« マイケル・ジャクソン氏。トランスフォーマー リベンジ | トップページ | アレッポせっけん、アラン・フィガレ »

2009年7月 1日 (水)

「ねんりん家」のバウムクーヘン。

ということで今年も後半戦。なんだか病気やらなんやら、振り回されて終わってしまいました・・・。しかし次の書籍の準備は一応、前進しております。これもなかなか亀の歩みとはいえ。
 政府がなんかごちゃごちゃやるのやらないのと言っていますが、選挙したらどうなんでしょうか。もう瑣末な話はどうでもいいような気がしますけれど? 某知事の動向も取りざたされますが、私はよく存じませんのでなんとも。地元の県民の皆さんはあれで納得されているのかしら、とも思います。
 ◆  ◆  ◆
 まあそんなことはどうでもよろしく、今週はなかなか個人的にいろいろ多忙でして。ある方の新居を訪問したり、逆にある方が拙宅においでになったり。
 そんななかでひとつ、活躍してくれたのが「ねんりん家」のバウムクーヘンでありました。といって、ご存じでしょうか。http://www.nenrinya.jp/「銀のぶどう」や「東京ばな奈」で有名なグレープストーン社の比較的新しいブランドだそうです。
 東京駅の大丸に行くと、食品売り場の前に長い列が延々とできています。これ、年中いつに行きましても、365日、ねんりん家のバウムクーヘンを求めるお客さんの長い列になっているんですね。常にどんなに少なくとも10人以上は並んでいます。
 私は妙に人気のあるものは、斜に構えて嫌うような天の邪鬼なのですが、先日、「これだけいつも列があるのなら・・・並んでみるか」とできごころで買ってみました。
 確かにいいんですね。しっとりしていて、ちょっと普通にバウムクーヘンと言っているパサパサしたものとは別ものな感じです。うまいです。まあ極上ですね。
 ということで、最近はお使い物とか、贈答とかにここのバウムクーヘンの大きいもの、小さくカットしていない30センチ四方もありそうな大きなものを使っています。まあ首都圏にも何店もあるわけじゃなく、羽田空港では東京土産という扱いだそうで。
 いや、なかなかのものです。ついつい太っちゃいますけどね・・・。
  

|

« マイケル・ジャクソン氏。トランスフォーマー リベンジ | トップページ | アレッポせっけん、アラン・フィガレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/45507151

この記事へのトラックバック一覧です: 「ねんりん家」のバウムクーヘン。:

« マイケル・ジャクソン氏。トランスフォーマー リベンジ | トップページ | アレッポせっけん、アラン・フィガレ »