« オンダータのパーティーに参加。 | トップページ | レッグマジック・勲章形のカフス。 »

2010年9月10日 (金)

タキザワシゲル×ドーメルのブレザー。

 台風一発でぐうっと風が秋めいてきましたね。まだまだ日中は30度ではありますが、もはや暑さのピークは過ぎたようです。はっきり申しましてね・・・もう夏というのは昔から嫌いです。夏なんて物はなければいいとさえ思っている(夏が書き入れ時、という業界の皆様には申し訳ありません)。そんなわけで、一刻も早く夏なんぞは終わって欲しいと思っておりますが、気象庁によりますと、まあ23、24日ごろまでは30度の暑さが続くのではないか、とのこと。いずれにしても35度が当たり前、という日々は終わった模様でありますね。
 ちなみにあの土砂降りの台風の日に、私は銀座のサローネ・オンダータさんに伺っておりました。都心もやばいことになっておりまして、路面が川のようになっておりましたけれども・・・なんとか無事に到着致しまして、やはり今年の同社の一押しである。タキザワシゲル×ドーメルのスペシャル生地の中から、アマデウスでダブル、そして王道の紺色・金ボタン・ブレザーを仕立ててもらうことにいたしました。亡き落合正勝先生も「ブレザーは出来るだけ高級なものを」と書いておられましたけれど、私はこれまで持っていた物がちょっと不満であったのです。まあ、はっきり言って学生服くさい、それにちょっと体形が太っていた頃に作ったので、今となっては合わないのですね、それで、「ここで紺色のブレザーがあると便利だけどなあ」というときって確かにありますね、今日は何を着ていこうかな、というときに、とりあえずブレザーにしてみるか、という日。スーツじゃちょっと堅いかな、しかしそこそこ決めてもみたい、という具合のときにいいんですけど、確かにそこでは相応のものじゃないといけない。もっともオーソドックスなものだけに、生地の良しあしがはっきり出ます。悪い物はそのへんの学生さんの制服に見えてしまう。大人のものに見えません。
 ということで、アマデウスの光沢有る生地ならいうことなし・・・ですが、お値段も相応にします。ところが今月内ですと、オンダータさんではドーメルの生地を特別価格で提供して下さるのですね。そんなこともあって、迷わず決めました。雨の中、伺った甲斐がありましたね。
 そんなわけで、今行くと、スペシャルな生地が非常に割安、ということですので、別に私は回し者じゃありませんが(!)、お薦め致します。今月のメンズEXにも取り上げられているように、きちんとした構築感と適度な軽快さを併せ持つ・・・それがタキザワシゲルさんの持ち味ですね。このさじ加減が確かに絶妙です。そんなことで、私も今回オーダーしたブレザーの出来上がりが楽しみであります。
 

|

« オンダータのパーティーに参加。 | トップページ | レッグマジック・勲章形のカフス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/49408509

この記事へのトラックバック一覧です: タキザワシゲル×ドーメルのブレザー。:

« オンダータのパーティーに参加。 | トップページ | レッグマジック・勲章形のカフス。 »