« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

改めてサウンド・オブ・ミュージックに思う。

Photo  映画「トラ・トラ・トラ!」の40周年記念DVDブルーレイ版というのが出る、というのでつい予約してしまいました。年末に出るそうですが、今までの普及版DVDにはなかった日本公開版とアメリカ公開版、ということは渥美清の出ているシーンも入っているのでしょう、それに初めて日本語吹き替えも入れる、とのことで、かつて地上波テレビでこの映画を見た人にはすごく懐かしいのじゃないでしょうか(私もテレビで見た印象が強くて、その後の普及版DVDは納得できませんでした)。
 ところで近頃は往年の名作映画のデジタルリマスターDVDが出てきて、けっこう楽しませてくれます。60年代、70年代の名作が続々と生まれたころの映画は、悪いけれど最近の映像ばかり派手だけど内容は五番煎じ、六番煎じ・・・といったものと違い、内容の良さは折り紙付き。いかんせん、画像が古くて、というのが技術の進歩で新作同然になるわけで、ありがたいことです。「映画って本当にいいもんですね」といえた時代はよかったですね。これ、音楽も同じですけど・・・今になってもビートルズやレッド・ツェッペリンのリマスター盤が売れるわけで、若い世代には申し訳ないけど、もはや彼らで十分であって、五番煎じみたいな「新しいバンド」なんて今更、出てこないでいいのじゃないかと思ってしまうのは確かです。
 ◆  ◆  ◆
 ということで、先日の「シェルブールの雨傘」に引き続き、今度は数年前にやはり公開40周年でリマスターされた「サウンド・オブ・ミュージック」を買って見直しましたけれど、いやあ、やっぱり面白いですねこれ。まずこのあふれるほどの名曲ぞろい、これには驚嘆させられます。駄曲が一曲もない、これはものすごいことです。特に「ドレミの歌」ですよね。特典映像でアンドリュー・ロイド・ウェーバーが何度も絶讃していますが「一オクターブでこんな名曲になっているなんて、本当にすごい!」のです。あまりにも普及しすぎて子供の音楽入門歌みたいになってしまいましたが、それだけすごい曲なんですね。今となっては、この曲が出来る前の音楽教育ってどこから始めたのか分からないぐらいです。もし劇中のようにマリア先生が思いつきでこの曲を作ったんなら、彼女は超天才ですけど・・・。
 特典映像で驚いたのは、クリストファー・プラマーは当時、なんと25、6歳で、ジュリー・アンドリュースは27、8歳だったという・・・ということは、マリアのほうがフォン・トラップ大佐より年上だったということ? 本物のトラップ大佐とマリアは20歳以上の年の差カップル(もちろんトラップが年上)ですが。二人の演技力はすごかったということですね。
 ちなみにフォン・トラップという人はオーストリア・ハンガリー帝国海軍のUボート艦長としてトップクラスのエースだったのですが、第一次大戦の敗北で失業してしまった、というのは海沿いの領土はハンガリーで、オーストリアとハンガリーが分離したために山国オーストリアの海軍というのは解散しちゃった、なにせ海がないんですからね。前回書いたブリオーニ島の海軍基地ってのもハンガリーと同君国のクロアチア側にあったわけです。で、当時のトラップさんの写真(上の写真)を見ると、袖にはすごく太い金線1本と細い線1本。これ、他国の海軍だと将官かなんかに見えますが、旧オーストリア海軍のシステムじゃ少佐です。英語のウィキペディアにもコルベッテン・カピテンとある。つまり「小型艦艦長」の意味。これ、ドイツ語圏では少佐です。英語で海軍の佐官はレフテナント・コマンダー(少佐)、コマンダー(中佐)、キャプテン(大佐)なんで、海軍でキャプテンというと大佐だけ。しかしドイツ語ではコルベッテン・カピテン(小型艦艦長=少佐)、フリゲッテン・カピテン(中型艦艦長=中佐)、カピテン・ツー・ゼー(海軍大佐)というようなことで、つまり全部カピテンという言葉が付く。だからトラップさんがアメリカに行って、自分はカピテンでした、と名乗ったのは嘘じゃないが、厳密に言うと艦長でした、ということで大佐だったわけじゃない、というのが正解らしいです・・・。結婚式で海軍のフロックコートを着ているシーンがありますが、あれは袖に金線4本でした。普通の国ならあれで「海軍大佐」になりますが、オーストリア海軍の場合、もし大佐なら太線1本と細線3本、史実通りに少佐なら太線1本と細い線1本。いずれにしてもあそこは間違いとなりそうです。そういえば舞踏会と結婚式で、とても珍しい勲章を首に付けていますが、あれはオーストリア功労勲章といって、第一次大戦後からナチスに併合されるまでの十数年しかなかった勲章。彼があれを実際に貰っていたのかどうかは不明です。マリア・テレジア勲章を貰っていたのは確実ですが。
 この映画の最大特長は、前半のメロドラマ調、ファミリードラマが後半は一転、サスペンス調、戦争映画調になるところです。そのぴりりとワサビをきかしているナチス親衛隊役の皆さんの熱演ぶりもなかなかのものです(実際、彼らの演技だけはミュージカルじゃなくて戦争映画になっていますね)が、コスチュームも本格的で、黒服の親衛隊将校は古参闘志章など袖に付けており、シャツもありがちな白シャツじゃなくてカーキ色! いやこれは結構すごくて、どんな映画でも黒服のナチスは白シャツがほとんどで、本来の規定通りにカーキ色を着込んでいる映画なんて、私はこのミュージカルしか知りません。白シャツは儀礼のときだけで、通常は親衛隊の母体だった突撃隊の名残でカーキ色、というのはあまりにマニアックですが、それをちゃんとやっているこの映画は油断なりません。
 ◆  ◆  ◆
 ところで・・・「ドレミの歌」については、私はかなり前から・・・まあ中学生ぐらいから不思議に思っていることがありました。
 まず、ドイツとか英国とか、ゲルマン系の国では音名はCDEFGABC(ドイツ語圏ではBじゃなくてHだとか)で表し、イタリアやフランスなどラテン語圏と、中国、フランス、ロシア、そして日本などがドレミファソラシドを使うんじゃないか、ということ。前者は「移動ドmovable do」で、後者は「固定ドfixed do」なんていうそうです。で、アメリカは英語圏だから前者だと思いこんでいましたが、そうでもなく、両方使うそうで、それで一応は納得。アメリカ人になじみのないものではないそうです。
 しかしそうしてみますと・・・今度はなんでドイツ語圏であるオーストリアが舞台でドレミなの? という気がしてきます。オーストリアはCDEF・・・じゃないのでしょうか? ま、あくまでアメリカの映画、ということなんでしょうが。
 次に、ドレミと音が上がるたびに、いろいろな言葉を当てはめていくわけですが、最後のシをティーと歌っている。で、「ティー(お茶)にはジャムとパンを付けて召し上がれ」なんて歌詞を付けて、みんなで振りまでつけて踊ります。しかし、どうしてシじゃなくてティーなの?
 これも調べてみて分かりましたが・・ドイツ語でCDEFGAHCのそれぞれのシャープ♯(半音上げ)をツィスとかディスとか語尾を変えて言いますけど、同じようなことはドレミでもあるそうです。こっちは知らなかった。つまりdo,re,mi,fa,sol,la,siの音名の語尾を変えて表現するやり方があるそうで、語尾にiを付ける。すなわちdoはdiになり、reはriになる。とすると、シsiが困るわけです(笑)。初めからiが付いているから。どうもこれは英語圏でドレミを使う国、ということはほぼアメリカですね、でのソルフェージュのやり方で、以来、ドレミファソラティドなんですと。miは初めから上がらないので、やはりiで終わるけど気にせず、半音ずつ徐々に上げていくとこうなるそうであります。do di re ri mi fa fi so si la li ti do ド・ディ・レ・リ・ミ・ファ・フィ・ソ・シ・ラ・リ・ティ・ド。siというのはsoの半音上げの意味で、本来のsiの位置にはtiを入れているわけ。ああ面倒くさい。ちなみにこういうやり方は19世紀にイギリスで生まれたそうですけど、ま、深追いしません。
 まあ、そんなようなことらしいですが・・・実は私もちっとも詳しくないので突っ込んだ話は音大出のうちの妻に任せますが、それにしてもなんで日本じゃ、ドレミファもあれば、ドイツ式のツェー、デー、アーとかツィス、ディスもあれば、英国式のエーマイナーとかシーメジャーとかいう表現もあれば、あまつさえ日本式のハニホヘトイロハまであるのか? たとえばクラシックの人らは音名はラテン語でドレミファ、しかし音階になるとドイツ式にツィス、ディス、なぜか曲名となるとベートーベン第5番「運命」ハ短調とかいきなり日本式で言い出すのか? こんなだから音楽の授業が分からなくなるんですね。おそらく明治時代に統一しなかったせいでしょうけど・・・。そうそう、妻もひとしきりそんなことを言ってましたが、そしてさらに「ところでなんでフロイライン・マリア(マリア先生)」なんだろう? 普通は姓のほうに付けるはずだけど」。そうですな確かに。ミスター・ツジモトじゃなくてミスター・ヨシフミって呼んでるみたいな話ですものね、いわれるまで気づきませんでした。マリア・フォン・トラップは独身時代の名はマリア・クチェラ。すると「フロイライン・クチェラ」と呼ばれていたのでは・・・ま、それじゃ映画的にはサマになりませんね。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

カムイ外伝

 あの白土三平の名作「カムイ外伝」の実写版映画「カムイ外伝」を見てきました。こういう絶対的に磁場の強い、というか名声の高い原作漫画を元にした映画化では、必ず「原作のイメージと違う」とか「理解が浅い」とか、いろいろ出てくるのじゃないかと思います。
 私自身は実はカムイ外伝は、ほとんど何も知らないに近いので(ほんの何度か、さわりの部分を何かで読んだだけ)、全くの新作を見るのとそんなに変わりはありません。
 で、今作の場合はやはり原作ファンへの手当て、というのものか、カムイが抜け忍(つまり忍者集団を離れて掟破りの逃亡者となった忍者)となった経緯とか、得意技を冒頭に紹介し、原作漫画の絵も使用して違和感がないように配慮していることが目立ちました。
 このへん、丁寧な配慮だと思いますが・・・けっこう、まだるっこいというか、今回の本筋とは関係ないというか、そんな感じも正直、ちょっとしました。崔洋一監督も、脚本の宮藤官九郎さんもすごく苦労されたのじゃないでしょうか。
 で、その逃亡者で追っ手の刺客「追忍」に追われる身のカムイ(松山ケンイチ)が、ふとしたきっかけで、高松城主(佐藤浩市)の愛馬の脚を切って殺し、その脚を盗む漁民(小林薫)と行動を共にすることになり、瀬戸内海の漁村を訪れることになりますが、そこにはかつてカムイより先に抜け忍となっていた女忍者(小雪)がいて、漁民の妻となっており、その娘(大後美寿々)はカムイに好意を抱きますが、元女忍者のほうはカムイを刺客と勘違いして警戒する・・・というようなお話。これは原作漫画の中では、カムイ外伝の中でもちょっと脇道の外伝、というある一章を映画化しているようですね。
 とにかく松山ケンイチほかのアクションはすごくよろしいように思います。その割にCG処理も多いような気もします。ま、うまく組み合わさってはいますが。基本的にうまい役者ぞろいだし、演技面では文句なしなんですが、なんかけっこう話のテンポがよろしくありません、個人的には。
 佐藤浩市の殿様がなかなかいい味を出しております。ただこれは原作通りなんでしょうが、たかだか5万石の大名にしてはエラそうすぎというか、権力が有りすぎるというか、まあ、大名としてはあんまり大きくないように思うんですが。
 それから大筋は原作通りなのだろう、とこれも思うのですが、やはりお話はとにかく陰惨でございます。もうまったく陰惨。救いなし。
 ひたすら沖縄でロケしたらしい海の青が美しく、それが唯一の救いですか。ということで全くの「カムイ初心者」としての感想は「娯楽作品としてどんでん返し的な転換も多く面白かったけれど、とにかく後味は暗い話だった」というにつきます。熱烈な原作ファンの方はどうなんでしょうか?
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

いよいよ秋冬ですね。

 中国であの毛沢東主席のお孫さんが将官に昇進した、なんて話をどこかで読みました。39歳で少将は、中国軍で最年少だとか。軍隊で将官というのは、まあ普通の会社でいえば重役になったようなもんです。かえりみれば自分は42歳。男の厄年で病気もしました。「裸の大将」で「で、それは兵隊でいうと大将か?」というセリフがありますが、今の自分は兵隊でいいますと・・・どうですかねえ? 二等兵ではないと思うけど、・・・ま、それじゃ上等兵ぐらいかしら。年齢だけは重ねました、という。
 ◆  ◆  ◆
 そろそろクローゼットの夏物と秋冬物を転換しております。まずは夏物の帽子をしまいこんで、秋物に替えました。数えてみると夏物だけで15個はあります。冬物も同じぐらいある。よく買ったもんだなあ・・・安物ばかりですが。帽子なんて風で飛ばされるかもしれずあんまり高いものは被りません。
 コート類も全部出してみましたが、革のコートやジャケットは、春にラナパーを塗っておいたおかげで状態もよく、すぐにも着られそうです。それからしまいこんでいたオッドベストのたぐいが・・・おやおや、こんなにあるのか! 自分でも驚きました。やはり15枚ほどあったりします。
 夏に買ったカラーパンツを点検し・・・今夏はずいぶんと色ものを増強しました。バナナリパブリックの深紅のもの、ハロッズで買った緑のもの、それからリプセットで仕入れた縦縞のもの、ダイエーで買った(!)オレンジ色のもの(これがなかなかいい色)など。そういうわけで今年は案外にこれらの各色を着まわしたため、例年よりも白やクリーム色のスラックスは汚れませんでした。
 全体に、あまり汗もかかず、即座にクリーニングに出さなきゃ、というものはあまりないですね。とりあえずハケットロンドンの白いジャケットと、西友で買った(!)水色のジャケットぐらいでいいか。例年だと塩を吹くぐらい着倒すブルックスブラザーズのブレザーも今年はほとんど汚れていないように見えるんで、まあ、いいか。
 ということで、そんなこんなをクリーニングの「ハッピー」に送り届けました。http://www.kyoto-happy.co.jp/index.htmlこちらは京都にあるクリーニング屋さんですが、高級な服でも水洗いする技術が売りのお店です。銀座のアルフレッド・ダンヒル内でも出店を出していますが、実はうちの妻がダンヒルの階段を怖がるので(階段の板と板の間を塞いでいなくて、下が隙間から見えるタイプ。おしゃれなお店には多いです)・・・かなり高所恐怖症なんですね。そんなわけで宅配で送ることにしました。
 ついでに下駄箱の中も大掃除。靴も全部とりだして、一斉手入れ(というとなんか警察の捜査みたいです)。アルフレッド・サージャントのブーツを出してみましたが、問題なし。近頃は靴の手入れなんてのも、まあ2か月に1回しかしません。最初にちゃんとやれば、あとはそんなに必要ない。そういうときは、ついでにすべての革の鞄、ベルト、時計のベルトや財布まで、持っている革ものを全部手入れします。すごい時間がかかります。なんか数ばかり増えちゃったもので。
 ・・・と、こんな具合で私もそろそろ秋冬体制にいたします。今は夏物のジャケットにベストなど合わせておりますが(夜勤が多いので深夜などけっこうこのぐらいでいいです)、徐々に冬物に移行いたします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

出版美術家連盟/WEN/新浦安アルル

 ひとつご報告を。うちの妻の辻元玲子さんが、このたび日本出版美術家連盟の会員になりました。商業画家、挿絵画家の伝統ある団体で、かつてはあの小松崎茂先生も在籍しておられました。今も上田信先生、大西将美先生、水野行雄先生ら錚々たるミリタリー系の先生がいらっしゃいます。先日、入会審査・面接を受けて合格したそうで(面接があるんですね、ペンクラブとか文藝家協会では面接というのはなかったですが)なにはともあれ、本人は喜んでおりますし、私もますます頑張ってくれるのじゃないか、と思っております。
 ◆  ◆  ◆
 このほど、新しいシャンプーを買い込みました。アメリカの「ハリウッド・セレブ御用達」といわれる(ホンマかいな)WENという商品です。前から気になっていたので、今まで使っていたものが切れたところで購入・・・さてそれで、使い心地ですが、これはなかなかすごいんじゃないですか。ほんの2回ほど試しただけですが、ものすごく効いています。具体的には・・・私は若いころ、かなりきつい天然パーマだったのですが、年を取って髪が弱々しくなると、ウエーブも自然になくなっておりました。が、今回、WENを使ったらたちまちウエーブが復活! それだけ髪が勢いを増したのだと思います。非常によいので少なくともしばらくこれで、と思っております。
 ◆  ◆  ◆
 先日、新浦安のマンション街にあるフレンチのお店「アルル」を訪れました。5年程前に今の家に引っ越すまで、新浦安のご近所にいたので、よく行ったお店ですが、とにかくシェフの腕前は確か、素材はいいし、満足感はあるし、いうことなし、なのであります。で、久しぶりにそちらに行ったのですが・・・あれ? なぜかシェフ一人だけ。前はかなりスタッフがいたと思うんですが・・・シェフが自分でメニューを持ってきて、お皿を並べて、料理して、片付けて、と大変そう。「実は、秋の就職活動とかで、バイトの子がみんな出払っちゃってまして」というんです。そうか、学生さんたちがみんな秋のシュウカツというやつなんですね。私らのころは基本的に春にやるもんでしたが。
 なにしろ今年なんかものすごく厳しくて、50社、60社受けるのは当たり前、なんて聞きますし、5次面接、6次面接・・・と8次面接まであるような会社もあるとか。そりゃいやになりますね。シェフも「ほんの1、2年違うとこうも違うんですかね。ちょっと前は売り手市場だったのに」と仰っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月13日 (日)

近況ご報告と、秋冬の新作

ある方に近況ご報告で書いたメールですが、皆様にも分かりやすいと思いますので、さわりを引用致します。

「・・・ところで妻のほうですが、もううんうんいっておりまして、ちっとも順調ではないのですが、しかしまあ少しずつは進んでおります。・・・しかしようやく山場のナポレオン時代を通過しました。フランス軍の元帥服とか軽騎兵の派手な制服とか・・・まことに難物でした。今はネルソン提督の制服を描いております。ネルソンのそばで当時の水兵・・・これもまだセーラー服じゃないピーコートというやつです、それが当時の敬礼・・・これまた拳を握ってやる古い敬礼です、そういう絵を描いております。背景がないとしまらないので、ヴィクトリー号の甲板を描きましたが、これもあまりいいかげんなことは描けないので・・・。たとえば舵輪の上にぶら下がっているバケツはなんだとか、その前の海図台みたいなのはなんだとか、いちいち引っかかります。私は私で、ちょっと前まではハンガリーの勲章をまとめていました。ハンガリー語がとにかく分かりませんので、困りました。・・・終わったら今度はまた難物のイタリア半島。小さな国だらけなのはドイツと同様。歴史自体が頭に入りません。それで目下はヴァチカンの勲章をやっておりますが、これがもう総本山ですからかなり大変。面倒きわまりないです。そんなこんなのことを、楽しみながら苦しみながらやっております」

 とまあ、こんな感じでやっております。
 ◆  ◆  ◆
 最近、ファッション雑誌各誌をちらちら見ていて、まあこの時期になると秋冬の新作を先取り紹介、ということになりますが、気になったものというと、リチャード・ジェームズの2ボタンだけどダブルのスーツ、それからタキザワシゲルのダブルのベストを付けたスリーピース、それにハケット・ロンドンのいよいよ開始したスーツ・オーダー・・・ハケット氏ご本人がおいでになるとかですが、最低価格が20万円台から、ということで言うまでもなく万年素寒貧の私は手が出ませんけれど、いいですね。
 今年は出版もあるし、入院もしたしで、いつにもまして財政が厳しい私ですので、大して新しいものは仕入れることは出来ないでしょうが、見ているだけで楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

恐竜2009 砂漠の軌跡!!

それにしてもインドネシア、地震が多いですね。震災も気になりますし、またインフルエンザが流行する今、被災者が感染するなんてことがなければいいですが。台湾の水害のほうも、そのへんが気になります。
 他人事ではなくて、日本でも流行期に入っちゃったわけですが、家に引きこもっているわけにもいかず、新型ワクチンというのもなんかかえって体調悪くしないかと心配だったりしますし、それもどうせ私どものような世代の人間は後回しですから・・・それは致し方ないですが、しかしなんであんなに学校というのは感染するのでしょうかね。やっぱりはっきりいって環境が悪いのでしょうか。学校と牢獄、兵営、病院というのはみな近代社会が生み出した市民統制のための施設で、本質は似たようなものといます。今となると学校が一番、収容している人間を大切にしない点で、遅れているのかもしれません。
 ◆  ◆  ◆
 先日の選挙で、11歳なのに投票してしまった小学生とか、逆に21歳なのに投票できなかった女性とかが話題になりました。自分たちの投票所のシステムを思い出しても、別にその人物そのものを見て判断しているとは思えず、投票整理券を持っている人と係員との引き換えのやり取りがきっちりしていれば、若く見えようが老けて見えようが間違いは起こりようがないと思われますが・・・やはりそのような投票所の係員はたるんでいた、ということなんでしょうね。
 ◆  ◆  ◆
 いまさらですが、選挙も終わりほっとしましたので、もう一度夏休み気分で、幕張メッセでやっております「恐竜2009 砂漠の奇跡!!」展を見てきました。http://www.kyoryu.jp/index.html
 何年かに一度、この恐竜展は行われますが、前回はチュアンジェサウルスというのが見もので、今回はマメキンサウルス、じゃなあった、マメンキサウルスの標本というのが目玉です。いや大きいこと大きいこと、全長36メートルですか、もう普通のカメラじゃ全貌が撮影できません。ちなみにマメンキというのは馬門渓、の中国読みだそうですね。いわゆるアパトサウルス系のひょろ長い恐竜ですけれど、体重も50トンはあったのじゃないか、ということはもう戦車並みです。なんでここまで大きい生き物がいたんでしょうか。
 あと、巨大な8メートルも体長がある羽毛恐竜ギガントラプトルとか、ティラノサウルスのご先祖と目される毛深いグァンロン(冠竜)とか・・・もうどう見ても鳥ですね。ほんのちょっと前までは「恐竜=鳥」説は異端、あるいは「そういう説もある」というものだったのに、今は一般常識と化してきました。要するに恐竜は全然滅びていなくて、鳥になっただけなんじゃないか、ということですが、したがって恐竜はかなり頭がよかったに違いなく、イメージもまったく変わってきましたね。
 それからもう一つの目玉はハドロサウルス「ダコタ」の化石展示です。なんと皮膚の跡が残っているんですね。ちゃんとウロコがはっきりわかる。
 あと、うちのカメ好きな妻が大興奮していたのが、カメの化石です。当時はまだ完全に首をひっこめることはできなくて、今でいうヨコクビガメのたぐいだったようですが、まったく構造的には今のカメと変わらず、恐竜より前の時代から今に至るまで生き残っている、という実はすごい生き物なんであります。
 化石ともに今のカメさんとスッポンモドキが水槽に入れられて展示されていました。ずーっとそこで妻が釘付けになっていたのは言うまでもありません。
 ちょっと今までより会期が短くなったようで、不景気なんでしょうか。それにしてもこの巨大なホールでしか展示できないスケール感はいつも見事で、ぜひこれからもやってほしいイベントだと思いました。9月27日まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »