« プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | 世界最古の靴! »

2010年6月 3日 (木)

ヒロ・ヤナギマチの靴完成!

 昨年、鳩山総理が就任した時に自分がこのブログに書いた文章を読みなおしてみましたら、こんなことを私は書いていた。「・・・暴こうとしたり、旧例をいじくったり、人事を変えようとすると必ず、「現実的じゃない」とか「国際的にどうのこうの」とか「効率が悪い」とか「混乱する」とか「株価が下がる」とかいって邪魔立てする人が、中央にも地方にもごまんと出てくるでしょう。その尻馬に乗って騒ぐ人も次々に出てくるでしょう。また、取るに足りないことをスキャンダルといって持ち出す馬鹿な人も、すでにいろいろ出てきているし、これからも出てくるでしょう。言葉尻をとらえて「だから経験がない素人は困る」とかいって揚げ足取りばかりする意地悪も出てくるでしょう。そんなわけで一定程度、混乱するぐらいのことは有権者も分かっていたはずですので、安定が好きでずっと50年辛抱してきた国民が、今度は少々、波乱があってもいいから、安定が揺らいでもいいから大掃除してくれ、それさえしてくれれば、ほかのことには目をつぶるのでやってみろ、というのがこないだの選挙結果なんですから、そのおつもりで頑張ってほしいですね」・・・ということで、少々、混乱があってもいいから、というような気分はせいぜい2、3か月しか続かなくて、つぶされてしまったのでしょう。
 まあ、選挙前に首相と小沢幹事長が辞める、なんてのは既定のことと思われ、これで驚いている人なんていないと思います。私はちっとも驚きませんでした。
 次の首相が「邪魔立て」「妨害」「揚げ足取り」のたぐいをかわせるのか、やはりつぶされてしまうのか。見ものだと思います。それで駄目なら・・・また官僚に万事お任せの、表面的にはぼろが出ないけど、裏で何やているか国民は何も知らない政治に逆戻りして終わりでしょうかね。
 ◆  ◆  ◆
 HIRO YANAGIMACHIに注文していた靴が完成しましたので、受け取ってまいりました。なんというかこう・・・ものすごく自分の足形が生々しく出ているんです、もうこんな靴は絶対にそのへんで売っていない。足の癖一つ一つを反映して、きわめて独特のフォルムの靴になりました。これはすごいですね。とにかく難しかった、といわれました。自分の足がそんなに個性的とは、知りませんでした。実に端正、かつ重厚な風格もあり、さすがに日本随一とうたわれる柳町弘之さんの腕前です、これはお見事です。アーチにしっかり載って、踏みしめるとぐっと跳ね返る感覚は、決して既製品では味わえないと思います。ちなみに私は今回、少々、面倒くさい「サイドレースのギリー・シューズ」というのをお願いしました。つま先には左右非対称な穴飾りを開けてもらいまして、これがなんともありそうでない味わいになりました。
 お願いしてからちょうど1年弱ですが、最初のトライアルからでも丸半年かかっています。一度ビスポークしてしまうと、既製が履けなくなると言いますが、ああ、なんかそんな気がします。やはり次元が全然、違うものですね。決してお安いものじゃないのですが、というか普通の感覚だと相当に高い、ということになるんでしょうが、この価値観からいうとまだまだ安いというか、かかってる手間暇からいえばこんなものじゃないとうか、とにかく大変なものです。ぜひ皆様も試してみられることをお薦めします・・・お願いしてから完成まで1年はかかりますので、そのおつもりで。
 

|

« プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | 世界最古の靴! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/48529761

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロ・ヤナギマチの靴完成!:

« プリンス・オブ・ペルシャ | トップページ | 世界最古の靴! »