« ジェームス・キャメロン「アバター」ほかの話 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのフィッティングなど。 »

2010年1月22日 (金)

「政治とカネ」じゃなくブルガリアの勲章で悩む日々。

 おおっと、さぼっていたら1月も下旬に・・・。まあこのところ世間的にもいろいろありまして、世間的にいろいろあると、いちいち一緒になって騒がなければならない仕事柄、相応に忙しくしておりましたけれど・・・正直なところ、今の政界のハナシなんてのは、私の個人的好みではまったくどうでもいいというか・・・とにかくあれでしょう、景気以外のことなんて本当にどうでもよくて、ごちゃごちゃほじくり出しているようだが、うるせえな、というか。
 そんなことより個人的にはです、今はブルガリア語で困っています。ブルガリア語? そうです。ブルガリアの勲章制度なんて調べていて、ほとほと困るのが、キリル文字ってやつです。普通のアルファベットじゃなくて、ロシア語なんかでも使う、ひっくり返ったRみたいな字とか、上半分にちょっと欠落のあるBとか、数字の3みたいなのとか・・・まあそれはそれでいいんだけど、ちょっと調べていると、ネット上の情報がロシア語なのか、ブルガリア語なのか、あるいはウクライナ語なのか、というのが段々、わからなくなります。そもそも似ているだけに分からなくなってくる。
 そういえば、キリル文字ってのは、聖キリルという名のお坊さんが考案したんですってねそもそも。ま、そのものじゃなくて原形を考えた、ということらしいんですが。
 そんなことで、ブルガリアには「聖キリル・聖メフォディ勲章」なんてこの聖人様を記念する勲章があったりします。その他もろもろ、東欧当たりの勲章制度は大変です。封建時代の勲章、共産時代の勲章、90年代以後の民主化からの勲章がごちゃごちゃに入り交じっていたりする国が多いので、いちいちそれぞれの紀元を調べないとならない。上述の勲章について言えば、封建バージョン、共産バージョン、民主化バージョンが全部あったりして、デザインが微妙に変わります。面倒です。
 ま、そんなことずーっとやっとりますので。
 玲子さんのほうは、いま次の本の表紙の締め切りが迫っていて、連日、閉じこもっておりますが、えらいことですね。商売上、やっぱりドイツ軍親衛隊、というのをぜんぜん出さないわけにはいかないのですが、やっぱりあれも前期、中期、後期で微妙に違うし、面倒くさいんですね。
 本当に、面倒くさいことばかりやっとりますが、好きだからまあやっておられるという感じでしょうか。もうちょっと目鼻が付いてきたらまたご報告しますが、近況はそんなこんなで、二人とも黙々と作業の日々です・・・。

|

« ジェームス・キャメロン「アバター」ほかの話 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのフィッティングなど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/47362198

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治とカネ」じゃなくブルガリアの勲章で悩む日々。:

« ジェームス・キャメロン「アバター」ほかの話 | トップページ | ヒロ・ヤナギマチのフィッティングなど。 »