« 亡くなった方々・・・とフリードリヒ大王(?) | トップページ | 恐竜2009 砂漠の軌跡!! »

2009年8月20日 (木)

ナイト・ミュージアム2とシェルブールの雨傘

映画「ナイト・ミュージアム2」を見てまいりました。2007年にヒットしたベン・スティラー主演のコメディーの続編です。今回は、前作で舞台となったニューヨークの自然史博物館からアメリカ最大のスミソニアン国立博物館に移動、スケールアップして、ということであります。具体的には、ニューヨークの博物館が展示物の見直しをして、前作でおなじみの「夜になると蘇る」連中がそろってスミソニアンに移管される、というところから騒動が始まります。一方、警備員だった主人公は本職の「発明」でついに成功、この2年の間にちょっとした会社のCEOに収まっており・・・と、そんな感じでございます。
 また例によっていろいろ出てくるのですが、見てのお楽しみ。今回のヒロインはアメリカの女流パイロット、冒険家として著名なアメリア・イアハートです。彼女を演ずるのはディズニー映画「魔法にかけられて」で喜々としてお姫様を演じていたエイミー・アダムズ。脚にぴったりしたパンツを穿いて登場ですが、なかなか決まっています。
 ほかにも巨大なリンカーン大統領とか、見ものはいろいろあります・・・が、今作は前と違って、すでに摩訶不思議な世界が前提となっているので、そのドキドキワクワク感は不足しております。
 それから、イワン雷帝とかナポレオンが出てきますが、特にナポレオンの扱いはちょっとひどいのでは? フランス人は不快に思うかも。
 ◆  ◆  ◆
 帰りがけに、デジタルリマスター版の「シェルブールの雨傘」を買いました。いろいろ見直して気づくことがありますが・・・考えてみれば、昭和30年代のフランス、自動車修理工場に勤める主人公自身は自転車通勤。あのころはそうでしょうね。しかし携帯電話が出てこないぐらいでちっとも古びていないのがすごい。
 女性だけでなく男性のファッションも見直すと決まっています、配色のセンスがすごい。

|

« 亡くなった方々・・・とフリードリヒ大王(?) | トップページ | 恐竜2009 砂漠の軌跡!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/45979822

この記事へのトラックバック一覧です: ナイト・ミュージアム2とシェルブールの雨傘:

« 亡くなった方々・・・とフリードリヒ大王(?) | トップページ | 恐竜2009 砂漠の軌跡!! »