« いっぺんに年末モード。 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのサイトに掲載。 »

2010年10月 8日 (金)

フカヒレとロバート・プラント

 いろいろとある中、イラスト制作に励んでくれている妻の玲子さんを激励するべく(?)ちょっと銀座三越まで行きましたが・・・ジュエリーとかアクセサリー関係の店舗を見ましたが、意外なことにお安い。ちょっと前の感覚だと三越でこの手の物なら何十万円から、という物だったような気がしますが、最近はちょっと変わってますね、といいますかもう手が出るお値段のものがありまして・・・。一言、助かります。「欲しいなら買っていいよ」と言えますからね、夫としても。
 それで、妻が目を付けていた12階の「タイ王宮土鍋フカヒレ煮」のお店サイアミーズ・フィンに行きました。なんだその土鍋フカヒレ煮ってのは、という感じですが、これはちょっと行ってみていただかないと何とも申しかねると言いますか、説明しにくいです。まあかなり濃厚なフカヒレの煮込みだとは申せます。これはなかなか変わったものでした。前菜の春巻きとか、魚料理のタラが最高で、メインの土鍋もいいお味。ひとつ難を言えば、土鍋のコース一種類しかない点でしょうか。ちょっと選択肢はすくないのですよね。
 ◆  ◆  ◆
 ふとテレビを見ていると、「へヴィーメタル大百科」とかいう番組をやっていて、スコーピオンズ、デフ・レパード、レッド・ツェッペリン、レインボー、マイケル・シェンカー、オジー・オズボーン、ジューダス・プリースト、アイアン・メイデン、AC/DCといった有名所から、シン・リジィ、トゥイステッド・シスターズ、ポイズン、スキッドロウ、クワイエット・ライオット、ラットなんて「あの人は今?」な感じのバンドまでいろいろやってくれまして、80年代の若者である私は懐かしさに溺れてしまいました。
 で、バンド名やメンバーなど、まだまだすらすらと記憶から取り出せるので、「おお、まだ覚えているものだなあ」と思ったのですが、ふとレッド・ツェッペリンのメンバーを思い出そうとして「ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズにジョン・ボンゾ・ボーナムに・・・おや、ヴォーカルはなんだっけ。あの金髪の甲高い声の・・・あれ?」となぜか度忘れ。こういうのを一つ思い出せないと脳細胞がたくさん死ぬとか申します。やばい、あの人だよあの人。顔も声も歌っていた歌もいくらでも出てくるがなぜか名前が・・・。
 で、ロバート・プラントという正解が出てくるまでに2時間かかりました。危ないところでした。まだ私の記憶というか、脳細胞は大丈夫らしいです・・・。
 

|

« いっぺんに年末モード。 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのサイトに掲載。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/49684896

この記事へのトラックバック一覧です: フカヒレとロバート・プラント:

« いっぺんに年末モード。 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのサイトに掲載。 »