« 山手スピチュラルホテルとシャボテン公園(伊豆) | トップページ | カシウエア、100%シアバター・クリーム »

2009年6月 4日 (木)

スター・トレック

 映画「スター・トレック」を見てまいりました。私はスタートレック・シリーズのファンではなく、実のところこれまでの作品はテレビも映画もほとんど見ておりません。カーク船長とかミスター・スポックという人物がいるのは知っている、という程度。じゃあなんで見たのかというと、妻がエリック・バナのファンで、本作にも出演している、と聞いてのことです・・・。
 で、そのエリック・バナはロミュラン人という設定で、特殊メークをしており、はっきりいって誰だかわからない有様。バナのファンとしてはちょっと納得できない、というのが妻の感想です。ですが、映画としては面白くできておりました。シリアスな話あり、コミカルなシーンあり。ただ一方で、従来のスタートレック・ファンはどう思うのかは分かりませんです。だいたいこういう定評のあるシリーズについては、昔からのファンがなかなか納得しないものなので。
 基本的には、USSエンタープライズ号の処女航海と、カークがキャプテンに昇進するまでの「ビギニング」ものであり、あの人物の若いころはこんな感じ? という興味をひかれる人が多いに違いありません。しかし、未来で起こったある事件により、歴史が変化してしまった世界、という話になっております。したがって従来のスタートレックの通史から少し外れた世界ということになります。
 本作では、若き日のスポックが出てきますが、さらに元祖スポックのレナード・ニモイが出てきます。もちろんスポック役です。そこらへんの詳細についてはぜひ本編をご覧いただきたい、ということで・・・。
 最後の最後になって、メンバーが揃ったカーク率いるエンタープライズ号が宇宙に発進していきます。そしておなじみのテーマ音楽が流れ、いつものシリーズだとオープニングにあたるような映像がエンディングとなる・・・そんな感じです。
 まあそもそも、お試し的な気分で見ましたので、映画として非常に楽しめました。いい映画だったと思います。繰り返しになりますが、従来のシリーズに思い入れが強い人の反応はちょっと分かりません。私などは、ちょっとさかのぼってこれまでのスタートレックを見てみたいと思いました。
 ちなみに本作は「スター・トレック」で、従来作は「スタートレック」と、ナカグロのあるなしで邦題を微妙に区別しているみたいですが・・・。

追記:スタートレック・ファンの皆さんには有名な話らしいですが、カーク候補生は意地悪な試験である「コバヤシマル・シナリオ」を唯一クリアした、という挿話が本作でも出てきます。これは基本的に絶対に敗北する、というシナリオをわざと経験させる、というシミュレーション問題なんですが・・・「コバヤシマル」とはまざに「小林丸」で、日本船籍の民間船ということらしい。ということは23世紀まで日本は何らかの形で存在している、ということなんですな。そいつは重畳、というか・・・。
※追記2(2014年5月7日)この記事を書いてから5年がたちましたが、この作品の冒頭で死んでしまうカークの父の役を、後に「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」シリーズでソーを演じて大スターとなったクリス・ヘムズワースが熱演しています。当時はまったく無名のキャストでしたが、非常に重要な役回りで、死を覚悟しつつ穏やかさを失わないクリスの名演技に感動したのを覚えています。その後、すっかり大物になりましたが、後で有名になる人は最初からいい仕事をしていますね。

|

« 山手スピチュラルホテルとシャボテン公園(伊豆) | トップページ | カシウエア、100%シアバター・クリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122224/45234763

この記事へのトラックバック一覧です: スター・トレック:

» 「スター・トレック」大画面で見たい!宇宙に飛び出す若きエンタ... [soramove]
「スター・トレック」★★★★ クリス・パイン 、ザカリー・クイント 、エリック・バナ 、ウィノナ・ライダー 主演 J・J・エイブラムス 監督、2009年、126分、アメリカ                                           ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「約200年後の未来。 若いジェームズ・T・カークが自分の才能に気付き、 エンタープライズ号に乗り込んで、 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 08時00分

« 山手スピチュラルホテルとシャボテン公園(伊豆) | トップページ | カシウエア、100%シアバター・クリーム »