« インフルエンザ予防接種(ただし季節性)。 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

2009年11月10日 (火)

サローネ・オンダータさんのグローブ到着。

 さて昨日ですが・・・待望のマッゾリーニのグローブ・・・手袋ですね、これをサローネ・オンダータさんhttp://www.style-creations.jp/に頼んでいたのですが、ついに日本に届いた、とのご連絡を、それも滝沢滋社長ご本人からいただきまして、取る物も取りあえず伺ったのであります。で、ご存じの方が多いと思いますが、オンダータさんはちょうど改装が終わったところでありまして、前よりさらに明るい感じになっておりました。
 ということで、注文しておいた品物ですが・・・嬉しいですよね、外国の映画で出てくる貴族とか高級軍人の手袋ですよ、ぴったりぴちぴちできついぐらいの。色味は赤みがかった上品な茶色。こうじゃないと。いかにも防寒用の子ども向けみたいな・・・というか、下士官兵向けというんですか(笑)、ああいうのは興ざめですから。まあ別に私は将校でも何でもないですが、気分だけでも高級軍人ののりで、こんなグローブをはめるにしろ、胸元に挿すにしろ・・・今や暖冬でも何でも、粋なグローブは胸に挿すべきですよね、ことにツイードのジャケットなんて場合、変なチーフよりずっといい。
 すそ口にはボタンがあり、イニシャルも刺繍されています。やはりオーダー品は格別ですね、グローブとか靴ほどオーダーにふさわしいもんはないですね。私は上着なんて西友で買ったKYジャケット(カカク・ヤスイ)でも平気ですが、こういうものはそれ相応のものが好きですね。
 というわけで、先日、書いたように青い起毛のベルトを丸の内ソルフェリーノで買ったものですから、それに合うような青いグローブもついでに注文してみました。二色づかいでプルシャンブルーと、サックスブルーの縁取りを混ぜる感じに。いいですよねえ、それ。ちなみに・・・プルシャンブルーは「プロシャの青」で、サックスブルーは「ザクセンの青」つまりそれぞれの国の軍服のカラーが語源ですよ。
 しかしはるばるイタリアから到来・・・感激です。こういうのは病みつきになりそう。
 滝沢社長のやられることだから間違いの有ろうハズもない、と思っていたが本当にどんぴしゃに間違いがありませんでした・・・。
 ついでに、妻が描いた「アステカ戦士の図」を謹呈して参りました。もうすぐ次の本、刊行しますのでどうかもう少しお待ちを、と申し上げてきました、はい。「とても楽しみにしています。すごい資料価値の高い本になりそうですね。いずれフルカラーで出してくださいよ」とのことで・・・嬉しいですね、こういう方に言って頂けると実に。そうそう、追記ですが、オンダータさんでは今月から会員カードを作るようになりまして、入会するといいことが。あとはぜひお店を訪れてみてくださいませ。

|

« インフルエンザ予防接種(ただし季節性)。 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/46723863

この記事へのトラックバック一覧です: サローネ・オンダータさんのグローブ到着。:

« インフルエンザ予防接種(ただし季節性)。 | トップページ | マイケル・ジャクソン THIS IS IT »