« 4月は鬼門? ヒロ・ヤナギマチ3回目! | トップページ | LEONの懸賞に当たる!! »

2010年4月29日 (木)

タイタンの戦い

 映画「タイタンの戦い」を見ました。実は1981年のオリジナル版も見てはいるのですが記憶はおぼろ。ただ、おおむねストーリー的には似たようなものかと。とはいえ、けっこうコミカルというか、単純率直でネアカだった原作とはかなり異なり、重いというか、暗い雰囲気に・・・。はっきり原作で覚えているのが、一つの目玉を三人で使う魔女と、腹を引きずって進み、弓矢を使って攻撃してくるメデューサ。そこらへんはオリジナル通りですね。それから驚いてしまいましたが、オリジナル作品で出てきた機械仕掛けのフクロウ「ブーボ」がワンシーンだけ、チラ、と出てくるのが御愛嬌ですが。
 それはそうなんですが、いろいろとオリジナルとは異なる点もあり、いちばん違うのは主人公、サム・ワーシントンが坊主頭だってことでしょうか。これは冗談じゃなくて、パンフレットによれば、異色なギリシャの英雄を演出するために坊主頭にしたんだとか。ただ、あれです、「アバター」で登場する時も彼は坊主だったんで、イメージが重なりましたかね。
 大筋としては、オリジナル通りというか、原話のとおりというか、化け物を退治したペルセウスは相応の幸せを得るんですが・・・そこらがちょっと、というか、通説とはだいぶ違っております。今作の特徴の一つは、ペルセウスの守護者として綺麗なお姉ちゃんがつき従っている点でして、これがいろいろ微妙に変化を生むわけですが、そこらはご覧になっていただくとしまして。ジェマ・アータートンというほぼ新人の女優さんですが、なかなか不思議な色気のあるひとです。
 実はある意味、この話の現代版パロディーといえる「パーシー・ジャクソン」を最近、見たばかりですが、何に似ているといえばあれに似ているともいえるかも。
 リーアム・ニーソンの演じるゼウス、レイフ・ファインズのハデスがいいです。そういえば旧作のゼウスはローレンス・オリビエでしたね。
 娯楽作品としては、ちょっと暗い雰囲気が支配しているな、と思いました。監督がフランス人だからか。テンポは非常によろしいです。
 

|

« 4月は鬼門? ヒロ・ヤナギマチ3回目! | トップページ | LEONの懸賞に当たる!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/48210131

この記事へのトラックバック一覧です: タイタンの戦い:

« 4月は鬼門? ヒロ・ヤナギマチ3回目! | トップページ | LEONの懸賞に当たる!! »