« この夏は低温傾向という話も。 | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »

2010年5月29日 (土)

箱根・対星館

寒いですね。いや、近年にはなかったぐらい肌寒い。どういうことでしょうか。そういえば社民党が政権を離脱するとかどうとかですが・・・「あ、そう」という感じな人が多いのではないでしょうか。
 さてそれで、実は昨日までちょっと箱根に行っておりました。え、なんでこんな時期に、というのも特に理由はなく、今後もサッカーのW杯とか、選挙とか、いろいろありますので今のうちにちょっと休暇を取った次第です。
 箱根登山鉄道で、富士屋ホテルのある宮ノ下まで出て、そこからさらに何百メートルも下ったところにある堂ケ島温泉というのに行きました。そこの「対星館」という旅館です。こちらは、宮ノ下からこの旅館専用の青い渓谷電車に乗って5分ほど下っていきます。これがなかなかいいんですね。ちゃんと本格的な電車になっていて驚かされます。数年前にアパレル業界から転身した社長さんが、特に力を入れて旧来のケーブルカーを新しいモノレールに更新し、昨年7月から運転しているそうです。とにかくこの小さな電車が面白い。
 昭和の初めにできて創業80年ほどという旅館ですが、実際、なかなかレトロな雰囲気がいいです。早川渓谷の渓流のせせらぎが始終、聞こえています。
 温泉が非常に柔らかないいお湯で、沸いたままを使用しているそうで、一部、ものすごく暑い風呂がありますが、非常に気持ちがよい温泉です。特に別料金を取られますが貸切岩風呂が素晴らしいもので、これはぜひお薦めです。
 食事もいい。基本的に部屋出しでいちいち食堂に行かなくてもいい。季節の料理は非常に洗練されていますが、特にじつは何がうまいと言ってコメがうまい。ここのご飯はおいしいです。妻と二人で御櫃を空にしてしまいました。水もうまい。ただの水道水がものすごくうまいです。
 これでお値段が一人2万円しません。これはお安いです。宿の皆さんも実に親切で、これはまた来たいですね。・・・ところで関係ないですが、箱根は山なので下界よりさらに肌寒く、夜は暖房が必要なほどでした。ですので私、服装もちょっと着こんで、白いハケットロンドンのジャケットに白いバナナリパブリックのベスト、ブリオーニのジーンズなんて服装でした。頭には最近買ったカンカン帽をかぶっていました。そしたら、旅館でも箱根湯本のお店なんかでも、なんだか「おしゃれですね」と言われました。はて、そんなに特別な格好でもないと思うのですが。まあそれなりにきちんとした服なのでそう見えたのでしょうか。一度ならず言われたので単なる御世辞だけではないようで、不思議であります。

|

« この夏は低温傾向という話も。 | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/48485926

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根・対星館:

« この夏は低温傾向という話も。 | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »