« 「政治とカネ」じゃなくブルガリアの勲章で悩む日々。 | トップページ | サロゲート・舞浜イクスピアリは大丈夫? »

2010年1月29日 (金)

ヒロ・ヤナギマチのフィッティングなど。

 先日ですが、ほんのちょっと食前酒として軽いものを飲んだところ・・・顔が真っ赤になりまして(!)。それが酔ったのじゃありません、さすがにそんなもの一杯で酔いはしないのですが、もう顔全面がひりひりするぐらい熱くなってしまったのです。さらに目がしょぼしょぼして、まぶたが腫れてなんだか面相も変わってしまいました。さらに腕にも湿疹がうわーっと出まして。
 そのまま出社したので、おそらく会社の方で「あれ?」と思った方もいらっしゃったかもしれません。
 幸いにして、3日もするとほとんど何もなくなったのですが、とにかく昨年は入院もしていますし、大事をとって病院に行きました。まあ、けっきょくアレルギー性のなにかだと自分でも思うので、そんなおおごとじゃないと自覚していますが・・・。
 今までのところ重篤な花粉症も出ていないので、あるいはここで発症したのかしら、とも思っております。お酒が引き金になったか? もっとも少しぐらいは飲むこともあるので、たまたま体質に合わないなにかだったかもしれません。
 とにかく血液検査をしてもらいましたが、結果は来週に出ますので・・・。
 それにしても、急に顔が真っ赤になると焦りますよ、最初はなにか悪い病気かと思いましたが。
 ◆  ◆  ◆
 ところでこれも先日、ついにHIRO YANAGIMACHIから連絡があって、ついに最初のフィッティングとなりました。いやあ・・・実に自分の足ってこういうものなのかとつくづくとよく思わさせられました。なんでも、かかとの骨がすごく外側に飛び出しているんです。そして甲がきわめて太い。しかも足長は短い。非常に太くて短い足なんですね。だからやっぱり既製の靴では絶対にきちんと合わないはずだ、ということでした。
 トライアル用の靴を履いてみて、やはり小指、かかと、甲なんかが当たる、ということで修正ということに。そして「もう一回トライアルさせてください」と仰るので、いやあ、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです、もう一足、トライアル用を試作していただけることになりました。
 それにしても、我ながら本当に、フルスクラッチじゃないと駄目な足みたいです。これは驚きました。
 同道していた妻が「え、トライアル用は捨てちゃうんですか?」と驚いていましたけれど、確かに最終の完成品までに何回も試作するのですから、それはやっぱり、相応のお値段ですけれど、安い、と思います。本当に良心的なお値段だと思います。
 一度、ビスポークしてしまうと、いまさら既製靴がどこのブランドだろうが、なんの高級品だろうが、そんなことはどうでもよくなってしまいます。これはスーツも同じで、やはり既製品とビスポークは根本的に別もの、と強く思うこのごろです。
 ◆  ◆  ◆
 柳町さんのところに妻が同道していた理由というのは、じつはその前に出版社さんに表紙絵を入稿していたからなんです・・・やっと表紙まで出来ました! これがなかなかのいい作品に仕上がったと思います。
 テキスト部もだいたい、出来あがってきました。なんだかんだと、この本「軍服の歴史5000年」(仮題)もまるまる2年以上、費やしていますが、ようやく先が見えてきましたです。どうか皆様、もう少しお待ちくださいませ。

|

« 「政治とカネ」じゃなくブルガリアの勲章で悩む日々。 | トップページ | サロゲート・舞浜イクスピアリは大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/47417039

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロ・ヤナギマチのフィッティングなど。:

« 「政治とカネ」じゃなくブルガリアの勲章で悩む日々。 | トップページ | サロゲート・舞浜イクスピアリは大丈夫? »