« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月25日 (水)

イングロリアス・バスターズ

クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット主演「イングロリアス・バスターズ」を見てきました。こういう映画によくある、連合軍の特殊部隊がナチス占領下のフランスに潜入して・・・というたぐいのお話でして、もともとの企画としては昔のイタリア製戦争映画「地獄のバスターズ」のリメイクなんだそうですが、・・・もうほとんど原形は何にもとどまっておりません。全くのオリジナルと考えていいでしょう。で、リー・マーヴィンやテリー・サバラス、チャールズ・ブロンソンが出ていた「特攻大作戦」とか、クリント・イーストウッドが出ていた「戦略大作戦」のような、ならず者部隊が大暴れするお話、かと思ってみたのですけれど、それらの影響は大いに受けており、パンフを見てもその通りだそうですけれど、案外にそういう感じの話ではありません。
 往年の「生きるべきか死ぬべきか」にも似たところがあります(ヒトラーがあまりぱっとしない小さな劇場にお忍びでやってくる、という設定など)し、その影響も大きいようです。
 が、私が見たところ、雰囲気としてよく似ているのは、むしろ「ナバロンの要塞」とか「荒鷲の要塞」・・・とくに悪役のナチス親衛隊将校が出てきて、連合軍側の工作員などと丁々発止の頭脳戦を展開するサスペンス的な部分、お話が次々にひっくり返る意外性などはそれらアリステア・マクリーン原作の戦争映画にもよく似ています。
 そこでこういうことがいえます。特攻大作戦みたいなおふざけの利いた痛快娯楽戦争映画なのかしら、と思ってみる。すると実は、かなりサスペンスタッチの真面目な「ナバロンの要塞」みたいな話である・・・と。そんなわけで、監督のイメージからもハチャメチャなものを期待していたのですが、ちょっと違うのですよね。
 もちろん出だしからエンリコ・モリオーネの音楽など使い、また最近の映画には珍しく冒頭にスタッフロールを入れるなど、わざと60~70年代のB級戦争アクションの雰囲気を出しているのは明らかです(でも、それにしてもなんで出だしの音楽が「アラモ」なんでしょうか。ここまでくると関係なさすぎるような)。
 で、トータルの感想として、私としましては、個人的には痛快娯楽作にしてはかなり陰惨だし(とにかく人がたくさん死にます。戦争映画だとしても無駄にたくさん死にます)、真面目すぎるな、と。一方でシリアスな戦争ものあるいはスパイものというには、今度は不真面目なんです。はっきりいってどっちつかずな中途半端さが印象として残りましたが、いかがでしょう?
 もちろん本作のメインはブラッド・ピットで、癖の強い特攻隊長を好演しており、間違いなく映画の格を上げていますけれど、なんといってもすごいのは、ドイツ軍親衛隊保安本部(SD)のランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツという人。この人の演技でもっているような作品といっていいです。ドイツ語は当然ですが、英語、フランス語、イタリア語までばりばりとこなすのも見事。それからダイアン・クルーガー。本来は「ナショナル・トレジャー」とか「トロイ」とか、ハリウッド映画では全くドイツなまりのない英語もしゃべれるし、またフランス人と結婚したぐらいでフランス人と変わりないフランス語もできるはずの彼女ですが、わざとドイツなまりの英語とかフランス語を披露しているあたりがお見事。その他、言語に関しては昔の映画によくある「みんな英語で押し通す」なんてことはしていないのが本作の立派なところです。
 そして、史実には全く基づかないというか、ほとんどファンタジーのような展開になる本作なんですけれど、軍服の類の考証はしっかりしていて、たとえば勇敢なドイツ軍の下士官は胸に白兵戦徽章や一級鉄十字勲章を、英雄と呼ばれる狙撃兵は、特級射撃手飾緒を右肩につけ、首に騎士十字勲章を、ランダ大佐は黄金戦功十字勲章を喉元にぶら下げるという凝りようです。もちろん彼はグレーの開襟制服の袖にSDの袖章を着けております。親衛隊の将校が白ではなくカーキ色のシャツを着ているのも芸が細かい。
 で、これだけ言語とか服装は考証が行きとどいているのに・・・結末が史実とは全く異なってくるようなんですが、これでいいんでしょうか? 正直、私はちょっと納得いきませんでした。もっと最初から最後まで不真面目な展開なら、これでもいいんですけれど。
 前半のサスペンスシーンも、ナチス将校との息詰まるやり取りはなかなか面白いのですけれど・・・やっぱりちょっと長すぎるかも。これならもっとコンパクトでもよかったかもしれない、と素人考えでは思った次第です。最初のフランス農家の主人とランダ大佐のやりとりで、さりげなく「ハイドリヒ中将」なんて台詞が出てくるあたりはなかなか、いいんですが(いうまでもなくラインハルト・ハイドリヒSS大将のことで、彼を英軍の特殊部隊が暗殺した史実を描く「暁の七人」も本作の元ネタのひとつだそうです)。
 とにかく、先述のクリストフ・ヴァルツと、フランス人女優のメラニー・ロラン(すごい美人ですね)にとってはこれは出世作となるでしょう。確かに光っています。ヴァルツは特にカンヌで本作の好演が注目されたそうで、これから出てくるかもしれません。ダイアン・クルーガーも熱演です。そのへんは一見の価値がある一作、と思いました。なお本作でいちばんの名セリフはクルーガーの「それであなたたちアメリカ人って、どこの国の言葉ならできるのよ」。どこへいっても英語しかできないくせに威張っているアメリカ人ってのは・・・あれはクルーガーのアドリブかと思いました、違うんでしょうけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月21日 (土)

マルセスフィールドのセッテ・ピエゲ?

  近頃ちょいと気になったのが・・・ネクタイの歴史でして。いえ、おおまかな流れはすでによく知られているし、私も自分の本なんかにけっこう書きましたけれど、要するに17世紀にフランス軍に加わったクロアチア傭兵・・・この人らは、国の実権をオーストリアに奪われて、長年オーストリアの敵国だったフランスを支援したわけですけれど、彼らが首に巻いていたスカーフがクラバットの名で広まった、と。それがフランス軍の軍装から一般に広まり、フランス革命期には詰襟の燕尾式軍服の全盛期だったためいったん廃れ、ネックストックという単純な首巻きになっちゃった。
 ところがボー・ブランメルという人がナポレオン戦争前後からクラバットを復活させ、大流行。で、1850年代ごろあたりから、今の背広の原型みたいな服が乗馬コートの変種として出てきたとき、これに合わせる新型の首飾りとして出てきたのが、今みたいなネクタイである・・・と。いわゆる「フォー・イン・ハンド」タイですけど、こちらもここ2、3年ですっかり、ロンドンにあった馬車愛好家の社交団体「フォー・イン・ハンド・クラブ」が発祥らしい、というのが定説化してきています、私なんかが3年ほど前にそんなことを書いた時にはまだ、日本じゃあまり人気がない説でしたけれど。
 フォー・イン・ハンドというのは四頭立てで御者が一人という、当時としては革新的な超高速馬車です。いわば暴走族のマフラーみたいなものとして登場した・・・。
 ま、そのへんはいいのですが、近頃また見かけるのが「ネクタイの発祥は英国のマルセスフィールド」という記述なんですね。これ、私にはよくわからないんですが何かに書いてあるんでしょうか。マルセスフィールドって? なんか英国の地名としてなかなか出てこないのですが・・・。あるいは今はない地名か? 
 ひとつありうるかな、と思うのはチェシャー州のマックルズフィールドMacclesfieldという場所。ここは絹織物の大産地で今でもミルがいっぱいありますので、ひょっとしたらここじゃないでしょうか? 第二次大戦中も唯一、ドイツ軍の空爆を免れた産地だといいます。ついでにいうと、この地を開いたのは、チャールズ二世の衣装頭だった廷臣だそうで、英国のファッション史とは結びつきが深いところであります。違いますかねえ・・・。
 たとえばこれはBYESさんがイタリア・フィレンチェのマニュファトゥーレ・クラバットというブランドを紹介する記事。「20世紀初頭、イギリスのマルセスフィールドで誕生したとされるネクタイのルーツに習い、四角いファブリックを7つ折りして縫製する伝統のスタイル。多くのメーカーが4つ折りをセッテピエゲと呼んでいる今も、頑なに7つ折りの本物を作り続けています」とあります。
 あるいはMEN’S EX男の傑作品メンテナンス大全集(世界文化社)の57ページには「セッテピエゲってなに?」のタイトルで「イギリスのマルセスフィールドで誕生したとされるタイのルーツに倣い、生地を七つ折した伝統のスタイル」とそっくりな記述があります。こんだけ書かれるとなにか定説なんだろうか、と思いますが・・・はて?
 にしても20世紀初頭、はないと思いますけれど。間違いなく19世紀にはあったはずなので、もっと古いでしょう。1890年代の英海軍の制服規則にはすでに普通の長いネクタイが載っています。それとも七つ折タイを商品化したのが20世紀初頭、ということかしら。
 ついでに、そのセッテピエゲというイタリア語に当たるセブン・フォールド・タイについてですけど、英文のサイトをみますと、アメリカで生まれたスタイルで、アメリカン・クラシック・セブン・フォールド・タイなどと書かれているのが多いのです、それもせいぜい1930年代で、別に古い形式じゃないというのを見かける。そして、1980年代に入ってアメリカのロバート・タルボットが引退したユーゴスラビアの名人の手ほどきを受けて復活させてからリバイバルしたのだ、というような。
 どうなんですかねえ。それが本当ならイギリスでもイタリアでもなく、アメリカンスタイルなのかもしれませんよ。たとえばご存じウィキペディアの英語版ではThe seven-fold tie is a construction variant of the four-in-hand necktie which was available in America for between $1 to $5 up through the end of the 1930s. In the 1980s it became available again when the Robert Talbott company started to make them in Monterey, California.という感じです。
 ・・・もうちょっと調べてみますが、私は20世紀以後の衣服には実はちっとも詳しくないので(苦笑)・・・ヴィクトリア時代を過ぎると軍服と平服にきっちり分かれるので、私としては急激に興味が薄れます(つまり軍装しか興味ないんですね)。
 にしても、マルセスフィールドってどこなんだろう?
 ◆  ◆  ◆
 昨日の「クリスマス・キャロル」について服飾史的に一言。あの話は1840年代後半のロンドンが舞台でして、スクルージという守銭奴爺いは、けちではあるけどちゃんと最新流行の服装・・・黒いフロックコートにトップハットといういでたち。首周りはクラバットです。まだ上に書いたように、背広に今風の長いネクタイ、というのはまだ出てきていません。あと10年ぐらいすると普及してくるけれど、それもどっちかいうと若い道楽貴族の服装であって、いってみれば暴走族ファッションみたいなもんだった。進んで取り入れるのはオスカー・ワイルドみたいなフツーじゃない作家なんかだった。とにかく1840年代というなら、フロックコートというのが最新流行ファッションでした。1850年ごろになって宮中でもフロックコートが正装になるんですね。
 で、彼の回想シーンで出てくる、かつて修行時代のの雇い主、フェジウィックさんというのがカールしたカツラに青いシングル・ジャケット、半ズボンという17世紀以来の古いファッション。おそらく1780年代ぐらい、ナポレオン戦争より前の時代を回想しているんですね。出てこないけど、かぶる帽子もきっと三角帽トライコーンでしょう。
 そしてです、スクルージの使用人ボブ・クラチットは、週給15シリングという薄給でスクルージに酷使されているかわいそうな人ですけど、彼は頭にはトップハット、しかし身に着けているのはフロックコートじゃなくて燕尾服です。これは当時としては時代遅れの、1800年代の初めごろ、ボー・ブランメルなんかが流行らせた服装。彼は買った当時は普通だったけど、1840年代には完全に時代遅れな服装をしているわけです。
 と、こんな感じで時代考証が完ぺきでしたね、あの映画は。すごいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

クリスマス・キャロル

 ロバート・ゼメキス監督の最新作「クリスマス・キャロル」を見てきました。ディズニー製作のアニメ映画、というとちょっと甘っちょろいものを想像してしまう人もいるかもしれません。が、これはかなり違います。まあ一言で言うと「アニメじゃないけど、実写でもない」まさに夢のような映像です。ゼメキス監督は2年前の「ベオウルフ」で、従来のモーション・キャプチャーをはるかに超えるパフォーマンス・キャプチャーを実験しました。あの時点ではまだまだぎごちなさ、作り物臭さがあったわけですが、今回のは驚きました。もう19世紀のロンドン、ヴィクトリア朝時代の風俗ってこうだったに違いない、という完ぺきな映像が生み出されました。どんな大作映画のセットよりすごいです。そして登場人物の生々しいこと。しわやたるみ、表情のすみずみまで役者の演じた「演技」そのものが写し取られて、特殊映像に取り込まれている様は驚くばかりで、これからの映画はこういうことになっていくのだな、と実感させられます。
 つまり、ジム・キャリー演じる守銭奴スクルージは、腰は曲がり、やせ細って、鷲っ鼻の嫌な爺いで、ジム・キャリーがどれほど特殊メイクや老けメイクをしてもああはならないほど別人ですが、にもかかわらず、表情や動きがジム・キャリーそのもの、という摩訶不思議なことになるわけです。これはご覧いただくしかありません。
 そして、まさに時宜を得た企画というか、この経済危機の時代に本作が登場したのはタイムリーだったといえましょう。「お金がすべて、自由競争して強いものが生き残り、負け組は死んでしまえ」という考えがはびこったのはつい最近のこと。このお話はどう見ても19世紀ロンドンだけのことではない、むしろその思想がいきつくところまで来た今の時代にこそふさわしい。
 ディケンズの創造したスクルージは、シェークスピアが生んだシャイロックと並び文学界における「強欲な守銭奴」の代名詞です。本作はこれまでにもなんと60回以上、映画やドラマ、ミュージカル、お芝居の題材となってきました。そんなものですから、ネタばれもなにもなく、あらすじを書いても無駄ですけれど・・・ただ、「強欲な爺さんが夢を見て改心しました」というだけの底の浅い話じゃないことは、この映像を見ればよくわかる。原作を忠実に視覚化するとこうなる、というのですね。実にすばらしいファンタジー作品で、またタイムワープもののSF的な作品でもあり、ディケンズという人がすごいビジョンを持っていたことが納得できました。なにしろ日本で言うと江戸時代末期から明治の初め、ヴィクトリア時代の原作ですからね・・・。
 また当時の思潮からみてスピリチュアル的な視点も大いに感じます。途中で「現在の精霊」がいうのですが「神とか我々の名前を利用しているやつらがいるが、あんな連中は全く我々とは関係ない」。これはつまり教会批判が根底にあるのでしょうが、最近の日本でぽっと出てきたスピリチュアリズム・ブームだけ見ていると背景がわからないですが、19世紀にああいう思潮が出てきたのは、それだけ人を食い物にし、がんじがらめにしてはびこっていた宗教観があった、ということでありましょう。
 それにしましても、一人七役をこなしたジム・キャリー、一人三役のゲイリー・オールドマンには脱帽します。彼らは演技もしているので、単なる声優出演ではありません。なんでも収録では、全出演者が一堂に会して、シーンごとのカットもなく、いっぺんに撮るのだそうです。だからある意味、普通の実写映画よりも演劇に近いそうです。
 本作はマイケル・ジャクソンのTHIS IS ITを抑えて日米で登場一位となったそうですが、それだけのことはあります。ぜひ大スクリーンでご覧下さい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ウィンドウズ7搭載機に変更しました。

 昨日ですが突然、コンピューターが不調となりまして・・・ウィンドウズ・ビスタ搭載だったのですが、とにかく動きが悪いというか遅いというか、かなり不満があったのですが、その思いが伝わってしまったのか、わずか1年半ほどで駄目に。信じられません。
 しかしまあ、それならちょうどいいわい、ということで本日、ウィンドウズ7搭載機を購入しました。もろもろの初期設定を済ませまして、いま、テスト的に更新しておりますけれど・・・いまのところ、実に快調です。世評の通り、7の方がビスタよりいい、というのは本当のような気がいたします。やはりこう、XPの後、ビスタをパスして7へ、という人が一番、よかったのではないか、ビスタを買わざるを得なかった人は損したのではないか、というのが率直な感想でございます。
 というわけで、ちゃんと使えそうですのでご関係の皆様、ご安心ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

お知らせ。

コンピューターが不調でございます。しばらく間が空くかも知れませんがよろしくお願いいたします・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

 ようやくながらマイケル・ジャクソンの遺作「THIS IS IT」を見てまいりました。一言で感想を言えば・・・「とにかく見ておいたほうがいい」というものです。
 私自身は熱いファン、というわけではないですが、「ビート・イット!」とか「ビリー・ジーン」はかつてバンドでコピー演奏した覚えもあります。ちなみにそのときのヴォーカルは女性にやってもらいました。
 演奏するだけでも大変な曲が多いのですが(特に初期の曲などは、バックを務めるのがなにげにTOTOのメンバーで、聞き逃してしまいそうなバッキング・ギターがスティーブ・ルカサーで、リードはエディ・ヴァン・ヘイレンだったりと、初めからレベルが高い)それを歌い、踊り、のみならず、リハーサルではずっと自分がキューを出し、間奏の入り方やバッキングの演奏の仕方から立ち位置、ライトの照らし方、曲の要所要所のコードの変更、終わりの部分の余韻の持たせ方・・・あそこまで本人が仕切っているとは思いもしませんでした。演出するオルテガ氏は基本を設定するだけで、現場監督はまさにマイケル本人が全部、やっていたんですね、もう脱帽。まさに才能の塊のような人だったんですね。しかも50歳! 50歳にして、あんな激しいリハーサルを100時間も続け、しかも自分だけでなく、全スタッフの動きを把握し、指示を出し続ける・・・彼が常人でないことはわかってましたが、あれほどまでに・・・驚くべき記録です。
 しかも、そんな彼がもうこの世にはない、この映像の最後で「さあみんなで頑張ろう」といってロンドン公演に向けて一同が団結するのですが・・・信じられません。
 その後の報道によれば、ろくに食べ物も食べず、薬だけで生命を永らえていたといいます。もしツアーに入っても、やはりどこかで燃え尽きてしまったかもしれません。そんな恐るべき覚悟と気迫に満ちており、いわゆるミュージックヴィデオのような生ぬるいものではありません。見事なドキュメンタリー映画です。映画としての構成も見事で、残された映像と、本来はやるはずだった演出をうまくつなぎ、どんなショーを目論んでいたか全貌がしっかり分かるようにできているのが素晴らしい。
 そして・・・何よりマイケルについていきます、とすべてをささげているスタッフたち。あの見事なショーが、あそこまで完全に出来あがっていたものが、たった一度も実際にやれないままで終わってしまったミュージシャンたち、ダンサーたち、その他の人たち・・・彼らは「あの日」以来、どうなってしまったんだろうか。それを考えると暗澹としてしまいます。
 とにかく、こういう人と同時代に生きられてよかった、というにふさわしい巨星だったことが改めて実感できました。選曲もまんべんなく、上記の2曲はもちろん、初期のジャクソン・ファイヴの時代から最近まで、網羅されています。が、中心となるのはやはり全盛期の「スリラー」「BAD」アルバムでして、「デンジャラス」以後からは若干という感じ。
 映画が終わると、会場では期せずして拍手が沸き起こりました。マイケルのラスト・ライブに対するもので、いわゆる映画を観終わった後の反応ではありませんでした。私にも、その場の空気がよくわかりました。
 二度と、このようなエンターテイナーは現われないでしょう。せめても、このツアーを一回でも二回でも実際にやらせてあげたかった、とだれもが思える作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

サローネ・オンダータさんのグローブ到着。

 さて昨日ですが・・・待望のマッゾリーニのグローブ・・・手袋ですね、これをサローネ・オンダータさんhttp://www.style-creations.jp/に頼んでいたのですが、ついに日本に届いた、とのご連絡を、それも滝沢滋社長ご本人からいただきまして、取る物も取りあえず伺ったのであります。で、ご存じの方が多いと思いますが、オンダータさんはちょうど改装が終わったところでありまして、前よりさらに明るい感じになっておりました。
 ということで、注文しておいた品物ですが・・・嬉しいですよね、外国の映画で出てくる貴族とか高級軍人の手袋ですよ、ぴったりぴちぴちできついぐらいの。色味は赤みがかった上品な茶色。こうじゃないと。いかにも防寒用の子ども向けみたいな・・・というか、下士官兵向けというんですか(笑)、ああいうのは興ざめですから。まあ別に私は将校でも何でもないですが、気分だけでも高級軍人ののりで、こんなグローブをはめるにしろ、胸元に挿すにしろ・・・今や暖冬でも何でも、粋なグローブは胸に挿すべきですよね、ことにツイードのジャケットなんて場合、変なチーフよりずっといい。
 すそ口にはボタンがあり、イニシャルも刺繍されています。やはりオーダー品は格別ですね、グローブとか靴ほどオーダーにふさわしいもんはないですね。私は上着なんて西友で買ったKYジャケット(カカク・ヤスイ)でも平気ですが、こういうものはそれ相応のものが好きですね。
 というわけで、先日、書いたように青い起毛のベルトを丸の内ソルフェリーノで買ったものですから、それに合うような青いグローブもついでに注文してみました。二色づかいでプルシャンブルーと、サックスブルーの縁取りを混ぜる感じに。いいですよねえ、それ。ちなみに・・・プルシャンブルーは「プロシャの青」で、サックスブルーは「ザクセンの青」つまりそれぞれの国の軍服のカラーが語源ですよ。
 しかしはるばるイタリアから到来・・・感激です。こういうのは病みつきになりそう。
 滝沢社長のやられることだから間違いの有ろうハズもない、と思っていたが本当にどんぴしゃに間違いがありませんでした・・・。
 ついでに、妻が描いた「アステカ戦士の図」を謹呈して参りました。もうすぐ次の本、刊行しますのでどうかもう少しお待ちを、と申し上げてきました、はい。「とても楽しみにしています。すごい資料価値の高い本になりそうですね。いずれフルカラーで出してくださいよ」とのことで・・・嬉しいですね、こういう方に言って頂けると実に。そうそう、追記ですが、オンダータさんでは今月から会員カードを作るようになりまして、入会するといいことが。あとはぜひお店を訪れてみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »