにあらためて感動しました。今年あたりから徐々にハードロック路線も復活なんていっていた矢先の突然の死だっただけに残念でなりません。そしてこんな話を共有できるのが古い友人しかいなくなったということに時の流れを感じます。あんなにギターを歌わせたギタリストはいませんでした。合掌・・・

投稿: 元副団長 | 2011年2月 7日 (月) 21時36分

元副団長様

いやあ、我々ぐらいの世代で少しでもハードロック系をやっていた人にとっては、一種の目標的な存在だった時期がありますね、ゲイリー・ムーア。プロの人、音楽業界の人でひそかに影響を受けている人がすごく多いアーティストでもある、といいます・・・おそらくB’Zなんてそうでしょうね、たとえば。近年はもはや、ハードロックどころか、ロックというジャンル自体が退潮しつつある、という話もあります。私も近頃はめっきり音楽を聴かなくなりました。しかし・・・もし無人島に持っていく音楽を選べと言われれば、私はゲイリー・ムーアを間違いなく選ぶと思います。ありがとうございました。

投稿: 辻元よしふみ | 2011年2月 7日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/50804733

この記事へのトラックバック一覧です: ゲイリー・ムーア逝く。:

« 日刊ゲンダイさんから取材。 | トップページ | ダービー卿のネクタイ? »