« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月23日 (金)

エアベンダー

 M・ナイト・シャマラン監督の新作「エアベンダー」という映画を見てきました。これはもともとはアメリカのテレビアニメが下敷きで、その原作の方の題名はなんと「アバター」だったらしい。さすがにいまさらこの題名もつけられなかった、ということでしょうか。監督がインド出身ということもあるのか、また元の作品のテイストもおそらくそうなのでしょうが、中国や日本を思わせる東洋的な世界観、なのに演じているのは西欧人やインド人など多国籍の俳優さんたち、使われる言葉は英語、そしてアクションは太極拳かカンフーみたいな感じ・・・とにかく摩訶不思議な作風です。ファンタジーとしてはありがちなのでしょうが、火、気、水、土の4大元素を司る四か国が調和を保っていた世界。それぞれの国には元素を自由に操れるベンダーが存在し(たとえば気のベンダーはエアベンダーな訳です)、その中でも四元素をすべて自在に用いるのがアバターという超人なのだとか。しかもそのアバターは、ダライ・ラマみたいに何度でも転生して再来するのだそうです。
 さてそれで、12歳にして自分がアバターであると告げられたエアベンダーの少年、アンが本作の主人公ですが、その重責に堪えきれず、責任放棄して逃げてしまう。あるところに身を潜めて、冷凍冬眠状態で、なんと100年も眠りについてしまう。そのために、世の中は乱れ、特に好戦的な火の国が世界征服をたくらんで滅茶苦茶になっている、というのが基本の設定です。
 アンを演じる役者さんが見事な武芸の技を見せますが、テコンドーのチャンピオンというすご腕なんだそうです。本物の武芸者なんですね。一方、そのライバルとして出現する火の国の王子役に、「スラムドッグ$ミリオネア」の主役を演じた人が出ていて、こっちもかなり切れのある動きをしますが、実は彼もテコンドーの達人なんですってね。そんなわけでかなり本格的なカンフー・アクション映画のような魅力もあります。さらに特撮で盛り上げる四つの力の絶大な効果・・・見ていて胸がすく感じで爽快です。
 本作は3部作の発端編ですので、まだまだ展開はこれから、という感じなんですが、すでに山場あり、泣かせ場ありで、なかなかスケール感もあって今後が楽しみです・・・問題としては、ちゃんと続編も作ってくれるのだろうか、という点。ときどきありますからね、連作の予定だったとか打ち切りになっちゃう作品が。本作は完全に「つづく」という終わり方なんで、絶対に3部作を完結して欲しいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

上田信展、麻利邑みみ展、ヴァルカナイズ・ロンドン

 梅雨明けしたそうですね。しかし各地で大きな被害が出ている様子。毎年、梅雨の末期に水害が出るものですが、今年は激しかったようで。
 ところで私どもはその梅雨空が残る中、ちょっと青森まで行ってきました。ここ数日、夏休みが取れたもので・・・。いや、今年は選挙とW杯のせいで少ないのですが。で、まずは浅虫温泉の「宿屋つばき」に一泊。こじんまりしたとても静かでいい宿屋でした。夜は津軽三味線の演奏など聞いて、食事も最高。あれで一人1万円そこそこというのはお安い。そして翌日は、いま、青森県立美術館でやっている「上田信」展に行ってきました。上田先生は青森のご出身なのですね。しかしまあ、上田先生は千葉県在住、本当なら御作品もお願いすれば御近所で拝見できるわけですが、なぜかわざわざ青森の地で・・・。しかし120点もの作品が並んで圧巻でした。戦車や軍艦、ガンダムなどのプラモデルの箱絵、表紙絵、初期の習作から最近のものまで。それに、今同じ美術館でやっているロボット展では、やはり上田先生の作品のほか、高荷義之先生、根本圭助先生、そしてこれらの先生の師である御大・小松崎茂先生の原画も展示されています。
 あの三内丸山遺跡のお隣で、はっきりいって青森市民にとってもけっこう行きづらいところにある美術館ですが、広いこと広いこと、私どもはちょっと、そのロボット展と上田信展以外は見ることができませんでした。
 ◆  ◆  ◆
 こちらに戻ってきて今度は、出版美術家連盟理事で、玲子がお世話になっている麻利邑みみ先生の個展を見に銀座まで行きました。昭和7年に建ったというレトロなビルの一室を借りきった個展は、画家の先生とお客さんの距離がとても近くて、いい感じでした。もともと洋画を学んだ後、「油絵の具の匂いが嫌いで」日本画の画材を用いるようになった、という独特の画風。とにかく個展のやり方とか、作品の額装の仕方といったことまで、いろいろと教えていただき、イラストの世界に入って日の浅い玲子には非常に刺激になったようでした。麻利邑先生、ありがとうございました。
 ◆  ◆  ◆
 そのあと、たまたまある懸賞で商品券をもらった南青山の「ヴァルカナイズ・ロンドン」へ足をのばしました。ヴァルカン・ファイバーのトランクで有名なグローブ・トロッターほか英国のブランド、ジョン・スメドレーやハケット・ロンドン、フォックス・アンブレラ、スウェイン・エドニー&ブリッグ、ターンブル&アッサーなどなどが目白押しの店内であります。ふんふんと見て行きながら、とにかく目に付いたのが緑色のグローブ・トロッター。私は日頃から黒いものを愛用していますが、この緑色は素晴らしい色なので、さっそく買い込むことに。なんでも英国では緑が一番人気、だとか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月 9日 (金)

ちょっとショック。

 ちょっとこう、ショックなというか、まあ問題が起こったりしています。まあそれについてはあれこれと言い立てても仕方ないので。それにしてもいろいろ起こりますねえ。よく一般論として、「何不自由なく幸せそうな人」が、少し立ち入ってみてみると様々な問題を抱えている、そんなわけで、自分ばかり不幸で、他人はうまくいっている、などと思いこむのは妄想である、という言い方があります。
 うちなども、まあ仕事はあるし、家族はあるし、相応にやっているように見えるかも知れませんが、やはり立ち入りますといろいろ、問題があるわけです。しかしどなたもそうですが、個別のいろいろの問題を人様に言ったり、世間様に発表したりはしない。
 特にですね、身体の不調系の問題などは、他人には分からないんですね、一般に。
 何事もなく平穏無事、なんて人間はいないわけで、どなたもそうだと思います。そして、私とか私の身内もそうなんだ、というだけ、ちょっと書いておきます。なんのことか分からない感じで恐縮ですが、おつきあいのある方には追い追い・・・。
 ◆  ◆  ◆
 ふと、昨日の深夜、かつて住んでいた新浦安の辺りを車で走っていて、よく行ったレストラン「アルル」を見てみると・・・おや、看板が違う? 「ビストロ44」という看板に代わっておりまして、これもショック。調べると、この新しいお店は6月2日に開店とのこと。よってアルルは春には撤退したらしい・・・昨秋に伺ったのが最後になってしまいました。なじみのお店が消えていくとこれまた寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

1年かかりました・・・。

 個人的にいいことですけれども、この1年間、かかりきりになっていた勲章にかんする原稿がようやく完成しました。まるまる1年間、400字の原稿用紙にして1200枚を超えています・・・去年、春に病気になり、6月に退院して後、7月から取りかかったのですけれど、世界中の勲章を取り扱う、という目論見があまりに向こう見ずで、とんでもないものになりました。
 とはいえ、これから校正を重ね、イラストを描いてもらい、資料や写真を集め、というわけですから、実際に刊行できるのは本当に数年後になるかもしれませんが、とにもかくにも初稿が出来上がった、というのは嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »